プロジェクト‐ノート:鉄道/駅

ナビゲーションに移動 検索に移動

ここでは、「隣の駅」・「駅一覧のテンプレート」以外の事柄について取り扱っています。「隣の駅項の小見出し」「各路線の駅一覧のテンプレートについて」「隣の駅について」とそれに従属する各項目についてはサブページである/各路線の駅一覧のテンプレート・隣りの駅をご覧下さい。

目次

過去ログ[編集]

サブページ化・過去ログ化・リンク化を大幅に行いました。そのため、サブページ化・リンク化された現在進行中の議論はウォッチリストに反映されません。参加中の議論でサブページ化・リンク化されたものがある方は、お手数おかけしますがサブページをウォッチリストへ追加して下さい。

新規で議論を始めたことについてプロジェクト:鉄道#議論中のガイドラインにて告知してください。

ログ一覧[編集]

  • プロジェクト‐ノート:鉄道/駅/過去ログ1
    • どの程度の記事からstubで無くなるか
    • 隣の駅の表示方法について
    • 画像の表示方法について
    • 駅番号の記述
    • 建設中の駅・仮称の駅について
    • 優等列車の一部通過駅について
    • 隣の駅の表示方法についての提案
    • 駅の記事の定義付けについて(京浜東北線関連)
    • 北海道の駅記事における「支庁」の表記について
    • 読みの強調
    • 駅の記述について
    • 駅のデータ化
    • 異なる事業者同士の乗換駅の記事について
    • 鉄道駅のテンプレートの案
  • プロジェクト‐ノート:鉄道/駅/過去ログ2
    • 過去ログ化
    • <ruby>について
    • カテゴリ内での読み方について
    • 新カテゴリの導入
    • Wikipedia:ウィキプロジェクト 鉄道/駅のリダイレクト+項目の分割
    • 駅記事の「のりば」の項目における駅名へのリンクについて
    • 駅記事の所在地記載について
  • プロジェクト‐ノート:鉄道/駅/過去ログ3
    • 「テンプレート関連」の分割(サブページ化)を提案
    • 駅記事の分割と統合に付いて
    • 配線図のアスキーアートによる記述
    • 同名の駅記事で現存する駅と廃止された駅が並存している場合について
  • プロジェクト‐ノート:鉄道/駅/過去ログ4
  • プロジェクト‐ノート:鉄道/駅/過去ログ5
    • 新宿駅の記事復活について
    • 立野駅_(熊本県)の記事について
    • バス路線のリストについて
    • 小説・ドラマ・マンガ・アニメ・ゲームなどの作品の舞台地・モデル地について
    • 外部リンクについて
    • 奥羽本線の駅について
    • 歴史の項
    • 小規模な駅の駅構造について
    • 「利用可能な鉄道路線」節の書式について
    • 京浜東北線 各駅に対する路線名称に関する議論参加のお願い
    • 「隣の駅」の記法について
    • 駅情報に出口番号を追加しません?
    • 同一県内の記事名について
    • バス停カテゴリについて
    • Category:東海道本線

過去ログ化について[編集]

ソースが200KBを超えていたので、とりあえず議論が終わったか止まっているものを過去ログ送りしました。節毎の作業なので無駄に履歴を増やした感もありますが。いま議論中の駅テンプレート関係が2/3を占めるので、焼け石に水かもしれませんが。定期的に過去ログ化のご協力お願いします。あるいは、そろそろ孫サブページ方式(削除依頼のログと同じ)を導入すべきかもしれませんが、とっつきが悪いのが欠点ですね。改善案の議論はWikipedia‐ノート:ウィキプロジェクト 鉄道/鉄道プロジェクトでやりましょう。sphl 2005年11月15日 (火) 13:58 (UTC)

議論が集結したと思われるものについてWikipedia:ウィキプロジェクト 鉄道に反映させた上で過去ログ化しました。なお、「駅記事の所在地記載について」は過去「駅のデータ化」「鉄道駅のテンプレートの案」でも所在地に関する議論があり、議論が止まったままなので、後者2つについては時機を見て、過去ログ化しようと思います。何か異論がありましたら、お願いします。↑PON 2006年4月17日 (月) 15:17 (UTC)
2006年7月3日 (火) 09:53 (UTC)付けの版でテンプレート関連項目サブページ化に関する項目を過去ログ化しました。あわせて、あちらこちらに過去ログ化されてタイトルと過去ログ化日だけ残っていたものを過去ログの中に整理して箇条書きにしました。--↑PON 2006年7月3日 (月) 17:58 (UTC)
現状でもソースが180KBもあるので、議論が放置されている項目に関しても過去ログ化したいと思います。画像の表示方法について駅番号の記述優等列車の一部通過駅について北海道の駅記事における「支庁」の表記について読みの強調駅のデータ化鉄道駅のテンプレートの案については議論が1年以上放置されているので、異論がない限り2006年7月9日(日)頃をめどに過去ログ化しようと思います。
また、駅記事の記載事項については既存の駅「駅周辺」のガイドラインと関連が深いので、並べ替えを実施し、「駅周辺」のガイドラインの上に駅記事の記載事項既存の駅を割り込ませようと思います(タイトルはそのまま維持)。こちらについてもご意見があればお願いします。異論がなければ上記過去ログ化と同じ頃に並べ替えを実施したいと思います。--↑PON 2006年7月5日 (水) 20:10 (UTC)

かなり重い状態でしたので、一気にサブページ化・過去ログ化を施しました。過去ログ化したものは「議論が終結したもの」「最後のコメントから時間が経っており、その後も新たなコメントが予想されにくいもの」です。また、「奥羽本線京浜東北線等、鉄道要覧路線名称と営業路線名称が異なることによる表記の仕方」に関する議題は全て関連しているものですので、節単位で上下並べ替えを施し見やすくしました。内容は一切改変しておりません。以上、よろしくお願いします。--Broad-Sky [note] 2007年8月12日 (日) 12:59 (UTC)

一部の進行中の議論についてリンク化しました。よろしくお願いします。--Broad-Sky [note] 2007年8月13日 (月) 05:26 (UTC)

そろそろ一部を過去ログ化した方が良いのではないかと思います。さすがに議題が50近いというのは見通しが悪すぎます。なお、過去も固定リンク方式で行っているので、固定リンク方式で行おうと思います。--UE-PON2600会話) 2016年2月27日 (土) 13:08 (UTC)

ただし、固定リンク方式ですと検索ができないそうなので、サブページ方式への変更も積極的には反対はしません。--UE-PON2600会話) 2016年2月27日 (土) 13:25 (UTC)

提案 それでは、サブページ方式を取らせていただきたく思います。同時に、bot処理に致したく思います。1週間後をめどに。--Susuka会話) 2019年6月29日 (土) 09:02 (UTC)

チェック --Susuka会話) 2019年7月15日 (月) 08:36 (UTC)
済ではありません。現状では「移動された議論のページ」が残っていたり、同じ節が複数のサブページに残っていたりと不完全です。1:過去ログ1から5は時系列順に重複項目を整理→2:個別サブページ化された「移動された議論のページ」の節を除外→3:当ページ冒頭部の固定リンク式リストを除去し、サブページ一覧を整理、というように手を入れる必要があります。--ButuCC+Mtp 2019年7月15日 (月) 10:05 (UTC)
1と2の順序が逆になりましたが、とりあえず過去ログから重複議題を整理しました。ArchiverBotですが、現状では整理の結果「過去ログ4」が空となり、「過去ログ5」収録分とこのページに残る議題(#Category:東海道本線まで)とで重複しており、ArchiverBotに任せるとまた重複が発生しますので一旦除外しました。ArchiverBotの適用は、既に過去ログ5収録分の議題についてはそちらに転記&整理し、新規収録分を一旦手動でサブページ化して状況をリセットしたうえで行うべきだと思います。そこで、「過去ログ4」が空いてしまったので今「過去ログ5」に収録されている議題をそちらにシフトさせ、新規収録分(このページで過去ログ化が可能な節)を改めて「過去ログ5」とし、「過去ログ6」以降をArchiverBot対応にするのはどうでしょう。--ButuCC+Mtp 2019年7月15日 (月) 15:14 (UTC)
  • 賛成 停滞気味ですが、現況でも失効済みの古い議題が残り、整理する必要もありますので、ButuCCさんの案で問題はないと思います。--Y-route会話) 2019年12月27日 (金) 02:09 (UTC)
先のコメントで『「過去ログ6」以降をArchiverBot対応』としましたが、私としてはこれまでどおりの手動ログ化の方が融通がきいて良いと思うので、以下のような感じでログ化を進めることを想定しています。
  • まず現在「過去ログ5」にある議題を空になった「過去ログ4」に移動させ、このページに残っている同じ議題の続きについても同ログへ収録。
  • その上で現段階でログ化する節を「過去ログ6」とする。対象は議論が終結している旨のコメントがある節、最後のコメントが2018年以前で議論停滞している節、議論案内や報告など議論継続を想定していない節。
  • 今後は議論終了時点で逐次過去ログ化するか、今回のようにある程度のタイミングで纏めて「過去ログ7」とする。
  • 冒頭部を整理し、第1節を#移動された議論のページ、第2節を#過去ログに整理し第1節、第2節は過去議論への目次とする(新たな議論は第3節以降に展開)。ただし当節#過去ログ化について#サブページについてはいつまでも目次に残しておく必要はないので節を分離し次回には過去ログ化予定。
問題なければこの方向でログ化を進めていきます。--ButuCC+Mtp 2020年1月2日 (木) 11:42 (UTC)

サブページについて[編集]

議論が終結したサブページについて、リンクが除去されていましたが、これだと過去の議論を追えなくなってしまうためリンクを復活させて、あわせて議論としていた節名を議論と直しました。--UE-PON2600会話) 2017年12月24日 (日) 16:53 (UTC)

移動された議論のページ[編集]

小説・ドラマ・マンガ・アニメ・ゲームなどの作品の舞台地・モデル地について[編集]

失効 失効長期間にわたりコメントなし。119.30.230.128 2013年5月9日 (木) 17:53 (UTC)

最近、ふじみ野駅#駅周辺橋本駅#関連項目など、各地の駅の記事にフィクションである作品の舞台地としての記述が目立ってきていますが、中にはあまりにマイナーすぎる作品やひどいものですと18禁指定の作品(多くはすぐに除去されているようですが)やその作品でほんの少ししか出てきていない(1話相当分のみ)など、(その作品自体は百科事典の記事としての価値があっても)百科事典の鉄道の記事に相応しくないと言える物も多々見受けられます。
そこで、ある程度のガイドラインを制定すべきではないでしょうか?
サザエさんこちら葛飾区亀有公園前派出所鉄腕アトムなど、駅周辺に記念館や記念碑的なものや駅の発車メロディに採用されているものはもちろん、地上波でドラマ化された作品や、全国公開された映画作品、ベストセラー作品や社会現象を引き起こした作品など、ある程度限定していかないとキリがないと思うのですがいかがでしょう。(このようなものもありますし)--準特橋本 ◆c9/R4zMRAI 2007年1月28日 (日) 05:50 (UTC)

歴史の項[編集]

失効 失効長期間にわたりコメントなし。119.30.230.128 2013年5月9日 (木) 17:53 (UTC)

質問です。駅の歴史の項では、どこまでを記述すればよいのでしょうか。駅舎の改築・旅客&貨物営業の有無等細かいことは駅の歴史の項に記述し、複線化・電化は路線記事で十分だ、と思っているのですが、これぐらいでよろしいのでしょうか。あと、「○○線に『快速』が新設され、停車駅となる」というような優等列車ではない列車の沿革は、駅の記事に必要なのでしょうか。--継之助 2007年3月7日 (水) 05:49 (UTC)

基本的に、路線の電化・複線化や列車の沿革は駅の歴史の項には不要だと思います。それらをいちいち駅の記事に書いていたら、その駅固有の歴史が埋もれてしまうことになりかねません。路線に関することは路線の項目に書いてもらって、駅からはリンクをたどっていただくというのが良いと思います。--Zzzz 2007年3月20日 (火) 09:59 (UTC)
「駅固有の歴史」にとって、何が重要かについては、駅により、また、個人により差があるとは思いますが、私は、路線の電化・複線化や快速などの停車駅となったこと/停車駅でなくなったことは通常は重要な事項であり、駅の記事と路線の記事とを行き来して比較対照することなく、駅の記事内で一貫して時系列を確認できた方が利便性が高いのではないかと思います。特に、これらの事項は、鉄道に強い関心を持っている方々だけでなく、駅を生活圏の中心としている一般の鉄道の利用者にとっても関心の高い事項だと思いますので、重複した記載をなくして記事を整然とすることだけでなく、記事の利用性を高めることにも十分な配慮をしていただきたいと思います。なお、この件については、ノート:荻窪駅でも議論されていますのでご参照ください。 --Metatron 2007年3月24日 (土) 20:24 (UTC)

「利用可能な鉄道路線」節の書式について[編集]

失効 失効長期間にわたりコメントなし。119.30.230.128 2013年5月9日 (木) 17:53 (UTC)

HOPEさんが複数の駅記事においてWikipedia:箇条書きのマークアップで推奨されていない書式

会社名
  • 路線名1
  • 路線名2

に書き換えようとするため、それを修整しようとする人たちとの間で編集合戦になっています。念のために確認しておきたいのですが、この節の書式は

  • 会社名
    • 路線名1
    • 路線名2

を推奨するということでよろしいでしょうか。West 2007年5月3日 (木) 04:27 (UTC)

Wikipedia:箇条書きのマークアップはガイドラインではないため強要する事は不可能ですが、今回の場合はWestさんが呈された後者が推奨される物だと考えます。Wikipedia:ウィキプロジェクト 鉄道#冒頭の部分の記述の仕方に推奨として記した方が良いかもしれません。個人的には、
  • 会社名
    • 路線名1
    • 路線名2

でも良いと思いますが。--May.Low_[lounge][Cont.][Mail] 2007年5月8日 (火) 10:43 (UTC)

「隣の駅」の記法について[編集]

失効 失効議論の場を移動119.30.230.128 2013年5月9日 (木) 17:53 (UTC)

記法の簡略化に関する提案でしたが、/各路線の駅一覧のテンプレート・隣りの駅へ転記しました。引き続き意見募集中です。--こまくさ 2007年7月25日 (水) 12:21 (UTC)

同一県内の記事名について[編集]

失効 失効長期間にわたりコメントなし。119.30.230.128 2013年5月9日 (木) 17:53 (UTC)

同一県内に同名の駅があった場合、[[A駅 (B鉄道)]]と書くようWikipedia:記事名のつけ方#鉄道関連に定められてますが、一方が現存し他方が廃駅になっている場合、どのようにすればよいでしょうか?議論ログを見つけることが出来なかったので質問します。具合的には比良駅について、

現在は現存するJR湖西線比良駅 (滋賀県)
廃駅になった江若鉄道比良駅 (江若鉄道)になってます。--Useful 2007年7月12日 (木) 01:38 (UTC)
滋賀県内の比良駅に関しては地域内について「1つの駅を除いてすべて廃止されている場合の、現存する駅」は「括弧きを省略することが出来る」が適用され江若鉄道の駅のみ括弧書きとなり、その上で愛知県にも比良駅が存在するためJRの駅に改めて括弧をつけているということでしょう。--こまくさ 2007年7月20日 (金) 15:07 (UTC)

バス停カテゴリについて[編集]

失効 失効長期間にわたりコメントなし。119.30.230.128 2013年5月9日 (木) 17:53 (UTC)

鉄道駅をバス停としてカテゴライズしている例が散見されますが、これを認めるとバス停カテゴリの大半を鉄道駅が占めることとなります。そこで「鉄道駅の記事にバス停のカテゴリは付与しない」ということで合意を図りたいのですがいかがでしょう。現在のところ、バスプロジェクトの方でも反対はありません。--こまくさ 2007年7月25日 (水) 12:21 (UTC)

京浜東北線 各駅に対する路線名称に関する議論参加のお願い[編集]

失効 失効長期間にわたりコメントなし。また、単なる告知です。119.30.230.128 2013年5月9日 (木) 17:53 (UTC)

Shain2006と申します。現在ノート:京浜東北線で京浜東北線の各駅に対する路線名称の付与条件について議論しているのですが、この問題について過去の議論[[1]]で統一見解が出ていない上に、各駅のノートで同様の議論が散発的に発生しており、この路線特有の問題として合意を形成する必要を感じております。この問題について、何か意見がおありでしたら上記のノートページまでお寄せいただければと存じます。--Shain2006 2007年6月6日 (水) 13:48 (UTC)

駅のテンプレートについて[編集]

サブページ「/駅基礎情報のテンプレートについて」をごらんください。

Category:東海道本線[編集]

失効 失効長期間にわたりコメントなし。119.30.230.128 2013年5月9日 (木) 17:53 (UTC)

本日Category:東海道本線が作られ、東海道本線の駅の記事がカテゴライズされていますが、液をカテゴリに入れると、駅一覧のテンプレートと役割が重複するように思います。これから路線ごとのカテゴリが作成されていく可能性があります。--PeachLover- ももがすき。 2007年8月12日 (日) 01:50 (UTC)

Category‐ノート:東海道本線にもPeachLoverさんご自身から同様の質問がありましたが、回答はお読みいただいたでしょうか。なお、Wikipedia‐ノート:ウィキプロジェクト 鉄道/駅#路線ごとの駅カテゴリについてならびにWikipedia‐ノート:ウィキプロジェクト 鉄道/路線#鉄道路線そのもののカテゴリについても参照ください。Memeja 2007年8月12日 (日) 04:23 (UTC)

利用開始予定サービスを歴史に含めるのは妥当か[編集]

失効 失効長期間にわたりコメントなし。119.30.230.128 2013年5月9日 (木) 17:53 (UTC)

岡山・広島地区のJR西日本各駅での、ICOCA利用開始が9月1日になるとアナウンスがあった当日に、「歴史」としてその予定が記載されています。私は実際に利用が開始されてから「歴史」の項目に記載されるのが本来の編集方法だと思うのですが、いかがでしょうか。ご意見を頂戴できれば幸いです。--VZP10224 2007年8月20日 (月) 11:44 (UTC)

「歴史」ですしね。たしかに過去のことを記すのが普通だと私も思います。1.予定事項がその駅記事にとって重要な事である。 2.「予定」の記述がある この2点を満たせば予定事項でも載せてもよいのではと思います。--Broad-Sky [note] 2007年8月20日 (月) 13:21 (UTC)

記事冒頭部分のローマ字表記について[編集]

失効 失効長期間にわたりコメントなし。119.30.230.128 2013年5月9日 (木) 17:53 (UTC)

更新されたページを拝見していてなのですが、駅記事冒頭部分に英称ローマ字表記がされたりされなかったりとゆれがあるので、プロジェクトとして指定できればと思い議論をお願い致します。私の考えとしましては表記したほうが良いと考えます。「英語版へのリンクがあるため不要」と一部の要約にありましたが、当の英語版では日本語が付記されていますし、日本語版のその他のジャンルの記事(特に企業等)でも他言語版へリンクがあっても英称やローマ字表記は記載されており、誰でも利用できる公共交通機関の鉄道駅に至っては特に必要なのではないかと思います。また鉄道駅の場合は和製英語でもありません。駅名標・道路標識にも併記されていること等も考慮したいと考えています。皆様のご意見よろしくお願い致します。--Broad-Sky [note] 2007年8月28日 (火) 07:04 (UTC)

不要だと思います。一般論として日本語版ですから、原語と日本語があればよく、「英語」にこだわる理由はありません。譲っても駅名のローマ字表記(ローマ字表記は日本語です)までですが、外来語(日本ライン今渡駅)や数字(本郷三丁目駅谷町九丁目駅)を含む、一部を英訳している(羽田空港第1ビル駅)など、特殊な事例に限るべきだと考えます。
英語あるいはローマ字の表記を付記している記事はあるのですが、好ましいとは思えません。悪い例にならう必要もないでしょう。--Tamago915 2007年8月28日 (火) 09:44 (UTC)
もし英称表記をするとなったら場合、何を根拠に表記するのかも大きな問題になりますね。同じ駅名でも英称が統一されていない例はいくらでもありますし。--MKP. 2007年8月28日 (火) 11:41 (UTC)
「英称」といいますか、日本の駅の場合「ローマ字表記(○○ Station)」のことでした。訂正します。仮の話ですが、併記するとすれば駅名標に記載されているローマ字表記を採用したいと考えています。ただこの基準では、駅名標にローマ字が記載されていない路線もある場合等で問題が出るとも考えられます。スタイルマニュアルでは「原語が日本語以外の場合は原語を併記」「和製英語の場合は原語を表記しない」のみであり、「日本語が由来の場合英称・ローマ字表記は併記しない」という規定がないため、表記のゆれが見られるのは問題かなと個人的には思っています。日本企業のページ等で英称が記載されているのを見ますと、国際色が高い駅でも採用した方がよいのではと個人的に思いまして議題提起させて頂きました。プロジェクトとして「記載する」「記載しない」をはっきりできればと思っています。よろしくお願い致します。--Broad-Sky [note] 2007年8月28日 (火) 14:43 (UTC) 一部訂正しました--Broad-Sky [note] 2007年8月28日 (火) 14:50 (UTC)
インデントを戻します。正式名称でも読み仮名でもない、ローマ字での表記を冒頭文に含めるのは、理由も必要性もないと思われます。ただ、鉄道プロジェクトでいちいち決めるようなものでもなく、ウィキペディア全体のスタイルマニュアルに従えばよいでしょうし、このために編集合戦や(現在ローマ字表記が書かれている部分を消すだけなどの)無駄な編集は避けるべきだとも考えます。--Tamago915 2007年8月28日 (火) 15:38 (UTC)
Tamago915さんに賛同します。先に述べられているように、日本語版では日本語と原語で記されていれば十分で、日本の駅については、英語で表記する意味は全くないと考えます。ウィキペディア英語版の表記にしても、その使用言語である英語と原語(日本語)で記されているだけで、特に変わった規則を適用しているわけではありません。企業名については、その企業が公式に英称を制定している事例があり、こういう場合について英称の記述を妨げる理由はありません。しかし、そういったものが特にない駅記事で、英語表記をする(しなければならない)理由はないと考えます。駅名標のローマ字表記は、日本語を母語としない人のための案内として記されているものであり、企業名の公式英称と同格視するのはどうかと思います。--Kone 2007年8月28日 (火) 16:06 (UTC)
納得いくコメント感謝申し上げます。IPさんが削除して下さったようなので、スタイルは統一されたようです。--Broad-Sky [note] 2007年9月3日 (月) 03:48 (UTC)

各駅ページの「のりば」欄における路線色について[編集]

各駅ページの「のりば」欄において湘南新宿ラインの色を「」で表わす編集が時折見られます。しかし、湘南新宿ライン停車駅構内ののりば案内やホーム上の電光掲示板など現場ではオレンジや青色を用いています。先月ノート:新宿駅において私の考えを提案したのですが、東京近郊路線図では「」の色を使ってますが、あくまでこれは路線図内での便宜的な措置(オレンジや青を使うと、東京発着の東海道線や横須賀線と紛らわしくなるなど)であると考えています。路線図の「」を優先するとなると、路線色がエメラルドグリーンの常磐線各駅停車はグレーに、路線色が黄色の総武線千葉以東もグレーに、路線色が朱色の外房線をグリーンにしないといけなくなるなど、これまた実態と乖離してしまいます。また、東京モノレールは赤にすることになります。長くなりましたが、私としては、現場の方を優先(つまり湘南新宿ラインはオレンジと青)に各駅統一するべきだと考えています。湘南新宿ラインに限らず、色とりどりの首都圏近郊のJRについて、wikipedia上での路線色の統一基準、方針もここで考えていきたいと考えています。--Highexpress 2007年9月17日 (月) 14:42 (UTC)

湘南新宿ラインについては、のりばでは赤の表示を見ることはありません。東海道線は"#F68B1E"、高崎線・宇都宮線は"orange"、横須賀線は"navy"と表示される場合が多いようです。これらにそろえるようしていきたいと考えます。--鍛高譚 2007年9月18日 (火) 12:30 (UTC)

おっしゃるとおり、湘南新宿ラインののりば案内で「赤」は一切用いられていません。
しかし、そもそも湘南新宿ラインを一路線的に取り扱っているのは池袋~大崎間だけで、他の区間は全て「東海道線」「横須賀線」「宇都宮線」「高崎線」の一列車の扱いであり、湘南新宿ライン(横浜・大船・逗子方面)の駅構内路線案内看板で「青」や「navy」を多く使用しているのは池袋~大崎だけです。これは、この区間の当該列車乗客は、横須賀線方面の利用客であろう、という推定の元でJRがその配色としていることが容易に推測できます。この案内もあくまで乗客への配慮から便宜的に図られているものであり、案内看板すべてに統一して「青」を使用しているわけではなく、稀にオレンジが用いられている場合も有ります。また赤羽駅以北はほぼ全てがオレンジ色の看板となっています。しかも完全な統一ではなく「概ね」揃えている程度であって、現場は完全なある一定の考え方に基づいてすべて統一されているわけではありません。
一方、Wikipedia内の表記統一という意味で、これまでは(決してパーフェクトな選択とは言えませんが)首都圏路線図にある湘南新宿ライン=「赤」が用いられてきました。
今後、Wikipedia内各駅の湘南新宿ライン(横浜・大船・逗子方面)ののりばの色を「現場の駅の実際ののりば案内看板の色とする」のロジックで統一するのであれば(必ずしも統一されていない「看板の色」に合わせることにはなりますが)、湘南新宿ライン(横浜・大船・逗子方面)の「青」は大崎~池袋、赤羽以北は「オレンジ」とするのが妥当です。この場合、他ののりば路線の配色にも影響が出ます。ちなみに小山駅の両毛線カラーは「黄色」だけではなく「ピンク(紫?)」も使用されています。また宇都宮駅在来線は全ての看板がオレンジ(でも所々で緑も使用)・・・全ての駅を確認して廻るわけにも行きませんし・・・
個人的にはこれまでどおりの「首都圏路線図の湘南新宿ラインのラインカラー=赤」への統一ということでも、最善ではないにせよ特に支障は無いと感じています。長文失礼いたしました。FCTR 2007年10月18日 (木) 13:30 (UTC)

この議論は止まっていたようですが、基本的に、路線図に使われている赤茶色ではなく、「オレンジや青」で表現することで終結していたものと理解します。しかしながら先ごろ、60.56.143.137というIPユーザーによって、首都圏の各路線の色に関する改変が広範囲に亘って何のコメントも無く行われ、その中で赤羽駅横浜駅などののりば案内での湘南新宿ラインの色使いが赤系統に変更されました(横浜駅は併記)。ここはやはり、従前のオレンジ(+青)が妥当であり、元の色に戻すべきと思うのですが如何でしょうか。御意見のある方は書き込みお願いします。L25.203.l03.26 2009年8月7日 (金) 10:14 (UTC)
10日間以上経過しましたが、特に御意見が出なかったようですので、湘南新宿ラインは「オレンジ+青」に戻させていただきますので、よろしくお願いいたします。なお、赤羽駅構内の一部の表示などは、北行も南行と同じ「オレンジ+青」となっていることから、北行につきましても「オレンジ+青」といたしますので、予めお断りしておきます。L25.203.l03.26 2009年8月18日 (火) 09:35 (UTC)

本議論は失効されていたようですが、上野東京ラインの開業により、改めて考慮する必要があると考え、失効タグを外させていただきたいと思います。
現在、各路線記事や各駅の記事において、上野東京ラインは東京近郊路線図等で使われている「」紫が一般的に使われているようです。一方、停車駅構内ののりば案内やホーム上の電光掲示板などの現場では紫での表現はされず、自所属路線のカラーまたは乗り入れ先の路線カラー(オレンジ・青色・緑。また、トレインビジョンの乗換案内ではオレンジと青のツートン)を用いている状況で、湘南新宿ラインと同様の形態になっており、上野東京ラインの紫での表記は、湘南新宿ラインの赤表記と同じ位置づけと考えられます。
一方で、記事によっては湘南新宿ラインがオレンジ(+青)(=現場の案内表記)、上野東京ラインは紫(=路線図の案内表記)で表現されており、「路線図内のみでの表現」と「現場での表現」が混在する状況になっています。
そういった意味で、上野東京ラインと湘南新宿ラインにつきまして、「路線図で見られる表現に合わせる」か「実際の旅客案内に準じた表現に合わせる」か、どちらかに合わせた方が良いのではないかと思います。個人的には湘南新宿ラインが後者で一貫して維持されていたので、後者の方(上野東京ラインも乗り入れ先のカラーで表現)が良いのではと思っています。--Hirotaro会話) 2016年2月27日 (土) 12:08 (UTC)

常磐線にて同件事象[編集]

失効 失効長期間にわたりコメントなし。119.30.230.128 2013年5月9日 (木) 17:53 (UTC)

ノート:常磐線でも発議しているのですが、IP:60.56.143.137会話 / 投稿記録 / 記録 / Whois IPv4IPv6Gaiayoakeさんが同じように常磐線各駅記事の色部分を片っ端から変更しています。今回は常磐線にとどまっているので、ノート:常磐線にまず書いたのですが、もしかしたらPJで少し考えないといけないのかもしれない気がしています。--Lapislazuli-star 2009年10月20日 (火) 01:32 (UTC)

廃駅のカテゴライズの方法[編集]

失効 失効長期間にわたりコメントなし。119.30.230.128 2013年5月9日 (木) 17:53 (UTC)

廃駅のカテゴライズの方法で疑問がありましたので質問させていただきます(上がり屋敷駅を例に質問します)。「上がり屋敷駅」の項目では、カテゴリソートは以下のようになっています(一部省略)。 [[Category:東京23区の鉄道駅|廃あかりやしき]] [[Category:東京都の鉄道駅|廃あかりやしき]] [[Category:日本の鉄道駅 あ|かりやしき]] [[Category:西武鉄道|廃あかりやしき]] [[Category:廃駅|あかりやしき]]

「○○の鉄道駅」や「○○鉄道」というカテゴリでは、通常ソートの前に「廃」が冠されているのですが、「日本の鉄道駅」カテゴリに関しては「廃」がありません。慣例的に見ますと廃駅であっても「廃」をつけないものが多いようなのですが、実際のところは「廃」をつけなくても良いのでしょうか?ご教示頂ければ幸いです。--May.Low [lounge][Cont.] 2007年9月25日 (火) 10:01 (UTC)

