ヘスペリアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヘスペラから転送)
移動先: 案内検索
ヘスペリアーとアレトゥーサ(シェーンブルン宮殿の花園)

ヘスペリアー古希: Ἑσπερια, ラテン語: Hesperia)は、ギリシャ神話に登場する夕べのニュンペーヘスペリデスの1柱で、アイグレーエリュテイアの姉妹とされる。長母音を省略してヘスペリアとも表記される。

名前では古代ギリシア語の「黄昏の娘」、「夕方の女」を意味するが、その他の別名はヘスペラ古希: Ἑσπερα, Hespera)、ヘスペレ古希: Ἑσπερε, Hespere)、ヘスペリエー古希: Ἑσπεριη, Hesperie)。アポロドーロスによればヘスペレトゥーサ古希: Ἑσπερεqουσα, Hesperethusa)はヘスペリアーとアレトゥーサの総称である。

オウィディウスの『変身物語』11巻よりヘスペリアーは河神ケブレーンの娘であり、彼女を恋慕するアイサコスに拒んでいた逃げる途中にヘビに咬まれて死んだ。

関連項目[編集]