ヘイザル・ヘルグソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Flag of Iceland.svg これはアイスランド人の名前です。姓にみえる部分は母称であり、の名前としてのではありません。この記事で取り扱っている人物は、正式には個人名ヘイザルで呼ばれます。
ヘイザル・ヘルグソン Football pictogram.svg
Helguson Cardiff Red.jpg
名前
ラテン文字 Heiðar Helguson
基本情報
国籍 アイスランドの旗 アイスランド
生年月日 (1977-08-22) 1977年8月22日(40歳)
出身地 ダールヴィーク
身長 182cm
体重 83kg
選手情報
在籍チーム なし
ポジション FW (CF)
背番号 22
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1993-1994
1994-1997
1997-1998
1998-1999
1999-2005
2005-2007
2007-2009
2008-2009
2009-2012
2009
2010
2012-2013
アイスランドの旗 UMFS
アイスランドの旗 プロットゥル
ポーランドの旗 シュチャコヴィアンカ
ノルウェーの旗 リールストレーム
イングランドの旗 ワトフォード
イングランドの旗 フラム
イングランドの旗 ボルトン
イングランドの旗 QPR (loan)
イングランドの旗 QPR
イングランドの旗 ワトフォード (loan)
イングランドの旗 ワトフォード (loan)
ウェールズの旗 カーディフ
11 0(5)
54 (31)
12 0(4)
43 (18)
174 (55)
57 (11)
7 0(2)
7 0(3)
68 (24)
10 0(5)
19 0(6)
4 0(1)
代表歴2
1994-1996
1997-1999
1999-2011
アイスランドの旗 アイスランド U-19
アイスランドの旗 アイスランド U-21
アイスランドの旗 アイスランド
18 0(2)
6 0(1)
55 (12)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年9月3日現在。
2. 2012年7月9日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヘイザル・ヘルグソン(Heiðar Helguson, 1977年8月22日 - )は、アイスランドダールヴィーク出身の同国代表選手で、現在は無所属のサッカー選手である。ポジションはフォワード。ヘルグソンは、母国のUMFSダールヴィーク英語版プロットゥル・レイギャヴィーク英語版でキャリアを始めた。ポーランドのシュチャコヴィアンカ・ヤヴォジュノ英語版とノルウェーのリールストレームSKにそれぞれ1シーズン過ごした後、1999年にイングランドのワトフォードFCへ150万ポンドの移籍金で加入した。ワトフォードに加入した際にヘルグソンの名前を英国メディアは、イングランドで一般名として知られているハイダー"Heidar"と英語化して伝えた。

ワトフォードへ移籍した最初のシーズンでクラブは降格してしまったが、ヘルグソン本人はゴールを量産した。2005年にフラムFCへ移籍するまで1999-2000, 2002-03, 2004-05シーズンはチーム内得点王だった。ヘルグソンは、2009年にフットボールリーグ・チャンピオンシップクイーンズ・パーク・レンジャーズFCに移籍する前に、2005年から2007年の間とボルトン・ワンダラーズFCで2009年までプレミアリーグでプレーした。2009-10シーズンに、ワトフォードへのローン移籍から翌年に復帰すると、2010-11シーズンからQPRでレギュラーとしてプレー。リーグ優勝を果たし、1995-96シーズン以来となるプレミアリーグ昇格へ貢献した。再昇格1年目の2011-12シーズンは最終節で何とか残留に漕ぎ着け、ヘルグソン本人はチーム内得点王になった。その後、カーディフ・シティFCへ加入した。

ヘルグソンはU-19, U-21とプレーし得点を決め、1999年にA代表デビューを果たした。2011年に代表引退するまでの間に55試合12得点を記録した。

経歴[編集]

初期[編集]

ヘイザル・ヘルグソンは、1977年8月22日にアイスランド北部の町ダールヴィークで生まれた。1985年8歳の時に地元のUMFSダールヴィーク英語版でサッカーを始めた。ここの下部組織(U-10, U-12, U-15等)で8年過ごし、まだ13歳ながらリザーブチームでデビューした。1993年15歳になるとトップチームで試合に出場するようになり、翌1994年16歳の時には、11試合に出場5得点を記録した。

プロットゥル・レイギャヴィーク英語版では、3シーズンで54試合31記録するヘルグソンにニューカッスル・ユナイテッドFCセント・ミレンFC1.FCカイザースラウテルンなど欧州1部リーグのクラブが関心を集めたにもかかわらず、クラブは1997年に、ポーランド2部のシュチャコヴィアンカ・ヤヴォジュノ英語版とあまり知られていないクラブへ売った。ヘルグソンは、最初の12試合で4得点を記録するが、クラブは1997-98シーズンの終わりにエクストラクラサ昇格に失敗したため、ノルウェー1部のリールストレームSKへ売った。

リールストレーム[編集]