色分けや強調表示についてのお願い[編集]

サブページ「/色分けや強調表示‎」をごらんください。

駅記事に掲載する画像について[編集]

失効 失効長期間にわたりコメントなし。119.30.230.128 2013年5月9日 (木) 17:53 (UTC)

駅記事に掲載する写真画像ですが、どうしても写真に人の顔が写りこむことがあると思います。顔の部分にモザイクをかけるなど、適切な処理を行ってから画像を投稿していただくのは問題ないと思いますが、このような削除依頼を出さないといけなくなるようなこともあったりと、一部の配慮のない利用者により後々手間になることもあったりします。

自分としてはできれば人物の写りこんでいない写真を投稿することを推奨したいのですが、駅のにぎわいを示すためにたくさんの人物が写りこんだ写真を必要とする場合もあると思います。つきまして、駅記事に掲載すべき画像に関するガイドライン的なものがあると助かると思いますので、議論に参加していただければと思います。--VZP10224 2007年10月27日 (土) 13:59 (UTC)

肖像権に関しては本当に難しいですよね。私の場合はこのような画像を投稿させて頂いております。著作権のみならず、肖像権保護についても駅記事に限らず画像全般について意識が高まればと思います。--Broad-Sky [note] 2007年10月27日 (土) 14:13 (UTC)
Wikipediaでは通常より厳しく判断することは知っていましたが、肖像権についてもこれほど厳しい判断をされるのですね。今まで以上に気をつけなければならないと思います。--MKP. 2007年10月28日 (日) 09:59 (UTC)
ナンバープレートなども問題にされることがあります。また、自分のパソコンで拡大して見えなくても他人のパソコンでは見えると判断されることもあるので、肖像権を害さずかつ違和感を感じない程度に「ぼかし」を掛けたり、周囲の壁と同化させています。日中でも根気良く待てば人波が途切れることもありますし、土日の早朝などであれば撮れなくもないですけれど。
ガイドラインについては駅駅によって状況も異なり、こういう問題は駅記事に限らず他の鉄道記事にも関係しますから、なかなか難しい感じもします。--↑PON(ウエポン) 2007年10月31日 (水) 17:12 (UTC)

のりばの「表」について[編集]

失効 失効長期間にわたりコメントなし。119.30.230.128 2013年5月9日 (木) 17:53 (UTC)

最近、複数のユーザーによって、駅構造の「のりば」を表すために、下のようなものが作られています。

1 ○○線 ××方面
2 ○○線 △△・□□方面

これが何を指しているか分かりにくい、文章に直したほうが良い、というご意見もあるようですので、この表に関するガイドライン的な物があれば良いと思いますが、如何でしょうか。--継之助 2007年11月23日 (金) 02:21 (UTC)

具体的にどのような意見なのかわかりかねますので、どこに意見が出ているのか、記事やノートページのリンクを示していただけますか。なお、以前私も同じような提案をしたのですが(2006年3月、Wikipedia‐ノート:ウィキプロジェクト 鉄道/駅/テーブル形式ののりば表記について)、そのときはこの表の形式でもよい、ということで合意が取られています。--Tamago915 2007年11月23日 (金) 02:31 (UTC)
以前にもあったのですね(済みません気づきませんでした)。私は、ノート:西京極駅などを見て、気になったものですから。
以前のものを読みましたが、ホームの少ない(規模の小さい)駅でテーブル形式を使用するか否かはまだ合意が無いように見えます。規模の小さい駅でどうするか、ということを決定できないのでしょうか。--継之助 2007年11月23日 (金) 02:45 (UTC)
現時点でも、表を使うフォーマットと、箇条書きのフォーマットが混在しており、どちらかに統一するとしてもかなりの作業量が発生します。あえて方法を一つに定めていない(2006年3月の議論でも複数の表記形式を認める形で合意しています)のは、こういった作業量を考慮してのことだという認識です。
西京極駅のノートを拝見しましたが、この駅には乗り場番号が設定されていないために、何を意図した記載なのかわからないという指摘であろうと思われます。フォーマットをやめて文章にすればよいというものでもなく、どのようにして記載の意図を理解できる記述にするのか、そのためにどのようなフォーマットが望ましいのか、考えるべきでしょう。--Tamago915 2007年11月23日 (金) 03:39 (UTC)

ターミナル駅の記述スタイル全般について[編集]

失効 失効長期間にわたりコメントなし。119.30.230.128 2013年5月9日 (木) 17:53 (UTC)

新宿駅渋谷駅梅田駅などのような複数社の駅があるターミナル駅についてなのですが、それぞれの駅を知らない閲覧者にとっては見づらいのではないか、という疑問を感じています。これらの駅では、実質的に別々の駅であるものの、同一駅名であることから同一項目に置かれていますが、結局は別の駅なのでそれぞれの駅についての記事が並列的に記事が並べられています。そのため、縦に長くなり、また現在読んでいる文がの記事のどこにあたるか、ということが掴み取りにくいのではないか、と思っています。

これらの記事の記述方法についてのご意見などがあればお願いいたします。

余談ながら、梅田駅で分割提案があったのですが、「多数にわたる(梅田駅の場合600個)内部リンクの訂正の手間とシステムへの負荷が問題」ということから、今回の分割は見送られたと思っております。

私は分割賛成派でしたが、分割しないことを前提としてより見やすくなる編集[2]をしたところ、反対派の方から「分割が否定されたから」意趣返しにやってる編集であって冒涜であるとか荒らしであるとか、心外ないわれようをされており困っております。ノート:梅田駅のほうでも冷静な第三者のご意見を(私の編集の是非を含めて)お待ちしています。--本屋 2008年3月17日 (月) 17:04 (UTC)

それらの駅の駅長はどうなっているのでしょうか。新宿に関しては、国鉄と小田急どちらかの駅 (一方の駅長しかいない) という記述を読んだ記憶があります (鉄道ピクトリアルアーカイブスか、鉄道ピクトリアルの小田急特集号か?)。基本的には駅長基準で記事構成を考えれば良いと思います。駅長が違う駅については (すくなくとも形式的には) 別記事とすべきでしょうし、その上で、ターミナルビルなどによって一体として機能している場合には別途要約をまとめたターミナル全体の記事がある方が見通しが良いでしょう。もちろん記事の分量にも、駅の発展してきた経緯にも依存するでしょうが、基礎的な調査をすれば基本的には解決する問題ではないかと思います。--Jms 2008年3月17日 (月) 18:01 (UTC) 一部補筆 --Jms 2008年3月17日 (月) 21:40 (UTC)
  • 駅長を基準とするのには問題があると思います。基本的に乗換駅には乗降客が多く、都市部の多くの乗換駅が別記事となってしまう可能性があるからです。また、東京駅、新横浜駅、小田原駅、熱海駅、米原駅、京都駅、新大阪駅ではJR東海の新幹線とJR東日本、JR西日本の在来線の駅でも記事を分けなければならなくなり、特に熱海駅と米原駅では、一部在来線と新幹線で一記事、もう一方で一記事と可読性をより損なう可能性があります。--松島芭蕉 2008年3月24日 (月) 11:41 (UTC)

ガイドライン追加の提案[編集]

駅長基準の適否はともかく、私も駅が一体的に機能しているか否かが記事の基準となると思います。

つまり、wikipedia:ページの分割と統合における「分割すべき場合:ページの分量が肥大化したため、読者にとって全体の見通しが悪く不便な場合」にあたり、「分割すべきでない場合:1つにまとまっているべき情報である場合」にあたらない場合、ということになると思います。

梅田駅の分割議論では、まずターミナル駅の分割・統合基準につきガイドラインがないことで議論が紛糾しましたので(必要ない気もしますが…)、この点について明確にするガイドラインを加えることを提案します。

私の案としては以下のようなものです。

駅記事構成基準[編集]

  • A 原則として同一駅名は同一記事とする。
  • B 例外として、以下の場合には別記事とする。
  • 上記Bbの考慮要素としては、以下が挙げられます。
    1. 記事が特に肥大化している場合(32キロバイトを大きく超過している場合)
    2. 駅の構造、歴史からみて、事実上別の駅であり、分割しても記事の一体性に問題がないこと。
    3. その他、駅を知らない閲覧者の視点からみて、記事全体を理解し難いなど見通しが悪いといえる事情があること。
    4. なお、「より見通しの悪い駅がある」などは、理由になりません。
      • それぞれ独立している記事の構成は、各記事ごとに判断すべきだからです。

なお、これらの判断は主観的な事情が介在するため、抽象論はこれで良くとも具体論はそうもいかない場合があります。この点についての提案もあります。上記提案が通った場合に提示いたします。

以上です。--本屋 2008年3月18日 (火) 11:37 (UTC)

駅記事の構成案[編集]

ところで、分割するにせよしないにせよ、記事はできる限り見通しよくする必要があることには異論がないと思います。そこで(特に複数事業者が乗り入れる駅の記述について)より良い記述の方法論について、ご意見をお待ちしています。

とりあえず、私の一案としては、「----(横線)」・「目次へ移動する」を利用するというのがあります。ZZガンダムなどで使われていますが、内容が大きく変わる場所でこれを用いることは、見通しを良くすることに有用と思います。これもガイドラインに加える提案をします。いかがでしょうか。

その他、有用な案をお待ちしています。--本屋 2008年3月18日 (火) 11:37 (UTC)

駅記事の分割の方法[編集]

特に分量が肥大化している駅への対応としては、

  • (1)まずバスを切り離す「○○駅のバスターミナル」の記事を設ける(多くの項目で実施済み)。
  • (2)次に駅周辺を切り離す(東京駅なら「丸の内」「八重洲」に、梅田駅なら「梅田」にそれぞれゆだね、駅記事内における駅周辺の紹介を大幅に簡略化する)(多くの項目で実施済み)。
  • (3)駅の歴史を切り離す(近鉄特急近鉄特急史が分割されているように、「○○駅」と「○○駅の歴史」を分割する)

が考えられます。 この(3)「歴史を切り離す」という方法は、とりえない方法ではないと思います。たとえば「梅田駅の歴史」という項目を別立てにして、阪神・阪急・地下鉄・JR貨物それぞれの"梅田駅の歴史"をぜんぶそちらに移してしまうという方法も、是非の議論はあると思いますが、とりえないわけではないと思います。なお「旅客ターミナル駅の記事としての一体性」を尊重すべきという意見にも適応した分割方法であること、歴史に興味を持つ方は限定的であること、などもこの案の長所です。--金山銀山銅山 2008年4月3日 (木) 13:57 (UTC)

最寄施設までの距離について[編集]

失効 失効長期間にわたりコメントなし。119.30.230.128 2013年5月9日 (木) 17:53 (UTC)

一部記事に「徒歩約5分」「タクシーで約10分」などとの記述が散見されますが、明確な出典がないまま記述されるケースが多々あります。ここは案内板ではなく、百科辞典ですからそのような表記を行う際、時間ではなく、距離で統一すべきかと思います。距離であれば地図等で容易に検証できますし、またより正確性が保てるかと思います。--43.244.200.243 2008年3月23日 (日) 15:28 (UTC)

賛成します。検証可能性や出典の問題のみならず、時間は状況・人により変わるものですから。ちなみに、直線距離と実距離の両方ありえますが、どちらをお考えですか?--本屋 2008年3月24日 (月) 01:19 (UTC)
(そこまで統一しなくても…)こんにちは。「百科事典であるから距離で統一すべき」とのことですが、単位を揃えて統一しておかなくてはいけないのはデータベースではないでしょうか。「徒歩○分」であれば、徒歩で移動可能な距離であるとか、あるいは徒歩以外に手段がないとの意味も含まれます。バス○分なら、バスがあること示せるでしょう。出典さえあれば距離にこだわる必要はないと思います。
むしろ、距離に統一すると、ネット地図で距離を測ってそればかり編集するユーザーが現れそうで、そちらの危惧もありますね。--ikaxer 2008年3月24日 (月) 03:19 (UTC)

現存駅偏重の記事名方針[編集]

失効 失効長期間にわたりコメントなし。119.30.230.128 2013年5月9日 (木) 17:53 (UTC)

ノート:三木駅 (神戸電鉄)#三木駅など2008年4月1日付け廃駅と同名駅の改名提案で、現存駅偏重の記事名方針に起因する収拾のつかない議論が続いています。原因はWikipedia:ウィキプロジェクト 鉄道#駅記事名

  • 同一駅名の駅でも、次の場合はある1つの記事の括弧書きを省略することが出来る。
    • 1つの駅を除いてすべて廃止されている場合の、現存する駅(例: 広尾駅、広尾駅 (北海道))。

にあります。この現存駅偏重の方針は、Wikipedia:ウィキペディアは何でないか#ウィキペディアは単なる知識ベースではありませんの「観光案内ではありません」が否定する利用ガイド的な記事編纂につながるものであり、廃止されるべきだと考えます。一つの駅に知名度において特段の差がある場合にその駅を別扱いというのは理解できますが、廃止されているかどうかというのは直接の理由にはならないはずです。--Jms 2008年6月3日 (火) 13:46 (UTC)

「画像が多すぎる」という理由で画像を削除することは可能か[編集]

失効 失効長期間にわたりコメントなし。119.30.230.128 2013年5月9日 (木) 17:53 (UTC)

私は、田崎橋駅における画像を巡ってMK Productsさんと議論をしてきました。これは私の画像「画像:Tazakibashi Station.JPG」を掲載するか否かに端を発するもので、MK Productsさんは私の写真を掲載することに反対する理由の一つとして、「1つの項目に何枚も写真を載せるべきではない」という意見を示されたのですが、この意見について対立が生じ、当事者間のみの議論では解決は難しいという意見がMK Productsさんと一致したので、ウィキプロジェクトのほうに書かせていただくことにしました。これまでの議論をご覧になりたい方は、利用者‐会話:MK Products#「田崎橋駅」における画像の問題をご参照ください。

再度皆さんに意見を求めたいことをまとめておきます。皆さんには、一つの記事に対して画像が多い方がいいのかそうでないのか、MK Productsさんの言葉を借りるならば「記事の写真集化」に賛成か反対かについてご意見を頂きたいのです。また私の方でさらに問題を提起しておくと、「画像ができるだけ少ない方がよい」という結論に至ったとして、それを根拠にして画像を削除することは適当か、そして1つの項目に対する画像の適当量をガイドライン化するべきかという問いについてもお考えいただきたく思います。

ここで私の意見を書かせていただくと、1つの項目に画像を足していけば、その画像の数にほぼ比例して項目の説得性が増すと考えますが、1つの記事の中で何枚もお互いの内容が重複している写真がある場合においては、私は画像の削除は適当であると思います。つまりこの意味においてMK Productsさんの意見に一部賛成しているというわけです。--もんじゃ 2008年8月13日 (水) 13:54 (UTC)

一つの考え方として、写真はいったい何のためにあるのか、ということを考え見るのはいかがでしょうか。写真は記事本体の説明の補足と考えていますが、そうなると当然記事本体に写真とリンクするような説明があることが必要ではないでしょうか。
なお、この件には蒲郡駅ノート:蒲郡駅)で似たような件により、記事の編集合戦につながり保護の事態へと発展しております。--東京特許許可局 2008年8月13日 (水) 14:07 (UTC)
「百聞は一見に如かず」という言葉がありますよね。このことは画像の問題にも当てはまるような気がします。つまり、「画像は記述以上に物を言う」ということで、東京特許許可局さんの提起に即した形をとるならば、「写真は記述の中心となる物である」となります。言い換えれば、あなたが「記述を主、画像を従」と考えているのに対して、私はその逆だということです。
しかし、蒲郡駅の例においてはちょっと画像が幅を利かせ過ぎかなとは思います。なぜならこの例は、上でも述べたように「お互いの内容が重複している写真がある」状態であるからで、この例に置ける私の立場はノート:蒲郡駅におけるikaxerさんのそれと同じ物のようです。とりあえず画像の重複の問題のみにおいては、ガイドライン化するべきとも思います。--もんじゃ 2008年8月13日 (水) 15:03 (UTC)
(i)画像が多すぎるという理由で、その枚数の削減を図らなければならない場合というのは、どうしても存在すると思います。そのときはたとえばすでに10枚写真が存在するときに、その後に新規に追加された1枚が削られるべきというのはなく、集積された11枚の写真を全体としてみて、その中からどれがもっとも不要かという議論がなされるべきだと思います。
(ii)鉄道駅の場合、改札口・コンコース・バスターミナル・1番ホーム・2番ホームといった、それぞれの場所の写真が、その駅の説明としてどれもが必要となりうる場合があると思います。そうしたときに、1番ホームの写真はあっていいけど、2番ホームの写真は不要だとか、バスターミナルの写真までは不要だとか、そういう議論をしていくと、議論が座礁するばかりなので、だいたいのラインとして、駅の主要機能をになっている各機能部分の写真については、定型的に、各々1枚ずつぐらいの写真はみとめられてもよいのではないかと思います。--金山銀山銅山 2008年8月13日 (水) 23:38 (UTC)
ガイドライン化は困難
一口に駅といっても、その規模・形態・特徴はバラエティに富んでいます。記事の形態やボリュームもまた然りです。説明のためには不可欠な写真がたくさん必要になる場合もあるでしょうし、そうでない場合もあるでしょう。また、写真ばかりでなく、図や表が必要になってくるケースもあると思います。
したがって、あまたの駅記事に対して『定量的なガイドライン』を設けることは、まず不可能と言っていいでしょう。各記事のノートで合意を得るのが妥当と思います。そのときには、東京特許許可局さんのおっしゃる「何のため写真を載せるのか」をポイントとして、議論すればよいと考えます。
百科事典である以上「文章が主、写真は従」
百科事典の記述は5W1Hが明確であることが必要です。写真は5W1Hの中のいくつかをわかりやすく伝えてくれるでしょう。しかし、写真で分かるからといって、本文の記述を省いてもいいわけではありません。本文できちんとすべてを書いた上で、それを補足する写真を加えるのが百科事典です。写真を主と考えるのは、写真集あるいは図鑑です。
これは表や図および箇条書きのリストにも言えることですが、単なるデータや画像の列挙は、予備知識のある人には十分でも、知識のない読者には不十分です。写真やデータは、理由や特徴が何であるかを5W1Hで語ってはくれないのです。
記述したいのは写真ではなく…
「画像は記述以上に物を言う」ということ
それはおっしゃるとおりですが、写真を載せることが前提にあるのではなく、何かを伝えたいから写真を載せるわけですよね。写真というのはその表現の手段の一つであって、目的ではありません。ですから、何を伝えるのかが明確でない写真は、削られてしまう可能性があります。それを明確にするためにも、文章は省けないことがご理解いただけるでしょうか。
田崎橋駅の例では、私は写真があってもよいと思います。電停に電車が停車している状況を伝える唯一の写真だからです。ただ、キャプションが『停車中の1200形』では読者は困惑するでしょう。記事のどこにも1200形が何であるか触れられていないからです。
もんじゃさんは、1200形を見せたくてこの写真を貼ったわけではないと思います。ですから、ストレートに「何を表現したかったか」をキャプションに書く、さらに自分が伝えたかった内容を本文に記述すればよいのです。となれば「本文の解説に必要な写真」です。誰も写真を除去しろとは言わないでしょう。--ikaxer 2008年8月14日 (木) 00:34 (UTC)
ikaxerさんにおおむね賛成します。けっきょく、写真をめぐって争いになった場合は、写真を掲載したい側も抽象的な理由ではなく、なぜその写真を載せたいのか(=その写真の必要性)をできるだけ具体的にノートページ書いていただくしかないですし、写真を削除したい側も、なぜその写真は載せるべきでないのか(=その写真の不必要性)をその反論として具体的に書いていただくしかないです。それを、単に「多いほうがいいのか」「少ないほうがいいのか」という議論は、結論をだせないQuestionです。--金山銀山銅山 2008年8月14日 (木) 06:01 (UTC)
一方の当事者(であった?)MK Productsです。私は「記述を主、画像を従」という考えでおります。そしてIkaxerさんのおっしゃるように、画像には適切なキャプションがほしいと思っていますし、もんじゃさんの写真は電車を主体に撮影したものだと勘違いしてしまいました。現在の版ではより適切なキャプションにしたつもりですがいかがでしょうか。--MKP. 2008年8月14日 (木) 13:03 (UTC)
はい、MK Productsさんがキャプションを変えて写真を残し、くだんの記事がうまく収束しているのは確認済みです。お疲れ様でした。--ikaxer 2008年8月14日 (木) 14:21 (UTC)

(戻します)ガイドライン化は困難とのことですが、「内容の重複する写真を載せない」、「画像を投稿することによって自分が表現したいことを何らかの形で明示する」といった方針をどこか利用者の目に付くところに明記しておけば、ある程度画像が原因の編集合戦を防げるのではないかと考えます。ただ、どちらかといえばウィキ初心者である私には、それをどこに書けばよいのか分からず、その意味でまた困難なのかもしれません。
また、私は「画像が主」と言いましたが、無秩序に画像が投稿される状態には反感を覚えていますから、私の立場は必ずしもMK Productsさんやikaxerさん、そして金山銀山銅山さんの主張とは対立するものではなく、ガイドラインに関すること以外にに皆さんの意見の中で腑に落ちない部分はありません。「画像が主、記述が従」というのは、私の画像に対する基本的な立場ですが、「画像を追加することで記述を完全に省ける」といった考えは毛頭なく、ただ画像と文章との関係について触れたまでです。あのように書いたことは誤解を招く点で不適切であったかもしれません。しかし、結局この話し合いは私が「画像が主」と捉えていることに起因するものではありませんから、また新たな問題が発生したりしないかぎり、この考えを変えるつもりはありませんし、その必要はありません。
しかしMK Productsさんとの話し合いがうまくまとまった点で成果がありましたから、無駄な提案ではなかったなと思います。ガイドラインについて若干ご意見を頂いたあと、私はここで議論をはっきりと終了として、みなさんのほかの活動に支障が出ないようにしたいのですがいかがでしょう。--もんじゃ 2008年8月15日 (金) 13:23 (UTC)

駅周辺の節の記述について[編集]

失効 失効長期間にわたりコメントなし。119.30.230.128 2013年5月9日 (木) 17:53 (UTC)

駅周辺について、施設の羅列が行われていますが、果たしてこれについて意味があるのか、最近疑問に思っています。なぜならば、駅周辺と書いてあるからには、駅周辺の町の状況がどのようなものであるのかを伝えることが必要であり、施設の羅列をしたところでそれが伝わるとは思えないからです(大手町などの場所において、施設の羅列をすると本社が多いなどを補完する意味が出てくるとは思いますが、そこはとりあえずおいておいて)。

すなわち、施設の羅列よりもまず先に、その周辺にある町名などを記述したほうが実態に即した書き方ができる(詳細についてはその町名内に町内にある施設を記述するほうがよいように思われます。)と思います。今の状況では、周辺にある町名すら記載されておらず、駅勢圏などがわからないなどの問題もあります。

以上、まとまりのない意見となってしまいましたが、ご意見等を伺いたいと思います。--東京特許許可局 2008年11月2日 (日) 22:16 (UTC)

同感です。現状のガイドラインには
周辺の様子は?地形や土地利用などを書いてみよう
とありますが、実際の記事は周辺施設や商店のリストだけとなっています。このような記事が多くなると、ガイドラインは有名無実化し、『リストを並べるのが駅周辺の書き方である』との認識ができてしまっているのでしょう。
駅記事は数が多いので一朝一夕にはいきませんが、徐々に文章記述を加え脱データベース化を図っていくしかないのでしょうね。--ikaxer 2008年12月13日 (土) 11:35 (UTC)
上記2氏のご意見に賛同いたします。
なお私案ですが、下記のように、
==駅周辺==
===周辺の概況===
駅周辺の概況(周辺の様子・地形・土地利用など)を、文章で書いてみよう。
===その他の周辺施設===
必要であれば、上記に書かれていない周辺施設も挙げてみよう。
 ‥と、駅周辺の基本フォーマット(ガイドライン)について、「周辺の概況」と「その他の周辺施設」の二つのサブセクションを設けることも一案だと思います。このように明示することによって、文章の形で「周辺の概況」の方を記述しようとする書き手が今後増えることになると思います。いかがでしょうか。--金山銀山銅山 2008年12月14日 (日) 08:36 (UTC)
おおむね同感です。ここ最近は個人商店などを廃して公共施設・金融機関・郵便局・コンビニを羅列する例も見られますが、きりがありません。文章化はもとより施設についても簡単な基準を設けた方がいいかもしれません。--UE-PON2600(旧↑PON) 2008年12月14日 (日) 15:24 (UTC)
この話題に関連して、駅の新しいガイドラインを作ってみようと考えています。さしあたり草案ということで、Wikipedia:ウィキプロジェクト 鉄道/駅を起こしてみました。まだ、歯抜けですが、徐々に加筆していく予定です。ご協力お願いします。--ikaxer 2008年12月15日 (月) 13:39 (UTC)
Ikaxerさん、草案作成お疲れ様でした。
確かに現在の「駅周辺」節の状況は、現ガイドラインが意図した本来の「駅周辺」節の内容からは少し逸脱しているようにも思えます。とはいえ、付近にある建物もある程度は必要になるでしょうから、やはりどちらも折衷できる金山銀山銅山氏のフォーマットのご提案が、もっとも理想的ではないかと思います。--snow rabbit/talk 2008年12月18日 (木) 05:38 (UTC)
横から失礼いたします。 私も現状の駅周辺の状況(特に北海道、東北)には以前より違和感を感じていました。 ただガイドラインの修正だけでは周知徹底は難しいため、駅の項目に上記の注意文などを記したテンプレートを貼るなどの対策が必要になるかと思います。 ただ現状でも駅の項目は膨大な数になり、個々の修正作業も膨大になるため、このようなテンプレート貼りの作業をBot依頼に出すということは可能でしょうか? 可能なのであれば、早速テンプレートの作成やbot依頼などに取り組みたいとおもうのですが、いかがでしょうか?--Tokacyan 2009年2月13日 (金) 21:18 (UTC)
遅ればせながら、賛同いたします。単なる施設の羅列は意味が無いと思っていました。テンプレートの作成も是非推進したいです。--Tam0031 2009年3月15日 (日) 15:57 (UTC)

長いこと議論が止まっているようですが、「単なる施設の羅列はしない」という点に賛同いたします。その上で、施設についての扱いですが、そもそも「駅周辺」とはどの程度の距離までを指すのかという問題があります。私の意見としては「徒歩5分程度=不動産広告基準において経路で400m」くらいを目安とすべきと考えます。ただし、それ以上の距離、たとえ駅からバスを利用するような距離であっても、その施設の最寄駅としての役割を果たしかつ施設そのものが十分な特筆性を有するケース(鵜方駅志摩スペイン村のような関係を念頭に置いています)は例外として記載してもよいといえます。

次にどのような施設を記載するかという点ですが、宣伝などに利用されることを避けるために、「単独記事が成立する特筆性のない商店や企業の営業所、宿泊施設」は原則として記載されるべきでありません。一方公共施設、教育機関、観光名所(最低1冊の市販のガイドブックへの記載が条件)は記載すべきであると考えます。もちろん、その駅との関係で特に記載すべきものであればこの条件の限りではありません。例えば志摩磯部駅の項目にある、第三銀行の支店は駅舎同様建物がスペイン式の意匠となっているとあり、記載に足るものといえます。--ウィッチ 2010年9月4日 (土) 13:23 (UTC)

現行の駅周辺節の編集方針について[編集]

失効 失効長期間にわたりコメントなし。119.30.230.128 2013年5月9日 (木) 17:53 (UTC)

初めまして、利用者:FLHC会話 / 投稿記録 / 記録と申します。節「駅周辺」について疑問をもった点がありましたのでご回答やご意見を頂ければ、と思います。先日、開店したスーパーマーケットを駅周辺に追加する編集[3]を拝見致しました。当方は、そのスーパーマーケットが駅周辺というには少し離れているという印象を受けております。立地としては、徒歩で30分近く掛かる距離にあります。距離がある場合でも周囲に駅がない場合、最も近い駅が(離れていたとしても)「最寄り駅」になるのは分かるのですが「駅周辺」という区分に含まれるのでしょうか。例えば、駅から同じく15分ほど離れた位置に大きな面積をもつ工場がありますが、そちらは駅周辺として掲載されておりません。一方で、スーパーマーケットより更に南側にある高等学校は掲載されております。

今回のケースでは掲載されていないのは単なるスタブである可能性も否定できないですが、「駅周辺」という項目を編集するに辺り、距離的な条件や掲載する内容についてのガイドライン等はあるのでしょうか。特に決まり事がない場合、例えば、草津線沿線では(並行する路線がないため)広大な地域が「駅周辺」に該当してしまいますが、それらの施設等を記事に掲載しても問題はないのでしょうか(ローカル線で考えると…)。東京特許許可局さんのご意見とは違い、現行のガイドライン等に関する質問であるため別節としました。--FLHC 2008年12月2日 (火) 20:20 (UTC)

昨日、ご指摘の瀬田駅についての編集を行ったものです。たとえ遠い距離(徒歩で30分近くかかる)場合でも、その施設の重要性・知名度、その駅とその施設のとのかかわりあい・利用状況から考えて、書くのが妥当な場合もあると思います(例:清水五条駅における清水寺)。逆に、たとえ近い距離にある場合でも、その施設自体の重要性が乏しかったり、駅とのかかわりあいが希薄な場合は、書くのが妥当でない場合もあると思います(例:徒歩10分圏内にあるからといって、その圏内にある郵便局・小学校・銀行・コンビニなどを網羅的に列挙するのはナンセンスです)。当方としては、そうした観点から、上記の編集をいたしました。--金山銀山銅山 2008年12月3日 (水) 10:38 (UTC)
まず、駅周辺については、サブページ(過去ログ化)もありますので、合わせてごらんください。
さて、以前にも『駅周辺はどこまでか?』といった議論がありました。私は、駅によって異なるので、一概には言えないという立場ですが、もっと重要なことがあるように思います。先の東京特許許可局さんの問題提起に通じるものがあるのですが、本文がないのにリストだけで構成することが原因だと考えます。
ウィキペディアの駅記事は、早い時期からコンプリートを目指して、大量に記事が作られていきました。その頃は、記事自体の大きさが小さく、サブスタブも目立ちました。そこで、駅周辺の項目を設けて周辺施設のリストを並べ、最低限の体裁を整えるようにしたようです。
ところが、駅記事がそれなりのボリュームを持つようになっても、「リストだけを並べる」という習慣だけが残ってしまったようです。本文がまったくない状態で、ひたすら施設や商店のリストだけが追加され、ご指摘のような「これだけ離れているのに、周辺と呼べるのか?」といった疑問の声が上がるようになります。
これはある意味当然のことで、本文がないのにリストだけを書くから、なぜこの項目がリストに並んでいるのかわからない、ということではないでしょうか。まずは、
  • リストだけで構成された駅周辺はスタブである。
  • リストは記事の本体ではなく、本文を補足するものにすぎない。
  • なぜその項目がリストに並んでいるのか、本文で記述しておく。
これらの認識をお持ちいただければ、混乱は生じないでしょう。金山銀山銅山さんのおっしゃるような、駅によって周辺の位置付けが異なる場合も、本文にその旨を記述しておけば問題は生じないものと考えます。
少々抽象的かもしれませんが、いかがでしょうか。--ikaxer 2008年12月13日 (土) 12:06 (UTC)

