ヘルシンキ宣言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヘルシンキ宣言(ヘルシンキせんげん、Declaration of Helsinki)は、1947年6月、ナチス人体実験の反省より生じたニュルンベルク綱領を受けて、1964年フィンランドの首都ヘルシンキにおいて開かれた世界医師会第18回総会で採択された、医学研究者が自らを規制する為に採択された人体実験に対する倫理規範。正式名称は、「ヒトを対象とする医学研究の倫理的原則」である 。

その後、時代の影響を受け何度か修正、追加が加えられている。2000年10月に、ヒトゲノム計画に関して、エディンバラでの総会で改定された。

日本では、全ての大学医学部、医科大学、および主要な研究機関に倫理審査委員会(Institutional Review Board)が自主的に設置されている。

要旨[編集]

ヘルシンキ宣言のなかで重要な基本原則は以下のようなものである。

  1. 患者被験者福利の尊重。
  2. 本人の自発的・自由意思による参加。
  3. インフォームド・コンセント取得の必要。
  4. 倫理審査委員会の存在。
  5. 常識的な医学研究であること。

   また、宣言の保護対象が単にヒトだけにとどまらず、ヒト由来の臓器組織細胞遺伝子、さらには診療情報まで含むこと、および宣言の対象者が医学研究にかかわるすべての人々であることとされている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]