プロジェクト:アウトリーチ/ウィキペディアタウン/アーカイブ/2019

ナビゲーションに移動 検索に移動

目次

2019年[編集]

2019年10月[編集]

2019年(7月〜10月)の開催地

2019-10-20 Wikipediatown@北杜[編集]

  • 日時:2019年10月20日(日)10:00〜16:30
  • 主催:北杜市図書館(北杜市小淵沢図書館・北杜市金田一春彦記念図書館)
  • 場所:北杜市金田一春彦記念図書館 (山梨県北杜市大泉町)
  • 詳細:一般参加者を対象としたウィキペディアタウンとしては山梨県内では初の開催。高校生を含む地元在住者を中心に約10名が参加。新規作成記事は北杜市考古資料館北杜市金田一春彦記念図書館の2つ。既存記事の谷戸城に出典および参考文献加筆。地元学芸員さんによる北杜市考古資料館および谷戸城跡の解説が行われた。北杜市図書館HP [1]

2019-10-20 第4回 TDUウィキペディアタウンin千住[編集]

  • 日時:2019年10月20日(日)10:00〜16:30
  • 主催:東京電機大学 総合メディアセンター
  • 後援:足立区 / 丸善雄松堂㈱
  • 場所:東京電機大学 東京千住キャンパス 2号館1階エントランスホール
  • 詳細:学生を含め20名が参加。新規作成はPO箱モンロー計算機名倉医院の3つ。名倉家に加筆。大学に収蔵されている歴史的な抵抗測定器と計算機について、工学博士の齊藤剛氏による講義も行われた。

2019-10-13 ウィキペディアタウン in 幸田~ウィキペディアで幸田の魅力を世界に発信しよう~[編集]

  • 日時:2019年10月13日(日)10:00〜16:00
  • 主催:幸田町立図書館
  • 場所:幸田町郷土資料館
  • 詳細:幸田町立図書館公式ツイート[2]

2019-10-06 WikipediaTown沼津#15 & マッピングパーティー UDC2019[編集]

2019-10-06 Wikipediaブンガク 中島敦[編集]

神奈川県立図書館での参加者集合写真

2019年9月[編集]

2019-09-29 ウィキペディアタウン in 琴浦[編集]

2019-09-28 令和元年度日南町生涯学習講座にちなん町民大学[編集]

2019-09-22 ウィキペディアタウン in あま 漬物の祭りを覗いてみよう![編集]

  • 日時:2019年9月22日(日)13:00〜17:30
  • 主催:あま市美和図書館
  • 共催:あま市美和歴史民俗資料館・神社仏閣へ行こう!プロジェクト
  • 協力:にんげん図書館・東海ナレッジネット準備会
  • 場所:あま市美和文化会館 1階 会議室
  • 詳細:facebookイベントページ [9]
  • 執筆対象:萱津神社(加筆)

8月21日に行われた萱津神社「香の物祭」の取材イベントと対になる編集イベント。あま市美和文化会館の1階会議室において実施された。参加者は地元あま市のガイドボランディアを中心に15名ほど。資料は主催のあま市美和図書館により50冊程度が準備された。あま市美和歴史民俗資料館学芸員による萱津神社のレクチャーが20分程度、ウィキペディアの編集についてのレクチャーが20分程度行われた。その後、3グループを編成し、グループ内で自己紹介を行った。編集する記事の部分を全体で検討し、1時間程度書籍から情報カードに転記作業・分類作業を行い、その後カードの情報を紙に文章をまとめ、民俗資料館学芸員のチェックを受けた後、文章を打ち込み、実際の記事を編集した。

2019-09-16 幕末京都オープンデータソン#12:攘夷の終わりと禁門の変[編集]

  • 日時:2019年9月16日(日)10:00〜18:00
  • 主催:主催:諸国・浪漫 / 共催:NPO法人ちはやぶる宇治の未来をつくる会
  • 場所:遊子庵(京都市中京区室町通御池上ル御池之町305番地[10])
  • 執筆対象:護王神社(加筆)、相国寺(加筆)、上御霊神社(加筆)
  • 詳細:connpassイベント[11] / facebookイベント[12]
  • 京町家「遊子庵」で集合し、オープンデータ、Wikipedia、OpenStreetMapの概要説明後、徒歩で京都御苑へ。堺町御門で禁門の変の簡単な説明と資料を配布し、御苑内の神社などを巡りつつ蛤御門へ。その後、護王神社を散策してお昼休み。同志社大学前で再集合し、薩摩藩邸跡の石碑前を通りつつ相国寺へ。禁門の変で無くなった方たちの墓地を巡った後、上御霊神社を散策。その後、遊子庵へ戻り記事と地図の編集。編集時間を5分延長した後、WikipediaとOpenStreetMapの成果発表を行う。

2019-09-15 よさのwikipediaプロジェクト#1[編集]

