プロジェクト:特撮/過剰な内容の整理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

過剰な内容の整理[編集]

ウィキプロジェクト 特撮では、特撮分野における、一部の項目に対する内容の偏った過剰な加筆を抑制し整理するために、過剰な内容の整理の運用基準を以下のように定めています。

内容過剰の基準[編集]

特撮分野において、次の内容が記載されている記事は、内容過剰の記事に該当するものとします。

  • 特撮テレビドラマの連続番組および特撮映画の「登場人物」の節、もしくは登場人物一覧の記事で、1回の放送でしか登場しない登場人物の説明が記載されているもの。
  • 登場人物の説明文における、人物の特徴を説明する為には重要でない、エピソードの羅列や、持ち物などの瑣末な情報。
  • 全体のストーリーに関わらないような些細な記述や、「○○話には××し、○○話には××した」といった時系列に沿って逐次追記された記述。
  • 特に事情がないにもかかわらず、ある特定の状況に関する例示が複数項目記述されているもの。
  • 重要でないゲストや制作スタッフ。

解決方法[編集]

内容過剰の記事は、以下のガイドラインに沿って整理してください。

  • 上記の登場人物、スタッフ、些細な記述は削除して下さい。逐次追記された記述は、最終回の後でも修正の必要がないよう、要約ないし削除して下さい。1回の放送でしか登場しない登場人物でも、全体のストーリーに関わるような重大な行動・発言をした場合は記載して構いません。
  • ある特定の状況に関する例示は、特に事情がなければ1項目だけにしてください。

タグの除去基準[編集]

編集等の結果、「内容過剰の基準」で説明されている状態でなくなったら、タグを除去してください。ただし、除去後に再び加筆が繰り返され、内容過剰の状態に戻ってしまうようであれば、再度タグを貼り付け、当面は貼り付けたままとしてください。