ヘルマン・バウマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヘルマン・バウマン(Hermann Baumann, 1934年8月1日 - )はドイツホルン奏者。

ハンブルク生まれ。幼少時からピアノチェロを学び、ホルンを始めたのは20代に入ってからという。シュトゥットガルト放送交響楽団在籍中の1964年、ミュンヘン国際音楽コンクールに優勝。1967年にオーケストラを辞し、ソロ活動に入る。ナチュラル・ホルンの先駆者として録音も多い。1993年に脳溢血で倒れたが、現在は健康を取り戻して、楽器も吹いている。