プータロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

プータローは、就労可能な年齢等にありながら無職でいるものの俗称である。「プー」などとも略す。「プー太郎」と表記されることもある。特に女性に対しては「プー子」と表記することもある。ごく稀にホームレスに対して使われることもある。

誤解されやすいが、非正規雇用の就労者は、プータローには当てはまらない。「ニート」とも混同されやすいが、ニートは「教育を受けておらず就労もしていない、年齢15歳〜34歳の者」と定義されているため、プータローと必ずしもイコールとはいえない。 また、ニートはマスメディアなどの影響で「勉学の意思も就労の意思もない者」というイメージが抱かれているという現状もあり、プータローは就労の意思はあるが就労できない者、ニートは就労の意思がないために就労していない者と、意思の面で区別されることもある。

通常は蔑称であるため、新聞、テレビ等のマスコミで使われることはないが、例外に1999年の10月〜12月に放送されたテレビドラマ「PU-PU-PU-」ではセリフでも言っており、プータローの若者をテーマにしたドラマである。

語源[編集]

建設労働者のことを「風太郎」ということからの派生とも云われているが、語源はよくわかっていない。働きもせずプラプラしているからともいわれ、ネット上では「浮浪者」、「風来坊」、「pooh」を語源とする説を見るが、もともと俗語であるのでどれも不明確である。

その他[編集]

  • 岩手県八幡平市にあるプータロ村は、プータローの村ではなく、フィンランド語で「木の家」という意味である。
  • 作家の山田風太郎筆名の由来がプータローから来ているとする俗説があるが、真相は山田がかつて使っていた「風」という1文字の筆名に由来しており、一時は「かぜたろう」と読ませていた事実も見つかっているため、この俗説は誤りである。
  • 台湾語では、無職の事を「無頭路」と書いてプータローと発音する。偶然にも発音が一致した例でもある。

関連項目[編集]