ヘルハルト・ペルス・ライケン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヘルハルト・ペルス・ライケン(1860年)
日本最初の蒸気船、観光丸(1855年)

ヘルハルト・クリスティアン・クンラート・ペルス・ライケンGerhard Christiaan Coenraad Pels Rijcken, 1810年1月10日 - 1889年5月2日)は、オランダ海軍軍人である。

安政2年(1855年)にスームビング号艦長として来日。同号は日本に贈呈され、観光丸と改名、日本で最初の蒸気船となった。それから約2年間、長崎海軍伝習所教授として日本に雇用された。主に航海術運用術を担当し、勝海舟らの第一期生を教えた。スパルタ教官だったと言う。1857年にはヴィレム・ホイセン・ファン・カッテンディーケがライケンの職を継いだ。帰国したのち、海軍少将で外交顧問兼海軍大臣となる[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ポンペ日本滞在見聞記 - 新異国叢書, 第 10 巻、雄松堂書店, 1887、緒言P11