ヘルクレス座ミュー星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヘルクレス座μ星[1]
Mu Herculis
星座 ヘルクレス座
見かけの等級 (mv) 3.42[1]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α)  17h 46m 27.52667s[1]
赤緯 (Dec, δ) +27° 43′ 14.4379″[1]
赤方偏移 -0.000057[1]
視線速度 (Rv) -17.07 km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: -291.66 ミリ秒/年[1]
赤緯: -749.60 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 120.33 ± 0.16ミリ秒[1]
(誤差0.1%)
距離 27.11 ± 0.04 光年[注 1]
(8.31 ± 0.01 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) 3.8[注 2]
物理的性質
半径 1.76から1.86 R[2]
質量 1.1 M[2]
自転速度 20km/s[3]
自転周期 4.3 以下[2]
スペクトル分類 G5IV [1]
光度 2.7 L[2]
表面温度 5,506 K[2]
色指数 (B-V) +0.75[3]
色指数 (U-B) +0.39[3]
色指数 (R-I) +0.38[3]
他のカタログでの名称
ヘルクレス座86番星[1]
BD +27 2888[1]
FK5 667[1]
HD 161797(161797A) [1]
HIP 86974[1], HR 6623[1]
SAO 85397[1]
LTT 15266[1]
Template (ノート 解説) ■Project

ヘルクレス座μ星は、ヘルクレス座の恒星で3等星。

特徴[編集]

この星は、黄色の準巨星であり、将来の太陽の姿とされる[2]。半径が太陽に比べ大きいのは、星の年齢によるものとされる[2]。進化が進んだ星は自転速度が遅くなるが、この星の自転速度は太陽の10倍である[2]

離角0.5分の赤色矮星のペアは、主星から少なくとも300天文単位離れており、周期3700年で主星を公転する[2]。この伴星のペアは、スペクトル型M3で10等のB、M4で11等のCで、1.5から3.6 平均2.2天文単位で43年周期で互いに公転している[2]。2星の質量の合計は0.8太陽質量である[2]。主星からこのペアを見ると、離角0.5度でそれぞれ満月の光度に見える[2]

離角4分の11等星は、連星系のメンバーであれば、少なくとも2100天文単位、公転周期67,000年の赤色矮星となる[2]

主星から、2.2天文単位に伴星の存在が示唆されているが、不確かである[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。小数第1位まで表記

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s Results for mu. Her”. SIMBAD Astronomical Database. 2017年8月31日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n James B. Kaler. “Mu Herculis”. STARS. 2017年8月31日閲覧。
  3. ^ a b c d 輝星星表第5版

外部リンク[編集]