ヘテロ原子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピリジンは、ヘテロ原子の窒素を持ったヘテロ環化合物である。

ヘテロ原子(ヘテロげんし)とは、有機化学の分野において、分子構造中に含まれる炭素水素以外の原子の事を指す。ヘテロとは、「異なる」を意味する古代ギリシア語heterosから来た言葉である。炭素鎖や炭素環の一部の炭素が別の原子に置き換わった場合には、分子の名称の接頭辞としてヘテロを付けた名称で呼ばれる。

典型的なヘテロ原子としては、窒素酸素硫黄リン塩素ヨウ素臭素などが挙げられる[1][2]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Senda, Y. (2002). “Role of the heteroatom on stereoselectivity in the complex metal hydride reduction of six-membered cyclic ketones”. Chirality 14 (2-3): 110–120. doi:10.1002/chir.10051. 
  2. ^ Walling, Cheves. "The Role of Heteroatoms in Oxidation". In Mayo, Frank R. (ed.). Oxidation of Organic Compounds. Advances in Chemistry. 75. pp. 166–173. doi:10.1021/ba-1968-0075.ch013. ISBN 9780841200760

関連項目[編集]