プロタンディム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
LifeVantage
企業形態 Public
取引所 NASDAQ: LFVN
業種 Nutrition, Skin Care products
設立 2003
本社 アメリカ合衆国ソルトレイクシティ, ユタ州
事業地域 アメリカ, カナダ, 日本, メキシコ, オーストラリア
主要人物 Douglas C. Robinson, David W. Brown, Kirby Zenger, David Colbert, Darlene R. Walley, Joe M. McCord
製品 Protandim, TrueScience
売上高 増加 US$ 126.2 million [1]
営業利益 US$ 17 million[1]
ウェブサイト LifeVantage.com
テンプレートを表示

Nrf2プロタンディムは、米国ユタ州に本拠地を置く会社であるライフバンテージ社が販売するダイエタリー・サプリメント(健康補助食品)である。プロタンディムの製造者は、プロタンディムが細胞内部のカタラーゼ54%、グルタチオン300%、スーパーオキシドディスムターゼ(SOD)34%などの抗酸化酵素を増加させ、間接的に身体の抗酸化を促進すると主張している。

なお、製品にはNARF1プロタンディムが2017年1月より追加された。 さらにプロタンディムNADが2020年10月に新たに追加される予定である。

これにより、プロタンディムシリーズは全3種類となる予定。

[2]。また、ライフバンテージ社は2012年9月NASDAQに上場した上場企業である。

『いまのところ、哺乳類本来の衰えた活性酸素を  除去する酵素を蘇らせることのできる世界で  唯一のサプリメントである。』

製品の歴史[編集]

2003年、コロラド州に本拠を置くLifeline Therapeutics社とマサチューセッツ州のCereMedix社が実験段階にあったCMX-1152という化合物を、「プロタンディム」というブランド名で販売する権利を合同で保持することに合意する。.[3][4][5][6][7][8][9]  CereMedix社はLifeline Therapeuticsの株式を10%保持しており、CereMedix社の取締役会とLifeline Therapeutics社の取締役会は同一のメンバーにより構成されていた。CMX-1152 は細胞内部のカタラーゼ、グルタチオン、スーパーオキシドディスムターゼなどの抗酸化酵素を増加させ、人間の寿命を120歳まで延ばせる可能性があると主張された[8]

CMX-1152は臨床試験を終えた後に一般用医薬品のアンチエイジング錠として2004年6月に販売予定であった。しかし、CMX-152を一般用医薬品として販売する計画は断念され、2004年4月、LifeLine Therapeutics社は非ペプチドベースの別製品「プロタンディムCF」を栄養補助食品として販売をすことを発表した。新製品の主成分となったウコンチャノキを含む5つのハーブの配合は、Lifeline社員(Paul MyhillとWilliam Driscol(前石油会社幹部))らの「数ヶ月の広範囲な研究開発」によって発明された。[誰?]は2005年2月に公式に発売されたこの製品の特許を持つが、同年の終わりに会社を辞職する事となった[10][9][11][12][13]

このハーブを主成分とするNrf2プロタンディムは、CMX-1152と同じように細胞内部のカタラーゼ、グルタチオン、スーパーオキシドディスムターゼなどの抗酸化酵素を増加させ、身体の抗酸化を促進するとされ、アンチエージングサプリメントとしてLifeline社から販売された。同社によるとプロタンディムは当初GNC社などの小売り販売ルートを通して販売されていたが[14] 、数年連続して数百万ドルの赤字を記録した。2009年、社名をライフバンテージに変更していた同社は、プロタンディムの小売り販売を取り止め、MLMで販売することを発表した。同社によると、MLMへの移行は2008年1月に同社CEOに就任したDavid W. Brown(元Metabolife 社 CEO)の主導によるものだったと言う[15][16]

2005年からコロラド州のThe Chemins Companyと製造協定の下でプロタンディムを製造していたが[17]、2008年7月、ライフバンデージは、Cornerstone Research & Developmentと新たな製造協定を結んだ。また、 同年Wasatch Product Developmentとプロタンディム配合のスキンクリーム(TrueScience)の製造協定を結んだ[18]

成分[編集]

米国Nrf2プロタンディムの主成分は、5種類のハーブである(括弧内は一錠あたりの含有量)

その他成分:カルシウム、クロスカルメロースナトリウム、ステアリン酸マグネシウム、結晶セルロース、変性セルロース、シリカステアリン酸[要出典]