  • 日時:2019年9月15日(日)13:00〜17:00
  • 主催:よさのWikipediaプロジェクト
  • 場所:与謝野町立図書館加悦分室及びちりめん街道(京都府与謝郡与謝野町
  • 詳細:facebookイベント[13] 全4回シリーズ予定のうちの1回目。今回は、図書館にて資料調査の後、ちりめん街道をまちあるきし、撮影した写真をウィキメディア・コモンズにアップロードし、コモンズのカテゴリを作成するところまで行った。資料準備に与謝野町立図書館の協力をいただいたほか、まちあるき中に出会った地域住民が率先して一帯のガイドをしてくれるなど、地域の厚い協力を受けてのスタートとなった。

2019-09-07 ウィキペディアにゃウン wikipedia town in 丹後峰山[編集]

  • 日時:2019年9月7日(土)9:00〜16:00
  • 主催:こまねこまつり実行委員会
  • 場所:日進製作所創業記念館(京都府京丹後市峰山町 金刀比羅神社隣)
  • 執筆対象:小西川(新規)、御旅市場(新規)、日進製作所(加筆)、金刀比羅神社 (京丹後市)(加筆)、英語版wikipedia利用者ページ(新規)
  • 詳細:facebookイベント[14][15]
  • 翌日に控える第4回こまねこまつりのプレイベントとして開催した。編集参加者は講師を含む25名。ほか、一部参加・見学・参加者の子どもを含めて35名前後が参加した。午前中に日進製作所創業記念館の紹介、wikipedia講話(2名)、まちあるき、金刀比羅神社祭礼紹介を行い、午後に4班にわかれて編集。参加者のうち、京都市内から参加した大学生が事前に丹後ちりめんの英訳を作成しており、4記事の成果発表後に、日本語版と英語版wikipediaとのちがいや留意点を解説後、英語版への新規作成の準備を行った(英語版は新規作成に制限があるため、利用者ページへ投稿した。)。その後、丹後蔵で開催されたイベント「よるのこまねこ」では、wikipediaに関心が高い地域住民や別種イベントのために滞在中のアーティストらと、ウィキペディアンやウィキペディアタウン企画者の交流が行われた。

2019年8月[編集]

2019-08-21 ウィキペディアタウン in あま 漬物の祭りを覗いてみよう![編集]

  • 日時:2019年8月21日(水)14:00〜
  • 主催:あま市美和図書館
  • 共催:あま市美和歴史民俗資料館・神社仏閣へ行こう!プロジェクト
  • 協力:にんげん図書館・東海ナレッジネット準備会
  • 場所:萱津神社愛知県あま市上萱津
  • 詳細:あま市美和図書館公式サイト[16] facebookイベントページ [17]
  • 愛知県あま市上萱津に鎮座する萱津神社の神事「香乃物祭」(日本唯一の漬物の祭)を見学・参加し、写真撮影など取材を行った。また、神事や神社についてのガイドも行われた。参加者は9月22日に行われる「ウィキペディアタウンinあま」の主催・共催者などのスタッフを中心に若干名。地元の参加者が大半だったが、遠方からの参加者もあった。この日は取材のみで当日のウィキペディアまたはコモンズへの成果はなし。

2019-08-18 みんなで東淀川区の魅力を発信しよう![編集]

  • 日時:2019年8月18日(日)13:00〜17:00
  • 主催:大阪市立東淀川図書館
  • 協力:東淀川魅力発見プロジェクト、諸国・浪漫
  • 場所:大阪市立東淀川図書館大阪府大阪市東淀川区
  • 詳細:大阪市立図書館 東淀川からのお知らせ[18]、connpass告知[19]、facebookイベント[20]
  • 参加者の自己紹介後、Wikipedia/OpenStreetMap/Wikidataの概要説明(Wikidataはデモも含む)を実施。Wikipediaの成果として、西淡路高射砲台跡瑞松寺を新規立項、東淀川区藤原景清に小松公園(涙池)の逸話を追記、淀川の近代の淀川改修事業に三千樋を追記。また、各記事からOpenStreetMapへのリンクを追加する。OpenStreetMap側も執筆対象周辺の地図を航空写真を元に描く。東淀川100選をuMapを利用してオンライン版を作成。

2019-08-18 ウィキペディアタウン@菊川[編集]

菊川市の市制15周年を記念し、市内で初開催した。市外の高校生、図書館職員等11人が参加。午前中はウィキペディア参加者による講義を受け、市の埋蔵文化財センター「どきどき」と菊川市立図書館菊川文庫を見学。それぞれの場所で市文化財職員、市立図書館職員に施設の概要、収蔵品や特殊コレクションの説明を受けた。午後は菊川文庫で文献調査をし、2つの記事ごとにグループに分かれてウィキペディアの編集を行った。

2019-08-18 エディタン見本市@第99回こんぴら手づくり市[編集]