ヘルグソンはポーランドで短期間過ごした後に、1998年秋リールストレームへ到着した。不思議なことにヘルグソンは、背番号1を着用して10月に移籍後デビューをした。次のシーズンになると、16ゴールを挙げ活躍し、ノルウェーサッカー界にとって大変なサプライズを提供した(デビューシーズンは2得点しか決められなかったこともあった)。この活躍から"The Helgusonsons"というファンクラブが出来るほど人気選手になった。

ワトフォード[編集]

ワトフォードでプレーするヘルグソン

1999-2000シーズン途中に、グレアム・テイラー英語版監督率いるワトフォードFCへクラブレコードとなる移籍金150万ポンドで加入した。FW陣の戦力アップに連れてこられたヘルグソンは、ホームでリヴァプールFC相手にゴールを決めるなど好プレーを見せ順調なデビューを果たした。途中の加入ながら5得点以上を挙げ奮闘したが、チームはプレミアリーグに残留することは出来なかった。

1年で2部へと戻ってきたチームは、最初の15試合で無敗と躍進し、ヘルグソンもそのメンバーの1人として貢献していた。しかし、後半戦になると調子を崩していくと、それに伴いなかなかゴールを決められないヘルグソンへの信頼も下がっていった。シーズンの終わりにテイラー監督が退任すると、新たに就任したジャンルカ・ヴィアリ監督は、ヘルグソンをウィングバックのポジションにチェンジした。[1]

2002-03シーズンに監督がレイ・レウィントン英語版になるとヘルグソンの状態は改善していった。怪我の影響で9月までスタートを切れなかったが、FAカップ準決勝でのゴールを含めチームトップとなる13ゴールを挙げた。2003-04シーズンは、再び怪我に見舞われ前半戦の殆どの欠場を余儀なくされたが、復帰するとFAカップのチェルシーFC戦などで好調なパフォーマンスを見せた。

2004-05シーズンは、ヘルグソンがワトフォードへ移籍して最高のシーズンとなった。あまり怪我することもなく20ゴールを記録すると、シーズンの終わりには、ゴール・オブ・ザ・シーズン, ディスプレイ・オブ・ザ・シーズン, チームのプレイヤー・オブ・ザ・シーズン等様々な賞を受賞した。この活躍からプレミアリーグのクラブから関心をもたれた。チームはお金を必要としていたため、フラムFCからのオファーを受け入れた。

フラム[編集]

2005年6月27日にフラムと契約した[2]が、シーズンの序盤は主にベンチで過ごした。リーグカップリンカーン・シティFC戦で移籍後初ゴールを決め5-4の勝利に貢献した。ヘルグソンとブライアン・マクブライドの前線のコンビはプレミアリーグの様々な守備陣を混乱に陥れた。ヘルグソンは、チェルシーFC戦(PK), アストン・ヴィラFC戦(PK), ウェストハム・ユナイテッドFC戦(左足で先制点), マンチェスター・ユナイテッドFC戦(ヘディングで先制点), 6-1で勝利したウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC戦(2得点), ボルトン・ワンダラーズFC戦(FKからヘディングで得点), ミドルズブラFC戦(PK)と様々な試合で得点した。2006-07シーズン開幕時には背番号10から9に変更された。

ボルトン[編集]

フラムがデイヴィッド・ヒーリーディオマンシ・カマラを獲得したことにより、選択肢の1人としての立場を余儀なくされたヘルグソンは、2007年7月20日にサミー・リー英語版監督が率いるボルトン・ワンダラーズFCへ移籍金非公開・3年契約で加入した。

2007年8月11日のニューカッスル・ユナイテッドFC戦で、負傷したケヴィン・デイヴィスと交代で移籍後初出場を果たした。4日後の古巣フラムFC戦で初ゴールを挙げるも、チームは1-2で敗北した。

2008年1月にニコラ・アネルカチェルシーFCへ移籍したことによる攻撃力低下が懸念されたチームに、同月の終わりに怪我から復帰したヘルグソンは歓迎された。復帰後第1戦は、古巣フラム戦に残り8分の所で出場、結果は0-0のスコアレスドローだった。4日後のレディングFC戦で復帰後初ゴールを決め2-0で勝利した。

ボルトンは、ヘルグソンをプレシーズンのトレーニングに参加させるため、2008年5月にベルギーで手術を受けさせた。

QPR[編集]

2011年4月、QPRでプレーするヘルグソン

ヘルグソンが、11月20日にクイーンズ・パーク・レンジャーズFCへ2009年1月までの短期レンタルが発表された。[3]しかし、金曜日になるまで加入することが出来なかった。[4]

ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC戦で移籍後初出場を果たすもゴールは決めることが出来ず、2試合目のシェフィールド・ウェンズデイFC戦でもノーゴールに終わった。プリマス・アーガイルFC戦で初ゴールを決めると、プレストン・ノースエンドFC戦で2ゴール、ブラックプールFC戦で再び2ゴールを挙げ、最初の10試合で5ゴールを記録した。この活躍から1月2日に移籍金非公開でQPRへ完全移籍を果たした。[5]

