プロポーショナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
プロポーショナル
欧字表記 Proportional
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2006年3月7日(12歳)
Beat Hollow
Minority
母の父 ジェネラス
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 ジャドモントファーム
馬主 ハーリド・ビン・アブドゥッラー
調教師 C.ヘッドシャンティイ
競走成績
生涯成績 8戦2勝
獲得賞金 ?ユーロ
テンプレートを表示

プロポーショナル (Proportional) はイギリスで生産された競走馬である。主戦騎手ステファン・パスキエがデビュー戦以来務めていた。

経歴[編集]

2歳(2008年)[編集]

8月10日ドーヴィル競馬場で競走馬デビュー戦を迎えたが4着だった。続く9月11日シャンティー競馬場で行われたラマールオーズワゾー賞(一般戦)を制し、デビュー2戦目で初勝利を挙げた。そして重賞及びG1競走初挑戦となったマルセル・ブーサック賞では、当年のモイグレアスタッドステークスを制したアゲインなどの強豪馬が集まり、当時1勝馬だった当馬は17頭中11番人気という低評価であった。しかしレースでは、道中は先行して残り300メートルから抜け出し2着となったイルーシヴウェーブに3馬身差をつけて重賞及びG1競走初勝利を挙げた。しかしその後は休養に入り3戦2勝で2歳を終えた。

3歳(2009年)[編集]

休養を終えて3歳となっての初戦は4月12日に行われたラグロット賞 (G3) に出走したがクリストフ・ルメールが騎乗するタマジルテに敗れて3着だった[1]。迎えた5月10日プール・デッセ・デ・プーリッシュではイリューシヴウェイヴの4着に敗れた。休養を挟んで3戦するが2着、4着、2着と勝ちきれないレースが続き引退、繁殖牝馬となる。

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名
ゲート
オッズ
(人気)
着順 騎手
距離(馬場) タイム
着差 勝ち馬/(2着馬)
2008 8. 10 ドーヴィル マレツ賞 17 3.00(1人) 4着 S.パスキエ 57 芝1000m(良) 2.1/4 Copperbeech
9. 11 シャンティ ラマールオーズワゾー賞 9 2.50(1人) 1着 S.パスキエ 55 芝1400m(良) 1:26.10 クビ (Deaufils)
10. 5 ロンシャン マルセル・ブーサック賞 G1 16 1 29.00(9人) 1着 S.パスキエ 56 芝1600m(良) 1:36.00 3 (Elusive Wave)
2009 4. 12 ロンシャン ラグロット賞 G3 6 1 (1人) 3着 S.パスキエ 56 芝1600m(良) 1/2 Tamazirte

※競走成績は2009年4月12日現在。

血統表[編集]

プロポーショナル血統サドラーズウェルズ系 / Northern Dancer 3×4×5×5=25.00%、Flaming Page 5×5=6.25%(母内) (血統表の出典)

Beat Hollow
1997 鹿毛
父の父
Sadler's Wells
1981 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Fairy Bridge Bold Reason
Special
父の母
Wemyss Bight
1990 鹿毛
*ダンシングブレーヴ
Dancing Brave
Lyphard
Navajo Princess
Bahamian Mill Reef
Sorbus

Minority
1995 栗毛
*ジェネラス
Generous
1988 栗毛
Caerleon Nijinsky II
Foresser
Doff the Derby Master Derby
Margarethen
母の母
Minskip
1988 栗毛
The Minstrel Northern Dancer
Fleur
Fabulous Native Le Fabuleux
Alyne Que F-No.10-a

血統背景[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]