日本のプロタンディムは、米国のアシュワガンダをブラックペッパーに変更している。 尚、効果は日本製品とアメリカ製品とで変わりはない。

副作用[編集]

アメリカのライフバンテージ社のHPでは[19]Template:Third-party-inlineごく稀に医療機関にかかる必要がない程度のアレルギー反応がでることがあり、飲用を停止すれば治るという内容をFAQで掲載している。

概要[編集]

2018年の時点で発表されているNrf2プロタンディムに関する調査研究は24件存在する[20][21][20][21][22][23][24][25][26][27] [28]。また、調合構成や抗酸化ストレス、抗炎症作用について6つの特許を取っている[29][30][31][32]

臨床実験[編集]

Nrf2プロタンディムの臨床実験は現在24件報告されている。24件のうち1件めの実験では、プロタンディムが抗酸化酵素SODと赤血球内のカタラーゼを増加させ、同時に血漿のTBARSレベルを減少させたと報告されている[5][20]

2件目の研究は、2012年にMcCord博士と同僚によって発表された。無作為化され、二重盲検法、偽薬による対照実験を用いたこの実験は、アルコール中毒患者30名の肺の酸化ストレスおよび肺胞上皮透過性に対するプロタンディムの影響を調査した。[21] プロタンディム( (14人が服用1350mg/日; メーカー推奨の1日量の2倍)、プラシーボ偽薬(残り16人服用)が、7日間投与された。偽薬を投与されたグループに比べてプロタンディムが投与されたグループの気管支肺胞洗浄液内の肺胞上皮透過性、酸化ストレス、上皮成長因子、線維芽細胞増殖因子、インターロイキン-1βおよびインターロイキン10レベルに有意差はみられなかった。

広告とスポンサー[編集]

LifeVantageは、コロラド州の広告会社に依頼し、テレビ番組Today 内の2つのコーナーを含む、様々なラジオおよびテレビ番組上でプロタンディムを紹介した。[39]Todayのコーナーの1つにはプロタンディムのコンサルタント/スポークスマンとして雇われていた、栄養学者Elizabeth Somerが出演した[33][34][35]

2007年6月20日、LifeVantageは、会社の製品のスポークスマンとして、テレビタレントMontel Williamsと3年契約を結んだと発表。2011年9月15日、LifeVantageは芸能人のDonny Osmondと製品のコミッションを支払う事を条件に、2年契約で宣伝用のビデオ出演などを依頼した。[36] [37]

脚注[編集]