2009-10シーズンの殆どをレンタル先のワトフォードFCで過ごし、シーズン終了に伴いQPRへ戻った。復帰した2010-11シーズンのヘルグソンは、レギュラーの座を勝ち取り、ロンドンのライバルであるクリスタル・パレスFCをホームのロフタス・ロードで決勝ゴールを決めたのを含め13ゴールを記録。また、チームは同シーズンを優勝した。プレミアリーグへ昇格した2010-11シーズン、ヘルグソンはニール・ウォーノック英語版監督の下でレギュラーとしてプレーし、最大のライバルであるチェルシーFC戦でダヴィド・ルイスに倒されPKを獲得、自らPKを決めると、これが決勝ゴールとなり1-0で勝利。このウェスト・ロンドン・ダービーの勝利は、プレミアリーグ創設後に初勝利した1996年から15年以上も経過していた。その後、アウェーのストーク・シティFC戦では、見事なヘディングゴールと押し込んで決めたゴールで2得点を決め3-2と勝利した。2011年12月3日に、1-1と引き分けたウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC戦でヘディングゴールを決めると、QPRのクラブ記録となるホームでの最多得点記録に並んだ。鼠径部の負傷により、後半戦の殆どを欠場しなければならなかったものの、全大会で記録した9ゴールはチーム内トップだった。シーズン最終戦でマンチェスター・シティFC相手に2-3と敗北したが、かろうじて降格を回避した。

ワトフォードに戻る[編集]

2009年9月15日に、QPRから3ヶ月のレンタルで2000年から2005年の間にプレーしたワトフォードFCへ加入した。[6]復帰第1戦のレスター・シティFC戦では、チームメイトが負傷したため後半から途中出場をすると、2ゴール1アシストとすぐさまインパクトを残した。レンタル期間中の4試合目、ヴィカレッジ・ロード英語版でのスカンソープ・ユナイテッドFC戦で移籍後通算4ゴール, 5ゴール目を記録した。[7]12月28日にレンタル期間が終了したが、クラブは何とか慰留させるのではないかと憶測を呼んだ。[8]1月11日に、両クラブはレンタル期間をシーズンの終了まで延長したことを発表した。[9][10]

カーディフ[編集]

2012年8月2日に、移籍金非公開・契約期間1年・背番号22でカーディフ・シティFCへ加入した。[11]ヘルグソンは、プレシーズンマッチのAFCボーンマス戦で移籍後初ゴールを決めると、8月14日のリーグカップノーサンプトン・タウンFCで2ゴール目を決めた。8月25日のセヴァーンサイド・ダービー英語版で、リーグ戦初ゴールを決めるも2-4で敗北した。12-13シーズンが終了し、契約が切れるとそのままチームを離れ、現在はフリーエージェントである。

代表[編集]

ヘルグソンは、1999年4月に行われたマルタ代表との親善試合でリカルズル・ダザソン英語版と交代で代表デビューをした。2011年10月までに55試合に出場、12ゴールを記録した。[12]2004年FAサマートーナメント英語版で3ゴールし得点王となった。2006年8月にスペイン代表との親善試合でプレーした後、長期間代表に招集されなかったため、2007年6月にヘルグソンは代表引退を発表した。

2008年8月28日に代表へ復帰することを発表すると、数日後に行われるノルウェー代表スコットランド代表に向けたメンバーに選ばれた。すると、2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選でノルウェー相手にゴールを決め2-2で引き分けた。[13]

2010年10月12日のUEFA EURO 2012予選ポルトガル代表相手にゴールを決めた。

個人成績[編集]

クラブでの出場記録[編集]

クラブ成績 リーグ カップ リーグ杯 国際大会 通算
シーズン クラブ リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
イングランド リーグ FAカップ FLカップ ヨーロッパ 通算
1999-00 ワトフォード プレミアリーグ 16 6 0 0 0 0 - 16 6
2000-01 ファースト・ディヴィジョン 33 8 1 0 3 1 - 37 9
2001-02 34 6 1 0 5 1 - 40 7
2002–03 30 11 4 2 0 0 - 34 13
2003–04 22 8 1 1 1 0 - 14 9
2004–05 チャンピオンシップ 39 16 2 1 5 3 - 46 20
2005-06 フラム プレミアリーグ 27 8 0 0 2 2 - 29 10
2006-07 30 3 3 0 1 1 - 34 4
2007-08 ボルトン 6 2 0 0 0 0 2 0 8 2
2008-09 1 0 0 0 1 0 - 2 0
2008-09 QPR (ローン) チャンピオンシップ 20 5 1 0 - - 21 5
2009-10 QPR 5 1 1 0 0 0 - 5 1
2009-10 ワトフォード (ローン) 29 11 - 0 0 - 29 11
2010-11 QPR 34 13 0 0 0 0 - 29 11
2011-12 プレミアリーグ 16 9 3 0 0 0 - 19 9
2012-13 カーディフ チャンピオンシップ 4 1 0 0 1 1 - 5 2
総通算 345 107 17 4 18 9 2 0 383 121

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]