  • 日時:2019年8月18日(日)10:00〜15:00
  • 主催:edit Tango
  • 場所:金刀比羅神社 (京丹後市)において開催された第99回こんぴら手づくり市会場
  • 詳細:編集者のPCに外部モニターを接続し、一般参加者はwikipedia編集をリアルタイムで鑑賞しながら解説をきいたり質疑応答を行った。2018年9月に当地で開催されたウィキペディアにゃウンの報告、2019年9月7日に開催されるウィキペディアにゃウンvol.2の紹介と参加者募集を兼ねた。編集参加者2名、観覧者10名余。

2019-08-10 第3回まちデータ道場[編集]

  • 日時:2019年8月10日(土)10:00〜16:00
  • 主催:東海ナレッジネット(仮)
  • 場所:名古屋都市センターまちづくりライブラリー・マリカフェ(金山駅前)
  • 詳細:facebookイベントページ[23]
  • 執筆対象:松葉公園(新規立項)
  • ウィキペディア参加者6人。名古屋市中川図書館において行われた第2回まちデータ道場の続きとして、会場を改めて継続調査を行った。執筆対象である松葉公園について確認した後、名古屋市鶴舞中央図書館とまちづくりライブラリーの調査を行う2班に分かれた。鶴舞では新聞資料を、まちづくりライブラリーでは行政資料を中心に調査し、個室のあるカフェ「マリカフェ」において、それぞれの情報カードを持ち寄り実際の執筆作業を行った。また、マリカフェではオープンストリートマップ編集参加の3人も合流し、名古屋市内の建物を描いた。

2019年7月[編集]

2019-07-28 ウィキペディアタウンin春日井[編集]

  • 日時:2019年7月28日(日)10:00〜16:30
  • 主催:中部大学 人文学部 コミュニケーション学科
  • 場所:柏井八幡社境内 おみくじ授与所前 集合(愛知県春日井市柏井町2-31-1)
  • 詳細:中部大学コミュニケーション学科HP[24]
  • 執筆対象:八幡社 (春日井市柏井町)(新規立項)
  • 同大学の柳谷プロジェクト(ゼミ)を中心に15人ほどが参加。柏井八幡社に集合し、境内の写真撮影・聞き取り取材を実施。それぞれ乗用車に分乗し、中部大学へ移動。コンピュータ室において画像のアップロード、記事の執筆を行った。

2019-07-28 図書館活用講座「ウィキペディアタウン in 松戸」[編集]

  • 日時:2019年7月28日(日)10:30〜16:30
  • 主催:千葉県地域IT化推進協議会データ活用部会
  • 共催:松戸市立図書館
  • 場所:松戸市立図書館子ども読書推進センター(千葉県松戸市
  • 詳細:Peatix[25]
  • 執筆対象
  • 概要:松戸市での初開催。お子様含め35名の参加。上記のWipipediaの新規作成2項目の編集に加え、Wikidataチームが1グループで3項目を編集。お子様連れの参加者が編集に少しで専念できるよう、お子様向け灯籠づくりコーナーも併設した。まち歩きには地元「松戸ひみつ探検隊」の方による現地ガイドがあり、対象についての知識を現地で得た上での編集となった。

2019-07-27 倉敷市立中央図書館講座 Wikipediaの歩き方・作り方[編集]

  • 日時:2019年7月27日(土)13:00〜17:00
  • 主催:倉敷市立中央図書館
  • 協力:オープンデータ京都実践会
  • 場所:倉敷市立中央図書館(岡山県倉敷市中央)
  • 執筆対象:倉敷義倉今橋 (倉敷市)(以上新規)、倉敷美観地区(加筆)
  • 倉敷市で初めて開催されたWikipediaTownのイベント。中学生1名を含む4名が参加。今回は街歩きは無しで、事前に図書館が準備した項目の中から参加者が2項目を選び執筆した。倉敷義倉は執筆者2名とも「初めて聞いた」言葉だが、資料を読み込んで時間内で一応のレベルまで作成した。今橋は倉敷美観地区の中心にある橋だがこれまで立項されていなかった項目で、コモンズにある写真も使って執筆した。
  • 詳細:倉敷市立中央図書館[26],facebook[27]

2019-07-15 ウィキペディアタウン函南[編集]

函南町で初めて開催されたウィキペディアタウン。ウィキペディア編集者、図書館関係者、一般参加者など約10人が参加した。ウィキペディアタウンについてのガイダンスの後、図書館司書による説明を受け、函南町立図書館内の見学を行った。その後、柏谷横穴群に向かい、元学芸員の説明を受けながら柏谷横穴群の散策を行った。昼休憩後、午後は執筆対象ごとに2グループに分かれ、図書館の地域資料を活用してウィキペディアの編集を行い、最後に成果発表を行った。Code for ふじのくに報告はこちら[29]

2019年6月[編集]

2019年(4月-6月)の開催地

2019-06-29 幕末京都オープンデータソン#11:京の浪士と池田屋事件[編集]

