プロヒビチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Prohibitin
Available structures
PDB Ortholog search: PDBe, RCSB
識別記号
記号英語版 PHB; PHB1
その他ID OMIM英語版176705 MGI英語版97572 HomoloGene英語版1980 GeneCards: PHB Gene
RNA発現パターン
PBB GE PHB 200658 s at tn.png
PBB GE PHB 200659 s at tn.png
その他参照発現データ
オルソログ
ヒト マウス
Entrez英語版 5245 18673
Ensembl英語版 ENSG00000167085 ENSMUSG00000038845
UniProt英語版 P35232 P67778
RefSeq (mRNA) NM_002634 NM_008831
RefSeq (protein) NP_002625 NP_032857
Location (UCSC) Chr 17:
47.48 - 47.49 Mb
Chr 11:
95.67 - 95.68 Mb
PubMed search [1] [2]

プロヒビチン(prohibitin)あるいはPHBは、ヒトにおいてPHB遺伝子によってコードされているタンパク質である[1]Phb遺伝子は、動物や真菌、植物、単細胞真核生物においても記載されている。プロヒビチン類は、酵母のPHB1およびPHB2に対する類似性に基づいて、それぞれType-IプロヒビチンとTyp2-IIプロヒビチンの2つのクラスに分類される。それぞれの生物は、それぞれのタイプのプロヒビチンを少なくとも1コピー有している[2][3]

発見[編集]

プロヒビチン類は、偏在的に発現している進化的に保存された遺伝子である。BRCA1染色体領域17q21に位置するヒトのプロヒビチン遺伝子は、元々は細胞増殖の負の制御因子でありがん抑制遺伝子であると考えられていた。この抗増殖活性は後に実際のタンパク質ではなくPHB遺伝子の3' UTRによるものであるとされた。ヒトPHBにおける変異は散発性乳がんと関連付けられている。プロヒビチンは3' 非翻訳領域の長さが異なる2つの転写産物として発現している。長い方の転写産物は増殖している組織や細胞において高いレベルで存在しており、このより長い3' 非翻訳領域がトランスに働く調節RNAとして機能することが示唆されている[1]

機能[編集]

プロヒビチン類は以下のような多面的機能を有している。

ミトコンドリアの機能および形態[編集]

プロヒビチン類は、ミトコンドリア内膜においてPhb1およびPhb2サブユニットが交互に16-20つながった環状構造をとる[4]。PHB複合体の正確な分子機能は不明であるが、呼吸鎖タンパク質に対すシャペロンあるいは最適なミトコンドリア機能および形態に必要な一般構造骨格としての機能が推測されている。最近、プロヒビチン類は、植物ならびにマウスにおいて、細胞調節の負の調節因子ではなく正の調節因子であることが明らかにされた。

転写調節[編集]

ヒトのプロヒビチン類は、核に局在し核内受容体を含む様々な転写因子と直接的あるいは間接的に相互作用することによって転写活性を調節していることが示唆されている。しかしんがら、プロヒビチン類の核ターゲッティングおよび転写因子との結合に関しての証拠は、その他の生物(酵母、植物、C. elegans等)においてほとんどなく、これがほ乳類細胞に特異的な機能であることを示している[5][6][7][8]

相互作用[編集]

プロヒビチンは、

Prohibitin has been shown to interact with HDAC1[9][10]C-Raf[11]Retinoblastoma-like protein 2[12]Retinoblastoma-like protein 1[12]E2F1[9][13][14][11]SMARCA2[14]Rbタンパク質[11][12]P53[13]Annexin A2[15]SMARCA4[14]と相互作用することが明らかにされている。

脚注[編集]