線路配置図[編集]

失効 失効長期間にわたりコメントなし。119.30.230.128 2013年5月9日 (木) 17:53 (UTC)
配線図

起点方面

STRg STRf
KRWg+l KRWgr
NLWP起源
STR+BSl STR+BSr
KRWgl KRWg+r
KRWgl+l KRWgr+r
STR STR
ABZg2 ÜWgor
DEWP起源
ÜWgo+l ÜWgo+r
STR+BSl STR+BSr
STR STR
STR+l ABZgr STR
STR+BSr STR+BSl

終点方面

すでに路線図で存在をご存じの方も多いと思いますが、駅などの線路配置図に使えるよう、プラットフォームのアイコンを作りましたので経路図テンプレートを紹介します(接客設備は微に入り細を穿っていても、運転施設の記述が手薄な駅記事が多いと感じたのが作成のきっかけです)。テンプレートの解説はWikipedia:経路図テンプレート、アイコンのリストはプラットフォーム線路分岐交差などをご覧下さい。分岐のスタイルはここに並べたようにいろいろあります。議論はWikipedia‐ノート:ウィキプロジェクト 鉄道/テンプレート/路線図テンプレートでどうぞ。あわせて右図のソースも示します。--Maxima m 2009年2月16日 (月) 15:25 (UTC)

{| {{Railway line header}}
{{BS-header|配線図}}
{{BS-table|配線}}
{{BS-colspan}}
起点方面
{{BS3||STRg|STRf||||}}
{{BS3||KRWg+l|KRWgr||NLWP起源<!-- 片渡り -->||}}
{{BS3||STR+BSl|STR+BSr||<!-- ホーム -->||}}
{{BS3||KRWgl|KRWg+r||<!-- 片渡り -->||}}
{{BS3||KRWgl+l|KRWgr+r||<!-- 両渡り -->||}}
{{BS3||STR|STR||||}}
...
|}
|}

終了したサービスの駅記事においての表記について[編集]

失効 失効長期間にわたりコメントなし。119.30.230.128 2013年5月9日 (木) 17:53 (UTC)

どちらで質問すればよいか考え、表題の件についてお伺いいたしたくこちらのプロジェクトに初めて投稿いたします。 先般、JR西日本Jスルーカードの自動改札機などでの利用が終了いたしました。そこで多くのJスルー可能自動改札が導入されていた駅の記事で「Jスルー利用可能駅である」と書かれています。そこでその部分を削除しようかとも思いましたが、自動改札の利用は終了しましたが、自動券売機などでは利用ができます。そこで削除してもいいものか悩んでしまったわけです。主要機能である自動改札での利用が終了したので削除するか、券売機で使える旨を記すか、そのままにするか。皆様はいかが思われますか?--Lightslateblue 2009年3月2日 (月) 07:15 (UTC)

よく言われることではありますが、ウィキペディアは駅の利用ガイドではなく百科事典ですので、最新の情報だけに固めておく必要はありません。利用終了したら除去するのではなく、利用が終了したことを明記すべきだと思います。書き方としては「○年○月から自動改札機でのJスルーカードの利用が可能であったが、Jスルーカードの自動改札機での利用終了に伴い、当駅でも○年○月をもって利用を終了した。以降は自動券売機での利用が可能である。」みたいな感じでしょうか。歴史の項の年表に追記する方法もあるかと思います。--Tam0031 2009年3月2日 (月) 13:09 (UTC)
ご意見ありがとうございました。なるほどそういう考えで編集していけばよいのですね、参考になりました。ただ、Jスルー対応だった駅が相当あるので全部の駅でそうするのもどうかな? とも思いました。性急に編集せず色々と考えてみます。--Lightslateblue 2009年3月7日 (土) 13:48 (UTC)

歴史節の箇条書きについて[編集]

解決済み 解決済み 119.30.230.128 2013年5月9日 (木) 17:53 (UTC)

[4]こちらの編集について鉄道プロジェクト諸氏にお伺いしたいのですが、「歴史節は箇条書きにするのが駅記事におけるスタイル」というのは鉄道執筆者諸氏の合意事項なのでしょうか。こちらの表ページの草案では、むしろ箇条書きを解消していく方向性が示されているように読めましたが。箇条書きを解消する編集は余計なお世話ということでしたら、そのようにおっしゃって下さい。--Arawodas 2009年5月20日 (水) 13:12 (UTC)

箇条書きは解消すべきものです。年表だけのものは歴史とは言わないと思います。Kiku-zou氏の思い違いかと。--Tam0031 2009年5月20日 (水) 13:20 (UTC)
はじめまして。草案を作っているikaxerと申します。草案と言っても、いまのところ私が勝手に書いているだけで、意見をいただいたのも初めてです。
さて、歴史の項における箇条書きですが、箇条書きだけで歴史を語る現在のスタイルは基本的に芳しくないと思っております。現在の多くの駅記事は、文章による歴史記述が欠けており、箇条書きのデータだけとなっているため、本来記事の顔であるはずの歴史が後に追いやられてしまっているような状態です。
その一方で、箇条書きの年表スタイルも年代の把握がしやすいことから、それなりに存在意義はあると思うんですね。また、芳しくないとは言え、鉄道系の記事はデータベース的な記述が多く、デファクトスタンダードを覆すには、それなりの反発を受けることもあろうかと思います。そこで、変遷の要所を押さえた歴史を文章で書き、さらに箇条書きの年表スタイルを並列してみてはいかがでしょうか。記事を興味深いものとし、かつ違和感なく受け入れられるものと考えています。
以上のことから、現在の箇条書きによる歴史はとりあえずそのままにしておき、別途文章を加えていくという形が、反発なく記事発展の近道だと考えておりますが、いかがでしょうか。--ikaxer 2009年5月20日 (水) 13:35 (UTC)
Arawodasさんがあげられているケースについては、どちらかといえばレアでなおかつ好ましくないケースと思います。このようなケースは、むしろ積極的に文章化していくべきと考えます。このようなケースと、「年表」を同一視して箇条書きの年表まで好ましくないとするのは、項目の可読性を大きく損なう行為であり、過度な文章化あるいは年表の廃止には明確に反対します。文章を「読ませる」のではなく、流れを一覧できる点で箇条書きの年表は、文章に勝っています。Ikaxerさんが仰るように、相互補完を考慮しつつ並立させておくのが良いかと思います。--Kone 2009年5月20日 (水) 23:56 (UTC)
当該編集におけるKiku-zouさんのコメントは確かに「駅記事の歴史節は箇条書きにすべし」という合意が存在するという印象を与えるものではあると思います。多くの駅記事の歴史節が箇条書きの年表のみになっているのが実情でしょうが、歴史節に文章を加えていくことは私も歓迎します。
ただ、「雑多な内容の箇条書き」というのは全体的な構成を考えずに箇条書きの内容を無秩序に追加していくことだと認識しています。年代順に並べられた箇条書き形式の年表は「箇条書き」ではあっても、「雑多な内容」ではないでしょう。ましてや当該項目は歴史に関する記述をめぐってもめており、実際に文章形式にして再構成するのならともかく、編集実績のないIPユーザーがいきなり何の説明もなしに{{雑多な内容の箇条書き}}を貼付すれば、何らかの悪意を疑われて差し戻されても仕方がないでしょう。
年表と文章の考え方ですが、基本的に「何年何月何日にどんな出来事があったのか」を見やすく示すのが年表の役割で、「ある出来事がどんな背景で起こったのか、どんな経緯で進められたのか、そのことによってどんな影響があったのか」など、大きな流れを持つ内容を記述していくのは文章の役割だと考えています。駅に限らず、歴史の記述が年表形式だけの記事はたいていこの後者の記述が抜け落ちています。年表と文章は異なった機能を持つもので、「年表にすべし」「文章にすべし」の二元論ではなく、両者の役割を分担させ、文章と年表を並立させるのが良いと思います。--Muyo 2009年5月21日 (木) 03:30 (UTC)
お騒がせして申し訳ありません。私としては「年表」の箇条書きとそれに補足する文章を並立させるスタイルが好ましいと考えております。
しかし、機械的に{{雑多な内容の箇条書き}}を貼付するのは不適切だと判断し、あのような要約を記した次第です。要約欄には文字制限がありますので誤解を与えてしまいましたが、正確には「現状の日本語版の駅記事では『歴史』節において年表に相当する部分の記述は箇条書きスタイルが殆どであるのでタグを除去」という意味です。それにMuyo氏も述べられておりますように、年表は「雑多な内容」ではありませんので。--Kiku-zou 2009年5月21日 (木) 09:30 (UTC)
今回の件で、歴史の書き方に対する変化が生じればと思っています。たとえば、手前味噌で大変恐縮ではございますが、大野駅の例などを示したいと思いますが、歴史に文章をつけることにより、項目をだらだら並べたのよりも、様々な情報を伝えることが可能になるのではないかと考えております。箇条書きの年表しかない状況では、雑多な物をただただ並べただけと感じる人がいたとしても、不思議なことではないかと考えております(すなわち当該タグを貼り付けること自体には何ら落ち度はないものと当方は判断しております)。--東京特許許可局 2009年5月21日 (木) 12:06 (UTC)
一日の間に多くの方から回答を頂きましたが、各氏のご意見を拝見しても、箇条書きへの考え方には幅があるように見受けました。であれば、ikaxerさん他の方々ご提案の並立案が、無用な紛糾を防ぐために現状では最善なのかなという思いを抱きました。またその記述の仕方については、東京特許許可局さんによる具体例の提示により、より分かりやすくなりました。今後私自身が駅記事を編集する機会があれば、こちらで頂いたご意見を踏まえて作業したいと思います。また、私以外の利用者にとっても、今回の議論は編集の参考になると思います。皆様のご回答に感謝します。--Arawodas 2009年5月21日 (木) 13:18 (UTC)

のりばの表について・再[編集]

失効 失効長期間にわたりコメントなし。119.30.230.128 2013年5月9日 (木) 17:53 (UTC)

各駅の記事において、駅の番線案内があたかも実際の駅の案内サインそっくりに作られており、表記まで実際の案内表示と同じにしている記事がありますが、そこまでやる必要があるのか疑問です。第一ウィキペディアは利用案内サイトではないので、最低限、どのホームがどの路線・方面に割り当てられているかだけを書けばいいのではないかと思います。この度東京駅に手を入れて簡略化してみた([1])のですがいかがでしょうか? --RailRider 2009年6月24日 (水) 23:39 (UTC)

利用案内サイトでないにしろ、基本的には駅の案内表示に合わせるべきでは? 東京駅はやりすぎな感がありますが、「○○方面」は、個人的主観で前後の駅でちぐはぐになったり編集合戦になる恐れがあります。(JRの場合、駅のサイン類は、A-G駅間は「H・P方面」、H-O駅間は「P・Z方面」と決められています)--W0746203-1 2009年6月26日 (金) 09:43 (UTC)
おおむね賛成です。
のりばの表がやけに複雑化している一つの理由として、列車名をすべてあげていくことがあろうかと思うのですが、先日、金沢駅(現在の版)を見て愕然としました。駅の案内に合わせるべきとの意見もありますが、ほどほどにしておかないと異なる会社で違うルールが存在したとき、ウィキペディア内での混乱も生じかねません。
また、東京駅を見て思ったのですが、ほかの駅記事とは異なり、のりばごとに文章が付いていますね。また、表によって変遷も記されているなど、なかなか興味深い発展の仕方をしていると思いました。これをさらに進めて、駅構造の節を時代の流れに沿ったものとすると、さらに興味深い構成ができると思います。おおまかなエポックとしては、
  • 開業
  • 東海道新幹線乗入れ
  • 総武地下ホーム開設
  • 京葉線乗入れ
  • 東北新幹線乗入れ
  • 中央線重層化・東北新幹線ホーム増設
このように時代に沿って節を分けて、時代ごとの駅構造を語っていけば、より百科事典らしい記述ができると思います。こうやって考えると、現在の駅の案内に合わせるなんてことは、なんだか小さく感じませんか?--ikaxer 2009年6月26日 (金) 11:02 (UTC)
何を指標とするかはある程度定めておかないと、編集者の独断と偏見で選ばれることとなり収拾がつかなくなる虞があることが懸念されます。ただ、現状のようなやり過ぎとも言える状況はあまり好ましくないので、そのあたりは検討の余地はあるかと思います。--東京特許許可局 2009年6月28日 (日) 08:45 (UTC)
JRに関しては同じ駅でも表記が違ったりするので、駅の表記をそのまま使うのはせいぜい横浜線のような距離の短い路線とかでない限り無理だと思います。(平塚駅のような特筆性?があればそのまま使ってもいい気もしますが)
私鉄に関しては東急・京王・小田急・京阪・阪急の場合、統一性のある表記を使っているようなので、こういったところは編集合戦防止の観点からはのりば表記をそのまま使った方がよいでしょう。(昔京王はこの件で揉めた?ことがありましたが、実際の表記で統一するローカルルールを定めてます。)
結局のところ、事業者ごとの個別対応になるかと思います。--準特橋本Talk/Contribs) 2009年8月1日 (土) 17:54 (UTC)

路面電車の表記について[編集]

失効 失効長期間にわたりコメントなし。119.30.230.128 2013年5月9日 (木) 17:53 (UTC)

路面電車の場合全てが「駅」とついているが、事業者が「駅」と称している場合はいいが、「停留所」や「電停」と称している事業者もあり、地域でもそれらが定着しているし、法律上も停留所としているため題名も「停留所」や「電停」を使用しても構わないのではないでしょうか? --Royalline 2009年9月14日 (月) 19:37 (UTC)

Wikipedia‐ノート:ウィキプロジェクト 鉄道/駅/電停記事のフォーマットについてにて議論されていましたが、「軌道建設規程」ならば法律ではありません。もしかしたら法律として整備されたのかもしれませんので、法律上も停留所としているという検証可能な出典を明示いただけますでしょうか。私は見付けられませんでした。--221.20 2009年9月16日 (水) 16:43 (UTC)
道路交通法、租税特別措置法に「停留場」が登場します。--Jms 2009年9月16日 (水) 17:25 (UTC)
Jmsさん、法の明示ありがとうございます。上述の議論にて、路面電車については事業者間で呼称が異なるので駅のフォーマットに則ると一定の合意が成されていると考えます。Royallineさんにおかれましては引き続き法律上も停留所としている検証可能な出典の明示をお願いしておきます。--221.20 2009年9月17日 (木) 02:51 (UTC)

概要節と歴史節について[編集]

解決済み 解決済み 119.30.230.128 2013年5月9日 (木) 17:53 (UTC)

ノート:坂上駅において、駅記事内で補完情報として踏み込んだ記述をしてはどうか、という提起がされました。一例としては路線に関する情報を駅記事内概要節等で触れるといったようなものです。提起されました継之助様と私の主張は平行しているようですので、広くご意見を募りたく、こちらに提起させていただきました。これまでの対話の詳細はノート:坂上駅をご参照ください。よろしくお願いします。--Lapislazuli-star 2009年12月10日 (木) 03:32 (UTC)

はじめまして。ikaxerと申します。
さて、議論を拝見させていただきました。要は
駅記事の概要部において、その駅が属する路線について説明を加えるべきか
ということでよろしいでしょうか。
私の意見は「入れるべき」です。いくつか理由を述べます。
◆重複か否か
『各々の駅に同じ記述があるのは重複である』とのご意見もわからないではないのですが、それは我々鉄道記事に携わる執筆者の視点ではないでしょうか。鉄道記事の編集にかかわるといろんな駅の記事に関わります。おかしな記述はないか、駅を順に見ていくこともあるでしょう。そのような視点で見ていった場合は、たしかに同じ記述があるのは気になります。しかし、記事を読む一般の閲覧者は、駅記事を順に見て回っているわけではないのです。たまたま、ある駅のことが知りたい、知らないから調べるといった読者にとっては、一つの記事で必要なことが完結している方が望ましいと考えます。
◆簡潔という言葉
『簡潔に記述するべき』とのご意見もごもっともです。しかしながら、必要なことまで削ってしまうのは、簡潔とは言いません。駅がどの路線の属するか、どの地域にあるかといった点は、些細なトリビアやエピソードなどとは異なり、駅の位置付けを示す重要な事項です。何十行にもなるならいざしらず、わずか1行の記述で読者に記事対象をイメージさせることができるのですから、これを省いてしまって簡潔であるとは言い難いでしょう。
さて、私がこのような意見を持つのは、知識のない読者の立場として駅記事を読んだとき、どこにあるどんな駅なのかがあまりイメージできないことがしばしばあるからです。書いた人には常識でも、予備知識のない読者には知らないことだらけです。詳細なことはよく書けているのですが、その一方で当たり前のことがそっくり抜けている印象を受けます。--ikaxer 2009年12月11日 (金) 15:20 (UTC)

ikaxerさん、ありがとうございます。読み手側の視点に立ってということで入れたほうがよいとのことなのですが、路線と駅がセットであるところは否定できませんので、路線の歴史と駅の歴史が大幅にリンクすることは少しもおかしいことではないのは理解しています。ただ、それは全部ではなくて、一部は分かれていないと違和感がある部分もあって、今回のところはまさにそうじゃないかなと考えた次第です。--Lapislazuli-star 2010年4月5日 (月) 06:02 (UTC)

外部リンク名(鉄道会社のサイト)の記述について[編集]

失効 失効長期間にわたりコメントなし。119.30.230.128 2013年5月9日 (木) 17:53 (UTC)

首記、外部リンクのうち鉄道会社が運営するサイトの駅情報ページの記述方法について提案です。現状は習慣的に一律の記述がなされていますが、記述方法はリンク先のサイトごとに特徴があるほか、企業の広報活動や自治体のサイトに内包されている場合などはサイト名や運営にも特徴的なものがありますので、基本的にはリンク先に準拠した(リンク先の名称を恣意的に改変しない)記述をすべきと考えます。以下、具体例の一例を提示したうえで「リンク先サイトのタイトルや記述にできるだけ準拠する」ことをローカルルールとして合意を得るための提案をしますので、ご意見および合意をいただけましたら幸いです。

  • 例1:[http://www.jr-odekake.net/eki/top.php?id=0610702 二条駅(JR西日本)]
    • 問題点:JR西日本の場合は、利用案内については沿線情報や旅行情報などを含めた「JRおでかけネット」というサイトを運営しており、駅記事はその中に内包されている。また、タイトルには必ず府県名が明記されており、サイトの特徴の一つと考える。例えば、以下のような表記にしたい。
    • 例1の改善案:[http://www.jr-odekake.net/eki/top.php?id=0610702 二条駅(京都府)] - JRおでかけネット(JR西日本)
      • 考え方:リンク名はリンク先のタイトルに準拠した。また、サイト名を明記した。(サイトの運営者は煩雑になるので、括弧書きで表記。)
  • 例2:[http://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/page/0000009997.html 二条駅(京都市交通局)]
    • 問題点:京都市交の場合は京都市の公式サイトに内包されているが、それを事実上無視している。
    • 例2の改善案:[http://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/page/0000009997.html 京都市営地下鉄東西線二条駅](駅施設) - 京都市交通局(京都市情報館)
      • 考え方:リンク名はリンク先のタイトルに準拠したうえ、上流の記事名称を括弧書きで記述した。また、当該コンテンツは交通局の責任で情報が提示されているが、自治体の公式サイトに内包しているためその名称を括弧書きで記述した。
  • 例3:[http://www.okeihan.net/eki/detail.php?station_no=40 おけいはん.ねっと|駅情報:三条駅]
    • 問題点:サイトの名称が記述されている点では比較的良い書き方だが、サイト運営者などが一切記述されていない。
    • 例3の改善案:[http://www.okeihan.net/eki/detail.php?station_no=40 三条駅](駅情報) - おけいはん.ねっと(京阪電気鉄道)
      • 考え方:タイトルについては、リンク先に厳密に準拠すると非常に長いため簡略にしたうえで、上流の記事名称を括弧書きで記述した。また、サイト名と運営者を明記した。

なお、それぞれの鉄道会社ごとの記述方法の全てをここで議論しローカルルールとして策定することは困難と考えますので、ここではできるだけリンク先の名称や表示の主旨を活かし、社局ごとに統一性をもった記述法則とすることをルールとして定め、各社局の駅記事については個別に(議論または慣習的に)合意をとることとすべきと考えます。(もし、議論になった場合の議論場所をここで決めるという意見があれば、その意見には賛同します。)以上、議論のほど宜しくお願いします。--Si-take. 2010年2月12日 (金) 10:02 (UTC)

ローカルルールの必要性があるのでしょうか。記事の内容に応じて適宜書くべき事でしょうし、出典的な意味合いがある場合には相応の書き方があるでしょう。日本語以外のサイトの場合にどうするかという問題もあります。--Jms 2010年2月13日 (土) 10:04 (UTC)
  • (コメント)Jmsさん、コメントありがとうございます。現状は習慣的に上記のようなリンク表示がなされているばかりか、それを改善すべく記述を改めても、わざわざ戻してしまう編集をする人が少なくありませんWikipedia:雑草取りとして?それだけをやる人さえいます)ので、鉄道駅の編集に関わる編集者が多いこともありますので、ルールとして制定したほうがいいのではないかと考えた次第です。なお、他言語のサイトについても「リンク先の記述内容を尊重する形で日本語表記する」という趣旨であるべきと考えます(または、原語表記を尊重するということでもいいのですが…ここでの要点は、リンク先の記述を尊重するということです)。
記事内容とリンク先の表記の仕方では、記事内容が優先するでしょう。JR西日本が運営するサイトの、二条駅に関する項目を参照する際に、「二条駅 (JR西日本)」と表記するのは妥当だと思います。「二条駅 (京都府)」では京都府の運営するサイトであるかの様な印象を与えます。どの様な表現が適切かは記事内容に依存しましょうから、リンク先の表記優先は無理がありましょう。--Jms 2010年2月13日 (土) 12:32 (UTC)
  • (コメント)誤認がありますので確認のためにコメントします。上記の例示は「二条駅(JR西日本)」ではなく、「二条駅(京都府) - JRおでかけネット(JR西日本)」と記述すべきというアイデアです。すなわち、記事名だけではなく、運営元やサイト名をできるだけきちんと書きましょうという趣旨です。--Si-take. 2010年2月13日 (土) 13:33 (UTC)
それは、引用同様の書き方をしよう、という意味でしょうか、それとも、「できるだけリンク先の名称や表示の主旨を活かし、社局ごとに統一性をもった記述法則とすること」なのでしょうか。いずれによ、文脈依存の問題ではないかと思います。--Jms 2010年2月13日 (土) 15:09 (UTC)
  • (コメント)引用に準じた記述方法ということまでは考えていませんでした(問題ないとは思うのですが…)。なお、この提案はまさに「文脈依存」も何も関係なく、「他の駅記事との統一性」という名のもとに加筆した外部リンクについての情報が除去されてしまうことが多いため、提案した次第です。--Si-take. 2010年2月13日 (土) 17:59 (UTC)
提案された方式に従うと異なる表記になる複数の駅への外部参照がある場合は、記事としては表記方式が統一されている方が良いでしょう。そういう場合が排除されるのは困るでしょうから、外部リンクについて「二条駅 (JR西日本)」ではなく「二条駅(京都府) - JRおでかけネット(JR西日本)」と「しなければならない」というローカルルールには賛成しかねます。サイトの名称自体をそこまで重視する必要があるとも思えません。--Jms 2010年2月13日 (土) 22:17 (UTC)
  • (コメント)意見の主旨を了解しました(別の意見があることは議論にとって良いことだと考えます)。引き続き皆さんのご意見をお待ちします。--Si-take. 2010年2月14日 (日) 05:13 (UTC)

駅記事でのキロ数の表示について[編集]

失効 失効長期間にわたりコメントなし。119.30.230.128 2013年5月9日 (木) 17:53 (UTC)

駅生地テンプレートを仕様した、キロ数の表示内容についてTemplate‐ノート:駅情報#キロ数の表示についてで皆様のお話をお聞きしたく思います。よろしくお願いいたします--S.Arai (talk) / Commons!! 2010年2月20日 (土) 09:21 (UTC)

記載内容全般に関して[編集]

駅記事を見ていると記載内容全般にわたって、Wikipedia:出典を明記する(考慮すべきガイドライン)、Wikipedia:検証可能性(基本方針)などなど、各種基本方針さえも満たしていない記述が数多く見受けられます。そろそろ、これらの整理に当たりたいとの考えがあり、少々考えを述べさせていただきます。

  • 駅構造
    • 駅構造で自動改札が何台やら、メーカがなにやら、どうやって検証する気なのでしょうか。記載されている本などがあればそれを明記すべきです。もちろんその際も、検証可能性を満たす資料を使うべきですが。また、発車メロディもしかりです。ご当地系であれば地域の資料やプレスが出ているため、書くのはありかと思いますが、それ以外は書くことの必然性が感じられません。
  • 何を記載するのか
    • 今駅周辺施設をだらだら書き連ねる(公共だろうが、民間だろうが)方がいらっしゃいますが、何か意味があるのでしょうかと。もっと違う方向に力を注ぐべきではないのでしょうか。
  • 歴史の項目が薄い
    • 調査するのは大変ですが、きわめて重要なことかと思われます。なぜ駅が設置されるに至ったのか、そしてどうして改築に至ったのか、などなど、市町村史や広報などを見ると、駅が街の顔であったりするため、事細かに書かれていることが多いのです。そちらを充実される方向に行くべきではないでしょうか。

以上です。--東京特許許可局 2010年3月20日 (土) 08:09 (UTC)

とりあえずのレスです。駅構造は割愛させて下さい(一定の検証可能性は確保して下さい程度で)。駅周辺については、この駅をおりて、目的地にする所を掲載するべきだと思います。駅の前にコンビニがあるとかレストランがあるとかは要らない記載だと思います。しかし、大型商業施設、図書館や役場などの公共性の高い物など、駅周辺に行く意味がある物に関しては掲載しても良いと思います。後、歴史については、最近の電子化とか妙に詳しい割には、駅舎の更新とかが何故か無い物が有ります。それらは、図書館とかに行って、資料の掘り出しとかして欲しいと思います。--Taisyo 2010年3月20日 (土) 14:09 (UTC)
えきタンにおしえて!の過去のアンケート、「駅」の「駅前でよくとっさに探すスポットは何ですか?」三河田原駅アンケート等でコンビニ等の購買が上位です。218.225.254.141
周辺施設に関しては2つの考えがありまして「施設そのものに集客力がある場合」と「その施設に関しては集客力はないが、周辺集客数が多いから出来た施設」があります。
コンビニとかは後者の例で、周りに人が多ければ自然と出来てくる性格の物だと思います。レストランもしかり。比較的多くの駅前に存在し、特定の駅前にしかない物では無いです。有名フランチャイズの1号店とかは別ですけど、特筆性のある施設とは言えないと思います。例え、コンビニの購買が上位だとしてもです。--Taisyo 2010年4月10日 (土) 12:10 (UTC)
周辺施設について言えば銀行・郵便局といったあたりが列挙されすぎなのではないかと思う駅があります。特に後者については全国に約24,700局もあることもあってか、実際には遠いのに直線距離で近いところも入っていることもあるように思います。
歴史の項目については郷土の駅については調べていますが、地元の図書館はもとより国会図書館等に足を運んでも中々これといった資料が見当たらず苦しんでいるところであります。あとは過去の新聞記事(新聞記事のデータベース検索)ですが、これも5年前10年前20年前となると有料なので量が多いと費用面で躊躇することがあります。ただ、みなさんで手分けしてやれば今よりはずっと良くなるでしょうから、単に図書館へ行くように促すだけでなく、図書館ではどういう資料に当たればよいか、あるいは別の調査手段なども含めて呼びかけるのもよいかと思います。--UE-PON2600(旧↑PON) 2010年4月14日 (水) 17:35 (UTC)
遅レスになりましたが。あえて限定しない方が良いのかなと思いましたが。分かりにくいらしいので。例としたら、市史・町史、旧国鉄やJRの人が書いた駅の概要、昔の新聞、さらには駅に関する書籍とかです。個人的には、ローラー作戦的に資料を見ていきますし、この資料が一番と言える物もないです。確かに、相当苦労します。しかし、それぐらいの苦労はして欲しいとは思っています。--Taisyo 2010年5月23日 (日) 02:13 (UTC)

駅構造については、単純に要出典と指摘すればよいのではないでしょうか。細かい内容を書くことの必然性は、議論しても出ないのでは?まあ、自動改札機のメーカーなどを見つけたら削除編集をしていますが・・・--119.30.233.38 2012年6月19日 (火) 15:51 (UTC)

旧字体を説明するテンプレートについて[編集]

現在、東戸塚駅戸塚駅屏風浦駅について、「塚・屏について旧字体が正しい駅名とする証拠が無い。旧字体が正しいと説明している出典が無ければ、当該テンプレートを除去する。」というユーザーが現れました。現実問題として、Wikipediaでの表示に制限があるように、鉄道会社の公式サイトでも文字に制約があると思われ、公式サイトなどでは主に新字体を使っている場合が多いようです。また、実際の駅の掲示物などでも、文字の使い方にバラつきがあるようです。しかしながら、一般的に考えて、駅の名称は、特に改名しなければ開業当時の文字が本来の文字(表記)と思われますので、「出典が無ければテンプレートを除去」というのは、横暴なような気がするのですが、PJでは何かルールみたいなものは、ありませんでしたでしょうか。このままですと、三厩駅とか逗子駅など、表示に制約がある文字の駅の記事が混乱を招く怖れがあるのですが。L25.203.l03.26 2010年4月1日 (木) 03:22 (UTC)