  • 日時:2019年06月29日(土)09:30〜18:00
  • 主催:諸国・浪漫
  • 場所:集合:鴨川デルタ / 編集:京都府立図書館
  • 詳細:connpass[30] 京都府立図書館[31] facebookイベント[32]
  • 執筆対象:三縁寺(新規)、三宅八幡宮(加筆),en:Miyake Hachimangū(新規)
  • 概要:幕末の京都をテーマにしたオープンデータソン。今回は1864年の「池田屋事件」がテーマ。執筆対象は池田屋事件で亡くなった志士たちが眠る「三縁寺」と、近くの「三宅八幡宮」。三宅八幡宮は池田屋事件とは無関係だが、幕末の絵巻がある&資料館の維持に苦労していると聞いたため、6/09の「ウィキペディアタウンの始め方 ~リファレンス編~」で調査した上で執筆対象とした。また、OSM側も同地点をマッピングし、Wikipediaとの相互リンクを実施。特筆すべき点としては、三宅八幡宮の英語版を書いた参加者が居たこと。

2019-06-22 新潟を知ってもらおう!〜ウィキペディアタウン新潟〜#2[編集]

2019-06-16 Wikipedia Town[編集]

  • 日時:2019年6月16日(日)10:00〜15:00
  • 主催:あま市美和図書館美和歴史民俗資料館・あまの神社仏閣へ行こう!プロジェクト
  • 場所:あま市美和文化会館2階 多目的ホールBC
  • 執筆対象:菊泉院(加筆)
  • 概要:定員は20人。午前はAコース(東溝口 蜂須賀小六ゆかりの地)とBコース(二ツ寺 福島正則ゆかりの地)の二手に分かれ取材。昼食の後、13時より図書館2階のスペースにおいて民俗資料館学芸員などの助言を受けながら、実際の編集作業を行ったという。

2019-06-08 ウィキペディアタウン金沢[編集]

  • 日時:2019年6月8日(土)9:50〜17:00
  • 主催:石川県立図書館
  • 場所:石川県立図書館 1階 ロビー集合
  • 詳細:石川県立図書館[34]

2019-06-08 WikipediaTown 沼津#14[編集]

Code for関係者、沼津市民、ウィキペディア編集者など12人が参加した。ウィキペディアタウンについてのガイダンスの後、史料館の学芸員の方に説明を受けながら、館内の見学と写真撮影を行った。昼休憩後、午後は執筆対象ごとに2グループに分かれ、図書室で文献探しと調査ののちウィキペディアの編集を行って、最後に成果発表を行った。

2019-06-02 まちデータ道場@名古屋[編集]

参加者10名。午前中は松葉公園へ取材、午後は名古屋市中川図書館会議室を会場にした。オープンストリートマップ編集参加者が多く、ウィキペディアについては図書館の資料を各自調査の上、情報カード転記だけ行い、記事編集については次回以降の宿題とした。

2019年5月[編集]

2019-05-26 3Qタウン Wikipedia town in 琴引浜[編集]

  • 日時:2019年5月26日(日)9:30〜17:00
  • 主催:琴引浜ガイドシンクロ
  • 場所:琴引浜鳴き砂文化館(京都府京丹後市網野町掛津1250番地)
  • 詳細:琴引浜鳴き砂文化館[37]
  • 編集対象:琴引浜(加筆)、鳴き砂(加筆) 、琴引浜鳴き砂文化館(6月2日、新しい記事掲載)、はだしのコンサート(6月3日、新しい記事掲載)

地元2校の高校生9名を含む一般参加26名に講師、ガイド、運営スタッフをあわせて総勢37名で開催。午前に琴引浜鳴き砂文化館の見学と琴引浜を散策、鳴き砂を体験した。午後はwikipediaの編集について講義の後、4班に分かれ、複数の公共図書館等から用意された書籍や新聞スクラップなどで調査し、記事を編集、講評を行った。

イベント終了後は主催者の用意した別会場で、イベント中は運営サポートのために十分に参加できない運営スタッフやガイド、編集を継続する意欲の高い参加者を対象に、より具体的に記事の課題を指摘する講評や、オープンストリートマップの解説など記事のブラッシュアップに必要な講習が行われた。イベント中にできなかった動画のアップロードなど、編集のやり残しを片づけた。

2019-05-25 福井ウィキペディアタウン 2019[編集]

福井県内で3回目のウィキペディアタウンを福井市立桜木図書館、福井県立図書館の共催で開催。30人が参加。丸岡高校地域協働部の部員も参加した。午前中は福井市立桜木図書館にてウィキペディアについての講義からはじまる。福井市立郷土歴史博物館に移動し、常設展示を見ながら福井城下の歴史について講義。養浩館庭園、芝原用水、福井城址のルートでまち歩きを行う。午後は福井市立桜木図書館にて、ウィキペディアの編集について講義の後、希望の項目でグループわけ。3グループに分かれ、図書館地域資料を調べ、ウィキペディアに記事を編集。成果発表、講評を行った。

2019-05-19 エディタン見本市@京丹後54マルシェ[編集]

  • 日時:2019年5月19日(日)10:00〜15:00
  • 主催:edit Tango
  • 場所:御旅市場(京都府京丹後市峰山町御旅)[40]
  • 詳細:Wikipediaおよびウィキペディアタウンの紹介、Wikipedia編集体験、QRコードの活用事例紹介および配布
  • 執筆対象:京丹後市

