ヘム・ブンティン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル
カンボジアの旗 カンボジア
男子陸上競技
東南アジア競技大会
2007 ナコンラチャシマ マラソン
2007 ナコンラチャシマ 5000m
2009 ヴィエンチャン マラソン

ヘム・ブンティンクメール語: ហែម ប៊ុនទីង1985年12月12日 - )は、カンボジアストゥントレン州出身のマラソン選手

人物[編集]

ストゥントレン郡の小さな農村の9人兄弟のうちの一人として生まれた。地方の大会で活躍していたところで目をつけられ、プノンペンへと十分なトレーニングができるように移った。しかし英国放送協会によれば彼が練習している陸上競技場は資金の不足からぼろぼろだという[1]

しかし、2007年タイナコンラチャシマで開催された東南アジア競技大会に出場しマラソンで銀メダル、5000mでは銅メダルを獲得した。2008年には北京オリンピックのカンボジアの代表に選ばれ、開会式ではカンボジア選手団の旗手を務めた。競技ではマラソンに出場し、ゴールした76人中では73位に終わった[1]。彼はオリンピックに出場するにも関わらずほとんど設備や、資金に恵まれておらずランニングシューズを買う資金さえなかった。しかし、ネット上の英国放送協会の記事の読者の一人によって新しい靴が彼に送られた[2]

ロンドンオリンピックの出場権を獲得するのに必要な記録2時間18分以内を目指し、2012年4月15日のパリマラソンに出場するため、カンボジアで活動する日本企業の支援を受け、83日間のケニア高地トレーニングをカンボジア女子選手や多くの世界チャンピオンとともに行った[3]。パリマラソンでは五輪参加標準記録には及ばなかったが、2時間23分29秒のカンボジア記録をマークし、すでにカンボジア代表に選出されていた猫ひろしの記録を約7分も上回った[4]が、コーチとのトラブルなど「規律違反」を理由にカンボジア五輪委員会から選考対象外とされている[5]

主要大会での記録[編集]

大会 開催場所 順位 種目 記録
カンボジアの旗 カンボジア代表
2004 世界ハーフマラソン選手権 ニューデリー, インド 79位 ハーフマラソン 1:19:40
2005 アジア陸上競技選手権大会 仁川, 韓国 20位 1500 m 4:03.87
2006 アジア競技大会 ドーハ, カタール 13位 5000 m 15:19.25
2007 世界陸上競技選手権大会 大阪, 日本 39位 (h) 1500 m 4:08.31
東南アジア競技大会 ナコンラチャシマ, タイ 3位 5000 m 14:24.71 (カンボジア記録)
2008 オリンピック 北京, 中国 73位 (h) マラソン 2:33:32
2009 世界陸上競技選手権大会 ベルリン, ドイツ 39位 (h) 1500 m 4:08.64
フランス語圏競技大会 ベイルート, レバノン 11位 5000 m 15:39.28
東南アジア競技大会 ビエンチャン, ラオス 6位 5000 m 15:45.63
3位 マラソン 2:25:19.68
2010 アジア競技大会 広州, 中国 マラソン 途中棄権
2011 City to Surfマラソン パース, オーストラリア 7位 マラソン 2:31:58[6]
2012 パリマラソン パリ 43位 マラソン 02:23:29[7](カンボジア記録)
2013 シアヌークビル国際ハーフマラソン シアヌークビル 2位 ハーフマラソン 1:14:55[8]
2014 アジア競技大会 仁川, 韓国 マラソン 途中棄権[9]

自己ベスト[編集]

屋外

屋内

  • 1500 m – 4:06.10 (2006年 パッタヤー)
  • 3000 m – 9:02.00 (2006年 パッタヤー)

出典[編集]

  1. ^ a b "Against the Odds: Hem Bunting", BBC, July 21, 2008
  2. ^ "Against the Odds: How did they do?", BBC, August 26, 2008
  3. ^ Hem Bunting and Ly Nary wind up Kenyan training, head to Paris Dan Riley The Phnom Penh Post Friday, 30 March 2012
  4. ^ ブンティン「私の方が速い」=パリ・マラソン”. 時事通信 (2012年4月15日). 2012年4月16日閲覧。
  5. ^ 猫さん五輪消滅:「いいことだ」カンボジア選手コメント” (2012年5月8日). 2012年5月14日閲覧。
  6. ^ 2011 Perth City to Surf
  7. ^ Dan Riley (2012年4月17日). “Hem Bunting runs personal best, misses Olympics mark”. Phnom Penh Post. http://www.phnompenhpost.com/index.php/2012041755598/Sport/hem-bunting-runs-personal-best-misses-olympics-mark.html 2012年4月17日閲覧。 
  8. ^ Half Marathon - Preliminary Results Sihanoukville International Half Marathon
  9. ^ Men's Marathon Results 17th Asian Games INCHEON 2014

外部リンク[編集]