プロパニジド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
プロパニジド
Propanidid-2D-skeletal.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
Drugs.com 国別販売名(英語)
International Drug Names
識別
CAS番号
1421-14-3 ×
ATCコード N01AX04 (WHO)
PubChem CID: 15004
ChemSpider 14283 チェック
UNII AO82L471NS チェック
KEGG D05626  チェック
化学的データ
化学式 C18H27NO5
分子量 337.411 g/mol
テンプレートを表示

プロパニジド(Propanidid)は、超短時間作用する、フェニル酢酸系の全身麻酔薬である。1963年にバイエルによって製品化されたが[1]アナフィラキシー反応が出ることが分かり、すぐに市場から撤退した。

Kolliphor ELもアナフィラキシー反応を起こす場合があるが、プロパニジド自体がこの反応に関わっているか否かは分かっていない。

プロパニジド(及びアルテシン)の毒性や反応が物質自体に由来するものか否かも議論が続いている[2]。異なる薬剤で、Kolliphor ELを溶剤として用いた場合に陰性反応が出る例も報告されており、このことは、陰性反応は主にKolliphor ELに由来し、物質そのものが原因ではない可能性を示している。

出典[編集]

  1. ^ US patent 3086978, Hiltmann, R.; Wollweber, H.; Hoffmeister, F.; Wirth, W., "3-Methoxy-4-Carbamidomethoxy-Phenylacetic Acid Esters", issued 1963-04-23, assigned to Bayer 
  2. ^ Clarke, R. S.; Dundee, J. W.; Carson, I. W. (1973). “A New Steroid Anaesthetic - Althesin” (pdf). Proceedings of the Royal Society of Medicine 66 (10): 1027–1030. PMC: 1645602. PMID 4148526. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1645602/pdf/procrsmed00329-0089.pdf. 

外部リンク[編集]

  • Klockgether-Radke A, Kersten J, Schröder T, Stafforst D, Kettler D, Hellige G (1995). “Anesthesia with propanidid in a liposomal preparation. An experimental study in swine”. Anaesthesist 44 (8): 573–80. doi:10.1007/s001010050191. PMID 7573906. 
  • Habazettl H, Vollmar B, Röhrich F, Conzen P, Doenicke A, Baethmann A (1992). “Anesthesiologic efficacy of propanidid as a liposome dispersion. An experimental study with rats”. Anaesthesist 41 (8): 448–56. PMID 1524155. 
  • Zawisza P, Przyborowski L (1992). “Propanidid and etomidate identification from the blood by thin-layer chromatography”. Acta Pol Pharm 49 (5–6): 15–7. PMID 16092193. 
  • Theis JG, et al. (1995). “Anaphylactoid reactions in children receiving high-dose intravenous cyclosporine for reversal of tumor resistance: the causative role of improper dissolution of Cremophor EL”. Journal of Clinical Oncology 13 (10): 2508–2516. PMID 7595701. 
  • Ebo DG, et al. (2001). “IgE-mediated anaphylaxis after first intravenous infusion of cyclosporine”. Annals of Allergy, Asthma & Immunology 87 (3): 243–245. doi:10.1016/S1081-1206(10)62234-X. PMID 11570623.