1週間後に同市内で予定されているウィキペディアタウンの参加者募集と、9月に開催予定のイベントの周知を兼ねて、wikipediaの紹介と編集体験、QRコードの活用紹介を行った。編集には2名の新規アカウント作成者を含む3名が参加し、新聞記事を出典として加筆や下書きを行った。

2019年4月[編集]

2019-04-21 小さなit相談室 Wikipedia Labo 岐阜市の伝統産業編[編集]

みんなの森 ぎふメディアコスモス1階のつくるスタジオで開催。4人が参加した。Wikipediaについての簡単な説明を行った後、同一施設2階の岐阜市立中央図書館の郷土資料コーナーで文献を探し、つくるスタジオで岐阜和傘の加筆を行った。参加者の中には岐阜和傘の研究者もおり、イベント後には参加者全員で岐阜市内唯一の小売店である「長良川てしごと町家CASA」を訪れた。

2019-04-21 エディタン見本市@こんぴら手づくり市[編集]

2019-04-21 Wikipediaブンガク 松本清張[編集]

神奈川近代文学館におけるギャラリートーク
  • 日時:2019年4月21日(日)10:00〜16:30
  • 主催:神奈川県立図書館
  • 後援:神奈川近代文学館
  • 場所:神奈川近代文学館 中会議室・神奈川県立図書館 本館1階 多目的ルーム
  • 詳細:神奈川県立図書館ホームページ[44]
  • 執筆対象:相模国愛甲郡中津村(新規)、日本の黒い霧(新規)、松本清張(加筆)、藤井康栄(加筆)、北九州市立松本清張記念館(加筆)、砂の器(出典追加)、旅_(雑誌)(出典追加)、松本清張賞(加筆)
  • 内容:神奈川県立近代文学館において「巨星・松本清張展」に関する展示説明・展示見学を行った後、神奈川県立図書館にてウィキペディアの考え方やマークアップの方法などについて説明した。その後、日本の黒い霧・藤井康栄・相模国愛甲郡中津村・出典捜索追記ワークショップの4テーブルに分かれて作業を実施した。参加者、県立図書館職員など20名が参加した。
  • ウィキメディア・コモンズには、Wikipediaブンガク 松本清張に関するカテゴリがあります。

2019-04-21 ウィキペディアタウン 'あま'[編集]

  • 日時:2019年4月21日(日)13:00〜16:00
  • 場所:あま市美和文化会館
  • 詳細:[45]
  • 定員は10名。当日は「キックオフイベント」とし、「鉄地蔵様のたどった道、そして菩薩に出会う!」をテーマに中橋・蜂須賀地区を歩いたという。歴史ガイドの案内により取材し、後日編集。

2019-04-20 まちデータ道場@名古屋[編集]

3月21日に行われたイベントのフォローを目的に開催された。ウィキペディアの編集参加者4人のほか、オープンストリートマップの編集参加者4人もおり、金山南ビル11階のカフェコーナーにおいて取材方針を話し合ったあと、それぞれグループごとに尾頭橋地区を中心に取材した。午後は別のカフェの個室スペースに拠点を移し、3月21日のイベントで作られた情報カードを元に記事の加筆訂正を行った。

2019-04-13 Wikipedia新潟ローカルタウンプロジェクト[編集]

2019-04-07 お花見!オープンデータソン in 京都[編集]

「お花見」をテーマに開催。京都府立図書館ナレッジベースでオープンデータ、ウィキペディア、オープンストリートマップの説明後、山科疏水公園でお花見。その後、山科疏水の桜を堪能しつつ、瑞光院前を経由して毘沙門堂の大シダレを鑑賞。帰りは山科聖天の参拝、安祥寺川と疏水の立体交差、洛東坂の桜並木を通りつつ図書館へ。図書館でウィキペディアとオープンストリートマップを編集して記事と地図を相互リンクし、成果発表して終了。苦労した点は「京都府立図書館から短時間で行ける場所取り不要でお花見が出来る場所」の選定。編集時は、パスワード忘れや本名で作成したことへの対応に苦労したことが挙げられる。

2019-04-07 お花見もくもく会:Wikipedia ART Edit-a-thon[編集]

  • 日時:2019年4月7日(日)12:00〜20:00
  • 主催:Baexong Arts
  • 場所:東京都文京区小石川4-16-6スターフルーツ2階
  • 詳細:Baexong Arts[50]Facebookページ[51]
  • 執筆対象:ヴェラ・ゾリーナ他。
  • 詳細:10名ほどが参加。ウィキペディアに関するレクチャーのほか、クリエイティブ・コモンズ・ジャパンの理事の方々がウィキペディアのコンテンツの二次使用や自身の作品のライセンス表示についてなどをレクチャー。

2019年3月[編集]

2019年(1月-3月)の開催地

2019-03-30 ウィキペディア実験室(ラボ)in東久留米[編集]