  1. ^ a b Entrez Gene: PHB prohibitin”. 2013年10月11日閲覧。
  2. ^ Van Aken O, Pecenkova T, van de Cotte B et al. (2007). "Mitochondrial type-I prohibitins of Arabidopsis thaliana are required for supporting proficient meristem development". Plant J. 52 (5): 850–864. doi:10.1111/j.1365-313X.2007.03276.x. PMID 17883375. 
  3. ^ Mishra S, Murphy LC, Murphy LJ (2006). "The Prohibitins: emerging roles in diverse functions". J. Cell. Mol. Med. 10 (2): 353–63. doi:10.1111/j.1582-4934.2006.tb00404.x. PMID 16796804. 
  4. ^ Tatsuta T, Model K, Langer T (January 2005). "Formation of Membrane-bound Ring Complexes by Prohibitins in Mitochondria". Mol. Biol. Cell 16 (1): 248–59. doi:10.1091/mbc.E04-09-0807. PMC 539169. PMID 15525670. 
  5. ^ Montano MM, Ekena K, Delage-Mourroux R, Chang W, Martini P, Katzenellenbogen BS (June 1999). "An estrogen receptor-selective coregulator that potentiates the effectiveness of antiestrogens and represses the activity of estrogens". Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 96 (12): 6947–52. doi:10.1073/pnas.96.12.6947. PMC 22022. PMID 10359819. 
  6. ^ Gamble SC, Chotai D, Odontiadis M, Dart DA, Brooke GN, Powell SM, Reebye V, Varela-Carver A, Kawano Y, Waxman J, Bevan C (March 2007). "Prohibitin, a protein downregulated by androgens, represses androgen receptor activity". Oncogene 26 (12): 1757–68. doi:10.1038/sj.onc.1209967. PMID 16964284. 
  7. ^ Kurtev V, Margueron R, Kroboth K, Ogris E, Cavailles V, Seiser C (June 2004). "Transcriptional regulation by the repressor of estrogen receptor activity via recruitment of histone deacetylases". J. Biol. Chem. 279 (23): 24834–43. doi:10.1074/jbc.M312300200. PMID 15140878. 
  8. ^ Park SE, Xu J, Frolova A, Liao L, O'Malley BW, Katzenellenbogen BS (March 2005). "Genetic Deletion of the Repressor of Estrogen Receptor Activity (REA) Enhances the Response to Estrogen in Target Tissues In Vivo". Mol. Cell. Biol. 25 (5): 1989–99. doi:10.1128/MCB.25.5.1989-1999.2005. PMC 549370. PMID 15713652. 
  9. ^ a b Joshi, Bharat; Ko Danette, Ordonez-Ercan Dalia, Chellappan Srikumar P (Dec. 2003). "A putative coiled-coil domain of prohibitin is sufficient to repress E2F1-mediated transcription and induce apoptosis". Biochem. Biophys. Res. Commun. (United States) 312 (2): 459–66. doi:10.1016/j.bbrc.2003.10.148. ISSN 0006-291X. PMID 14637159. 
  10. ^ Wang, Sheng; Fusaro Gina, Padmanabhan Jaya, Chellappan Srikumar P (Dec. 2002). "Prohibitin co-localizes with Rb in the nucleus and recruits N-CoR and HDAC1 for transcriptional repression". Oncogene (England) 21 (55): 8388–96. doi:10.1038/sj.onc.1205944. ISSN 0950-9232. PMID 12466959. 
  11. ^ a b c Wang, S; Nath N, Fusaro G, Chellappan S (Nov. 1999). "Rb and Prohibitin Target Distinct Regions of E2F1 for Repression and Respond to Different Upstream Signals". Mol. Cell. Biol. (UNITED STATES) 19 (11): 7447–60. ISSN 0270-7306. PMC 84738. PMID 10523633. 
  12. ^ a b c Wang, S; Nath N, Adlam M, Chellappan S (Jun. 1999). "Prohibitin, a potential tumor suppressor, interacts with RB and regulates E2F function". Oncogene (ENGLAND) 18 (23): 3501–10. doi:10.1038/sj.onc.1202684. ISSN 0950-9232. PMID 10376528. 
  13. ^ a b Fusaro, Gina; Dasgupta Piyali, Rastogi Shipra, Joshi Bharat, Chellappan Srikumar (Nov. 2003). "Prohibitin induces the transcriptional activity of p53 and is exported from the nucleus upon apoptotic signaling". J. Biol. Chem. (United States) 278 (48): 47853–61. doi:10.1074/jbc.M305171200. ISSN 0021-9258. PMID 14500729. 
  14. ^ a b c Wang, Sheng; Zhang Baohua, Faller Douglas V (Jun. 2002). "Prohibitin requires Brg-1 and Brm for the repression of E2F and cell growth". EMBO J. (England) 21 (12): 3019–28. doi:10.1093/emboj/cdf302. ISSN 0261-4189. PMC 126057. PMID 12065415. 
  15. ^ Bacher, Susanne; Achatz Gernot, Schmitz M L, Lamers Marinus C (Dec. 2002). "Prohibitin and prohibitone are contained in high-molecular weight complexes and interact with alpha-actinin and annexin A2". Biochimie (France) 84 (12): 1207–20. doi:10.1016/S0300-9084(02)00027-5. ISSN 0300-9084. PMID 12628297. 

推薦文献[編集]