特にルールは定められていないように思います。このあたりは国語政策ともあいまって泥沼で、明確に定めることは難しいかと思います。国鉄・JRの駅に関してもっとも詳しい『停車場変遷大事典』では、戦前の旧字体のものは一部例外はありますが収録に際して新字体に置き換えているので、新字体に統一されてしまっています。一方で例外もたくさんあって、気仙沼線のの岳駅と青梅線御嶽駅のように同じ「岳」の字で旧字体と新字体が使い分けられているところもあります。例に挙げられた「戸塚駅」などの例では、この事典では開業当初から今の字体(余計な線は入っていない)の戸塚駅の表記で統一されています。逗子は2点しんにょう、三厩は駅名票の写真にある字体で収録されています。名鉄の瓢箪山駅 (愛知県)みたいに、明示的に旧字体を新字体に改称した例は少ないような気がするので、改称されていないから開業当時の文字が本来の文字とも言い切れないように思います。同じ字で、例示字体だけ変更されている場合もあるだろうからです。一方で公式ウェブサイトの表記は、ウェブで使える文字に制約されているので、これを根拠とするのも無理でしょう。PJで話し合って、何か1つの文献を典拠にしてそれに統一する、ということをしなければ定まらないと思います。--Tam0031 2010年4月1日 (木) 16:23 (UTC)
御返答ありがとうございます。そのユーザーさんの御主張は、新字体と旧字体、あるいは、逗子駅のしんにょうの点のように、ネット上のデータも含め、文字の使用状況にばらつきが見られる場合、「旧字体が公式」とか「2点しんにょうの文字が正しい」という根拠は何か、ということのようです。私としては、文字にばらつきが見られる以上、何らかの案内は必要だと思うのですが、どちらが公式というのは、スグに確認するのは難しいと思われます。また、「塚」の文字を使用している駅は多数あり、塚本駅塚口駅宝塚駅などには同様のテンプレートが貼られているほか、大塚駅の場合は、池袋駅の駅名標の隣の駅表示に旧字体が見受けられたりするので、ここで何らかのルール作りをして、混乱を防いだ方が良いように思われます。
個人的には、2つ以上の字体の文字が使われているが、正式な文字が確認できない場合、例えば「戸塚駅の表記は戸塚駅と戸塚駅とが見られるが、この記事では戸塚駅に統一しています。」みたいな案内が良いのではないかと考えています。現在、東戸塚駅などの件に関しましては、私と、もう一人の方しか意見が出ていないので、より多くの方の意見をうかがいたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
ちなみに、JR東日本の公式サイトのPDFファイルの路線図の場合、東京近郊のものでは、戸塚駅、平塚駅、赤塚駅は新字体ですが、関東甲信越エリアのものでは、旧字体となっており、鉄道会社も、どの程度意識して使い分けているのかは、分かりかねる状態です。L25.203.l03.26 2010年4月2日 (金) 02:54 (UTC)
(補足)「塚」のように、かなりばらつきが見られる場合(どちらが正当か確認しがたい場合)と、「逗子駅」のように、ネット上での情報や文字だけなど、ごく一部に差異が見られる場合とで、対応方法や案内方法は変える(「ばらつきがある」と「駅などの表示の多くは2つしんにょう」などという感じ)べきと考えています。L25.203.l03.26 2010年4月2日 (金) 03:18 (UTC)
どちらが正式かを明記せずに、表記のゆれがあることを明記するテンプレートにできるなら、その方がよいかと思います。--Tam0031 2010年4月2日 (金) 17:12 (UTC)

L25.203.l03.26さんが仰っているのは私のことでしょう。こちらに誘導していただき、ありがとうございます。できるだけ簡単に内容を説明しますが、長くなることについてはご容赦願います。

まず、旧字体と新字体についてですが、これは同じ字の表現(文字コード)が二つあるのであって、違う字というわけではありません。字を手書きする場合に楷書体でも行書体でも間違いではないのと同様、旧字体を使っても新字体を使っても一般的に間違いではありません。ただし、特に人名については字形にこだわりをお持ちの方もいらっしゃいますので、旧字体を使いたい方の名前は旧字体で表し、新字体を使いたい方の名前は新字体で表すのがエチケットでしょう。どちらでも良い、という方もそれなりに居られますので、拘らない方々については使いやすい方(通常は新字体)を使えば良いことになります。つまり、旧字体と新字体についてはどちらかが正式の表記と決まる場合だけではなく、そもそもどちらでも良い場合がある(多い?)ということです。このあたりのことについては、[5]およびそのバックナンバーがよく纏まっているとと思います。

これを前提として、私が問題提起したのは、現在記事に貼られているtemplateが一方的に「旧字体が本来の表記である」と言い切っているためです。少なくとも新字体が使われることがあるので、言い切ることは間違いでしょう。私はもし表記のゆれを書くのであれば、L25.203.l03.26さんが2010年4月2日 (金) 03:18 (UTC)に言われているように「戸塚駅の表記は戸塚駅と戸塚駅とが見られるが、この記事では戸塚駅に統一しています。」のような表現が望ましいと考えています。正直なところ、私としては字体のゆれは当たり前のことなので一々書く必要はないのではないか、と思うのですが、あった方が良いと考える方も多いかとも思います。ここは多くの方からコメントを頂きたいところです。

逗子駅の2点しんにょうについては、Template:しんにょう自体の説明に「2点も1点も間違いではないのだから、表記にゆれがある場合は2点しんにょうが公式表記であることを十分調査してから使ってください」とあり、公式表記であることが明確でなければテンプレートの説明に従って除去すべきと考えています。

屏風浦駅については、もう少し複雑な問題があることがわかりました。そちらのノートにも書いたのですが、京浜急行は駅構内の表示やPDFで「屏」の字について旧字体でも新字体でもない、その中間の字体を使っています。ところで現状貼られているテンプレートは、朝鮮語の指定があるために朝鮮語用フォントを本来の表記と表示しています。確かに標準の旧字体や新字体よりも京浜急行が実際に使っている字体に近いのですか、全く同じとも言えず、そもそも字のデザインのゆれでしかないので、朝鮮語フォントを本来の表示というのはおかしいと思っています。--アルビレオ 2010年4月2日 (金) 23:40 (UTC)

旧字体と新字体は、同じ字の表現が二つあるもので、違う字ではないということは、私もよく存じております。そして、それを区別したいという事情が人名などで発生するということも承知しています。そのうえで、ここで問題になっている駅名についても、やはり同様に旧字体と新字体を区別している場合があるのです。嶽は岳の旧字体のはずですが、のの岳駅御嶽駅のように明確に区別して使用されています。龍は竜の旧字体のはずですが、竜野駅龍岡城駅のように明確に区別して使用されています。これらが区別されていることは、市販されている時刻表で容易に確認できますし、より公的な文献を求めるなら国土交通省監修の鉄道要覧でも確認可能です。私の所有する『停車場変遷大事典』でも、旧字体と新字体は同じなので新字体に統一するとしつつも、特に区別しているところがあるので上の例に挙げたような字は別扱いすると明記しています。ですので、駅名についても人名と同様に「区別したい事情」が発生している場合があるということです。
その上で、多くの駅で「旧字体が本来の表記」と貼ってあるのは、駅名票の表記が正であるとする考え方があるためではないかと推測します。ただ、駅名票の表記を忠実になぞろうとしても、アルビレオさんご指摘の通り「単なる表記のゆれ」を拾うことになりかねないうえに、検証可能性の面からみても好ましくないと考えます。したがって、鉄道要覧や停車場変遷大事典などの信頼できる情報源で使用されている字体で書いた上で、本文では「駅名票などではこの字体が使用されている」と注記するのが望ましいと考えます。
なお、逗子駅については、停車場変遷大事典では一貫して2点しんにょうとされているようです。--Tam0031 2010年4月4日 (日) 07:49 (UTC)

議論が止まっておりますが、字体に関しては少し詳しいので、コメントさせていただきます。

一口に常用漢字の旧字と言いましてもさまざまな種類があることをまず覚えておいてほしいです。まず「竜」と「龍」ですが、これは特に区別されることが多いです。確かに「竜」は新字ですが、戦前は「古字」の扱いでした。かなり古い文字を楷書に直した形といったところです。そのため、ただの略字を採用したものとは事情が異なります。そもそも「龍」は「竜」の文字に飾りを施して荘厳にしたもののようなのですが、そのため、この荘厳さのためか現在も愛着を持つ人も多いのではないかと思います。坂本龍馬はあまり「竜馬」とは書きませんしね。次に「岳」と「嶽」ですが、これは単純に略字だと思いますが、差が大きいので区別することは多いとみて良いと思います。そして、「塚」ですが、これはデザインの差と本来いうべきな気がします。ただ、石川啄木も学校では、棒を入れるように指導されるでしょうし、大半の人はそれは区別されると認識しているだろうと思います。

また、「逗」に関しても本来デザインの差だと思いますが、少し事情が異なります。これは常用外で国の基準としては実は、変わっていないことです。一点之繞は常用漢字にならってパソコン略字として作字されたものであり、一応は二点之繞が国としては正式であり続けたのです。まあ、表外漢字字体表(これの影響でパソコンの例字も変更されたわけですが)ができるまでは表外字(常用外の漢字)に戦後になってから国は何の基準も示していなかったわけですが、戦前の基準が他の表外字でも維持されてることから、そういう結論になります。また、之繞も結構こだわられます。なんかはこだわる人がいます。

というわけで結論ですが、やっぱり、字体はデザインとみなせるものであっても案内が必要だと思います。平凡社なんかはなぜか八の字の向きにこだわっているという例もありますし、どこまでが字体でどこまでがデザインとみなすかは、人によって(辞書によっても)違うと思います。ですので、私としましては、冒頭に簡単な解説を述べる程度でも、多少触れておくべきものであると考えています。「右側が冢となった文字が用いられることがあります」位な感じでどうでしょうか。長々書いたため、ごちゃごちゃして、読みづらいところもあるかと思いますが、参考にしていただければ幸いです。--國道二百四十六號 2010年4月29日 (木) 13:12 (UTC)

今頃この場に書かせていただいてもよろしいでしょうか。
さて、辻駅についてなのですが、本文中で「辻」の文字すべてについて、しんにょうの点が1点に表示されるよう{{JIS90フォント}}を使って文字の字体が指定されているようです。私はこの駅の文字が実際のところがどうなのかは知りませんが、少なくとも記事冒頭に{{しんにょう}}があれば充分で、字体の表記ゆれを1文字1文字気にしていては後の編集にも負担になるのではと思います。この駅が含まれる{{徳島線}}も同じくです。私としては{{JIS90フォント}}は削除してもいいだろうと思うのですが、その前にこちらでお伺いを立てさせていただきます。詳しい方のご意見が伺えれば有難いです。--8-hachiro会話) 2012年5月19日 (土) 09:02 (UTC)
その後ご意見もありませんし辻駅の記事中の{{JIS90フォント}}は削除します。JR四国公式サイトを確認しても特にこだわりは感じられませんし、記事中で一文字ごとにフォント指定していては今後の編集の負担になります。--8-hachiro会話) 2013年3月19日 (火) 01:04 (UTC)
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。 Template:表記揺れ案内
  • 戸塚駅
  • 戸塚駅
議論が止まって久しいですが、テンプレートの運用について気になることがあったので書かせていただきます。
駅名に表記ゆれがあるとき、現在は{{統合文字}}や{{しんにょう}}、{{記事名の制約}}などを用いて注意を促していますが、このうち{{統合文字}}で最初のパラメータだけを指定した場合を除いては、どれもテンプレート中に「公式の表記」や「本来の表記」といった文言が入ってしまうため、表記ゆれを許容するここでの議論の流れに反するように思います。
そこで表記ゆれに注意を促す際のテンプレートは、公式の表記の根拠とともにしっかりと定義される場合を除いて、{{統合文字}}で最初のパラメータのみを指定する(「閲覧環境によって字が異なる」旨のみが記載される)方法か、もうひとつ、{{表記揺れ案内}}を用いる(表記ゆれの例を併記して表示する)方法に限定すべきではないかと思うのですが、どうでしょうか。表記ゆれを注意するテンプレートの用い方について、いまだ取り決めがなされていないように思いましたのこの場でお伺いしたいと思います。
それに加えて、上で8-hachiroさんが辻駅に対して編集を加えているように、冒頭でテンプレートを持ち出すのみならず本文やタイトル部の表記もフォントを指定している記事については「やりすぎ」感が否めないので一律このような方針をとっている記事は改めるべきではないかと思います。
具体的には馬喰町駅新逗子駅南巽駅などで類似のフォント指定が行われているのを確認しました。特に反論がなければ、このようなフォント指定は削除していこうと思うのですが、これについても意見を伺いたく思います。--Mizuboshi会話) 2015年4月15日 (水) 03:07 (UTC)
上で提案した「本文やタイトル部でフォント指定を行っている駅記事のフォント指定の一律除去」について、特に反対する意見も寄せられなかったことから除去を行いました。今回フォント指定の除去を行ったのは新逗子駅(逗)、葛西駅(葛)、馬喰横山駅馬喰町駅(喰)、楢原駅(楢)、祇園駅 (千葉県)(祇)、北鯖江駅(鯖)、辻堂駅(辻)です。いちいちフォントを指定していては編集の負担ですし、テンプレートの量も増えてページサイズにも影響します。また、今回除去を行ったどのページにも冒頭に{{統合文字}}のようなテンプレートが貼られており、表記揺れに対する注意は十分喚起されているように思います。--Mizuboshi会話) 2015年6月16日 (火) 09:32 (UTC)

横浜駅について[編集]

解決済み 解決済み 119.30.230.128 2013年5月9日 (木) 17:53 (UTC)

横浜駅の冒頭での曖昧さ回避に、2代目横浜駅と記されているのですが、3代目ではないかとのことでこちらに書かせて頂きます。ちょっと、高島町(現地)にて気が付いたのですが、「2代目横浜駅の遺構」なるものがあり、ちょうど東横線高島町駅跡の場所にありました。しかし、Wikipediaの横浜駅高島町駅京浜東北線東海道本線東海道線 (JR東日本))の何れにもこのことの記載が見当たらない、または異なっているようです。私は、鉄道関係の書籍等を持ち合わせていませんので比較や判断をしかねるため、どなたかに代わって頂きたくお願い致します。なお、『横浜駅の物語』なるものを見つけましたので、ご参考まで。--Aimaimyi 2010年5月4日 (火) 17:26 (UTC)

初代と2代目については、1915年に2代目横浜駅ができたとき、初代横浜駅を桜木町駅に改名したので、代替わりが明確なのですが、その後は1928年に、2代目横浜駅が高島町付近から現在の場所に移転したと見るのか、3代目横浜駅ができたのかという解釈の問題になります。現状ではWikipediaではそれを移転とみなして、現在の横浜駅は2代目という書き方になっているようです。なお、駅舎そのもので考えると、現在の横浜駅舎(東口)は1980年に新築されているので、4代目ともいえます(横浜駅関連年表)。「2代目横浜駅の遺構」は1928年に移転する前のものですね。--アルビレオ 2010年5月4日 (火) 22:28 (UTC)
お答えを頂きありがとうございます。解釈の違いとなるとちょっと悩ましいですね。私が議論できないので、知識のある方に勝手になりますが、期待いたします。なお、遺構の画像は撮ってありますので、近々CommonsにUPしておきますので必要あれば使って下さい。アルビレオさんありがとうございます。--Aimaimyi 2010年5月5日 (水) 12:56 (UTC)

駅記事における発車メロディ他の掲載に関して[編集]

失効 失効長期間にわたりコメントなし。119.30.230.128 2013年5月9日 (木) 17:53 (UTC)

こんばんは。東京特許許可局です。駅記事に関して、以下のものを今後記載すべきかどうか、出典のないものが多いですので、一応ご提案という形であげさせて頂きます。

  • 発車メロディ

五日市線、青梅線の駅で数駅実施した上で差し戻しが行われましたが、駅発車メロディの掲載についてです。青梅駅や八王子駅、奥多摩駅など出典がはっきりしており、なおかつ特筆的と言えるものは残すと考えるべきですが、それ以外については出典がない限り市立掲載を見合わせる方がよいかと思われますがいかがでしょうか。

  • 自動改札の台数やメーカ

こちらも同様です。出典すらないものを堂々と未だに載せているのがかなり謎です。そろそろ整理すべきかと思いますが、いかがでしょうか。

以上、コメントをお願いいたします。--東京特許許可局 2010年5月18日 (火) 12:10 (UTC)

コメント基本的に、出典のない情報は除去されてしかるべきかと思いますが、一気にすべて除去して回るとまた差し戻し合戦になることが予想されます。たとえばこのトークページ(名前空間名が変更されたので)を議論場所に告知テンプレートを貼った上で要出典テンプレートを付加する、という対応も必要なのではないかと思います。--VZP10224 2010年5月23日 (日) 01:59 (UTC)

隣の駅について[編集]

失効 失効長期間にわたりコメントなし。119.30.230.128 2013年5月9日 (木) 17:53 (UTC)

隣の駅の表記が極めて煩雑、膨大化していることを鑑み、整理が必要ではないかと考えております。現時点において、あまりにもひどいと認識しているものは次の通りです。

これを見てしまうと、種別ごとにこのように駅を書いていくことは私自身全く意味を感じません。地理的に隣駅となる駅のみ記載し、停車駅については路線のページ等で表現すればいいかと思いますが、いかがでしょうか。--東京特許許可局 2010年7月20日 (火) 14:22 (UTC)

(追記)う~んと、当方の意図をうまく伝え切れていなかった(あまりにも言葉足らずな書き方)ようなので、ちょっと追記します。 Taisyoさんのいわれるようにテンプレートが十分整備されました。それを踏まえると、隣の駅の節は役目を終えたのではないかと思います。そこで、地理的に隣の駅のみ記載するか、いっそなくしてしまうかのどちらかが取り得る手段ではないかと考えております。また、系統別の停車駅をわさわさ乗せてもそれは駅本体を説明しているとは言えないからです。(最初のところで、○○駅は○○県○○市にある駅である。特急、通勤特急、快速が停車すると書くだけで、十分その駅の特徴を伝えることができるのではないかと思います)。 以上のようなことから、最初に記載しました当方コメントにあるように、地理的に隣の駅となりうるもののみ記載するのが良いではないかと、のコメントにつながっております。--東京特許許可局 2010年7月21日 (水) 15:06 (UTC)

最近両駅への編集を行ったのでコメント。基本的には関東の駅記事ではああいう表記が定着してしまっているので、門外漢の人間が大きく逸脱するのもまずいかなと思って元の表記をベースにして編集したのですが、個人的にはごちゃごちゃしていると思うのは確かです。原因としては、本線側に支線の隣駅も書いているところにあると思います。本線 - 支線の直通列車は両方に書かれている形になりますし、種別分けもさらに乱雑になります。関西地区の駅の記事では既に見られますが、本線部には本線のみの停車駅だけ書いて、本線 - 支線の直通列車については支線側でフォローするような形にすれば、もう少しすっきりするんじゃないでしょうか(例えば尼崎駅_(阪神)尼崎駅_(JR西日本)泉佐野駅淡路駅)。ちなみに青砥駅と京成高砂駅(ついでに京急蒲田駅も)をそのような書き方にした例をこちらに載せてみましたが、いかがでしょうか?--Hirotaro 2010年7月21日 (水) 11:30 (UTC)
節名を「隣の駅」より「系統別停車駅」とする方が良いのでは無かろうかと思います。となりの駅に関しては、テンプレート内に記入されておりますし。これで十分ではと思います。ただ、天神川駅の様にとなりの駅が貨物駅で、旅客駅ベースで扱い、貨物駅は注記で入れる。となりの広島駅の場合は、系統別に「芸備線」・「山陽本線・呉線」・「新幹線」で分かれることもありますが、テンプレートで対応できております。これまでの流れで節名が「隣の駅」になっていますので、あえて考えない。どうしてもと言うのであればBOTで節名を置き換えるでしょうか。--Taisyo 2010年7月21日 (水) 11:57 (UTC)

これに関しては、今の駅記事の慣例だとその駅に停まる列車について書く場所がどこにもない、というのがまず問題だと思います。青砥駅の場合、「青砥駅には特急が停まる」とういのはこの駅を説明する上でかなり重要な情報のはずですが、今の記事を上から順に呼んでいくと「隣の駅」節でようやく特急が停まると分かるという有り様です。他の記事でも列車について書くところがないために無理矢理「駅構造」の乗り場の記述や「隣の駅」に押し込んだような例が見受けられます。停車列車について記述する節をどこかに設けて、種別、運行区間、頻度とともに次の停車駅などの説明をここで行なうようにしてはどうでしょうか。--Matsukaze 2010年7月22日 (木) 10:35 (UTC)

色々考えてみて。運行種別が多ければ必然的に多くなる項目だと思います。例えば関西圏のJRだと、普通・快速・新快速とかあったりして。私鉄は相当多いらしいですし。主文に組み込めるかどうかについてですが、種別が多ければとうてい組み込むのは無理で、別節を作って対応するしかないのかなと思います。あと、現実問題として、仮にルールが纏まったとして、実行力が伴うかは疑問を持っております。相当な数の記事数があり、それをルールに基づいて直していかないと意味を持たない物だと思います。現時点で、議論の参加者が少ないので賛同者もそう多くないのではと思っています。そうなると、現状の慣例を継続するのが一番無難ではと考えてしまいます。--Taisyo 2010年7月24日 (土) 15:05 (UTC)
もう少し補足して、もし「隣の駅」から「系統別停車駅」に節名を変えるだけでしたら、BOTを動かすだけで直すことも出来ますから、比較的楽に対応できると思います。しかし、文章まで調整していく前提になると、賛同者が相当多くないと現実に無理になります。以前、Wikipedia‐ノート:ウィキプロジェクト 乗用車/過去ログ5#張り替え報告所の対応を行った時、その時が2000記事弱でしたが、それでも複数人の協力を得ております。鉄道駅はどうしても1万記事超えると思います。そうなると、それ相応に協力者が多くないと無理が出てきます。方針だけ決めて、後は気がついたら直そうもありですが、直ってない記事があると「何故スタイルが違う記事が存在するのか」と考え旧スタイルに戻す例も出てくると思います。そうなると、なかなか直らないになります。やるのであれば、ある程度短期間でやるのが理想だったりしています。--Taisyo 2010年7月24日 (土) 15:31 (UTC)

さすがにbotによる改名は危険ではないでしょうか。本当に物理的に隣の駅のみ書かれている記事まで「系統別..」と書き換えてしまうのは問題だと思います。またそもそも「系統」とは何なのかは「隣の駅」とは何であるか以上に曖昧であり、際限のない肥大化や無益な編集合戦を招きかねません。 私の案としては、

  • 「隣の駅」節は(テンプレートに隣の駅が書かれているならば)削除
  • 「利用可能な鉄道路線」節に「停車する列車」のサブセクションを作って停車列車について説明する。- 節の名前はもっと適当なものに変えた方がいいかも知れません。
  • 路線、列車とも短文で説明できる程度の単純な内容しかないなら、独立節は作らず記事冒頭で記述。

あたりでどうでしょうか。停車列車については単に種別だけではなく運行区間(特に他路線への直通がある場合)も入れるべきでしょう。運行頻度や次の停車駅はこれに比べれば優先順位は低いので、特別な事情がない場合は路線記事の方にまかせた方がいいかも知れません。--Matsukaze 2010年7月27日 (火) 11:47 (UTC)

隣の駅については過去に/各路線の駅一覧のテンプレート・隣りの駅で散々議論したように記憶しておりますので、ご参考になさったらよいかと思います。そのときも路線の駅一覧テンプレートがあるから不要では?という意見があったように思いますが抵抗が強く残ってますので、節自体を無くすのは中々大変だと思います。--UE-PON2600(旧↑PON) 2010年7月29日 (木) 16:56 (UTC)
Matsukazeさんの案は、まさしく理想案です。ただ、実際に動いてくれる人がいればです。記事数が桁違いなので、現実案の方に振った部分も有ります。BOTの怖さも確かにわかります。賛同者が多くて、「賛同者がいないのでは」が無用な心配に終わるのであれば、その方がありがたいです。--Taisyo 2010年8月22日 (日) 02:40 (UTC)

境界駅の書き方について[編集]

失効 失効長期間にわたりコメントなし。119.30.230.128 2013年5月9日 (木) 17:53 (UTC)

現状、JRの境界駅では、両方の事業者を記載していると思います。例えば、辰野駅では、

辰野駅(たつのえき)は、長野県上伊那郡辰野町大字辰野にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)の

という具合にJR東日本とJR東海の2つを挙げています。ですが、「JR東海の駅である」と言えるのでしょうか。つまり、境界駅の場合所属事業者は片方だけで、2つを並べて所属事業者だとする記述は不可ではないか、ということです。上の文章の後に、「JR東日本の管轄駅である」という様な記述が続きますが、「~の駅である」というのは「~の管轄駅である」と同義だと思ってますから、この記述は違和感があります。

なお、手元の資料『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』では、分割民営化の際に境界駅は片方の事業者のみに継承されていることが分かります(辰野駅の場合、JR東日本とJR貨物にしか継承されておらず、JR東海は関与していない)。境界駅は片方の事業者のものだと思うのですが、どうなのでしょうか。--継之助 2010年7月25日 (日) 00:30 (UTC)

境界の話になると自分もコメントしたくなるので…自分の解釈としては、施設資産上はその管轄事業者しか所有していないと思うのですが、営業上では相手の事業者の駅でもある、と考えています。実際、運賃形態面では中小国・児島・下関の3駅を跨ぐことで変動が生じます。また、JR東海の公式サイトのファクトシート(営業基盤)にある路線図では、猪谷・塩尻・辰野・甲府・新宮も含められており、他者管理の境界駅にもわざわざ東海フォーマットの駅掲出用時刻表が用意されて閲覧が可能です。よって、資産上の所有と営業上の所属を切り離して考える必要があると思いますがいかがでしょうか?--Hirotaro 2010年7月25日 (日) 12:06 (UTC)
「解釈」では説得力に欠けますね。運賃は何とも言えませんが、外は路線図の都合上、自社列車が走る都合上、と捉えることも可能でしょう。
資産を所有していても営業はしていない駅は多数ある(JR貨物の車両基地がJR貨物の営業駅にあるとは限らない、など)ので、営業を行っている駅のことを指して、「~の駅である」式の記述が可能な駅なのだと言えます。「資産上の所有と営業上の所属を切り離して考える必要がある」のは確かです。しかしながら、そもそも「営業上も所属しないのではないか」という疑問を持っています。
なお、JR東海の「会社概要」によれば、駅数は404だそうです。境界駅で他社側の駅を除いた、東海道本線82、御殿場線17、身延線37、飯田線92、武豊線9、中央本線38、太多線6、関西本線17、紀勢本線39、名松線14、参宮線9、高山本線34、東海道新幹線10で、合計404のようです(どこかに線路別の駅数が明記されていれば良いのですが)。ご確認ください。--継之助 2010年7月25日 (日) 14:05 (UTC)
「解釈」では説得力が欠けるとは、どういうことなのでしょうか?
そもそも、"「~の駅である」というのは「~の管轄駅である」と同義だと思ってますから、この記述は違和感があります。"と言う風に、同義だと思うとか、違和感があるとか、明確な理由も無い曖昧な解釈をしたのは、あなたが先でしょう?
とりあえず、同義であると言う明確な理由を、出典付けて示してください。
出来れば、もうちょっと分かりやすい発言してもらえないでしょうか?
例えば、"運賃は何とも言えませんが、外は路線図の都合上、自社列車が走る都合上、と捉えることも可能でしょう。"のように、何で運賃の話を除外するのか、可能だから何なのか、いろいろ情報が欠落して対応しようがありません。
--Showchan 2010年7月26日 (月) 01:28 (UTC)
文章が良く分からんというのはよくある指摘で、耳が痛い話です。ここがこう、意味が分からんと指摘していただければ有難いです...。
私が言っている話は、ウェブサイトや文献を元に根拠を創り出さないでほしい、ということです。はっきり言えば、「どちらの事業者にも所属するのだ」と明記した資料はないですか、ということですね。私は、境界駅が片側の事業者にしか所属していない、という確乎たる根拠『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』(境界駅は片側の事業者にしか継承されていないことが明記してある)を持っていますけども。分かりにくかったらごめんなさい。
>そもそも、"「~の駅である」というのは「~の管轄駅である」と同義だと思ってますから、この記述は違和感があります。"と言う風に、同義だと思うとか、違和感があるとか、明確な理由も無い曖昧な解釈をしたのは、あなたが先でしょう?
確かに私が先ですね。ただ、「ウィキペディアの記事」を読んでこの記述はどういう意味なのか、正しいのかと疑問を提示しているのであって、Hirotaroさんの意見とは性質が異なりますが。なお、疑問の源泉は前掲の『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』です。
>例えば、"運賃は何とも言えませんが、外は路線図の都合上、自社列車が走る都合上、と捉えることも可能でしょう。"のように、何で運賃の話を除外するのか、可能だから何なのか、いろいろ情報が欠落して対応しようがありません。
言うまでもないことかと思いますが、Hirotaroさんが掲示された根拠は、ウェブサイトに自分の意見を反映した解釈を加えたものではないか、という意味です。逆の視点から解釈すると、別の意味にも見えるという例示でした。ただ、運賃には言及しません(できません)、ということ。--継之助 2010年7月26日 (月) 09:08 (UTC)

引き続き、いわゆる境界駅が2つの事業者に所属していると明記した資料がありましたら、ぜひ掲示してください。

ある程度時間が経ったと思いますので、辰野駅を実験台にして、思案を書いてみました(利用者:継之助/第三工場差分)。「○○の駅である」という定義から片側の事業者(この場合はJR東海)を抜くというの作業が中心ですので、それ以外(特にテンプレート)の書き方はてきとうなので、より良い書き方がありましたら意見を下さい。--継之助 2010年9月11日 (土) 14:17 (UTC)