2019-03-21 金山ウィキペディアタウン&まちマップ[編集]

  • 日時:2019年3月21日(木・祝)10:00〜17:00
  • 主催:名古屋都市センター
  • 共催:にんげん図書館
  • 場所:名古屋都市センター(愛知県名古屋市中区金山町一丁目1番1号 金山南ビル11階ホール)
  • 詳細:facebookイベント[54]ちらし (PDF)
  • 執筆対象:尾頭橋(加筆訂正)

ウィキペディアタウンを初めて開催する名古屋都市センターが、名古屋で何度かウィキペディアタウンを開催しているにんげん図書館の協力により開催した。また、オープンストリートマップのマッピングパーティと合同で行うオープンデータソンの形式で行われた。資料は名古屋都市センターまちづくりライブラリーの協力により集められたが、まちづくりライブラリーが所蔵しない資料に関してはにんげん図書館が中心となって、愛知県図書館・名古屋市図書館の資料を用意した。 ウィキペディアの編集参加者は15人程度で、事前に3班が編成された。 午前中は都市センターのホールで事前レクチャーののち、尾頭橋地区を取材した。尾頭橋商店街の不朽園前で同社社長の話を聞き、尾頭橋交差点では尾頭橋地区の交通の変遷についての説明があった。 午後は、資料から情報カードに転記する作業の時間を1時間程度取った。その作られた情報カードを記事構成に即して再編成し、各班で記事執筆に取り掛かるという方式により編集作業が行われた。

2019-03-21 Wikipediatown沼津#13[編集]

  • 日時:2019年3月21日(木・祝)13:00〜17:00
  • 主催:Code for ふじのくに
  • 場所:沼津市立図書館(静岡県沼津市三枚橋町9番1号)
  • 詳細:facebookイベント[55]

2019-03-21 Wikipediatown沼津 誕生祭[編集]

  • 日時:2019年3月21日(木・祝)10:00〜10:30
  • 主催:Code for ふじのくに
  • 場所:神明塚古墳(静岡県沼津市松永字上ノ段)
  • 詳細:facebookイベント[56]

2019-03-17 ウィキペディア・タウン in 広島 若者編[編集]

広島市で初開催となるウィキペディアタウン。募集対象を15-25歳とし「若者編」と名付けた。参加者は周辺の8つの高校中学から24名と大学生1名+見学者1名。10時に会場に集合し約30分間レクチャーを受けた後、『ひろしま地歴ウォーク』編集委員会の方々の案内で図書館周辺の執筆予定地を散策し、13時に会場に戻って昼食を摂り、その後4班に分かれて執筆を行った。参加者のうち数人の執筆経験者以外はWikipedia執筆は初めてという条件下であったが、準備された資料を調べるだけでなく更に資料を探しに書架へ向かう人もおり、活発なイベントとなった。最後に全員が感想を述べたが、「あまり期待せずに来たけど、すごく有意義でした」という内容の声が多く聞かれた。「見学者」として参加された方も、執筆対象外の項目に「平和観世音菩薩像」へのリンクを貼る加筆作業を行った。

2019-03-10 ウィキペディアタウン@グンマー Vol.0。[編集]

2019-03-09 うじウィキペディア・タウン[編集]

  • 日時:2019年3月9日(土)10:00〜17:00
  • 主催:Code for 山城
  • 共催:ちはやぶる宇治の未来をつくる会 
  • 協力:京都府立図書館
  • 場所:ちはやぶるルーム(京都府宇治市
  • 詳細:Peatix申込ページ[58]
  • 執筆対象:蛭子嶋神社(新規)、巨椋神社(新規)

宇治市では過去4回のオープンデータソン2017 in 宇治があったが、ウィキペディアタウンの単独開催は初となるうじウィキペディア・タウンをCode for 山城とちはやぶる宇治の未来をつくる会の共催にて開催した。午前中は宇治駅 (JR西日本)駅に集合し、参加者約20名が宇治市槇島地域を干拓事業により消滅した巨椋池の風景を思い浮かべながら、まちあるきを行った。誓澄寺、槇島城跡、蛭子嶋神社巨椋池の堤跡が残る三軒家、巨椋神社を訪ねた。その後、会場へ移動し、ウィキペディアタウンと宇治のちはやぶる価値についての説明の後、京都府立図書館の協力による地域資料を基に、蛭子嶋神社巨椋神社の2項目を出典を付した文章にて作成した。

2019-03-09 2019 Art+Feminism Wikipedia Edit-a-thon[編集]

アートとフェミニズムを題材に、編集をしてみたい題材を参加者が決め資料も自らが用意しておこなったエディタソン。イベント期間内には下書きページでの執筆途中だった参加者もいたが、それぞれが編集を体験することができた。参加者は20名ほど。アフターフォローのイベントも計画中。

2019-03-03 WikipediaTown富山県高岡市 Code for Takaokaプロジェクト[編集]

