NPB AWARDS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
NPB AWARDS
NPB AWARDS
グランドプリンスホテル新高輪(2016年現在の表彰式会場)
グランドプリンスホテル新高輪(2016年現在の表彰式会場)
イベントの種類 スポーツイベント
正式名称 NPB AWARDS 20XX supported by リポビタンD
旧イベント名 日本プロ野球コンベンション
開催時期 毎年11月
初回開催 2000年11月
会場 参照
主催 日本野球機構
協賛 大正製薬(2014年-)
公式サイト

NPB AWARDS(エヌ・ピー・ビー・アワーズ)とは、日本野球機構の年間表彰式である。正式名称は「NPB AWARDS 20XX」。

概要[編集]

毎年11月に、各球団の主力選手が多数集まり、その年度におけるプロ野球リーグ戦の各タイトルを表彰する。

2000年より「日本プロ野球コンベンション20XX」として毎年開催。2004年までは機構から招待された関係者のみに公開されたが、2005年は、ベストプレーヤーマッチを翌日に控えた札幌ドームにて関係者に加えて初めてファンも招待され、合わせてファン感謝イベントも行われた。

2006年11月14日WBC祝勝会も合わせて新高輪プリンスホテル「飛天」で開催された[1]

2009年2010年赤坂サカスで開催。年間表彰式は赤坂BLITZで行われた。また、サカス広場にはレッドカーペットも敷かれ、集まった多くのファンの前で選手らがレッドカーペットウォークを披露するのも名物となった。

2013年からはドレスコードを設けることとなった。選手のユニフォームだけでなく、マスコミ関係者や観客までドレスコードを設ける徹底ぶりである。

2014年から名称を「NPB AWARDS」に変更[2][3]大正製薬の協賛となりタイトルも「NPB AWARDS 20XX supported by リポビタンD」として開催。なお2014年はプロ野球80周年を記念し[4]、通年の表彰のほか、侍ジャパン各世代8チームの監督揃い踏みや「80周年ベストナイン」の表彰[5]といった特別企画も行われた。

2017年からは一般入場が完全有料制となり、ローチケで独占販売、完全入れ替え制となる予定。

表彰される賞[編集]

公式記録表彰

(☆はイースタン・リーグおよびウエスタン・リーグも表彰対象)

記者投票表彰

最優秀選手と最優秀新人は表彰式内で発表されている。

特別表彰

会場[編集]

司会者など[編集]

司会・進行
インタビュアー
テレビ中継
  • BS放送J SPORTSにて毎年、生中継で放送されている(当日深夜および後日再放送あり)。なお、2014年までは夜の部のみ生中継し、昼の部にあたるファーム表彰式はダイジェストのみ放送していたが、2015年はファーム表彰式の生中継も放送された。
  • 同じくBSデジタル放送のBS-TBSでも、当日夜にディレイ放送される。
  • また、CS放送のスカイAでも毎年12月末に録画にて放送されている(かつてはスカイ・Aで生中継されていた)。

備考[編集]

80周年ベストナイン[編集]

2014年にNPB80周年記念特別企画として、過去の表彰の中から、それぞれのポジションで最多受賞回数を記録している選手を「ベスト・オブ・ザ・ベストナイン」として選出した[5]

守備 選手名 在籍球団 受賞
投手 別所毅彦 南海巨人 6
捕手 野村克也 南海、ロッテ西武 19
一塁手 王貞治 巨人 18
二塁手 千葉茂 巨人 7
高木守道 中日
三塁手 長嶋茂雄 巨人 17
遊撃手 吉田義男 阪神 9
外野手 張本勲 東映→日拓→日本ハム、巨人、ロッテ 16
山内一弘 毎日→大毎、阪神、広島 10
山本浩二 広島
福本豊 阪急

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ WBC祝勝会は当初7月20日に開催予定だったが、監督たる王貞治の急病のため延期となっていた。
  2. ^ NPB AWARDSについて 日本野球機構公式サイト 2014年9月26日付
  3. ^ 「NPB AWARDS」に名称変更 日刊スポーツ 2014年9月26日閲覧
  4. ^ 「NPB AWARDS 2014」特別協賛社に大正製薬 日本野球機構公式サイト 2014年11月18日
  5. ^ a b NPB80周年ベストナイン ~Best nine of 80 years~ 日本野球機構、2014年11月27日
  6. ^ なお、翌2010年は欠席し、代わりに本人によるビデオメッセージが紹介された。

外部リンク[編集]

  • 表彰選手 - 日本野球機構オフィシャルサイト