利用状況について(新)[編集]

失効 失効長期間にわたりコメントなし。119.30.230.128 2013年5月9日 (木) 17:53 (UTC)

年度ごとに乗車人員(または乗降人員)が記載されているが、方針を決めておかないと、50年後には50行、100年後には100行…。とりあえず下記提案をしておく。

1.1995年度・2000年度・2005年度のように5年度ごとの記載とする。(最新年度データは記載可 ex.2009年度が最新データである場合)
2.大きく状況が変わった年度は注釈をいれて記載可とする。(近隣に新駅が開業した、運行形態が変化した、無人駅となり、データが確認できなくなったetc)

いわて沼宮内駅を例にして示す。 現行表記は

年度 乗車人員・乗降人員(*1)の推移
(一日平均)
JR(乗車人員) IGR(乗降人員)
2000 765(*2)  
2001 725(*2)  
2002 516(*2) 1,280
2003 101 1,204
2004 98 1,101
2005 100 1,055
2006 110 1,044
2007 115 1,087
2008 119 1,054
2009 117 1,014

*1…乗降人員は乗車人員の約2倍の値

*2…JR在来線時代の乗車人員

これを、下記のようにする。

年度 乗車人員・乗降人員の推移
(一日平均)
JR(乗車人員) IGR(乗降人員) 特記事項
2000 765   JR在来線時代の数字
2003 101 1,204 2002年12月
JR東北新幹線開業
IGR線開業
2005 100 1,055  
2009 117 1,014  

注:乗降人員は乗車人員の約2倍の値

2010年度のデータが発表されたら、2009年度データは削除する。2011年度のデータが発表されたら、2010年度は残し、2011年度を追加する。以下同様に繰り返す。--AD Train 2010年8月22日 (日) 02:10 (UTC)
コメントというか、統計データそのものはウィキソースに置けばよいと思います。それをグラフ化などした画像をコモンズに置いて、ウィキペディアからはコモンズの画像を参照する、というのも一つの案と思います。ウィキペディアで1人単位の数値まで載せておかなければならないという理由があるのであれば別ですが、現状そこまでの理由はないのではないでしょうか。--VZP10224 2010年8月22日 (日) 02:24 (UTC)
私の考えは、データはあればあるほど良いのではと思います。どちらかと言えば、最新情報のみに偏っていて、現在POVに近い状態に思います。現時点では、100行になるぐらい情報が集まるのであれば理想。その上で、体裁を考えればよいと思います。トランスウィキに関しては、日本語版の他のウィキプロジェクトとの風通しを考えると現実的ではないと思います(ウィキソースに置くと決めた所で、ウィキソース側で置かないと決められた場合に根無し草になる危険性があると思います)。--Taisyo 2010年8月22日 (日) 02:40 (UTC)
AD Trainさんに、おたずねしたいことがあります。実を言いますと、真面目に調べたら第二次大戦後のテータに関しては、出典の得られる範囲で書けるように思います。その割には、そこまでの情報のある記事は無い様に思います。抜粋案とかしておりますが、最新情報の方が本当に重要な情報なのでしょうか。古い情報は価値のない情報と言えるのでしょうか。AD Trainさんは、少なくとも提案しっぱなしに思えますが、どう思っているのでしょうか。抜粋するにしても、センスがなければ価値のない情報になる可能性があります。--Taisyo 2010年9月2日 (木) 15:41 (UTC)
Taisyoさんの意見とほぼ同じです。データは古ければ古いほど探しにくいものなので、記載する価値があるのではないでしょうか。ウェブサイトに記載されており、簡単に調べることができる直近のデータを持ってくるだけ、って真面目に調べる気があるのかなぁ、とたまに思います(おかげで、ウェブサイトで公開されないJR東海のデータはなかなか更新されない)。
ところで、真面目に調べれば、自治体にもよると思いますが多分明治末期ごろからデータが出てきます(大高駅#利用状況)。さすがに戦前のデータは毎年度分は見つかりませんでしたが、5年ごとのデータはありました。例に挙げた記事では、戦前のデータが5年ごとなので、戦後のデータも5年ごとで書いています。--継之助 2010年9月11日 (土) 14:31 (UTC)
ちなみに岐阜県は明治時代からの統計年鑑が公開([6])されていますし、どこの自治体も図書館などに行って探せばきっちり書けるはず。それはしないのは怠惰、怠慢と言っても過言ではありません。--東京特許許可局 2010年9月12日 (日) 11:01 (UTC)

(インデント戻し)そもそも、乗車人員を載せる必要があるのでしょうかね? ウィキペディアは情報を無差別に収集する場ではありませんに反しませんかね?--Showchan 2010年9月12日 (日) 13:33 (UTC)

「駅を理解する上で、利用者数は考慮する必要がない」ということでしょうか。でしたら賛同できかねます。利用者数は駅の規模を示す指標であると考えます。新宿駅東京駅は規模の大きい駅だ、などという話は、面積の比較や列車本数の比較が元なのですか。
あるいは、(WP:NOTは抽象的だな、と思うのですが)「3. 統計の過剰な記載」にある「明確な方向性を持たない長い統計の一覧」ではないか、ということでしょうか。「利用状況」というタイトルの下に、何の説明書きもなく始まる(上記のような)統計表は、私もなんとかならないかとは思います。説明書きがなければ、普通の読者は何の表かすぐに分かり難いのでは(どの表にもあてはまることですが)。方向性はきちんとあると考えます(どんなに長くとも「○○駅の利用状況」という方向性が確かにある。ただ、WP:NOTが想定する方向性のない統計というのが、具体的にどういうものかわかりません)。--継之助 2010年9月12日 (日) 14:22 (UTC) 補--継之助 2010年9月12日 (日) 14:37 (UTC)

みなさんコメント、いろいろありがとうございます。Showchanさんの「なぜ乗車人員を載せる必要があるのか」という意見にはあまり賛成できないです。駅を知る意味において「駅構造」と同じくらい重要かなと思っています。ただ毎年のように書くのではなく、傾向が見える5年ごとくらいが適切なのかなと思い提案しました。Taisyoさん、継之助さんご指摘の過去データはとても貴重かと思います。是非このようなデータを記述したいです。ある程度の方向性をこの議論でまとめられればと思います。AD Train 2010年9月13日 (月) 00:52 (UTC)

まとめ(案)[編集]

【まとめ】(案) 今回の議論をもとに「利用状況」に関して、下記のような記述とする。(継之助さんが例示された大高駅の例そのままですが)

  1.  過去からの毎年ごとのデータを記述する。
  2.  いきなり表のみ掲載するのでなく、直近データは文章で記述。年度別データ(一覧表)は非表示で(路線データの年度別輸送実績を非表示にしてあるのと同じで)

以上、ご意見があれば頂戴致したく。--AD Train 2010年9月21日 (火) 02:02 (UTC)

どうやらウィキソースに記述するというのは不評のようなので、別に非表示にしなくとも、表示しておいてよいと思います。確か折りたたみ機能はjavascriptをオフにすると機能しなくなるはずですし、読み上げ式ブラウザにはそもそも意味をなさなかったかと思います。表組のクラスを「wikitable collapsible」に指定することで、折りたたみが可能になりますので、あまりに縦に長い表にはこれを指定しておくことで十分なのではないかと思います。路線記事の利用者実績表も最近は折りたたみをやめる編集をしているのですが(この差分)、今のところ特に差し戻しなどは受けていません。--VZP10224 2010年9月21日 (火) 16:09 (UTC)
折りたたみで書いた本人です。その件は、路線記事の利用者実績表を参考にしつつ折りたたんでみたという具合でした。今は試行錯誤段階なので、全くこだわりはありません。非表示にする欠点ですが、読み飛ばしてしまう・発見しずらくなるというのも聞いた覚えがありますので、使わない方が良いのかもしれませんね。--継之助 2010年9月25日 (土) 17:28 (UTC)
VZP10224さんがご提示なさった遠州鉄道鉄道線程度の量(約35年分くらい)でしたら折りたたまなくても問題ないと思いますが、これが2倍の70年分くらいになると、可読性を損ねるので折りたたんだ方が理想的なのかな、と思います。明確に何処から線引きすべきかまでは分かりませんが……。読み飛ばしについては、表だけ設けておくと読み飛ばすことが多くなると思うので、必ず表の上に文章を盛り込んで、その中で「この下に『表示』ボタンを押すと表示される表がありますよー」ということに言及すればいいのではないでしょうか。--snow rabbit/talk 2010年9月25日 (土) 21:05 (UTC)

みなさんご意見ありがとうございました。表示非表示については、非常に見にくくなる場合を除き、原則として表示させるということで決定させていただきます。

【まとめ】

  1.  過去からの毎年ごとのデータを記述する。
  2.  いきなり表のみ掲載するのでなく、直近データは文章で記述。年度別データ(一覧表)は原則表示する。

--AD Train 2010年10月4日 (月) 23:15 (UTC)

試行後の感想[編集]

ShikiHでございます。石浜駅で試行されました。出典についてはrefを使わず、表に直接書いた方がいいと思います。--ShikiH 2010年10月31日 (日) 07:40 (UTC)

石浜駅の執筆者です。いろいろとテスト中なので、感想に感謝です。
refを使っているのは、本文(表以外の部分)もrefで出典を付けているから、という程度の理由です。試行なのでrefが絶対に必要なのだというような強い理由はありません。が、refでないと可読性が著しく損なわれるのではないかという印象を持っています。--継之助 2010年10月31日 (日) 07:59 (UTC)
感想いただきありがとうございます。ref使用にこだわりはないのですが、複数のデータに対して、ref1本でまとめられることと、複数事業者のデータを横に並記する場合に、refを使用しないと表にしずらいという難点があるかと思われます。とにかく図書館通いから始めてますので大変ですわ。とりあえず、神奈川県→終了、東京都→JRが2/3済みです。--AD Train 2010年10月31日 (日) 08:23 (UTC)

ShikiHでございます。継之助さんにお返事します。可読性についてはむしろ逆の意見です。表の中に書き込めるならば、表の中にある方が読みやすいと感じます。脚注の可読性は、縦に50行も並ぶと読みにくいのではないでしょうか。

AD Trainさんにお返事します。様々な事情でrefを使った方がいい場合があると思います。その場合、利用状況の出典だけを独立させることはできないものでしょうか。脚注は他の節の脚注でもありますから、分量が多い場合は工夫が要ると思います。独立した出典であれば、隠すこともできます。--ShikiH 2010年11月1日 (月) 11:33 (UTC)

これは出典を重視する度合いの差なんでしょうかね。本文(表の数値)に重点を置くひとは脚注でも構わないでしょうけど、出典にも重点を置きたいひとは表に組み込まれていたほうが便利、ということですかね。ちょっと考え中...。--継之助 2010年11月2日 (火) 14:50 (UTC)
本文で出典を脚注に置くのは、出典が本文中に割ってはいるととても読みにくくなるからです。本文の流れに直線関係しないような事項も脚注にします。本文中にあったほうがよければ、そうすればよいのであって、特にどちらという決まりがあるわけじゃありません。利用者数の表も同様で、見やすい方でいいのです。ためしに山手線大塚駅の表を変更しました。ご検討の上、修正、取り消しなどなさってください。--ShikiH 2011年9月17日 (土) 16:41 (UTC)

駅周辺施設の記述に関する提案[編集]

サブページ/駅周辺を参照してください。

「駅構造」の「のりば」の方面表記について[編集]

失効 失効長期間にわたりコメントなし。119.30.230.128 2013年5月9日 (木) 17:53 (UTC)

「駅構造」の「のりば」における「○○方面」というのは「実際に○○方向へ直接向かう電車が利用する」と解釈してよろしいのでしょうか?(過去の議論を探して見ましたが、私の読解力不足か適当そうな物が見つからなかったので…)

具体例を挙げますと、名古屋鉄道路線図)において本線須ヶ口駅から尾西線森上駅へ向かうには、津島線津島駅か本線一宮駅で乗換えなければなりません。須ヶ口駅では乗換えに適当なタイミングでに乗換駅に到着する電車に「森上方面乗換」と構内案内板などでアナウンスされますが、これはのりばにおける「森上方面」とは異なると考えて不適当と判断いたしましたが、利用者:Takashi Ito会話 / 投稿記録さんはこれを「森上方面」と判断して編集を行いました

これ以前には津島線の各駅に(アナウンスされない上乗換えが必要な)「森上方面」を追加されており、こちらについてはノートで指摘して納得いただけたようですが、鉄道駅関連の記事は関わってきませんでしたので、乗換えて○○方面へ行く以上「○○方面」ではないと判断したことが正しいかどうかをご教授願えますでしょうか。--AsellusTalk 2011年3月27日 (日) 14:26 (UTC)

自治体別鉄道駅カテゴリについて[編集]

失効 失効長期間にわたりコメントなし。119.30.230.128 2013年5月9日 (木) 17:53 (UTC)

最近、駅記事カテゴリのガイドラインの作成条件を満たさない、記事数の少ない自治体別鉄道駅カテゴリが多数作成されています(Category:羽村市の鉄道駅など)。Category‐ノート:日本の鉄道駅 (市町村別)でこのことに対しての意見が募集されていますので、よろしければご意見をお願いします。--ウース 2011年10月19日 (水) 08:05 (UTC)

「同一の駅」と「同一駅名・同一市町村で所在地が異なる駅」[編集]

甘木駅和田岬駅を事業者別に分割する、すなわち「同一の駅」ではなく「同一駅名・同一市町村で所在地が異なる駅」とみなす形に変更することが提案されています(特に甘木駅は何度か同種の提案が出たものの、実行されないままになっています)。Wikipedia‐ノート:ウィキプロジェクト 鉄道/駅#異なる事業者同士の乗換駅の記事について(過去ログ)やプロジェクト‐ノート:鉄道/駅#ターミナル駅の記述スタイル全般についての蒸し返しのようになりますが、「同一の駅」と「同一駅名・同一市町村で所在地が異なる駅」の境界って何なのでしょう。分割すべきかどうかはそれぞれの記事のノートで個別に話し合うべきでもありますが、大まかな目安として一般的なご意見をいただければと思います。ノート:甘木駅ノート:和田岬駅では分割すべきという意見について「駅の位置が離れており、なおかつ連絡運輸がない」というのが根拠として挙げられています。ただ(杞憂かもしれませんが)どの程度の距離があれば駅が「離れている」といえるのかパラドックスになりそうな気もします。--Muyo 2012年2月15日 (水) 12:39 (UTC)

同じ場所にあって名前が違う駅(阿部野橋・天王寺など)があるのを考えると和田岬や甘木が同一になっているのは違和感を覚えます。同一にするのは東福寺や新今宮、関西空港、三国ケ丘など乗換改札があったり、京都など駅施設が同一のところに限定してはどうでしょうか。阪急梅田、阪神梅田、地下鉄梅田が同居しているのは驚きました。--Yamatochem 2012年2月15日 (水) 16:18 (UTC)
中立 - 今回の分割根拠から考えると、例えば
  • 「駅の位置が離れており、なおかつ連絡運輸がない」のに記事が統合されている記事 - 例:甘木駅
  • 「駅の位置が離れており、なおかつ連絡運輸がない」のに記事が分割されている記事 - 例:草薙駅 (静岡鉄道)草薙駅 (JR東海)
といったように対応がバラバラになっていることになります。なんというか、現状を顧みると統一基準を設けること自体ナンセンスなのかもしれません(画一的な基準を決めようとするとMuyoさんの仰るような問題も起きそうですし)。
また、節題からそれますが「隣接する駅名の異なる駅」にしても『豊橋駅新豊橋駅駅前駅』に対して『富山駅(含む電鉄富山駅・富山駅前駅・富山駅北駅)』とか、『可児駅新可児駅』に対して『西金沢駅(含む新西金沢駅)』とか、およそ統一基準が存在するとは思えない混沌とした状態です。単純に「同じ駅名なのに違う記事」「同じ駅名だから同じ記事」「違う駅名だから違う記事」「違う駅名なのに同じ記事」という4つが全て成立する状況下では、ノート:甘木駅における『「甘木」は同一駅名だから同じ記事で、「成田/京成成田」「河内磐船/河内森」は駅名が違うから別記事』という「駅名の違い」のみの観点からの意見には説得力を失います。
結局、現状は各自バラバラの対応をしている感じなので、統一基準を求めるのであれば対処すべき記事が増えそうです。
余談:これらの統合/分割基準って(記事によってはあるかもしれませんが)基本的に外部典拠ではなくJaWP内の基準により決められているものだからこのようなことになるのかな…と思います。もしそうならば文章量(肥大化)による見辛さを基準に分けてもいい気がする。その場合少なくとも甘木駅は分割不要、和田岬駅は各人の閾値による(自分は不要かと思う)。--ButuCC+Mtp 2012年2月15日 (水) 17:27 (UTC)
同居させていることによって起きている問題としては、駅周辺の施設の羅列がどちらの駅所在地を基準にしているのか読者には分かりません。甘木駅では丁寧にメートルで表していますが、どちら基準なのかまったく分かりません。--Yamatochem 2012年2月15日 (水) 22:55 (UTC)
コメント - 梅田駅については記事量が肥大化したために過去に分割が議論されましたが、見送られています(ノート:梅田駅/過去ログ1参照)。こういう大きなターミナル駅の場合は、バスターミナル記事だけ分割した新宿駅のような例があります。私が関わった中だと早稲田駅は記事量はそれほどではありませんでしたが、地下鉄と都電が相当離れていて、地下鉄路線図などでも乗り換え駅としての案内がされていなかったため反対がなく分割されてます。ま、いろんな文献や駅構造や連絡運輸の有無などを勘案して、各記事で判断するしかないんじゃないかと思います。--UE-PON2600 2012年2月17日 (金) 15:40 (UTC)
コメント参考になればと、ノート:梅田駅/過去ログ1を拝見させていただきましたが、途中から議論とはとても言えないような喧嘩状態になっているように見えました。4年ほど前の議論のようですが、驚きました。軽い気持ちで触れると溺れてしまいそうですね。--Yamatochem 2012年2月19日 (日) 18:38 (UTC)
議論が止まっているようなので、拙の考えを述べます。JR時刻表など信頼できる書籍の情報源において同一駅、連絡駅として認識しているものは同一記事、していないものは別記事にすれば問題ないかと思われます。--Yamatochem 2012年2月22日 (水) 06:00 (UTC)
和田岬駅を見ていて感じたのですが、もっと深く話題を掘り下げた方が良かったのではと思います。ノート:和田岬駅‎にも書いたのですが、単純に乗換駅か否かで考えるのではなく、隣接する駅との関係や、現在起こっている話題など採り上げて、考えた方が良かったと思います。記事を一つにする・分割する。一長一短有りますけど、特殊事情を反映して、一律にこだわる必要も無いと思います。--Taisyo 2012年2月25日 (土) 14:44 (UTC)
コメント Taisyoさんと同じ意見です。当方の場合はノート:六地蔵駅なんですが、当初は分割反対寄りではあるが「まぁどっちでもいっか」程度の意見でしたけれども、突き詰めていくと「連絡駅の定義」も多様であるほかそれを企図(都市計画など)して設置されている可能性への考慮のほか、「立地する自治体が違う」からといって機械的に分割するというのは、かえって実態の理解を損なうと思い至り、結局は明確な分割反対の意見になってしまいました。鉄道駅ってのは特にその立地とか利用実態・地元(都市計画)とのかかわりにより左右される部分が大きい案件ですから、一律に決めるよりはケースバイケースにせざるを得ないものであり、むやみな拘束をかけないほうが、データベースではなく「事物の総合的な理解」に資する百科事典の執筆のために適切ではないかと思います。(事物の理解や読者の利便よりも優先して「機械的に、様式美だけにとらわれた記事」を作成することがあるなら、最も愚かな事です。)--Si-take.会話) 2012年4月24日 (火) 03:56 (UTC)
もう一つ、本通駅を見ていて気がついた落とし穴なのですが(決して記事統合に反対する意味ではありません)、位置が殆ど同じ駅でも周辺が異なる場合が存在する場合が存在するので、それらも考慮の必要性があると感じました。先の意見にも書いたのですが「隣接駅との関係」で、新交通システムの場合には駅間が長いので比較的広範囲が周辺になるのですが、路面電車の場合には範囲が狭くなる(次の駅の方が近い)例が発生しています。後、路線も関係してきます(次駅が系統により異なる場合がある)。安直に、同じ場所だから周辺が同じと考えるのは非常に恐ろしいのではと思います。十分に注意をと思います。--Taisyo会話) 2012年6月22日 (金) 12:30 (UTC)

駅の記述ガイドラインの改定について[編集]

プロジェクト:鉄道#駅の記述のうち、「記述項目および順序」についての改定を提案します。現状のガイドラインでは、歴史節が駅周辺やバス路線の節よりも後ろに記載されており、本末転倒に感じられます。本来百科事典的に駅を記述するなら真っ先に記載されるべき内容だと考えます。したがって、歴史節を前に出すように改定したく思います。また、全般に箇条書きによる記載がまだまだ多くみられるので、文章による記述をすべきことを全体に明記したいと考えています。具体的には、/駅の記述ガイドライン改定案_20120313に案をまとめました。ご意見あればよろしくお願いいたします。--Tam0031会話) 2012年3月13日 (火) 14:03 (UTC)

私も歴史節が後ろにある、つまり扱いが小さいことに不満を持っています。
豊橋駅二川駅の記事を最近加筆した際、ためしに「歴史」をメインに据える書き方を試しました。その際記事のノートにも書いたことですが、「記事の上に来るものほどメイン」ですよね。文献で取り上げられるのは圧倒的に「歴史」であって「構造」を取り上げる文献はごく少数である。よって、「歴史」が「構造」の下に記述されるのはおかしい。そう考えております。
独自研究でやたらと水増しされた「構造」がメイン(上)では駄目でしょう。とは言っても、数行の年表だけの「歴史」を前に出しても無意味に思いますので、加筆せずにただ単に順番を入れ替える編集は控えたいですね。--継之助 2012年3月13日 (火) 15:20 (UTC)
基本的には賛成です。ただ、個人的に加筆していった広島駅が周辺と歴史を合わせた様な節構成にしています。無理にガイドラインに合わせる形で節割りするのが本当に良いのかなと考えます。他にも、独自形態とかあると思うのでガイドラインに柔軟性を持たせて欲しいとは思います。--Taisyo会話) 2012年3月20日 (火) 02:01 (UTC)
とりあえず広島駅こちらの版で新ガイドラインに対応した形にしてみました。文章量はそれなりにあるので、ガイドラインの良い点悪い点がわかりやすいと思いますが。--Taisyo会話) 2012年3月20日 (火) 02:18 (UTC)
あくまでガイドラインなので、標準的な節構成ということです。理由があれば各記事で変えても構わないでしょう。ただ、歴史を上に書くのを標準にしたいということです。
1週間待って、特に異論らしいものはないので、ガイドラインに反映したいと思います。ご意見ありがとうございました。--Tam0031会話) 2012年3月20日 (火) 15:58 (UTC)

閉じておりますが、コメントを。ガイドラインそのものには特にコメントはございません。唯一、これらを修正するにあたっては、加筆や出典付けを行う際にあわせて行うようにしてください、との注記等があったほうが良いかもしれません。--東京特許許可局会話) 2012年3月21日 (水) 13:11 (UTC)

改定後の問題[編集]

広島駅長崎駅などで歴史項がガイドラインに沿って移動されていますが、それにより一番上の駅情報テンプレートの所属事業者の駅詳細をクリックすると、駅構造のところではなく歴史のほうに移動してしまいます。一方、博多駅で実施したところ歴史項に移動せずうまくいきました。このようなことになってますが、どうすればいいですか。終わった議論のとこに書いても大丈夫だったでしょうか?--Saka320会話) 2013年3月30日 (土) 13:25 (UTC)

同じ名前の節が複数あるからです。たとえば長崎駅の例だと、JR九州という節が複数あるので、[[#JR九州]]というリンクをクリックすると、一番最初のJR九州節に飛んでしまい、後の方のJR九州節にリンクすることができません。節の名前を変更して重複しないようにするしかないと思います。--Tam0031会話) 2013年3月30日 (土) 13:35 (UTC)
節の名前を目立たないように変更しました。これでどうでしょうか?--ShikiH会話) 2013年3月30日 (土) 14:35 (UTC)
重複する場合は番号を追加すれば解決しますよ(Help:セクション#特殊な例)。「広島駅#広島電鉄_2」という具合に。--継之助 2013年3月30日 (土) 14:52 (UTC)
みなさんご意見ありがとうございました。上記のような形で歴史項の移動と修正よろしくお願いします。--Saka320会話) 2013年3月31日 (日) 14:45 (UTC)
ShikiHでございます。勉強になりました。継之助さん、ありがとうございます。ところでテンプレートから記事へのリンクはあったほうがいいのでしょうか。テンプレートの目的は、概要を一目でわかるようにまとめることです。ここからクリックして記事へ行くのは本来のあり方ではないような気がします。詳細への案内としては目次があります。色々書くと、テンプレート本来の機能を失いかねません。テンプレートに書いてある駅詳細ってどういう意味か、読者に理解されるでしょうか。みなさん、長崎駅 (長崎県)のテンプレートをご覧の上、是非を検討してくださいませんか。--ShikiH会話) 2013年3月31日 (日) 15:09 (UTC)

駅ホームの配線の数え方について[編集]

テンプレート内の駅ホームの配線の1面2線であるとか2面4線であるという数え方について。通過線を含める場合と含めない場合とに分かれているケースが見受けられます。例えば、同じような配線でいえば鮫洲駅は1面4線であるとし、八幡山駅は備考に通過2線を含むとして1面4線とあります。一方、瑞江駅では1面2線、別に通過線2線となっており、葛西臨海公園駅三島駅では1面2線として通過線を数えておりません。全く同じような構造なのにバラバラな書き方です。

これが会社ごとに統一されていればまだ分かるのですが、例えば東急では上野毛駅は1面3線とする一方で元住吉駅は2面4線として通過線を含んでいません。側線もあるので全部含めて書くときりがありませんが、通過線は側線ではないのですから含めるべきなのではないかと思います。ガイドラインで、ある程度定めた方が良いのではないでしょうか。ご意見お願い申し上げます。--UE-PON2600会話) 2013年1月27日 (日) 16:03 (UTC)

私は上の方に賛成します。個人的には、通過線を別にして●面●線と通過線●線とするべきだと思います。この方がホームの数や通過の可否などが分かりやすくなると思うからです。 こうでなくても、統一の基準を設けることは、全体として記事の書き方の統一性を上げることだと思うのでに賛成します。--ぎあん(会話) 2013年3月2日 (土) 0:13 (UTC)

ホームとあるわけですから通過線を含めるのはおかしいでしょう。プラットホームの記事にも「面」はプラットホームの数、「線」はホームに接する線路の数であるとあります。あくまで、ホームに接している線路のみをカウントし、通過線はホームに接してないのですから、ホームの配線に含めるべきではありません。--TOTOBIG会話) 2013年3月16日 (土) 07:34 (UTC)

ニューヨーク市地下鉄の駅名に用いられるハイフン等についてのローカル・ルールの提案[編集]

この提案は、先行して井戸端で行なわれている議論「Wikipedia:井戸端/subj/駅名記事等、地名記事名における半角スラッシュの使用について」を踏まえておりますので、併せてそちらもごらんください。

とりあえず、当面はニューヨーク市地下鉄の駅に関するルールとして、「プロジェクト:鉄道#駅記事名」の末尾に次のように項目を追記することを提案します。

  • ニューヨーク市地下鉄の駅については、次の要領に従う。
    • 英語で「(序数) Street」、「(序数) Avenue」と表現される駅名中の街路名は、「(算用数字)丁目」、「(算用数字)番街」とする。それ以外の「Street」、「Avenue」は、それぞれ「ストリート」、「アベニュー」とする。
    • 英語で「-」ハイフンを用いて街路名や施設名等を結んでいる駅名においては、「-」ハイフンにあたる部分は日本語でもハイフンのままとする。
    • 英語で「/」スラッシュを用いて駅名を結んでいる乗り継ぎ駅(ステーション・コンプレックス)名においては、「/」スラッシュにあたる部分は日本語でもスラッシュのままとする。
    • 英語においてハイフンやスラッシュの前後に空白があるかないかに関わらず、日本語ではハイフンやスラッシュの前後に空白を入れない。
      42nd Street / Fifth Avenue – Bryant Park (New York City Subway)42丁目/5番街-ブライアント・パーク駅

ご検討をよろしくお願いいたします。--山田晴通会話) 2013年3月18日 (月) 13:56 (UTC)

提案から2週間、議論活性化のためのコメント依頼から1週間が経ちましたが、特にご異論はありませんので、ルールへの追記を行います。今後、関連する記事の修正を順次行ないますが、見落としも出てくるものと思われますのです、この新たなルールから外れた例を見かけられた方は、編集にご協力ください。よろしくお願いいたします。--山田晴通会話) 2013年4月3日 (水) 01:11 (UTC)

駅廃止後の記事名の扱いについて[編集]

駅記事は現在廃止された場合、単純に廃駅となった場合はそのまま、信号場に格下げされた場合は、信号場に記事名変更になっていると思われます。ここでノート:海峡線にも書いた関連で、疑問なのが、駅廃止後に鉄道事業者の施設となった場合、記事名をどのようにすればいいのか判断がつきにくい状態です。これに該当するのが、竜飛海底駅吉岡海底駅なのですが、この2駅は廃止後もそれぞれ「竜飛定点」「吉岡定点」と言うJR北海道の施設(避難所)として存続することになります。既に前掲のノートにも質問していますが、こちらでも確認のため質問とさせていただきます。--アストロニクル会話) 2014年1月2日 (木) 01:26 (UTC)

駅記事に関する疑問[編集]

私は、駅記事の記述項目および順序を拝見して一つ疑問があります。それは歴史節がなぜ概要節と駅構造節の間にあるかということです。歴史節が前にあると違和感を感じます。私はバス路線節とその他節の間にあればよいと思いますが、なぜそのように決定した経緯を教えてください。--御坊人会話) 2014年9月15日 (月) 02:22 (UTC)

上の方の目次番号47番あたりにある「駅の記述ガイドラインの改定について」で議論されました。ご覧ください。--ShikiH会話) 2014年9月15日 (月) 05:19 (UTC)