  1. ^ a b http://biz.yahoo.com/e/120910/lfvn10-k.html
  2. ^ Nelson SK, Bose SK, Grunwald GK, Myhill P, McCord JM."The induction of human superoxide dismutase and catalase in vivo: a fundamentally new approach to antioxidant therapy."Free Radic Biol Med. 2006 Jan 15;40(2):341-7, PMID 16413416.
  3. ^ “Lifeline Nutraceuticals, CereMedix sign agreement”. Nutraceuticals World. (2003年12月1日). オリジナルの2016年4月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160413142849/https://www.highbeam.com/doc/1G1-112356866.html 08/19/2012閲覧。 
  4. ^ “The Uncertain Antiaging Pill (press release)”. Betterhumans. (2004年12月1日). http://www.prweb.com/releases/2004/12/prweb183718.htm 08/19/2012閲覧。 
  5. ^ a b Alison McCook (February 2006). “Your Money for Your Life”. The Scientist 20 (3): 33. http://www.the-scientist.com/article/display/23192/#ixzz1DA5Ng18E. 
  6. ^ “LifeLine Therapeutics press release”. (2003年10月16日). オリジナルの2013年4月14日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130414193633/http://www.cryonics.org/immortalist/january04/lifeline.htm 08/19/2012閲覧。 
  7. ^ Bailey, Patrick. “The Uncertain Antiaging Pill”. Betterhumans. オリジナルの2004年12月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20041204092646/http://www.betterhumans.com/Features/Reports/report.aspx?articleID=2004-11-29-1 11/29/2004閲覧。 
  8. ^ a b “Scientist returns to build long-life pill plant”. The Scotsman. (2003年11月17日). http://www.scotsman.com/news/scientist-returns-to-build-long-life-pill-plant-1-894387 08/20/2012閲覧。 
  9. ^ a b Austin, Marsha (2003年12月8日). “Denver Businessmen Gamble on Selling Fountain of Youth in Pill Form”. Denver Post. オリジナルの2013年6月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130610042619/http://business.highbeam.com/3563/article-1G1-111038316/denver-businessmen-gamble-selling-fountain-youth-pill 08/20/2012閲覧。 
  10. ^ US 7241461, Myhill, Paul R. & William J. Driscoll, "Composition for alleviating inflammation and oxidative stress in a mammal.", issued 10 July 2007 
  11. ^ “Some days it’s just hard to believe”. Footnoted. (2005年11月17日). http://www.footnoted.com/uncategorized/some-days-its-just-hard-to-believe/ 08/19/2012閲覧。 
  12. ^ “Lifeline Therapeutics CEO resigns”. Denver Business Journal. (2005年7月5日). http://www.bizjournals.com/denver/stories/2005/07/04/daily12.html 08/20/2012閲覧。 
  13. ^ “Paul R. Myhill. RE: Resignation from the Board of Directors and Executive Committee of Lifeline Therapeutics, Inc (Form 8-K)”. United States Securities and Exchange Commission. (2005年11月11日). http://www.sec.gov/Archives/edgar/data/849146/000102189005000208/lifeline1111058kex991.htm 08/20/2012閲覧。 
  14. ^ “Protandim to be Available at General Nutrition Center (GNC) Stores”. Lifeline Therapeutics press release. (2005年7月20日). http://www.sec.gov/Archives/edgar/data/849146/000102189005000106/lifeline720058kex99.htm 08/19/2012閲覧。 
  15. ^ “LifeVantage Corporation Appoints Industry Veteran David Brown as President & CEO (LFVN press release)”. Reuters. (2008年1月14日). http://www.reuters.com/article/2008/01/14/idUS120817+14-Jan-2008+PRN20080114 08/24/2012閲覧。 
  16. ^ The LifeVantage Story”. LifeVantage, Inc. 2011年11月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。08/24/2012閲覧。 “David Brown, President of LifeVantage Network, recognized Protandim's potential. In a bold and daring move, he removed Protandim from retail shelves and in 2009 implemented a network marketing business method better suited to distribute Protandim and share its story. It was a new beginning for LifeVantage”
  17. ^ LIFEVANTAGE CORP - 10KSB/A [Filed 06 January 2006]”. sec.edgar-online.com. 2011年2月5日閲覧。[リンク切れ]
  18. ^ http://yahoo.brand.edgar-online.com/displayfilinginfo.aspx?FilingID=8164388-16511-132473&type=sect&dcn=0001193125-11-258536
  19. ^ FAQ”. protandim.com. 2012年8月13日閲覧。
  20. ^ a b c Nelson, Sally K.; Bose, Swapan K.; Grunwald, Gary K.; Myhill, Paul; McCord, Joe M. (2006). “The induction of human superoxide dismutase and catalase in vivo: A fundamentally new approach to antioxidant therapy”. Free Radical Biology and Medicine 40 (2): 341–7. doi:10.1016/j.freeradbiomed.2005.08.043. PMID 16413416. 
  21. ^ a b c “Protandim(R) does not influence alveolar epithelial permeability or intrapulmonary oxidative stress in human subjects with alcohol use disorders”. Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol Jan 20. [Epub ahead of print]. (2012). PMID 22268125. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22268125. 
