ヘルマン・バーフィンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヘルマン・バーフィンク

ヘルマン・バーフィンク(Herman Bavinck、1854年12月13日 - 1921年7月29日)は、オランダ牧師神学者政治家である。アブラハム・カイパーと共にオランダ改革派教会(Gereformeerde Kerken in Nederland)の創立にかかわった一人である。英語読みでハーマン・バーヴィンクとも表記されることもある。

カンペン神学校ライデン大学に学び、1882年から1902年までカンペンの教義学教授になり、1902年より1920年までアムステルダム自由大学の教授を務めた。

アブラハム・カイパーベンジャミン・ウォーフィールドと共に、19世紀から20世紀にかけてのオランダのカルヴァン主義の3大神学者の一人として、ルイス・ベルコフコーネリウス・ヴァン・ティルヘリット・コルネーリス・ベルカウワーなどのカルヴァン主義の神学者たちに強い影響を与えた。

著書[編集]

  • 改革派教義学(1895年-1901年)
  • 信徒のための改革派組織神学(聖恵授産所出版部、1984年)
  • カルヴァンと一般恩寵(聖恵授産所出版部、1982年)

参考文献[編集]