  • 日時:2019年3月3日(日)13:00〜17:00
  • 主催:NPO法人ネットワークアシストたかおか Code for Takaokaプロジェクト
  • 場所:富山県高岡市 高岡駅地下1Fクルン高岡
  • 詳細:facebookイベント[60]
  • 執筆対象:新規作成 - 高岡仏壇(推測、削除依頼

2019-03-03 インターナショナルオープンデータディin京都 『酒ペディア』[編集]

オープンデータ京都実践会の恒例の酒ペディアは今回で3回目。参加者は午前6名午後9名。10時に京阪電鉄伏見桃山駅に集合し、月桂冠大倉記念館とキザクラカッパカントリーを訪れ、各蔵ご自慢の日本酒を試飲した。その後、酒ペディア執筆時に消費する日本酒と肴とお昼ご飯を買って午後の会場へ移動した。今回は使用する文献は各自持参となったので、各人が京都・大阪・兵庫の図書館から借りてきた書籍を持ち寄り、これを元に執筆した。

2019-03-03 豊川用水通水51周年記念 川×テクノロジの祭典 カワテク東三河[編集]

豊橋市内のラウンジ「ロッポンギピルズ」の跡地を会場として開催された。当地豊川用水の通水開始51周年を記念したイベントの一環として行われたもので、豊橋技術科学大学の学生をはじめとした18人が参加し、1人1記述以上を目標に編集を行った。資料提供は豊橋市図書館の協力、豊川用水についての解説は独立行政法人水資源機構の職員、ウィキペディアの編集協力についてはすべて県内在住のウィキペディアンによって行われた。会場は豊川用水とは離れていることから、当日アップロードされた写真については、事前に各自が撮影したものを使用した。

2019-03-03 ひなまつりWikipedia 女性×かながわ[編集]

ひなまつりに合わせて、神奈川県立図書館の豊富な女性関連資料を活用。20数名の参加。館内ツアーのあと記事作成。資料担当の図書館スタッフが各テーブルに1名ずつ付きレファレンス協力。

2019-03-02 みしまICTまつり・Wikipedia Town[編集]

  • 日時:2019年3月2日(土)13:00〜17:00
  • 主催:三島市
  • 協力:Code for ふじのくに
  • 場所:三島市民生涯学習センター(静岡県三島市大宮町1-8-38)
  • 詳細:三島市公式ホームページ[63]

2019年2月[編集]

2019-02-24 ウィキペディアタウン in 東淀川図書館[編集]

  • 日時:2019年2月24日(日)13:00〜16:00
  • 主催:大阪市立東淀川図書館
  • 協力:オープンデータ京都実践会、東淀川魅力発見プロジェクト
  • 場所:大阪市立東淀川図書館多目的室(大阪府大阪市東淀川区東淡路1丁目4−53)
  • 詳細:大阪市立図書館のホームページ[64]
  • 執筆対象:平田の渡し(新規)、江口君堂 (寂光寺)寂光寺 (大阪市)(新規)、崇禅寺 (大阪市)(加筆)、中島大水道(加筆)

大阪市の図書館で、中央図書館以外では初めてのウィキペディアタウン。今回は地元の方々を中心に約20名が東淀川図書館に集まり、図書館周辺の項目について執筆を行った。今回は街歩きは予定に入れてなかったが、中島大水道の項目の写真2枚はイベント参加者が執筆中に会場を抜け出して撮影しアップしたもの。

2019-02-23 オープンデータソン in 東大阪キャンパス[編集]

  • 日時:2019年2月23日(土)10:00〜16:00
  • 主催:近畿大学校友会東大阪支部
  • 協力:近畿大学校友会土地家屋調査士支部、オープンデータ京都実践会
  • 場所:近畿大学東大阪キャンパス38号館(大阪府東大阪市小若江3-4-1)
  • 執筆対象:長瀬駅周辺商店街(新規)、近畿大学(加筆)

近畿大学の学生さん5名と大学OBや関係者約10名が参加し、ウィキペディアの執筆とオープンストリートマップ(OSM)のマッピングを行った。午前中にオープンデータ京都実践会のメンバーからレクチャーを受けた後、大学前の商店街を昼食を兼ねて散策し、会場に戻ってウィキペディア班とOSM班に分かれて執筆を行った。学生さんを中心としたメンバーが長瀬駅周辺商店街を執筆し、大学関係者が近畿大学の養殖マグロについて加筆を行った。

2019-02-16 ウィキペディアタウン in 秋葉原 Vol.2[編集]

二松学舎大学文学部谷島貫太ゼミが東京都千代田区の事業「千代田学」の一環として実施。資料調査や募集、当日運営をゼミの学生が主導した。参加者は9名で、運営スタッフの学生も編集作業に加わった。繊維問屋街(岩本町・東神田)のチームは、フィールドリサーチ中に見学に訪れた老舗ボタン屋のご主人に招き入れられ、いろいろとお話を伺うことができるという嬉しいサプライズもあった。午後はゼミ学生が用意した資料を中心に、国会図書館のデジタルコレクションなども活用しながら記事執筆を進めた。