各駅記事における一日平均乗車人員節の問題について[編集]

  • 先頃何となくおまかせ表示で飛んだ徳重駅 (名古屋市)を見たところ、利用状況節の一日平均乗車人員数の説明において出典が付いておらず、何故か5営業日分しか運営していない2010年度分の平均乗車人員が記載されおり、疑問に思って数字の根拠になっていると思われる平成25年版名古屋市統計年鑑 11.運輸・通信項の「11-4.市営地下鉄各駅の乗車人員」のデータを確認した所、そもそも名古屋市統計年鑑では一日平均乗車人員数などというモノを発表しておらず、年間での乗車人員数を各執筆者がWikipediaに加筆する際勝手に営業日数で割って添付しているらしいことが判明しました(名古屋駅#利用状況節等では総数を365および366で除した人数。と加筆者自らが出典の解釈を行ったことを公言しています)。更に気になって調べていくとこういった行為は利用状況節が設けられている大半の駅記事で根拠となっている出典では年間乗車人員数しか公表されていないのに、Wikipedia側で加筆する際に編集者が勝手に日割り別に計算し直して記している実態に気付かされました(特に名古屋市営地下鉄のデータは人当りで公表している一方、東京都のデータは昭和44年まで人単位で出していたもの[7]と昭和45年以降千人単位で公表するようになったデータ[8]渋谷駅#年度別一日平均乗車人員(1953年 - 2000年)等で加筆者が何の注記もなく一緒くたにして勝手に日割り計算し記載しています)。またTemplate:駅情報にも乗車/乗降の記載欄が組み込まれており、統計資料に基づく駅の1日あたりの乗車人員または乗降人員を記載せよとありますが、私の調べた範囲では関東の私鉄各社が構成する関東交通広告協議会が発表するデータ等では日別の乗降数が公表される一方、[9]、上記で示したデータを含む大半の鉄道事業者は年単位/月単位の乗降総数公表しかしていないのにもかかわらず、同じように編者が勝手に日割り計算を行い独自のデータを加筆/更新し続けています。こういった行為はWikipedia:独自研究は載せない#一次資料と二次資料における一次資料から得られる情報について、あなた自身が分析・合成・解釈・評価などをしてはいけません。に明確に違反しており、(余りに同様の記載が多く早急の記述修正は難しいですが)キチンと該当箇所を出典に基づいたデータ(年間単位なら年間の、月別なら月別の乗車人員総数節)に改めた上で、当プロジェクト自体においてもこういったWikipediaの編集方針に明確に反する情報の混成や独自計算を再発防止のためプロジェクトのルールとしてもハッキリと禁止事項として言明すべきだ(プロジェクト:鉄道#駅の記事の記述プロジェクト:鉄道/駅#記事のスタイルには利用状況節の取り扱いについて触れられていますが、編集時の注意文としては弱く、今回の調査の通り実際全く機能していません)と考えますが如何でしょうか。--タールマン会話) 2015年1月2日 (金) 03:49 (UTC)
例えば、広島駅#利用状況ですが、注記入りの形で書いています。年により年単位・日単位。さらには乗車人員と降車人員がくっついていたり分かれていたりします。まず、こだわっているのは「生データの記載」はこだわっています。さらには算出方法も入れています(もっとも、多少以前の記述ですのでインライン出典を入れていません。本来は入れられる物であり、元資料もありますが(自宅に仮に焼いた資料が無いにしても、図書館などで再確保は出来る)、他にやりたいことが多くて手を出していない状況です。)。本来であれば、算出値は望ましくはない部分がありますが、乗降数グラフを作成するのであれば、同じ目安の値に強制的に合わせないといけないです。また、乗換駅間で基準となる単位が違う場合があったりもしています。記載方法については工夫が必要に思います。ただ、駅間で統一された基準がないのは、仕方ない部分なのかも知れません。最低でも「生データの記載」と「算出方法」は入れるべきだと思います。--Taisyo会話) 2015年1月2日 (金) 04:14 (UTC)
出典を複数で用意すると、駅によって年度によって算出の方法や(サンプリング式であれば)集計期間が異なるなどの問題があると考えられますし、同一駅のデータでも根拠となる部分で疑義が出てくると考えられます。データに関して使用するならば、駅ごとは無理にしても路線ごとや地域ごと、あるいは鉄道会社ごとにどういう出典によって記述するべきかを定めておく必要があるのではないでしょうか。それらが用意できない場合は節として独立させる必要がないでしょうし、何か別の節に統合してしまうのも手だと考えられます。自分で一次データを計算して算出したデータを使うのは駄目であるということは明記する必要でしょう。-アルトクール(/) 2015年1月3日 (土) 04:23 (UTC)
コメント コメント依頼から参りました。類似の例としてですが、競馬の競走記事では一次資料に「賞金総額」の記載がないにもかかわらず、加筆者が独自に1着賞金から5着賞金までを合計して賞金総額を記載していた例があります。PJ競馬でも議論の俎上にあがったのですが、「出典に明記のない賞金総額を、執筆者が勝手に計算して掲載するのはNG」という方向性で、順次書き直しを行っています。競馬主催者ごとに「賞金」の取り扱いがバラバラですから、統一することはできません。鉄道分野でも、基本的には一次資料に則って書くべきで、執筆者が資料から勝手に計算して掲載するのはNGと考えます。鉄道の場合でも会社や路線ごとに算出基準がバラバラでしょうから、どれかに統一するのは困難だと思います。そこは個別に「数値は出典に拠った」とでも一文つけ加えておけばよいでしょう。出典がバラバラなことによるならば、それは大元となる出典資料の編纂者に責があるのであって、ウィキペディアが責を追う性質のものではないと思います。--HOPE会話) 2015年1月5日 (月) 02:14 (UTC)
コメント コメント依頼からです。HOPEさんと同様、私もPJ競馬にいる者です。この件に限らず、あちこちのプロジェクトが「表記の統一」や「テンプレートの整備」を行ってきたことは立派な実績と思いますが、2015年現在のウィキペディアのルール・価値観からみると、昔のスタイルは今となっては時代遅れ・不十分になってきている、というところだと思います。基礎的な情報・テンプレートほど、初期(おそらく2005年から2006年頃)に整備されているだろうと思いますが、ウィキペディア全体として出典に対する厳格さは10年かけて大幅に強化されており、今の基準でみるとちょっと難がある、ということにはなっちゃうでしょう。テンプレート内の情報に関する出典とか、たいていのジャンルでは整備されていません。
書式を統一するのは便利ですし、「統一したい」という気持ちはとても理解できるのですが、今のウィキペディアの価値観では、「統一すること」を優先して出典が疎かになるというのは本末転倒ということになるでしょう。キレイに統一されていることよりも、出典に基づいていることが今は優先されるべきで、そのためにテンプレートの大掛かりな修正はいずれ避けられないように思います。いちど行き渡ったテンプレート・スタイルを是正するのは大変ですけども。まあ、急ぐ必要はないと思いますし、小手先の修正じゃなくて、じっくりと時間をかけて新しいテンプレートをいちから作り直すぐらいの感じでやってはどうでしょう。10年かけて起きた変化への対応なので、作業に2,3年か、それ以上を要してもいいんじゃないかなと思います。--柒月例祭会話) 2015年1月5日 (月) 03:27 (UTC)
コメント 元々、このページはウォッチリストに入れておりますのでコメントの推移を注視しておりましたが、コメント依頼がされているのを知りましたので意見致します。以前から利用状況については出典が示されないケースが多数あり、苦々しく思っておりました。Taisyoさんの紹介された広島駅の例ですが“以下の情報は、広島市統計書及び広島市勢要覧に基づいたデータである”と書いていても、それぞれが何年度の統計書あるいは要覧に基づいたデータなのか全く示されておらず出典として見なされない可能性があります。現在の状況では出典無しとして全削除されても文句は言えないでしょう。徳重駅についても同様です。
1日あたりの平均数を算出するのは方針違反の可能性が強いですから基本的に改めていくのが良いかと思います。また、乗換駅で会社ごとのデータの出し方が違うなら、無理に合わせずにそのまま載せればいいしょう。A社が「乗車人員」でB社が「乗降人員」なら、それぞれがそういう数字だとはっきり分かるようにして、あとは記事を閲覧した方がそれを基に判断すればいいことではないでしょうか。--UE-PON2600会話) 2015年1月5日 (月) 14:44 (UTC)
年単位の統計数値が四捨五入などのまとめる処理をせずに一人まで記述されていたら計算しても間違いといえないでしょうが、そうでない場合には出典に基づいて記述したとはいえないので、方針に反していて得まずいかと思います。全国統一のデータがあるのなら統一できるでしょうが、そうでない場合には統一性よりも先に出典に基づいて記述する方を優先すべきかと思います。--Tasetebills会話) 2015年1月5日 (月) 14:49 (UTC)
私は、年間乗降客数のデータを365で除して記載したとしても、独自研究というほどのことはないと考えています。独自研究の何が問題かと言えば、どこかに文献として公表されたわけではない独自の考えを勝手に盛り込んでしまうことであり、これに対して年間乗降客数を365で除するのは、計算方法をきちんと定めさえすれば、そして計算間違いをしなければ、誰が計算しても同じになるはずだからです。計算した人の意思は盛り込まれないはずです。どちらかというと、方針云々よりは、元の統計処理の意味を失わせてしまうことの方が問題だと考えます。基本的には元の統計数値をそのまま表すように定めた方が良いかと思います。--Tam0031会話) 2015年1月5日 (月) 15:23 (UTC)
コメントありがとうございます。各記事の利用状況節においては皆さんの仰るとおり「出典に合わせた記述方式(月別なら月別年間人員なら年間人員に書き改めていく)」ということで一致を見ていると思うのですが、一方でテンプレートの方は統一した基準で記述できない以上、Template:駅情報の乗車/乗降の記載欄は削除すべきではないかと考えているのですが、これについてはどう思われますでしょうか?この件についてはプロジェクトにおける今後の周知徹底も必要と考え、先程Portal:鉄道/コメント依頼の方にも記載しておきましたが(プロジェクト参加者の内どの程度の人数の方が同ページをウォッチリストに入れていらっしゃるのかは分かりかねるのですが)、引き続きコメント頂いた皆様からもご意見を頂けると幸いです。--タールマン会話) 2015年1月16日 (金) 14:10 (UTC)
基本的にはテンプレートの記載欄削除はテンプレートのノートで議論するのが筋だと思います。一応こちらでもコメントしますが、そこまで踏み込むかは抵抗も大きいので合意形成を得るのは中々大変だと思います。ただ、少なくとも現状の1日あたりで記載せよというものはやめるべきでしょう。--UE-PON2600会話) 2015年1月16日 (金) 15:43 (UTC)
(部外者で申し訳ないですが)出典に即した適正な変更は望ましいことではありますが、膨大な数ある駅記事からいちどに項目をなくすというのもモッタイナイ感はあります。すべての駅記事で新しく情報を整備するのには相当な手間と時間がかかるでしょう。テンプレートの項目のスクリプト(的な?)ものが複雑にはなりますが、現状の「乗車人員」「乗降人員」は暫定的に現状のデータが表示され、「新乗降人員」と入力したら「乗降人員」の項目に出典に即した情報が表示される、というふうにするとか、というのはどうでしょう。
あわせて、「新」の入力が行われていない場合には自動で「この値は計算値です」のような注釈が表示されるようにしておくとか、ソフトランディング的な手法も可能と思います。--柒月例祭会話) 2015年1月17日 (土) 03:47 (UTC)
こんにちは、遠州鉄道鉄道線の各駅について利用状況の表を記載したKK77会話)と申します。いいのかなぁ?と思いつつ掲載しましたが、やっぱりだめだったんですね。原典はあるので、なるべく早く取り掛かることとします。その際ですが、資料において「乗車人員」と「降車人員」の両方が載っている場合、両方を載せるべきか、乗車―だけにするべきか、そういう議論(結論)はありますか?--KK77会話) 2015年1月19日 (月) 15:12 (UTC)
ありません。現行のガイドラインでは乗車だけにするべきであるというものはありません。原資料がどの単位で示しているかを併記することとなっています。したがって、両方載っているなら両方載せた方が望ましいでしょう。--UE-PON2600会話) 2015年1月19日 (月) 16:25 (UTC)
承知いたしました。では両方載せることにしたいと思います。早速のご回答、ありがとうございました。--KK77会話) 2015年1月20日 (火) 10:13 (UTC)
話はそれますが1日平均の定義とはなんでしょうか。365日や366日で除すること。営業的には正しいでしょうが災害等で不通期間があった場合はどうでしょう。たとえば武蔵野競技場前駅は野球開催日のみ取扱ですが1953年度の東京都統計年鑑昭和28年 (PDF) では乗車人員11,436人、降車人員11,392人。一日平均は乗車人員、降車人員とも31人。単純に365で除しているようです。出典にあるからのせますか--Tamrono157会話) 2015年1月22日 (木) 21:29 (UTC)
趣味者としていろいろ考えることは楽しいことではありますが、ウィキペディアの記事を編集する場面に限って言えば、出典ありき、としか言いようが無いのではないでしょうか。極端な話、10年間の利用者を3650で割ってるかもしれないし、2日間の利用者を2で割ってるかもしれないし、1時間の利用者を24倍しているかもしれない。例示されたものの場合には、注釈やノートなどで適宜補足をしながら記述する、という方法もあるでしょう。その情報をどんな目的でどのように用いるかはケースバイケースで、通勤通学路線・駅なんかでは「1日の平均」よりも特定の時間帯の利用客に関する情報が重要になるかもしれないし、まあいろいろでしょう。出典が単なるデータだけでなく、データの解釈にまで踏み込んでいるならば、それに基いて何か書くことはできるかもしれません。複数の信頼できる出典が異なる数値を乗せているような場合に、これはどうして値が違うのだろうと比較したり推測したり議論して採否を県とするようなことはありうるかもしれません。--柒月例祭会話) 2015年1月23日 (金) 01:34 (UTC)
鍾路3街駅#利用状況など、路線別、運行会社別(この駅は運行会社が異なっても乗り換え改札はない)に記載すること自体も問題があります。3号線側の改札を通っても3号線に乗るとは限りません。--hyolee2/H.L.LEE 2015年2月10日 (火) 00:38 (UTC)

「駅構造」節の位置について[編集]

#駅の記述ガイドラインの改定についてにおける議論に基づき、駅記事の多くでレイアウトの変更が行われておりますが、私はこのレイアウトに多少違和感を感じます。#駅記事に関する疑問において御坊人さんも疑義を呈されていることから、これは私一人の感想ではないようです。

例えば「JR長瀬駅」では、プラットホームの写真を駅テンプレートの下に配置しているのですが、現状では「歴史」節に写真が食い込んでおり、「歴史」節に表示すべき蛇草信号場の写真が、あまり関連性の無い「隣の駅」節に配置されています。記事の内容を考えれば、前者は「駅構造」節に、後者が「歴史」節にあるべきですが、それでは蛇草信号場の写真がプラットホームの写真よりも前に来てしまい、読者によっては蛇草信号場が今の状態だと誤解するのではないでしょうか。そもそも、「駅構造」の記述は、「概要」と性格の似たものであって、「歴史」によって分断されることはおかしいと思います。

ただ、#駅の記述ガイドラインの改定についてにおける、「歴史」節を軽視しているのではないかという意見はもっともなところがあります。そこで今回は「歴史」節は動かさず、「駅構造」節を「概要」節の下、「歴史」節の上に移動させることを提案いたします。

また、ガイドラインはどの程度遵守すべきなのか、記事それぞれの個別事情を考慮すべきではないか、といったこともあわせて提起したいと思います。--もんじゃ会話) 2015年5月18日 (月) 14:04 (UTC)

(議題を内容に沿ったものに修正しました。)--もんじゃ会話) 2015年5月18日 (月) 14:51 (UTC)

駅構造の記述が概要と性格が似ているという意見にはまったく同意できません。概要は、記事全体が長くなっているときにダイジェストを提供するものであって、駅構造とはまったく節の性格は異なります。これを連続して配置しなければならない理由はないです。JR長瀬駅の例では、節内にギャラリーを埋め込むなり、{{-}}テンプレートを使って周り込みを解除するなりの対処で十分だと思います。なお、ガイドラインは絶対ではないと考えているので、必要性があれば記事のノート等で提案を行って独自の形態を採用することもありうると考えていますが、今提案頂いたような内容では必要性が無いと思います。--Tam0031会話) 2015年5月18日 (月) 15:01 (UTC)
「駅構造」は駅記事のコアに近い部分であるという考えから、「概要」節と似通っていると申し上げましたが、いずれにせよ「歴史」節を「駅構造」節より上位に置くのは納得できません。歴史的な記述は、現在との比較を前提とするものであり、現在の駅構造をスキップして歴史について述べるのは、本末転倒であり合理性にも欠けます。また、「歴史」節はその性格上、駅の過去についての言及、およびその当時の写真を伴いますが、それを「概要」節の次に持ってきてしまうと、概要節に配置された写真を圧迫することになり、先ほど申し上げましたように、駅の現状を理解する上で混乱を招くように思います。ギャラリーや<br clear=all/>などを使っても同じことです。逆に、「歴史」節を「駅構造」節の上に置く必然性をお尋ねしたく思います。--もんじゃ会話) 2015年5月18日 (月) 15:26 (UTC)
歴史は歴史でしょう。現在の駅構造と比較するものでもないし、駅の歴史は必ずしも駅構造だけではないでしょう。開設された経緯とか、かつては利用がどうであったとか、地域との関連とかあるでしょう。先の議論でも継之助さんが言及されていますが、文献で取り上げられるのは歴史が大半で、最新の駅構造を取り上げているような文献は非常に少ないです。そもそも駅構造を上位とすると、駅記事を単なる駅利用ガイドとさせ、かつ出典皆無となりがちです。例として挙げられている長瀬駅も駅構造節は出典皆無です。ここのところ専ら駅の編集をしてきておりますが、どこの駅も駅構造節は出典皆無であることが多いです。そういう方針にそぐわない記述がされがちな節を上位に置くのはあまり好ましくないかと思います。--UE-PON2600会話) 2015年5月18日 (月) 17:50 (UTC)

今のところ見つかっている、「駅構造」節と歴史節が逆転することにより、弊害を生じている(あるいは生じる)例を挙げます。

  • 三宮駅 - 前半に「歴史」節を持ってきたことによって、現在の駅の状態が分かりにくくなっている。「同線における三ノ宮駅は現在地より西に600mほどの場所(後に元町駅が設けられる地)に置かれていた。」とあるが、「現在地」の説明はなされていない。(「歴史的な記述は、現在との比較を前提とする」とは、この意味。)
  • 灘駅 - 「歴史」節を上に持ってきたことによって、「灘駅で出征する兵士を見送る神戸一中の生徒たち」の写真が無関係な場所に取り残されている。
  • 天神橋筋六丁目駅 - 現在「歴史」節は従前の位置にあるが、レイアウトの方針に従えば、天神橋駅の写真が地下駅の写真より前に出ることになり、地下駅であることがわかりづらくなる。

また記事によっては、「概要」節が存在しないものがあり、その場合「歴史」節が最上位に来ることになり、上に挙げた問題が生じやすくなります。

次に、実際の出版物からレイアウトを比較検討してみたいと思います。

  1. 『阪急ステーション』- 最上段に駅名・概要を示し、先に過去の写真を並べてから、最下部に現在の駅の様子を解説。「写真で見る 阪急電鉄の今・昔」を謳っている。
  2. 『歴史でめぐる鉄道全路線』- 駅ではなく路線自体を主題にしたものだが、先に現状を示してから、その路線の歴史について叙述する。
  3. 『ひょうご懐かしの鉄道』- 上と同じく路線を主題にしたもので、主に廃線を扱うことから、開業の経緯、最盛期、衰退期の順に示し、最後に廃線跡に言及。
  4. 『鉄道ピクトリアル』2011年12月号「大阪の私鉄ターミナル」- 巻頭数ページにおいてグラフ写真と共に各ターミナルの現況を概説、そのあとにターミナルの歴史の叙述に入る。
  5. 『鉄道ジャーナル』2002年5月号「日本の駅2002」- 歴史的事項に対する言及もあるが、文・写真は現在あるいは今後の計画が中心。

要するに、レイアウトというものは読者に何を訴えるかによって変化するわけで、「歴史」節を「概要」のすぐ下に持ってくるということは、それはそのまま駅の現況より歴史を重んじるという姿勢を表します。また、歴史を主体としている場合でも、2や4のように先に現況を示すやり方もあり、私はこれが理想だと思います。1のケースではだいたいの項目が1ページでおさまっていますし、3の場合は路線が廃止されたことを前提としているので混乱は少ないのです。

言い換えれば、レイアウトというものは読者の可読性を考慮して決定するべきであり、「方針にそぐわない」ために臭いものに蓋をするように後回しにするのは間違っています。読者を想定していないために、私が指摘するような問題も起こってくるのではないでしょうか?--もんじゃ会話) 2015年5月19日 (火) 14:27 (UTC)

三宮駅の住所は記事の冒頭にありますから現在地が説明されておらずに意味不明ということはないでしょう。
灘駅の出征兵士の画像は昔の画像ではありますが、どの節にもその言及はありませんから、特におかしな位置にあるとはいえないでしょう。
天神橋筋六丁目駅は歴史節の位置を移動し、地下駅画像を駅構造の節のところに移動したら適切な配置になりましたから、問題ないでしょう。
一体何をおかしいと考えられているのでしょうか?--Tasetebills会話) 2015年5月19日 (火) 15:13 (UTC)
方針にそぐわないものに蓋をしているのではなく、本質的に百科事典というもので駅記事のようなものを扱う時には、歴史が主題となるので、歴史が先に出てくる構成が妥当なのです。「「駅構造」は駅記事のコアに近い部分である」というのは、利用ガイド的発想に立っており誤りです。歴史こそが駅記事におけるコアです。指摘された問題点はいずれも、駅構造を前に出さなければ解消できないものではなく、編集で容易に解決する範囲のものです。
いくつもの雑誌・書籍を例に挙げられましたが、百科事典は調べましたでしょうか。百科事典に駅が立項されることはあまりありませんが、図書館で蔵書するような何分冊もの大きな百科事典だと東京駅くらいは載っていることがあります。私がこれまでに図書館で調べた百科事典で東京駅が立項されていたのは2件ありました(すみません、具体的な百科事典の名前は覚えていませんが)。これらはいずれも、1914年に東京の中央駅として開設されたものであること、丸の内の駅舎が辰野金吾の設計であることとその設計の特徴、戦災で焼けて修復されたこと、長距離列車と通勤列車の両方の発着があって1日の利用客がどれくらいであること、などをまとめた上で、うち1件の百科事典の方ではその後に各番線に何線が発着しているかが書かれていました。一方の執筆者は、番線配置は要らないと判断したわけです。もちろん紙の百科事典では紙幅の制限がきついからでしょうが、プロの百科事典執筆者・編集者が一定の範囲で駅についてまとめる時に主題となるのは歴史である、というのはこの例からも明らかだと思います。--Tam0031会話) 2015年5月19日 (火) 15:16 (UTC)
 議論を拝見しましたが、門外漢としてはTam0031さんの見解に賛同します。
 鉄道分野の方が、趣味者として関心が配線とか構造に向かうのは理解できます。「「駅構造」は駅記事のコアに近い」というのは、趣味者としての見解のように見えます。
 が、趣味者じゃない者も読む「百科事典」(趣味者が読む「配線事典」ではない)としては、歴史や地勢・社会・経済的な意義・影響(広義の歴史かな)とかをまず知りたい。もしも「この駅の構造そのものがこの駅の最大の特徴だ」みたいな場合には、構造の説明が先に来てもいいでしょう。例えば複雑な立体交差があってテレビでよく「構造が複雑な駅」として取り上げられるとか、鉄道技術に変化をもたらした革新的な構造があったとか。有名な文学や映画の舞台になったことが最大の特徴というような場合もあるだろうし、駅弁が全国的に有名だというのが一番目立つトピックということもあるでしょう。「駅記事」としてフォーマットが統一されて整っているのはキレイではあるかもしれませんが、主題1つ1つの特性に合わせて柔軟に変えてもいいように思います。
別の観点からすると、「駅の構造」は時とともに変わるんだろうと思います。路線ができたり廃止されたり、乗降数が大きく変わったり、なにかの事情で運行形態が大きく変わることで、何番線にどういう列車が停まるかとか、どこに分岐があるとかは変わっていくでしょう。(それなりに長いスパンでは固定的でしょうけども。)たとえば志文駅では「現在の様子」中心に「地方の小さな無人駅」として描かれていますが、60年間か80年間ぐらいは「大きな駅」だったわけで、その頃のことも今のことと同じぐらいか、あるいはもっと大きなボリュームを以って記されるべきです。(出典とか、作業をする人とか、執筆作業の現実的な実現可能性の高低はありますけどね。)この観点では、「今の配線」は「いずれ変わってしまう、ある一時点における情報」であり、ほかを差し置いて一番上に持ってくるような情報とは言いがたいと思います。--柒月例祭会話) 2015年5月20日 (水) 04:14 (UTC)

コメント 「駅構造」の下は、利用状況、バス路線、駅周辺…と続いて行きますが、「駅構造」も含めてこれらはいずれも現在の状況を中心に述べる節です。ですので、これらとは性質の異なる歴史節が間に割り込む方が記事構成としておかしいです。また、「駅構造」その他の節では、駅の特定の要素のみに焦点を当てて述べているのに対し、歴史節では基本的に「駅全体」を対象にその歴史を概観して述べる節ですので、「駅全体を概観する」という意味で概要節と性質が類似しており、概要から連続して述べられる合理性があると思います。駅構造が駅の本質に関わる記述であることは否定しませんが、駅構造が概要と性質を異にする節であることは、新宿駅のように駅構造節が長大になっている記事を見ればわかりやすいかと思います。

ただ、十分に概要や歴史が加筆されていない記事の場合、「駅構造」節が事実上概要を兼ねている場合もあります(湯田温泉駅など)。このような記事まで、単純に機械的に駅構造を下側に持っていくことには反対です。--新幹線会話) 2015年5月20日 (水) 04:57 (UTC)

コメント追加コメントですが、これは駅記事・鉄道記事に限らないんですけども、ウィキペディアの創設期には、記事を増やす、コンプリートする、に軸を置いて、共通の記事形式を定めてとにかく数を増やす、という感じでした。しかし今は、記事の質、検証可能性(出典)を高めることに重点がシフトしてきていると思います。かつて決めた「フォーマット」「統一性」に過度にこだわる時期ではなくなったのではないでしょうか。新幹線さんが示された例のように「(昔のまま)まだ十分でない記事」と、発展している記事を一緒くたにしても益はないように思います。駅だけに。--柒月例祭会話) 2015年5月20日 (水) 06:36 (UTC)

「『フォーマット』『統一性』に過度にこだわる時期ではなくなった」というご意見は的を射ていると感じます。鉄道記事は他のジャンルと比べて、そういったルールにこだわりすぎているように思われます。私は過去に駅記事をいじっていた経験からも、皆さんの歴史を尊重する姿勢には同意いたしますが、個別の記事においては、レイアウトを適用しないほうが、写真を用いた解説がしやすくなったり、読者によって理解しやすくなるケースがあるやもしれません。その場合は、記事のノートページにおいてレイアウトについて議論を重ねたほうが有意義でしょう。私としては、レイアウトの拘束力をもう少し弱めていただいて、柔軟な編集を容認していただけるのであれば、ガイドラインは今のままで結構です。--もんじゃ会話) 2015年5月20日 (水) 12:48 (UTC)
例として挙げられている湯田温泉駅は主要部分には全く出典がありませんから、出典に基づいて記述するウィキペディアの基本方針にあっていない状態ですので、そうしたものを基準に議論するのは不適切でしょう。あくまでウィキペディアの基本方針に則った記述を行った状態を前提に議論すべきです。--Tasetebills会話) 2015年5月21日 (木) 03:09 (UTC)
発展途上では、他のレイアウトの方が適切に見える場合もあるかもしれませんし、そのようにすることを止めはしませんが、十分加筆されて内容が整った時には、歴史をメインに据えない形態が適当となる駅記事があるとは思えないです。いずれそういう方向に収斂させていくのが、妥当なウィキペディアの発展過程だと思っています。--Tam0031会話) 2015年5月21日 (木) 16:38 (UTC)
あくまで私の意見としては、何ら加筆も行わずに「機械的に」レイアウトを適用することに反対しているだけです。私としても加筆を行い歴史を上部に置く構成に見直すことには反対しませんし、いずれそうするべきと考えています。--新幹線会話) 2015年5月23日 (土) 00:56 (UTC)
とりあえず、「歴史をメインに据えない形態が適当となる駅記事があるとは思えない」の根拠をお伺いしたく思います。ちなみに、マイペディア百科事典では、現在の姿に触れてから歴史に触れていましたので、「プロの百科事典執筆者・編集者が一定の範囲で駅についてまとめる時に主題となるのは歴史である」という意見には賛同できません。--もんじゃ会話) 2015年5月23日 (土) 13:30 (UTC)
コメント まず大前提として、ウィキペディアは「百科事典」であり、駅の利用ガイドではありません。その駅がどういう経緯で設置されたのかとか、設置からの歴史的経緯などといった「歴史」に関する事柄が中心になるのはごく自然であり、駅構造はそれ自体が特徴的だったりするなど信頼できる情報源で中心的に言及されていなければ主役にはなりえないものと考えます。「何番線が何線で、どこどこ方面は何番線…」といった程度の内容なら各鉄道会社の公式サイトをみれば十分でしょう。JR各社なら「各駅ガイド」といったページはありますし、わざわざウィキペディアの冒頭にもってくる必要性を感じません。
そもそも論ですが、多くの駅記事では駅構造に限らず、出典が不十分な記事が多すぎます。レイアウト云々を論じる前に、もっと大事なことがあるのではないでしょうか?歴史にしろ駅構造にしろ、出典がまったくないか不十分な駅が圧倒的多数を占めている状態では、ほとんどの記述が除去対象です。消されてしまえばレイアウトもへったくれもありませんから、まずは出典を明記することが最優先事項ではないかと考えます。レイアウトをどうこうするのはそれからの話でしょう。--HOPE会話) 2015年5月23日 (土) 14:25 (UTC)
百科事典に何を求めるか、だと思います。普通、中央線に乗るのに何番線に行けばいいか、を調べようと思ったら、公式ウェブサイトか時刻表を調べるのであって、百科事典を読むことはないはずです。仮に、ウィキペディアをそういう目的で利用するのであれば、それは既に利用ガイドと化しているのであって、「利用ガイドではない」に反しているのです。利用ガイドであれば、その駅が何年に開業したかなどどうでもいいわけですが、そうではなく、駅と社会とのかかわり、どのような影響を与えたか、などといったことを多面的に取り扱うのが百科事典なわけですから、歴史を順次書いていって、その後で現状をまとめるのが、もっとも整理された形になるものと考えています。これを逆にすると、現状が先に出てきて開業時へ逆戻りすることになります。基本的には時系列順に並べるのがわかりやすいはずです。これが駅記事ではなくて、たとえば分岐器とか鉄道信号とか、そういう技術的な記事であれば、技術的な構造や原理を先に述べても不思議ではないですが、駅記事はそうではないでしょう。
なお、現状の記事ガイドラインでも、記事冒頭部で利用できる路線などについて触れるようにしていますし、概要節でもそういうことに触れられるようになっています。遠い昔のことから書いていくことで、読者にとって全体像が見えなくならないようにする意図もそういうところにあります。そういう書き方をうまく活用することで、「現在の姿に触れてから歴史に触れ」は十分に達成できるかと思います。--Tam0031会話) 2015年5月23日 (土) 15:38 (UTC)

