ヘザース/ベロニカの熱い日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヘザース/ベロニカの熱い日
Heathers
監督 マイケル・レーマン
脚本 ダニエル・ウォーターズ
製作 デニス・ディ・ノヴィ
製作総指揮 クリストファー・ウェブスター
出演者 ウィノナ・ライダー
クリスチャン・スレーター
音楽 デヴィッド・ニューマン
主題歌 ケ・セラ・セラ
スライ&ザ・ファミリー・ストーン
撮影 フランシス・ケニー
編集 ノーマン・ホリン
製作会社 ニューワールド・ピクチャーズ
シネマーク・エンタテイメント
配給 アメリカ合衆国の旗 ニューワールド・ピクチャーズ
日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1989年3月31日
日本の旗 1990年12月8日
上映時間 102分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $2,000,000
テンプレートを表示

ヘザース/ベロニカの熱い日』(ヘザース/ベロニカのあついひ、Heathers)は、1988年アメリカ合衆国青春映画学校内の上下関係を描いたシニカルな青春ブラック・コメディで『ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!』や『ゴーストワールド』といった青春シニカル・コメディの先駆け的作品である。1988年10月のミラノ国際映画見本市(MIFED)で初上映された。

ストーリー[編集]

ベロニカ(ウィノナ・ライダー)は、ヘザースという名の女子三人組の取り巻きとしてこき使われ、チアリーダーやフットボール部員(ジョック)が威張り散らすハイスクール生活に心底うんざりしていた。そんなとき、転校生JD(クリスチャン・スレーター)がやってくる。フットボール部員たちにも不敵な態度をとるJDに、ベロニカは「ヘザースなんか殺してやりたい!」とこぼす。JDはそれに対して「じゃあ殺しちゃえば?」と冗談とも本気ともつかぬ発言をする。ある時、パーティでフットボール部員2人に輪姦されたと吹聴されたベロニカはJDと結託、おもちゃの銃で報復を実行したが、JDの銃は男たちに火を噴いた。ハイスクールの権力者2人をいとも簡単に殺したJDは、慌てまくるベロニカを巻き込んで、とんでもない事態をハイスクールに引き起こしていく。

キャスト[編集]

トリビア[編集]

  • 脚本家のウォーターズはキューブリックに撮ってもらうつもりでこの作品を書いた[1]。初期には、ブラッド・ピットジェニファー・コネリーがJDとベロニカにキャスティングされていた。ヘザー・グラハムも、ヘザーの一人としてキャスティングされたが、彼女の母親に断られて出演の話は消えた[1]
  • 2007年、この映画の脚本家であるウォーターズの監督作『セックス・カウントダウン』に、ウィノナが出演。
  • 2009年に、テレビドラマ化が報じられた。映画続編の噂も立ったが、レーマン監督は「ウィノナが吹聴しているだけだ」と否定。ミュージカル化の企画もある[2]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Heathers” (英語). QNetwork Entertainment Portal. 2014年10月19日閲覧。
  2. ^ “傑作カルト映画「ヘザース」がTVシリーズ化”. 映画.com. (2009年8月28日). http://eiga.com/news/20090828/21/ 2014年10月19日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]