ヘプタナール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ヘプタナール(英語、heptanal)とは、炭素数7つの直鎖状のアルデヒドである。かつては、エナントアルデヒド(英語、enanthaldehyde)と呼ばれたこともあった。ヘプタナールは分子式C7H14O、分子量114.19であり、ヘプタノンとは構造異性体の関係にある。消防法に定める第4類危険物 第2石油類に該当する[1]

製法[編集]

ヘプタナールは次のような方法で製造できる。

性質[編集]

ヘプタナールは、常圧において融点-43.3℃、沸点152.8℃である [2]。 常温常圧では、特有の臭気を持った液体として存在する[2]。 4℃のを標準物質とした、15℃におけるヘプタナールの比重は0.8216[2]。 ナトリウムのD線に対する、20℃におけるヘプタナールの屈折率は1.4241[2]。 水に微溶、エタノールには易溶[2]

その他[編集]

出典[編集]

  1. ^ 法規情報 (東京化成工業株式会社)
  2. ^ a b c d e f g h 大木 道則、大沢 利昭、田中 元治、千原 秀昭 編集 『化学辞典』 p.1310(右中部) 東京化学同人 1994年10月1日発行 ISBN 4-8079-0411-6
  3. ^ 化学大辞典編集委員会 編集 『化学大辞典 (縮刷版) 1』 p.946(左中部) 共立出版 1963年7月1日発行 ISBN 4-320-04015-5