 少し整理させていただきたいと思います。私は現在のレイアウトには以前から疑問を感じておりましたが、私がこの提案をするに至った直接的なきっかけは、これまでも例に挙げております通り、JR長瀬駅のレイアウト変更後の状態に違和感を覚えたためです。
 この問題を理解していただくために、少々長くなりますが、JR長瀬駅の構成について触れたいと思います。「歴史」節では、蛇草信号場について言及がありますが、これは元々「蛇草信号場」という別個の記事だったものを統合したものであり、「歴史」節と「蛇草信号場」の写真は不可分な存在と考えられます。しかし現在のレイアウトでは、それを行うと「蛇草信号場」の写真がプラットフォームの写真より先に来てしまい、現在の駅の状態についての理解を妨げかねません。例えば、私が先に例示しました『阪急ステーション』のように、過去の写真が白黒写真ですと、現在と過去の写真がはっきり区別できるのですが、JR長瀬駅では両方ともカラー写真なので混乱を招くように思います。かといって現状のように無関係な位置に写真を配置すると、写真の存在意義は半減してしまうのです。言い換えれば、私は歴史を尊重するがゆえに、今回の提案に踏み切ったのです。
 また、複数の方が「駅構造」節を上位に配置できない理由として、出典の不十分を挙げていますが、本来検証可能性とレイアウトは別個に語られるべきです。例えば、検証可能性の充実度”のみ”に従ってレイアウトを決めるとすれば、もし「駅構造」節の出典がより充実した場合、そのガイドラインは変更されなければならないことになり、基準として極めて流動的になります。そもそも、「出典が不十分な記事が多すぎ」るということは、ここ最近になって問題視されるようになったことです。誤解されないように断っておきますが、私が言いたいのは「なぜ今までよかったものが急にダメになるのか」ということじゃなくて、この問題について議論が尽くされてきたのか、ということです。例えば、「歴史」節以外が検証可能性を十分に満たしていないから、それ以外を下に移動させるという判断をしたのならば、まず先に「駅構造」節等の出典について出典不足であるということを十分に告知し、それでも改善が見られない場合に実行に移すべきではなかったのでしょうか。「臭いものに蓋をする」とはこれを指します。
 さらに、HOPEさんは「駅構造はそれ自体が特徴的だったりするなど信頼できる情報源で中心的に言及されていなければ主役にはなりえない」と仰いますが、このご意見の対偶をとれば「駅構造自体が特徴的な駅では、信頼できる情報源で中心的に言及されていれば、主役になりうる」となり、駅構造の特筆性を部分的に認めていると私は受け取りましたが、間違っていますでしょうか。例えば、鉄道ジャーナル2013年2月号では、「『阪急梅田』再発見」という特集記事で、現況を中心に取り上げられております。駅構造は鉄道趣味の対象として成り立つものと私は思いますが、そうでないとお感じであれば、「駅構造」節自体の除去を提起するべきであり、さもなくばまさに「臭いものに蓋」です。
 総括して、私が皆さんにお尋ねしたいことは2点です。まず一つは、現在の駅構内の写真が「駅構造」節に、過去の写真が「歴史」節にあるという状態が理想であると私は考えますが、この点に関して異議をお持ちかどうかということ。二つ目は、このようなレイアウト上の問題点を無視してまで、ガイドラインに固執することの必要性があるか、ということです。--もんじゃ会話) 2015年5月24日 (日) 14:51 (UTC)

コメント いくつかの点についてコメント。
(1)「出典が不十分な記事が多すぎ」るということは、ここ最近になって問題視されるようになったこと→かつては出典の明記に対して、いまほどうるさくなかったこともありますが、検証可能性の方針自体は初期から根幹を成す方針として存立しています。昨今はウィキペディア全体として出典の明記を重視するようになってきただけで、出典がないことを問題視する意見は、何年も前から言われ続けていることです。いまに始まったことではありません。
(2)例えば、検証可能性の充実度”のみ”に従ってレイアウトを決めるとすれば、もし「駅構造」節の出典がより充実した場合、そのガイドラインは変更されなければならないことになり、基準として極めて流動的になります。→PJが定めたガイドラインは方針に優越するものではありませんから、方針に準拠しないものであればガイドラインも変わらざるを得ないでしょう。仕方のないことです。
(3)私が言いたいのは「なぜ今までよかったものが急にダメになるのか」ということじゃなくて、この問題について議論が尽くされてきたのか、ということです。Wikipedia:検証可能性Wikipedia:中立的な観点Wikipedia:独自研究は載せないの三大方針は「議論の余地がないものであり、他のガイドラインや利用者同士での合意によって覆されるものではありません」と明記されています。議論が尽くされたかどうかの問題ではありません。
(4)「駅構造はそれ自体が特徴的だったりするなど信頼できる情報源で中心的に言及されていなければ主役にはなりえない」と仰いますが、このご意見の対偶をとれば「駅構造自体が特徴的な駅では、信頼できる情報源で中心的に言及されていれば、主役になりうる」となり、駅構造の特筆性を部分的に認めていると私は受け取りましたが、間違っていますでしょうか→間違ってはいませんが、どちらが正しいというものでもないでしょう。そういう記事では駅構造が上位に位置することもありうるかもしれませんね。それが多数派かどうかは別の話ですが。
信頼できる情報源による出典が明記されていれば、検証可能性は満たします。ただし、現状の駅記事で記事全体にわたって出典が充実しているものがどれだけあるのか、という観点に鑑みれば、歴史だろうが駅構造だろうが、大半は出典が明記されていないため「除去」が適当です。「すべての利用者が従うべき」とされている方針に準拠していない(除去されるべき)記述に対して、PJガイドラインがどうとかレイアウトがどうとかを論じること自体がそもそも「順序が違うんじゃないの?」ということです。そんなことを論じる前に、まず着手すべきは「いまある記述に対して、信頼できる情報源に基づく出典を明記する」または「出典未提示の記述を除去する」ことでしょう。ことのついでにいえば、駅は日本だけにしかないわけではありませんし、外国の駅のことまですべて考慮に入れた上で議論を提起されているのかも甚だ疑問です。プロジェクト:鉄道#駅の記事の記述をみても日本の駅を念頭に置いた記述に終始しており、日本POVの可能性があります。
記事全体の出典が充実しない限り、PJガイドラインをいくらいじくったところで「無意味」ということです。どうせ出典がないのであれば、節ごと消されても文句は言えませんし。方針に準拠した記事が駅分野全体で充実してから、ガイドラインについて検討するのがスジでしょう。いまはまだその段階ではないと考えます。--HOPE会話) 2015年5月24日 (日) 15:36 (UTC)
ちょっと失礼、出典との関連性についてはHOPEさんが言い出したことであって、私は出典の明示状況とは無関係に、駅記事のあるべきレイアウトは今のガイドラインに示されているものと思っています。また写真の構成などについては、工夫次第であって、現状のレイアウトを変える理由ではない、というのは既に述べています。現状をきちんと出典を付けて書けば、もちろん駅構造は十分な特筆性を有しますが、それは時系列順に歴史を書いて、その到達点として現状を駅構造節にまとめるのが最良という考えと何も矛盾しないわけで、駅構造節を前に出す理由にはならないと思います。--Tam0031会話) 2015年5月24日 (日) 16:12 (UTC)
歴史節に画像を移すと誤解が生じるというなら、キャプションに撮影年を入れるなりすればよいでしょうし、場合によっては画像の左寄せやギャラリー形式を行えばよいでしょう。それに記事の主体は文章であって、画像はあくまで記事の理解を補助するものにすぎません。画像の配置の具合が悪いからと、それに合わせて文章の配置を変えるのは本末転倒ではないでしょうか。--UE-PON2600会話) 2015年5月24日 (日) 16:32 (UTC)
念のため申し上げますが、「検証可能性を満たす順番に節を並べなければならない」という方針はありませんよね? 確かに出典のない節は「節ごと削除されても」文句は言えないわけですが、検証可能性を満たす順番に並べるなどという方針はないはずです。--新幹線会話) 2015年5月24日 (日) 23:40 (UTC)

コメント テクニカルなことで解決できちゃうこと、ウィキペディアの方針のこと、PJのポリシー、個別の記事のこと、これまでの経緯のこと、個人的な意見、出典の話、これらを少し切り分けたほうがいいんじゃないでしょうか。

  • JR長瀬駅で、「プラットホームの写真」より「廃止された信号所」が先に来ると『現在の駅の状態についての理解を妨げかねません。』という意見には全くそうは思いません。正反対です。ほかの方も指摘している通り、主従関係で言うと写真は従です。
  • 写真は載せるためにあるのではなく、記事の主題や本文の理解を促進するためのものです。写真を載せることでわかりにくくなる、というのであれば、その写真を除去してください。そうでなければ本文を改善してください。
  • JR長瀬駅の場合、写真と適切な説明を加える事で、駅の理解に大きく役に立つと思います。前は地べたを走ってましたよ、それが高架化になってこんな近代的な駅ができましたよ、ということがすごくよく分かるようになります。私が鉄道の知識が全然ないド素人だから、そういうのをちゃんと文章で説明してくれないとわかりません。それに比べれば、「廃止された日付がちょっと違う」なんか瑣末なことです。もっかい書きますが、今の記事では「蛇草信号場があった場所が高架化されて駅になった」ということが想像力を働かせないとわかりません。(わからないので、私の推測が間違っているのかもしれません)券売機の隣にインターホンがあることよりも、そっちのほうが説明がほしい事柄です。
  • 蛇草信号場の統合前の版も拝見しましたが、なんというか、そもそも論として、こう言っちゃ悪いですけど、統合の仕方が上手でないと思います。まあそもそも出典がないっていう根本的な問題があるのでアレなんですけど、統合前の版と今のJR長瀬駅を読むと、統合前の記事のほうが説明としてよく分かる。
  • (1)かつて単線でした
  • (2)行き違いのために信号場がありました
  • (3)おおさか東線工事のため邪魔なんで廃止しました
  • (4)その信号場のあった場所を'(高架化して※これは私の推測)新駅ができました
  • (5)そういう経緯があるのでこの記事には廃止された信号場のことも書いてあります
  • ということですよね?統合前の記事を見れば分かるんですが、統合後はこの4から5あたりがきちんと文章で説明されていないので、JR長瀬駅を読んだだけではなんで信号場の話が出てくるのかよくわかんないんですよね。要出典にはなっちゃうかもしれないですが、そういうことをちゃんと書いた上で「信号場を走る貨物列車」の写真があれば、ああそうか、ここは前はこういう場所だったんだ」と理解が進むんですよ。
  • 写真の話なんで蛇足を言いますが、プラットホームの写真をみて、私は「なんの特徴もないな」としか思えません。実際そうであることを示したいならそれでもいいんですが。
  • 本文にはポツンと「長瀬川のせせらぎ・流れ」がデザインに活かされていると書かれていますが、なにが?と思っちゃいます。
  • 書いてあるから余計なことを考えてしまうんですが、エレベーターとエスカレーターがあることは書かれていますが、階段はないんですか?(もうこのへんは完全にわざといじわるで言うんですけど、「エスカレーターが上りと下りが1つづつある」なんてことがわざわざ百科事典で言及するほど特筆に値する事柄なんですか?大阪ではエスカレーターが珍しいんでしょうか?それとも関西では上りしかエスカレーターが無いのが普通なんでしょうか?)
  • 全体として、情報が散発的で、何で急にその話が出てくるの?ということばかりです。ひょっとすると鉄道に詳しい人にとっては自明なのかもしれないですが、シロウトの私にはわかりません。百科事典はシロウトでもある程度わかりやすく書いてあるべきでしょう。どういう流れでこの話が出てくるのかわかりにくい。重要なトピックと瑣末なトピック、概論と詳説が入り乱れてます。私には「JR」のところも駅名に入ってるんだぜ、ってのが一番ユニークな情報に感じられました。
  • 「隣の駅」節も割とわけわかんないですよね。「蛇草信号場」って書いてあるのでなんだかよくわからない。そこには「片町線(貨物支線)」って書いてあるし、隣の駅??この節ちんぷんかんぷんです。レイアウト以前の問題です。統合前の版も読んで、想像を働かせて、ああ、一つ目の「蛇草信号場」節は過去の状態を示していて、「JR長瀬駅」節は今の状態を表しているんだ、とやっとわかる。(後半はJR長瀬駅#JR長瀬駅という節名になっちゃってますから、これは相当センスが無いです。)こういうのは「レイアウトに過度にこだわった悪例」の典型でしょう。「隣の駅」節ではなく「片町線時代の駅?の並び順」「おおさか東線時代の駅?の並び順」とかにするべきです。ついでにいうと、「*直通快速 通過」「*普通 いろいろ」と書いてありますけど、これもなんとかなんないですかね?直通快速だって「JR俊徳道駅 - JR長瀬駅 - (正覚寺信号場) - 新加美駅」というルートを通るわけでしょう?普通のほうは信号場を()で括ってあって、まあ客扱いはしないよってことなんでしょうけど、だったら直通快速は「(JR俊徳道駅) - (JR長瀬駅) - (正覚寺信号場) - (新加美駅)」になるんじゃないでしょうかね?この節が何を言おうとしているのかホント全然わかんないです。私が平均的な読者より大幅にバカなのかな?隣の放出駅#隣の駅を見ると、これはどの記事にも共通なので、JR長瀬駅固有のことじゃないみたいですね。ちょっと話が横道にそれてすみません。一度に色々言ってもしょうがないので、これは無視してください。
  • 「対偶」の話は、単に「駅の構造をメインにした文献」を持ち出してきて「ほら、駅の構造がメインだよ!」と言ってるだけでしょう。主題の全体を俯瞰する情報源と、部分を担う詳細な情報源とを弁別しましょう。あなたが言っているのは洗濯機のカタログを使ってパナソニックを書こうとしているような話です。
  • 要するにJR長瀬駅固有の問題はJR長瀬駅で解決すればいいのであって、JR長瀬駅で起きている問題のために方針や大きな合意からひっくり返そうとしたり、延々と議論するのは生産的じゃないです。その時間と手間でJR長瀬駅に関する出典でも探したほうがずっといいです。
  • あんまり理屈ばっかりごちゃごちゃ言ってもわかりにくいし鬱陶しいと思うので、ノート:JR長瀬駅#シロウトの私案を作ってみました。こんなのクソだと言うのであればシロウトなのでごめんなさいということで許してください。--柒月例祭会話) 2015年5月24日 (日) 18:25 (UTC)
皆様、貴重なお時間を割いて親身にご意見下さり、大変感謝しています。少々考えを整理したいので、時間を下さい。--もんじゃ会話) 2015年5月25日 (月) 15:08 (UTC)

ちょっと余計なこと言い過ぎましたんで、ざっくり言いますと、そもそも「歴史」節がその位置になければいけない必然性が、いまいちよく分からないです。JR長瀬駅は置いといて、例えば今分割が定義されている阪急梅田駅などは「私鉄最大のターミナル」という触れ込みだから、「阪急○番外」とか駅に組み込まれた店舗なども含めて駅構造を解説し、その後に歴史を持ってきたほうが自然だと私は思います。そういったフレキシブルな編集は認められないのか、ということです。--もんじゃ会話) 2015年5月26日 (火) 13:31 (UTC)

コメント 個別の駅記事で構成に問題があると感じるなら、駅記事のノートで議論すれば済む話でしょう。わざわざプロジェクトのガイドラインをひっくり返すほどの話でしょうか?そんな暇があるなら出典の整備でもしてくれたほうが、よっぽど建設的で生産的です。--HOPE会話) 2015年5月26日 (火) 14:01 (UTC)
コメント これは私の印象なんですが、もんじゃさんは「歴史」を「年表節」あるいは「昔のこと/今のことではないこと」を書く場所だと捉えていませんか?
私のセンスでは、名称がたまたま“歴史”になっていますが、そこに書かれているのは「現状を理解するための情報」です。これこれこういうわけでこうなっています、これこれの目的でこうなっています、これこれの経緯でこうなっています、こうしたことの結果こういうことが起きています、というような、原因→結果、目的←手段というような関係を説明する場所です。
たとえば「鉛が重い」ことを因果関係で説明するのに、原因と結果に時系列は関係ありません。
しかし「そこにでかい駅がある」ことを因果関係で説明しようとすると、原因と結果は、時系列に沿って進んでいきます。
説明をするうえでわかりやすいのであれば、古(原因)→新(結果)の順でも、新(結果)←古(原因)の順でも、どちらで叙述しても構いません。いずれにしろ、因果関係を連鎖的に説明していくと、たまたま時間空間的に古い時期のことに言及していくことになります。それをたまたま「歴史」という名前の節にしているだけです。
別の言い方をすると、「歴史」という名のもとに年表を並べて「1950年10月1日開業」「1970年3月14日なになに」「1990年5月9日なになに」とだけ列挙されても、「あっそう、で?それがなに?」という感想になっちゃいます。これだけではただの生データです。たとえばこれらの日付や情報がほかの情報と結びついて説明されることで、有益な情報になっていきます。「なるほど、○○線の開通にあわせてこうしたのか」とか「へー、ちょうど近くに天皇が来るからこういうことをしたんだ」とか。もちろん、記事がまだ未完成で成長途上の時点では、「年表しか無い」状態はしかたがありません。いろいろな情報を本当に単純に時系列だけで並べられると、時として因果関係がわからなくなります。テーマ別に整理することも必要です。
ちょっとだんだん「揚げ足取り」になっちゃうんですけど。この議論の最初にもんじゃさんは“#駅記事に関する疑問において御坊人さんも疑義を呈されていることから、これは私一人の感想ではないようです。”と言って議論を始めました。過去に反対意見なくなされた合意に「複数の反対意見がある」と主張して始めた議論です。
これでは「もんじゃさん一人の感想だ」と言われてもしょうがない状況ではないでしょうか。
一般論を申し上げます。実はこれはいま改訂中なので参考までに、という程度です。いつまでも「納得」しないという「ガイドライン」があります。かいつまんでいうと、共同作業の場であるウィキペディアでは、多くの方が合意を形成したら、たとえ自分はそれに異論があっても、多数の合意を尊重するべきだ、という考え方です。議論をして全員で合意を形成することが理想的ですが、一人だけが「俺は納得いかない」と言い続けて多数の合意を阻害するのが明らかにひどくなった場合には、Wikipedia:腕ずくで解決しようとしないに抵触しはじめるかもしれない、ということです。
すごいひどい例えをしますが、野球選手が試合中、主審に「ストライク3球でアウトにする必然性がわからない」と抗議したって相手にされないでしょう。多くの人達が「それもそうだね」と言ってルールを変えればいいですが、そうでなければ、あまり長く抗議して試合進行の妨げだとみなされると退場になっちゃうかもしれません。ひどいたとえですけどね。
別にルールをタテにとって脅かすわけじゃないですし、PJ:鉄道の方々で合意を形成なさればいいですし、その合意形成にもんじゃさんの意見も反映されるならそれでいいのですが、極論を(本当に極論ですよ)いうと、あなたにとっては「いまいちよくわからない」ままだったとしても、コミュニティ全体が「これでいい」と合意したならば、あなたもそれに従わなければならない時がやってくる、ということです。
あなたがどんなに素晴らしいアイデアを持っていても、ほかの多くの人たちが認めなければ、共同作業の場であるウィキペディアでは引っ込めるしかないのです。時には納得がいかなくても譲歩しなければいけないこともあるのです。自案を引っ込めたり譲歩するのは「自分の言い分は間違いだった」と認めるのとは違います。合意形成に協力するというだけです。
私の発言はまるで「黙らないとブロックするぞ」って脅かしてるみたいになっちゃってますが、そうではなくて、どこかで引き下がることも必要だよ、それは敗北とか自分が間違ってた!ということじゃなくて、コミュニティを重んじる崇高な行為だよ、ということなんです。「俺は絶対おかしいと思うし今でも納得していなけど、みんなが決めたことならしょうがない」というべき時もありますよ、ということです。疑問を感じたらそれをぶつけることは悪くはないし、それが生産性の向上や建設的な発展につながることもあります。ぶっつけつづけてみんなの作業が停滞し始めたら潮時かもしれないよ、という感じです。私だって最高のアイデアだと思って言ったことでも、賛同が得られなくてあきらめる、ということはよくあります。いまがそういう段階にきているのかどうかは、私は判断しません。過去の経緯や全体的な知見に乏しい部外者ですから。建設的・生産的であるかぎり、どうぞ議論をしてください。しかし、いつかは合意を形成しなければならない時がきます。--柒月例祭会話) 2015年5月26日 (火) 17:28 (UTC)

 分かりました。これで終わりにしましょう。その代わり、言いたいことを全部言わせていただきます。以下、私のボヤキですから、お返事いただく必要はありません。
 まずですね、私は先週水曜日のコメントで、「例外を認めてくれればそれでいい」という趣旨の発言をしたはずです。言い換えれば、「個別の駅記事で構成に問題があると感じるなら、駅記事のノートで議論すれば済む」ような形にしていただければそれでよかったんです。私とて「建設的で生産的」な活動がしたいですからね。そこへ「歴史をメインに据えない形態が適当となる駅記事があるとは思えない」とTam0031さんがおっしゃって、そのあとにHOPEさんが「Wikipediaは利用ガイドではない」という話を持ってきたから、こっちが食い下がらなきゃいけなかったんでしょ?
 「共同作業の場であるウィキペディアでは、多くの方が合意を形成したら、たとえ自分はそれに異論があっても、多数の合意を尊重するべきだ。」ごもっともな意見です。しかし、それは「少数派の意見をないがしろにしていい」という意味じゃないでしょ?これは別に「俺の意見を認めろ」なんて横柄なことを言っているのではない。「私の質問に答えてないでしょ?」ってことです。
 例えば、私はTam0031さんには「歴史をメインに据えない形態が適当となる駅記事があるとは思えない」の根拠をお尋ねしました。その後は、二度も「そこまでしてガイドラインに固執する必要があるのか」とお尋ねしたはずです。柒月例祭さんの意見では、「そうしなくてもこういう方法がある」ということは分かりました。しかし私の質問の答えにはなってない。つまり、議論のすり替えをやっていますのであって、私の意見が正しいとか間違ってるとか以前の問題でしょう?火曜日のご意見も、「歴史」節の解釈が違ってるんじゃないかってお話でしたけど、こっちは「なぜ動かしてはいけないのか」聞いてるんです。もしこれを無意識にやっているのであれば、あなたは「平均的な読者より大幅にバカ」なのかもしれないし、意図的にやっているとすれば、私のことを馬鹿にしていることになりますよ。ましてや、「みんな反対してるぞ?」みたいな一般論を持ち出されてはね。
 じゃあなぜ私の質問に答えられないか。はっきり言わせてもらいますけど、それは「ただ何となく」レイアウトを変更してしまったからじゃないですか?その証拠に、レイアウト変更の動機について、HOPEさんとTam0031では意見が食い違っているし、#駅の記述ガイドラインの改定についてでは、レイアウトを変更する理由について統一的な見解が示されておらず、「これこれこういう理由で」レイアウトを変更したと誰も説明することができない。事後的に理由を解釈せざるを得ないから、意見がバラバラになってしまう。もちろんその動機については、それぞれ考える所がおありだったんだろうし、見解が統一されなければ意見が一致していても変更することは出来ないなんてことはないです。しかし、そのレイアウトに反対する意見に対して、説得性というものは落ちるんじゃないですか?
 そもそも、レイアウトの方針というものは「レイアウト自体」を検討して決めることでしょ?なんでレイアウトの上に持ってきたら重視することになって、下に降ろしたらないがしろにしたことになるんですか?クライマックスを最初に持ってくる小説がどれだけありますか?私は手順を踏んで解説したほうが分かりやすいから、構造を先に持ってこようと言ってるんじゃないですか。例えば、何度も持ち出して悪いけど、JR長瀬駅については、私はDD51612さんの写真を見つけたのが先なんです。そして、ぜひこれを記事に使いたいと思ったんですけど、信号場の記事だけだと独立記事の要件を満たさないと思ったから統合の手続きを踏み、またこの写真だけを載せたら現在の様子を誤解するんじゃないかと思って構内の写真を足しました。だけれども、レイアウトの方針が改訂されたら、駅構内の写真を取り除いて信号場の写真を一緒に動かせばまだマシなものを、レイアウトだけ変更して写真をポツンと取り残してしまったんです。どっちがレイアウトのことを考えてるんでしょうか?
 ついでになりますが、「記事が主で写真が従」て、んなこと当たり前なことじゃないですか。私は適材適所ということを言ってるだけです。写真がうるさかったら降ろせばいいんだし。「写真が主」だったらそれは写真集じゃないですか。でも私は写真が全くない記事よりかは写真集が見たいですね。特に「歴史」に関連することなら、図書館で写真集を読み漁っているほうがよっぽど面白い。そしてこれはWikipediaの弱みなんです。例えば、著作権切れの写真ならいくらでも探してきて載せられますけど、ウィキペディアンの世代の問題で、鉄道全盛期のヨンサントオの頃の写真とか、あるいは国鉄再建法で廃止になった路線の写真というのは、なかなか持って来れない。そういう面でウィキペディアは市井に出回っている書籍よりも不利なのに、歴史をメインにしましょってあなたがたは言ってるわけです。しかも、適した写真がコモンズにあるのに、気付いていないというケースが往々にしてある。
 あと、そもそも検証可能性とレイアウトの問題は本来全く別ですが、検証可能性を問題視する人に対して言いたいことがあります。先日も言ったように、私は駅記事の出典に問題があるというのは寝耳に水でした。今までそれが問題にされたことがあまり無かったですから。しかし、確かにその通りだと思いますし、私も気がついたら補うようにしたいと思います。だが、なぜあなたたちは素知らぬ顔で「出典に問題がある記述は載せられない」と言えるのですか?柒月例祭さんは鉄道に関係がないからいいですよ。ですが、鉄道の記事をいじっているのに、{{出典の明記}}テンプレートを貼ってシレッとしてる人は、まるで「私はちゃんとやってるのに、駅構造を書いてる奴らがだらしない」とでも言いたげですが、鉄オタに「歴史」派と「駅構造」派があるなんて話は私は聞いたことが無いですよ?撮・乗・模型の分類なら一般的ですが。もしそういう派閥があるにしても、世間の人は「鉄オタ」という括りでしか見ませんよ。要するに、出典に問題があると思っているのに、なぜ自分で補おうと努力しないんですか?自分でやりたくなければ、「こういう書籍があるよ」とアドバイスするということもできるはずです。それをしない人は、自分を棚に上げて「出典を明記しない奴はけしからん」なんて非難してるつもりなのかもしれないけど、それは自分自身の執筆能力が無いということを示してるだけじゃないですか。あるいは、「駅構造」は除去すべきだと主張してるなら筋は通りますがね。さらに言えば、私も「駅構造」よりも「歴史」を加筆した分量のほうが多いと思いますが、それでも駅構造の記述は必要だと思ってるからこのような提案をしてるんですよ。
 最後に、駅はガイドブックではない云々について。数年前に『○○ライン』という題で、鉄道の配線図を載せた本が出てましたね?それに、前に挙げた『鉄道ジャーナル』のように、現在の駅の様子を中心に解説しているものもある。この本を見ながら、「ああ特急は○番線だな」ってガイドブックに使う人がいますか?要するに、配線や駅の構造(高架、地上、地下)などを総括して「駅構造」としているのであって、これをガイドブック的というのはあまりに短絡的でしょう?駅構造の存在意義を否定するのなら、「歴史」節に「○○ホームは特急が発着していた」という記述もできなくなるのではないですか?
 以上、長々と失礼しました。投稿ブロックがしたければ勝手にどうぞ。--もんじゃ会話) 2015年5月29日 (金) 15:25 (UTC)

