ヘミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヘミン
Hemin.svg
Hemin edit1.jpg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
胎児危険度分類
  • US: C
法的規制
投与方法 Intravenous infusion
識別
CAS番号
(MeSH)
16009-13-5
ATCコード B06AB01 (WHO)
PubChem CID: 5318002
化学的データ
化学式 C34H32ClFeN4O4
分子量 651.94 g/mol

ヘミン(Hemin)(ヘマチン(Hematin)とも言う。)は、を含むポルフィリンである[1]

ヘミンは、ポルフィリン症、特に急性間欠性ポルフィリン症の発作の軽減に使用されている。

ヘミンは、時に第二鉄の状態のヘモグロビンであるヘマチンと区別されている。しかしながらこの両者は用語的に同等にみなされることもある[2]

ヘマチンは、インフルエンザ菌の成長に必要なX因子であると考えられている[3]

脚注[編集]

  1. ^ "hemin" - ドーランド医学辞典
  2. ^ "hematin" - ドーランド医学辞典
  3. ^ Sherris, John C.; Ryan, Kenneth J.; Ray, C. L. (2004). Sherris medical microbiology: an introduction to infectious diseases. New York: McGraw-Hill. pp. 395. ISBN 0-8385-8529-9.