2019-02-16 ふるさと半田応援団 第4回応援団会議[編集]

「ふるさと半田応援団会議」の一環として開催。講師は日本福祉大学Cラボ半田地域コーディネーターの池脇啓太氏。半田市企画課や講師が他地域のウィキペディアタウンの取り組みを把握していたことから、半田市に関する情報を充実させたいという意図で開催。20代から70代の約20人が参加。主催者によると「参加者の満足度は高かったと思われる」とのこと。

2019-02-09 まちのたね図書館 まちの宝物をみんなで編集・発信する Vol.1[編集]

名古屋市内各地でウィキペディアタウン開催実績のあるにんげん図書館が主催のウィキペディアタウン。主催者によれば、図書館主催でない小規模なウィキペディアタウンを指向して企画されたもので、執筆対象となった長善寺を会場として行われた。参加者は10名。午前のみの参加者も数名いた。午前はウィキペディア執筆についてと執筆対象の長善寺についてのレクチャー、昼食を経て、午後からは改めて民俗学者でもある前住職に寺の歴史を講義いただいたのち、実際に記事の新規作成に取りかかった。記事は長善寺 (名古屋市)として立項に至った。

2019-02-09 ウィキペディアタウン西大寺【西大寺公民館】[編集]

  • 日時:2019年2月9日(土)10:00〜15:30
  • 主催:岡山市立西大寺公民館
  • 協力:オープンデータ京都実践会
  • 場所:西大寺公民館
  • 執筆対象:五福通り(新規)、ベル・串田(加筆)

昨年7月7日に開催を予定していたウィキペディアタウンだが、当日の豪雨で延期されていたイベントのリターンマッチ。オープンストリートマップ(OSM)との共同開催。参加者は高校生4名を含む地元の人約10名と地域のボランティア約5名、京都実践会のメンバー6名。定時に会場に集合し簡単なレクチャーを行った。その後ボランティアさんの案内で地元出身の美術家ベル・串田のアトリエを見学し、昭和の雰囲気が漂う五福通りを散策して裸祭りで有名な西大寺に参拝した。会場に戻ってウィキペディアとOSMに分かれて執筆を行った。ボランティアさんの的確な助言を受けながら、高校生2名が五福通りを新規に立項し、別の参加者がベル・串田の加筆を行った。

2019-02-02 ウィキペディアタウン in 春日井 Vol.1[編集]

大学のゼミが中心となって企画。当日は大学キャンパスにほど近い尻冷し地蔵を取材の上、記事を立項。また、尻冷し地蔵を管理する寺である退休寺も同時に立項した。

2019年1月[編集]

2019-01-19 幕末京都オープンデータソン#09:大阪の山と港とお祈りと[編集]

幕末の京都をテーマにしたオープンデータソン(ウィキペディアタウンとOSMマッピングパーティ)。今回は徳川家茂の大阪湾視察にちなんで大阪港で開催。執筆対象は大阪港の史跡や人物から資料が充実したものを選定。イベント中に近くの図書館から資料を追加し、大阪市立図書館デジタルアーカイブを利用するなど、司書の協力で充実することが出来た。OSM側はに西村捨三の像がある天保山公園、港住吉神社、築港高野山釈迦院の地図を描き、港住吉神社との相互リンクを実施した。

2019-01-12 みんなで松崎町の歴史を調べてみませんか? WikipediaTown in Matsuzaki[編集]

  • 日時:2019年1月12日(土)10:00〜16:00
  • 主催:松崎町役場企画観光課
  • 場所:松崎町環境改善センター2階大会議室(静岡県賀茂郡松崎町宮内303-6)
  • 執筆対象:土屋三余(新規)、依田佐二平(新規)
  • 報告:シビックテック・ラボ [71]、伊豆新聞 [72]

2019-01-12 SETOUCHI未来講座Ⅰ「ウィキペディアゾーンSETOUCHI」~この地域の宝を一緒に掘り当てよう~[編集]

  • 日時:2019年1月12日(土) 13:00〜17:00
  • 主催:7PSEAS
  • 協力:Code for 山城
  • 助成:福武教育文化振興財団
  • 場所:岡山県立図書館2階 サークル活動室(岡山県岡山市北区丸の内2丁目6−30)
  • 執筆対象:卓球岡山弁(いずれも加筆)

岡山県内の中高生を対象にしたイベント。参加者は中学生2名と保護者、さらにイベントに興味を持った図書館関係者などが数名。まずオープンデータやウィキペディアに関して短い講義の後、岡山県立図書館の司書から検索についての説明を受け、各人が地元に関する書きたい項目を決め、県立図書館司書の案内で地域資料室等を廻って資料を探してきた。加筆量は少なかったが、二人とも自分で探してきた資料を基にきちんと出典を付した文章を投稿した。

2019-01-05 WikipediaTown沼津#12[編集]

学芸員、地元の住民など10名が参加し、沼津市原にある松蔭寺の見学後に沼津市立図書館で松蔭寺について加筆した。