  22. ^ Velmurugan, K; Alam, J; McCord, J; Pugazhenthi, S (2009). “Synergistic induction of heme oxygenase-1 by the components of the antioxidant supplement Protandim”. Free Radical Biology and Medicine 46 (3): 430–40. doi:10.1016/j.freeradbiomed.2008.10.050. PMID 19056485. 
  23. ^ Liu, Jianfeng; Gu, Xin; Robbins, Delira; Li, Guohong; Shi, Runhua; McCord, Joe M.; Zhao, Yunfeng (2009). “Protandim, a Fundamentally New Antioxidant Approach in Chemoprevention Using Mouse Two-Stage Skin Carcinogenesis as a Model”. PLoS ONE 4 (4): e5284. doi:10.1371/journal.pone.0005284. PMC: 2668769. PMID 19384424. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2668769/. 
  24. ^ Qureshi, Muhammad Muddasir; McClure, Warren C.; Arevalo, Nicole L.; Rabon, Rick E.; Mohr, Benjamin; Bose, Swapan K.; McCord, Joe M.; Tseng, Brian S. (2010). “The Dietary Supplement Protandim® Decreases Plasma Osteopontin and Improves Markers of Oxidative Stress in Muscular DystrophyMdxMice”. Journal of Dietary Supplements 7 (2): 159–178. doi:10.3109/19390211.2010.482041. PMC: 2926985. PMID 20740052. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2926985/. 
  25. ^ Hybertson BM, Gao B, Bose SK, McCord JM (2011 Oct 15. (Epub ahead of print)). “Oxidative stress in health and disease: The therapeutic potential of Nrf2 activation”. Mol Aspects Med 32 (4-6): 234–46. doi:10.1016/j.mam.2011.10.006. PMID 22020111. 
  26. ^ Donovan EL, McCord JM, Reuland DJ, Miller BF, Hamilton KL (2012). “Phytochemical activation of Nrf2 protects human coronary artery endothelial cells against an oxidative challenge”. Oxid Med Cell Longev. 2012: Article ID 132931. doi:10.1155/2012/132931. PMID 22685617. http://www.hindawi.com/journals/oximed/2012/132931/. 
  27. ^ Bogaard, H. J.; Natarajan, R.; Henderson, S. C.; Long, C. S.; Kraskauskas, D.; Smithson, L.; Ockaili, R.; McCord, J. M. et al. (2009). “Chronic Pulmonary Artery Pressure Elevation Is Insufficient to Explain Right Heart Failure”. Circulation 120 (20): 1951–1960. doi:10.1161/CIRCULATIONAHA.109.883843. PMID 19884466. 
  28. ^ Joddar, Binata; Reen, Rashmeet K.; Firstenberg, Michael S.; Varadharaj, Saradhadevi; McCord, Joe M.; Zweier, Jay L.; Gooch, Keith J. (2011). “Protandim attenuates intimal hyperplasia in human saphenous veins cultured ex vivo via a catalase-dependent pathway”. Free Radical Biology and Medicine 50 (6): 700–9. doi:10.1016/j.freeradbiomed.2010.12.008. PMID 21167278. 
  29. ^ 第1特許 2007年7月10日 U.S.特許 Patent No. US 7,241,461 B2,哺乳類の酸化ストレスと炎症の軽減の構造
  30. ^ 第2特許 2008年6月10日 U.S.特許 Patent No. US 7,384,655 B2哺乳類の酸化ストレスと炎症の軽減の調合構造
  31. ^ 第3特許 2009年8月25日 U.S.特許 Patent No. US 7,579,026 B2抗酸化酵素の作用の強化とCリアクティブプロテインのレベル低減方法
  32. ^ 第4特許 2011年4月12日 U.S.特許 Patent No. US 7,923,045 B2※第一特許の続きの内容
  33. ^ Our case studies -- Protandim”. Primadonna Public Relations, Inc.. 2013年7月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。08/12/2012閲覧。 “This Primadonna PR webpage shows Protandim as part of the company’s portfolio of clients. Services provided by Primadonna included: “increased public awareness of the health supplement considerably through a strategic partnership with nationally recognized nutritionist and author Elizabeth Somer”; “successfully placed Protandim on ‘Today’ health segments—twice in one year—leading to dramatic spikes in Protandim’s Web traffic”; “coordinated successful media tour during which Protandim was discussed on more than 20 local television and radio stations, including the nationally syndicated Health Radio Network; and “landed interview for Protandim scientist with More magazine, which resulted in coverage in an Anti-Aging special section.””
  34. ^ Have you heard of a supplement called Protandim?”. Elizabeth Somer Blog. 08/19/2012閲覧。 “Somer states: "Not only have I heard of Protandim, but I was the spokesperson for the product the first year it came out. Dr. Joe McCord, the researcher that first discovered the antioxidant enzyme, superoxide dismutase, developed the supplement."”
  35. ^ Lifeline Therapeutics, Inc. Form 8-K”. United States Securities and Exchange Commission (2006年11月21日). 08/19/2012閲覧。
  36. ^ Montel Williams and LifeVantage Corporation Sign License Agreement to Promote Science-Based Dietary Supplement Products”. LifeVantage Press Release. 2012年2月15日閲覧。
  37. ^ LFVN Form 8-K”. SEC.gov (2011年9月20日). 2011年11月7日閲覧。[リンク切れ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]