プロ野球ファミリースタジアム (Wii)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プロ野球 ファミリースタジアム
ジャンル 野球ゲーム
対応機種 Wii
開発元 バンダイナムコゲームス
発売元 バンダイナムコゲームス
(ナムコレーベル)
人数 1人 - 2人(対戦プレイ)
2人 - 4人(おうえんモード使用時)
メディア Wii用12cm光ディスク
発売日 2008年5月1日
対象年齢 CERO: A(全年齢)
デバイス ニンテンドーWi-Fiコネクション対応
Mii対応
テンプレートを表示

プロ野球ファミリースタジアム(プロやきゅう-)は、バンダイナムコゲームスナムコレーベル)が2008年5月1日に発売したWii用ソフトである。

スポーツわいわい(ファミリースキーファミリージョッキーファミリートレーナー)のひとつ。

概要[編集]

ゲームシステムは視点が大幅変更された。標準カメラ、ファミスタカメラ、キャッチャーカメラ、ピッチャーカメラの4種類がある。これは、体感操作の「フリフリ」モードと、ボタン操作の「ピコピコ」モードに両対応にするためである。

選手データは、日本野球機構(NPB)加盟の12球団及びバンダイナムコスターズが用意されている。

ゲームモード[編集]

今作は、「対戦モード」、「トレーニング」、「全国リーグ」、「みんなでリーグ戦」、「Wi-Fi」が用意されている。

トレーニングモード[編集]

今作の『分身くん』は、Miiに対応したためトレーニングモードに名を変えた。

記憶力の「おぼえて、ならべて」、動体視力の「しゅんかんキャッチボール」、「ファミスロット」、リズム感の「リズムバッティング」、Wiiリモコンをひねる「スタジアムラン」、配球力の三振勝負、守備力の「スーパーキャッチ」を行う。

7つのトレーニングをこなし、一定以上の能力があれば試合に参戦できるようになる。

登場するチーム[編集]

NPB加盟12球団と、バンダイナムコスターズが登場する。 データは2008年開幕時点のものである。

セントラル・リーグ
パシフィック・リーグ

スペシャルチーム[編集]

全国リーグをクリア毎にモードタイトルに★が付加され、下記1球団ずつ使用可能になる。

追加された球団は次回に使用可能。

※★は最大で5つまで

  • コリアンパワーズ(追加時に球場:河川敷が使用可能になる)
  • アメリカンズ
  • キューバドリームス
  • ロボッツ

球場[編集]

今作ではプロ野球の本拠地球場は登場せず、以下のオリジナル球場が収録されている。

  • ダウンタウン球場
  • ライブフィールド
  • なんごくスタジアム
  • パルテノ球場
  • グリーンパーク
  • ニューぴっかりスタジアム
  • かせんじき(コリアンパワーズを追加すると使用可能に。)

外部リンク[編集]