もう議論は終わりということなのかもしれませんが、私のことについても言及されましたので返答しておきます。私は、もんじゃさんの質問には、きちんと回答したつもりです。「駅と社会とのかかわり、どのような影響を与えたか、などといったことを多面的に取り扱うのが百科事典なわけですから、歴史を順次書いていって、その後で現状をまとめるのが、もっとも整理された形になるものと考えています」のところです。回答しているものに対して「回答になってない」と言われても、単に読んでないのか理解するつもりがないのか、と思わざるを得ないです。HOPEさんと意見が統一されていない、とのことですが、そもそも同じ記事構造が正しいと思っていても、その理由は人によって違うかもしれないので、意見が統一されていなくても当然のことですよ。そんなことまで統一することは求められていません。
「クライマックスを最初に持ってくる小説がどれだけありますか」とのことですが、それなら「「駅構造」は駅記事のコアに近い部分であるという考え」はどうなったのですか。コアに近いから駅構造を上に書け、と言っていた人が、今になって「クライマックスは最初に持ってこない」と言い出すのですか。それなら、もんじゃさんは「駅構造」節がコア=クライマックスだから後に持って行くということであり、私は時系列で順に説明するのがよいから「歴史」節が前であり、ということで、記事の構成について何の異論もないことになるじゃないですか。
時系列に沿って順に書くのがよい、という主張をしているのに、どうして「「駅構造」は除去すべきだと主張してるなら筋は通ります」となるのか、まるで訳が分かりません。開業から順に説明して行って、結果として現状がある、という並べ方が分かりやすいと言っているのですから、開業以来の設備の改良についても順次歴史節で説明はなされますよ。私が書いた東京駅の歴史が現にそうなっているでしょう。逆に、駅構造の節でも、この駅舎は何年にできた、とちょっと歴史に触れることもあるかもしれません。歴史と構造は完全に独立には書けません。そんなことは当たり前です。頭に血が上っているのかもしれませんが、ちょっと支離滅裂にすぎます。もう少し落ち着いて書いてください。--Tam0031会話) 2015年5月30日 (土) 03:45 (UTC)
コメント - 全く子供じゃあるまいし、ボヤキだとかブロックがしたければ勝手にどうぞなどと捨て台詞はここに書かないで頂きたいです。恥ずかしいですよ。クライマックスが最初にあるものなんて決して珍しくはないですね。そのことと歴史を上部に持ってくることが全く関連していません。写真のことも仰ってることが支離滅裂で理解に苦しみます。それから、駅記事の出典に問題があることは寝耳に水でしたと仰いますが、今までどこの記事をご覧になっていたのでしょう。もう幾人かのベテランの利用者が片っ端からあっちこっちの記事に付けて回ってますから、全く目にしたことがなかったというのは不可解です。私の場合は目黒駅で議論になっているのをお見かけして、それで特に意識するようになりましたということはありますが。出典に問題があると思うなら、そう思う人が補え?日本だけで約1万の駅があるのですよ。大体、方針やガイドラインでは出典は記述を残したい方が示せとはっきり書いてあるのですよ。それを自力で補えないのは能力不足なんてどうかしています。少なくとも私は調べたうえで、ないものに対してはやむを得ず付けています。とにかく、あまりにも酷いコメントであんまりです。--UE-PON2600会話) 2015年5月31日 (日) 16:24 (UTC)

ホームの使用状況の欄について[編集]

失効 失効長期間コメントがありません。議論が再び活発になる場合は、タグを除去してください。--106.161.43.182 2015年11月22日 (日) 08:55 (UTC)

おはようございます。播磨国の鉄道・音楽ファンです。

各駅の「のりば」の記述は表形式になっていますが、備考欄の扱いについてここで議論したいと思っています。

備考欄には

  1. 東加古川駅のように、島式ホームで両側から同じ方向の列車が発車し、その片側は速達列車の通過待ちなどの用途にのみ使用する場合。
  2. 竜王駅福井駅などのように、一部の列車が反対方向行きのホームから出る場合に、通常使用するホームに一部列車は反対方向から出る旨の記述がある場合。
  3. 大阪駅京都駅などのように、同じ方向で列車種別によってホームが異なる場合に、そのホームから出る列車種別の記述がある場合。
  4. 須磨駅英賀保駅などのように、特定の時間帯はホームや行先が限定されている場合に、その旨があるもの。

と、大きく分けて4つあります。

表の見やすさやWikipediaが駅の使用ガイドではないこと、そして駅の規模などを勘案して議論を進めたいと思っています。--播磨国の鉄道・音楽ファン 2015年5月23日 (土) 00:44 (UTC)

見やすさを考えるなら、鉄道にあまり詳しくない読者のことを考えて、待避列車の有無に関係なく「一部○番のりば」という風に記述し、表の外で「○番のりば」から発車するのは、速達列車(新快速・快速・特急など)の待ち合わせ(または通過待ち)をする列車であるという風に記述したらいいと思います。

また、宝殿駅のように、不要な記述欄をcolspanで結合していますが、備考欄で空欄の場合でもレイアウト上で妥当などうかについても、議論したいと思っています。

紀伊駅のように、片側のホームが待ち合わせ専用であることに言及がないケースもありますので、このあたりも考慮に入れたらいいと思います。--播磨国の鉄道・音楽ファン 2015年5月23日 (土) 00:44 (UTC)

  • (追加)備考欄の必要性を考えるなら、反対方向行きのホームや同じ方向で列車種別によってホームが異なる場合など、混乱や誤乗車防止などのために必要な場合に絞るべきか妥当と考えています。僕の会話ページでのやり取り参照。--播磨国の鉄道・音楽ファン 2015年5月23日 (土) 00:51 (UTC) - 行を詰めても**だとパグになるそうです。すいません。--播磨国の鉄道・音楽ファン 2015年5月23日 (土) 01:00 (UTC)

鉄道駅隣接の停留場記事は営業路線と廃止路線で違ってよいか[編集]

鉄道駅に併設する路面電車停留場の記事は、現存する営業路線においては、些細な名称の違い(××駅前停留場など)はあっても鉄道駅と同じ記事で扱うことが原則になっているかと存じます(函館駅富山駅高岡駅岡山駅広島駅高知駅松山駅熊本駅鹿児島中央駅など)。しかし、廃止路線においては必ずしもそうなってはおらず、岐阜駅前駅仙台駅前停留場が単独立項された状態です。「廃止路線なら単独立項してもよい」といった何らかの合意がなされているのかと思いましたが、特にそのような決定はないようです。営業路線と廃止路線で扱いを分けるべきなのかどうか、ご意見を賜りたいと存じます。なお、現存路線でも豊橋駅に関しては駅前停留場と単独立項になっていますが、これは「駅名が違うから」という理由でしょうか。--Unamu 2016年7月15日 (金) 11:38 (UTC)

路面電車については鉄道駅と同じ記事で扱うことが原則とありますが、どこにありますでしょうか?同一名称の鉄道線の駅と路面電車の停留場が同じ項目に同居している場合は駅の方に合わせるというガイドライン(Wikipedia:記事名の付け方/鉄道#駅記事名)はありますが、独立基準に対してはプロジェクト:鉄道#独立基準があるだけで、明確なものは無いように思います。しかも、後者についてはプロジェクト:鉄道/駅にもある通り草案段階でありWP:GUIDESに該当するような「ガイドライン」ではないはずです。また、駅前停留場に関してはノート:豊橋駅で分割提案され、そこで合意された上での単独立項です。分割理由を見る限り、駅名が違うからという理由ではありません。--UE-PON2600会話) 2016年7月17日 (日) 15:34 (UTC)
ノート:豊橋駅を拝見しました。来歴及び記事の分量が主な理由とされているようですが、名称についても一応言及はございますね。鉄道駅と同じ記事に含めるのが「原則やガイドラインではない」という点については認識を新たにしましたが、それならば、どういった場合に単独記事にするのかという点を明確にした方がよいのではないかと存じます(現存・廃止を問わず)--Unamu会話) 2016年7月17日 (日) 15:40 (UTC)

画像による駅番号の表示について[編集]

首都圏の鉄道駅・路線記事を中心に、駅番号をピクトグラム形式で画像表示する例が目につきますが、確かに見た目はカッコいいのですが、画像の閲覧できない環境下では、まったく訳が分からなくなってしまいます。ウィキペディアの利用しやすさの観点から、過度なマークアップは控えるべきであり、現状は行き過ぎていると感じます。つまり、アクセシビリティに問題があるということです。そのため、駅番号の画像表示の禁止およびテキスト表示への再置き換えを提案します。こういった傾向が表れてから、時間が経っているため多くの記事に普及している状況ではありますが、こうした不便は看過できないと思います。広く皆さんの意見を求めます。--Kone会話) 2017年3月3日 (金) 09:54 (UTC)

コメント - 駅番号等のテキスト画像化に関してはWikipedia‐ノート:記事名の付け方/鉄道#駅一覧の駅番号に画像を使うことについてプロジェクト‐ノート:鉄道/色#路線記号・駅番号の表現についてにて昨年末より議論を行っています。その成果をプロジェクト:鉄道#文字画像によるマークアップとして先月末にリリースし、とりあえずこの規定に反する画像化に関してはテキストに戻すことを考えています(残る課題に関しては対応が一段落してから有志がやるってことで…)。--ButuCC+Mtp 2017年3月5日 (日) 19:57 (UTC)

プラットホームの「形状と配置」節への内部リンクに関して[編集]

標題の件について、ノート:プラットホーム#プラットホームの「形状と配置」節への内部リンクに関してで議論を行っております。ご意見をお寄せいただければ幸いです。--ワーナー成増会話) 2018年5月3日 (木) 23:48 (UTC)

「Category:韓国鉄道公社の鉄道駅」の再作成について[編集]

事後報告の形になりますが、2008年にWikipedia:削除依頼/韓国鉄道公社関連により削除されたCategory:韓国鉄道公社の鉄道駅を再作成しました。作成後に「削除されたページの改善なき再作成」として即時削除依頼が提出されました(削除者のSilverSpeech氏により依頼は却下されています)。2008年当時と2018年現在では状況が異なり、削除されるには当たらないのではないかと考えますが、これについてご意見などがございましたらCategory‐ノート:韓国鉄道公社の鉄道駅までよろしくお願いいたしします。--Ihimutefu会話) 2018年6月12日 (火) 13:27 (UTC)

10年前と比べて変わったのはSR(それも3駅。現在は韓国鉄道公社が管理)だけで地下鉄(果川線、一山線、盆唐線、水仁線を除く)と空港鉄道を除いてはすべて韓国鉄道公社が経営する駅(営業中だけでも600駅以上)であることには大きな変更がありません。韓国鉄道公社の駅は路線別の分類が大抵の路線でされています。私鉄天国の日本の鉄道の感覚で作成してはいけません。--hyolee2/H.L.LEE 2018年6月14日 (木) 02:41 (UTC)

駅構造の「のりば」の方面表記の根拠について[編集]

駅構造の中には表を使ったのりばと方面の記載がありますが、この方面は何を根拠に書くべきでしょうか?

北陸線や新潟県内の各駅では、駅設置のサインに揃えるとか、どこトレに合わせる、現地の案内に従うといったコメントの書き方が2018年4月時点で目立ちますが、それに待ったをかける方が最近になっていらっしゃることが分かりました。

理由は「検出可能性の観点」とのことですが、となると駅での実際の案内とWikipedia上の表記が大きく乖離してしまうように感じますし、何より他のページを作り上げた先人の方々の編集を批判しているようにも感じます。

というのも、どなたも"それ"に関しては検出可能かどうか触れておられないのですから。

一々目くじら立ててるのもどうかと思ったのですが、全記事において統一した方針を立てていきたいと考えた次第です。

合意形成を取りたいので、皆様の意見をお待ちしております。

現状どうか?(大多数は〇〇だから良し)ではなく、これからどうしていくかについて皆様の意見をお待ちしております。 Rebirth10会話) 2018年9月1日 (土) 01:46 (UTC)

コメント - JR東海の駅記事ではかなり前から公式HPの各駅時刻表(現地の掲示物と同じデザインのPDFファイル)が方面表記の根拠として用いられており、私は最近これに倣って名鉄各駅の行先表記を公式HPの記載に統一しました(時々書き換えが起こっていたので)。ですので出典を元に掲載基準を決めるなら「全記事で統一」ではなく、各事業者毎に基準となる出典を決めて「事業者ごとに統一」するというのが妥当な落としどころであろうと思います。--ButuCC+Mtp 2018年9月1日 (土) 03:02 (UTC)
コメント - もうどなたも議論して下さらないので、ひとまず新潟県内のページは駅の案内に従うという従来からのスタイルを継承したいと思います。--Rebirth10

どうもありがとうございました。--以上の署名の無いコメントは、Rebirth10会話投稿記録)さんが 2018年9月10日 (月) 18:06 に投稿したものです(ButuCC+Mtpによる付記)。

勝手に私を署名のリンク先にしないでいただきたい。あと、意見を募集するなら会話ページにマルチポストするのではなくWikipedia:コメント依頼なりに提出した方がよろしいのでは。--ButuCC+Mtp 2018年9月11日 (火) 04:43 (UTC)

駅設置のサインを出典とすることは目撃情報を書くことになるのでできません。方向については、一部の鉄道事業者では各駅別の案内を公式ホームページでしている場合があるので、それを出典にすることは可能ですので、そちらをお勧めします(ところで東建が運営しているホームメイト・リサーチの駅記事は出典になるのだろうか?東建公式とは言え一般からの投稿がメインなので使えるかどうか微妙ですがね…)。--東京サブウェイ会話) 2018年10月10日 (水) 15:25 (UTC)

駅構造の節にある「駅メロ」記載について[編集]

このほど、駅メロが首都圏の各駅ページの駅構造に記載されていることに気が付きました。市政だよりで広く紹介されるご当地メロディを除き、目撃情報にあたるもの(と推測される)ばかりで、出典がひとつもありませんでした。品川駅のページにはほかにも「トイレには温水便座があります」といった意味不明な記述も見受けられますが、こういった出典のない記述の是非について合意形成を取りたいと思います。 駅メロの記載を消すべきか残すべきか、コメントに移設して出典が出てきたら復元するといった意見を出していただければと思います。賛成票や反対票を皆様に出していただき、最終的にすべての全ページに適用できればと思っております。 議論への参加をお願い致します。 Rebirth10会話) 2018年10月19日 (金) 1:56 (UTC)

上記ののりばの方向の駅設置の看板を目撃して書いたのりば方向にも言えますが、目撃情報は問答無用で除去でいいでしょう。--海ボチャン会話) 2018年12月2日 (日) 09:12 (UTC)

【提案】駅記事における記述の存続について[編集]

(この提案につきまして、合意形成を取ってJR新潟支社の管理する全駅記事に適用できるようにしたいと考えております。賛成か反対のご意見をください)

提案 )JR東日本新潟支社の駅記事におきまして、従来から「自動券売機」や「乗車駅証明書発券機」の有無や、自動改札機の有無、さらにはみどりの窓口ではない切符販売窓口の有無についての記述が広く見受けられます。また、駅記事テンプレートに必ず記されている、運営が直営駅なのか業務委託駅なのかについても、ほぼ全ての駅で資料がない状況です。自動販売機や化粧室の記述についても同様ですが、こちらはほぼ全駅が対象となるはずです。

Wikipediaの大原則である目撃情報は載せない方針に従い、出典が付けられないものは全ての記事から残すことなく除去する(除去に 賛成 )か、記事の情報量維持や将来的に出典が出てきた時のためにそのまま残しておく(除去に 反対 )か、投票をお願いします。

以下はそれぞれに対する私の意見です。

【業務委託駅】1点目、委託駅かどうかの資料については、ジェイアール新潟ビジネス(以下、JNB)がJR東日本ステーションサービス(以下、JESS)のように業務委託の事実をホームページで公表していないため、資料が用意できない状況です。(そもそもJNBはホームページを持っておらず、親会社のトッキーもそこまでHPでJNBの事業内容を書いていない)

唯一資料としてあるのは、JRの労働組合が出した資料が業務委託駅になったのかどうかを示す資料にもなりますが、2009年にJNBに大量移管されたという上越線の越後川口〜塩沢間については古い情報となり事実を示すことができません。調べても出てきません。

これについては業務委託駅である信越本線の宮内駅や来迎寺駅、さらには犀潟駅や上越線の小千谷駅の記事でも同じことが言えます。

【自動券売機】2点目、JR新潟支社が管理する田舎の駅では2016年以降無人駅や簡易委託駅における自動券売機の撤去が進んでいます。

JR東日本では指定席券売機以外の自動券売機 設置駅の公表を全てのエリアで現状していません。券売機の有無を記した駅設備の分かる構内図についてもJR東日本では主要駅のさらに主要駅のHPにしか公表していません。(新幹線駅の浦佐駅にすらない)

このことから、原則的にJR東日本の駅記事においては自動券売機の有無について資料が何もないことになります。私個人としては設置の事実は規模や利用状況を示す上で重要な話題であると考えています。

このように[10]自治体が設置の事実をHPに書いてくれていれば、記述を残せるはずです。タッチパネル式なのかボタン式なのか形態についても同じです。

【乗車駅証明書】3点目、自動券売機の撤去がなされた駅においては必ず乗車駅証明書という紙を発券する機械が置かれています。これについてももちろん資料がありません。存在すら明記されていないということです。

【自動改札機】4点目、自動改札機の有無について、Suicaのエリア内であればHPの駅情報ページ[11]において改札の有無について説明がありますが、Suicaのエリア外であると現時点での資料が原則ありません。設置当時の資料があれば良いわけですが、新潟支社では2004年〜2007年の設置が多く、古い資料については公開されているものがなく探すのが困難です。酒田駅や鶴岡駅、移管前のJR高田駅のようにエリア外であると改札機があるのに資料がないということです。このような黎明期のプレスリリース[1]や、自動改札機があるのにSuicaが使えないことを特集した新聞記事[2]があれば、助かると思っています。

【窓口】5点目、JR東日本ではみどりの窓口非設置駅においても、塩沢駅のように新幹線特急券や指定席券、定期券を発売する窓口を有する駅があります。これについてもHPで公表は一切なく、窓口の存在についても資料がありません。

最後に、駅構内の参考画像として設備のわかるコンコースの画像[12]を補助的に貼り付ければ、それらの記述を全て省いても問題ないように思います。新宿駅の記事などでは改札口の写真が見受けられ、写真がなくても記事が成り立つとはいえ、補助的な写真もあった方が良いはずです。

なお、これらに限らずバリアフリー設備であるエスカレーターや多目的トイレなど他の設備の記述については、このようなもの[13]があればいちばん良いと思われますし、私個人としては公的な自治体のHPは信用のできる資料と思います。--Rebirth10会話) 2019年5月2日 (木) 03:32 (UTC)

  1. ^ http://www.jterc.or.jp/topics/jyohokakenkyukai/jouhouka/130517-1.pdf
  2. ^ https://www.asahi.com/articles/ASM4Q6D4TM4QUJUB01X.html?ref=amp_login

コメント[編集]

refが一番下にきて見辛いのでコメント節を設けて脚注の下に来るようにしました。--ButuCC+Mtp 2019年5月11日 (土) 12:25 (UTC)

最初に提案が投稿されてから4回にわたり追記されていますがもう追加はないでしょうか。
議論にあたり提案者に対して質問があります。
  1. JR東日本新潟支社の駅記事に限定したのはなぜでしょうか?
  2. ユーザーのブロックや管理者の立候補の投票などを除いて、記事やプロジェクトの合意形成の議論にあたり賛否をいきなり募集している例を知りません。当初から賛否の投票を募集しているのはなぜでしょうか?
  3. 「画像を基にコンコースの画像を補助的に貼り付ければ、それらの記述を全て省いても問題ないように思います。」という考えはどの公式方針、どのプロジェクトの過去の議論等から導いた考えでしょうか?
以上回答よろしくお願いします。--Tokyodesert会話) 2019年5月10日 (金) 12:55 (UTC)
  • コメント - 何点か。
    • 個別の案件は駅記事や(同一路線の複数駅に関わる場合は)路線記事でやった方がいいと思います。PJ:RAIL#駅の記事の記述に反映するようなレベルの話ならここでやった方がいいと思いますが、一般論ではなく特定記事の特定の文献についての扱いの話なら、先述した記事のノートでやった方がいいでしょう。
    • 一般論としては検証可能な文献をもとに書くという原則に変わりはないかと思います。信頼性の問題から何々の著書、雑誌、HPは使用可能か否かを議論することはあるかもしれませんが。
    • 画像(写真)を出典の代用のように用いることはできません。なので、出典不足として駅設備の記述を本文から除去したとして、その画像を貼ってキャプションに設備のことを色々書く、というのはあまり賛同できません。例示された画像なら単純に「コンコース」とだけ書き、写っている物の判断は閲覧者に任せましょう。--ButuCC+Mtp 2019年5月11日 (土) 12:25 (UTC)
  • コメント - 私もいくつか。
    • いきなり、全部除去か否かという提案は大変乱暴だと思います。類似の提案では名寄本線が思い出されますが、こういう極端な提案は他の利用者の反発を招くのでお控えなさった方がいいです。
    • 提案者さんは駅の設備に関する記述に拘っていらっしゃいますが、この節の上の一連の議論を見ていけば分かる通り歴史をまず重視するべきです。現在のプロジェクト:鉄道#駅の記事の記述の記述の順番はそういった議論をもとに修正されているものです。
    • 資料について、提案者さんは資料がないと御主張されていますが、紙資料でいえば私で使っているものには『週刊 全駅・全車両基地』『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線』(朝日新聞出版)・『新潟県鉄道全駅』(新潟日報事業社)というものがありますし、他の方ですと『停車場変遷大事典』(JTBパブリッシング)・『中部ライン 全線・全駅・全配線』(講談社)・『日本旅行鉄道地図帳」(新潮社)といったものもあります。新聞に載っていることありますし、市町村報や市町村議会の議事録ということもあります。あと、委託化や駅設備に関しては業界紙である『交通新聞』に載ってることも多いです。ときには官報に載っていることもあります。私からすると資料が無いのではなく探し足りてないように思います。
    • 画像は出典にならないというのは過去のウィキペディア内での議論でもほぼ同様の結論です。画像はあくまで補助です。--UE-PON2600会話) 2019年5月11日 (土) 15:18 (UTC)

報告)複数の方からご意見を寄せていただきありがとうございました。

コメント Butu-CCさんによる写真の話については今後の掲載手順に反映させたいと思います。大変筋の通った解説に感謝申し上げます。

コメント UE-PON2600さんが最後におっしゃった紙の資料について、市立図書館や村の教育委員会が所蔵している書籍・30年以上前の古い新聞記事のほか、各自治体の事務報告書や決算書(公費の支出を見るため)、委託関連の契約書などを情報公開請求を使い目を通してみましたが、公文書が駅に言及している資料は寺泊駅以外にありませんでした。(広域の市町村合併も理由に入るかもしれません)無人化や委託化については新聞に掲載されているものを確認しました。

公文書がないとなるとおっしゃったような市販の書籍を頼ることになりますね。 書籍についても地方の大きな図書館だけでは全てを揃えきれませんので、検証できない部分は他の方に委ねたく思います。 新聞記事については複数の資料が見つかりましたが、引き続き検証の材料を探していきたいと思います。ButuCCさんを始め、多くの方から意見を寄せて頂きありがとうございました。--Rebirth10会話) 2019年7月4日 (木) 15:31 (UTC)

2019年10月1日に駅名が改称される駅[編集]

以上の駅の記事は「10月1日の改名」で合意が成立しております。--切干大根会話) 2019年8月21日 (水) 22:13 (UTC)

徒歩連絡について削除の提案を検討しています[編集]

ノート:徒歩連絡にて徒歩連絡の削除の提案を検討しています。理由は定義文から出典がなく、羅列された例もほとんど個人の見聞きしたもの、体感によるものに終始しており、独自研究が大半(ほぼすべて?)のためです。定義について出典をお持ちの方はご提供をお願いします。議論はノート:徒歩連絡でお願いします。こちらでは告知のみになりますがよろしくお願い致します。--Tokyodesert会話) 2019年10月6日 (日) 13:43 (UTC)

  • コメント 当該項目は削除依頼を経て削除されましたが、未だに多くの記事でリンクが残ったままになっていますので、対処が必要です。--Y-route会話) 2019年12月28日 (土) 07:39 (UTC)

朝鮮民主主義人民共和国の鉄道駅記事について[編集]

Category:朝鮮民主主義人民共和国の鉄道駅を見ていただくとわかるように、多くの朝鮮民主主義人民共和国の鉄道駅記事が作成されていますが、ほとんどの記事が路線記事での記述で足りるような記述しかないです。 たとえば、昌斗駅平康駅漢川駅 (平安南道)。 朝鮮民主主義人民共和国の鉄道駅については現状朝鮮総督府官報(開設、廃止年、所在地)や国分隼人氏の書籍(表記、所属、所在地)といった限られた情報源しかなく、駅の単独記事を起こし、百科事典的な記事に成長させることは困難であると私は考えます。 削除または即時削除を依頼しようと考えていますが、どちらでの依頼が適切でしょうか。 テンプレートの貼り付けも膨大な数となるので、意見を伺いたいです。--IXTA9839会話) 2019年11月19日 (火) 17:59 (UTC)

  • 賛成 IPですのであまり大層なことは言えませんが、作成者は現時点でも会話に応じず、次々と粗製を続けています。あまりにも膨大なのでbot依頼のほうが手間が省けそうです。--2400:4164:2C40:2700:60C5:3AB0:9636:594E 2019年12月18日 (水) 11:10 (UTC)
  • 反対 限られた情報源しかなくとも、その情報源を最大限に活かせば最小限の記述は確保できるのではないでしょうか。せっかくできたプラットフォームですから、それを無下に削除してしまうのはあまりにもったいないと思います。確かに現状はサブスタブレベルかもしれませんが、あってはならないものとは思いません。--Kone会話) 2019年12月18日 (水) 12:59 (UTC)
  • 反対 限られた情報源しかないと仰るのであれば、新たな情報源を探せばいいだけの話だと思いますが。--切干大根会話) 2019年12月18日 (水) 13:56 (UTC)
    • 返信 まとめてでの返信、すみません。「限られた情報源」というのはTokyodesertさんもおっしゃったような国情を考慮してのことです。自分ではいろいろ探していましたが、既存記事についてはまず情報を広く募るべきでした。しばらく周知期間を設けたいと思います。--IXTA9839会話) 2019年12月18日 (水) 20:25 (UTC)
  • コメントWikipedia:独立記事作成の目安に「対象と無関係な」「信頼できる情報源から」「有意な言及があった場合」、その話題はウィキペディアの独立記事として作成、収録するだけの価値があると推定されるとあります。この件は「有意な言及」が不足しているものが多いと思います。また、現状の国の事情によりこれから有意な言及が各駅記事において増えるとはあまり考えられません。ただ削除は最終手段であって、路線記事等への統合を検討すべきと思います。--Tokyodesert会話) 2019年12月18日 (水) 15:16 (UTC)
    • 返信 統合についてもしっかり検討すべきでしたね。個人的の意見としては路線記事と記述が重複している記事がほとんどで、統合するに足らないものと考えています。--IXTA9839会話) 2019年12月18日 (水) 20:25 (UTC)

羽田空港第3ターミナル駅[編集]

2020年3月14日のダイヤ改正で京急・東京モノレールがそれぞれダイヤ改正します。 その関係で、現在の京急の羽田空港国際線ターミナル駅、モノレールの羽田空港国際線ビル駅がそれぞれ駅名改称されるのですが、両方とも「羽田空港第3ターミナル駅」に変わるとのことです。

京急線6駅の駅名を2020年3月14日(土)に変更します - 京浜急行電鉄

羽田空港にある3つの駅(羽田空港国際線ビル駅・羽田空港第1ビル駅・ 羽田空港第2ビル駅)の名称が変わります - 東京モノレール

既に両社とも現在の駅名でそれぞれ駅記事が出来ているのですが、駅名が同一になるため、どう扱うかですね。

プランとすると、

京急、モノレールの駅記事どちらかを親記事として新駅名に改名した上で、もう一方を親記事の方に統合。
京急、モノレールそれぞれの駅記事を残した上で、それぞれ「羽田空港第3ターミナル駅 (京急)」「羽田空港第3ターミナル駅 (東京モノレール)」に改名。

のどちらかとなりますが、ダイヤ改正時の編集合戦防止のために先にどう扱うか決めた方が良いかもしれません。--Sunen会話) 2019年12月16日 (月) 11:56 (UTC)

  • コメント 第2案の括弧付記事への改名が自然だと思います。--切干大根会話) 2019年12月16日 (月) 12:29 (UTC)
  • コメント それぞれ括弧付き記事へ改名する案を支持します。施設的には何も変わらず、利用者が混乱しないように各名称や略称を統一する活動(国土交通省の報道発表資料)の影響を受けての改称であるので、今まで同様別記事での取り扱いでよいと私は考えます。--IXTA9839会話) 2019年12月16日 (月) 20:06 (UTC)
  • コメント こちらで議論されていたのですね(各記事への告知テンプレートがなく、ノートページで新規提案を考えていた所でした)。なお、もともとこの2駅は羽田空港国際線ターミナル駅の方に京急・モノレールとも記載されており、ノートでの議論の末に分割された経緯がありましたが、議論の中には要約すると「駅名が別なので同じ記事にあるのは不自然」という旨の意見もいくつか見られました。そうなると、駅名が同じになった以上、統合意見も考えられそうに思います(さらに広くコメント依頼を出すべきかもしれません)。なお自分は、いずれの駅も空港ターミナルと一体化しており、かつターミナル内で改札も非常に近接していることから、同一駅と見なせると判断し統合案を支持しています。--Y-route会話) 2019年12月26日 (木) 18:03 (UTC)
    • Symbol comment vote.svg 追記 京急・モノレール両記事に告知テンプレートを貼りました。--Y-route会話) 2019年12月27日 (金) 03:32 (UTC)
  • コメント 過去にかなりの議論を経て分割されたようですが、分割が支持された大きなポイントは別な名称という点だと思われます。今回、同一の名称になるということなので改めて統合提案されても合意が可能ではないかと思います。両駅の記述のうち、駅開設までの経緯や駅周辺等、記述がかなり重複している部分がありますし、統合することが妥当と思います。--Takisaw会話) 2019年12月28日 (土) 02:23 (UTC)
  • コメント WT:RAIL#新たに議論を始める場合に基づいてPortal:鉄道/コメント依頼に掲載しました。京急駅・モノレール駅ともに新国際線地区の供用開始日にあわせて同日に開業しており[14]、(Takisawさんのコメントと重複しますが)記事分割から9年以上経っても「駅開設までの経緯」「駅周辺」のセクションは両記事で共通したままです。両事業者とも国際線ターミナルビル(3月からは第3旅客ターミナルビル)へのアクセスを目的に駅を設置したという経緯をふまえれば、括弧付き記事は作らず「羽田空港第3ターミナル駅」に改名・統合するほうが「自然」だと思います。--Tkmkz (talk) 2020年1月2日 (木) 07:55 (UTC)
  • コメント - 同一地点同一名称の鉄道駅については統合が妥当であると考えます。--210.48.133.123 2020年1月3日 (金) 04:37 (UTC)
  • コメント 両記事の内容は、現状でも似通っている点が多々あることから、改名後は「羽田空港第3ターミナル駅」に統合することが妥当であると考えます。--Shonan-Exp会話) 2020年1月5日 (日) 23:03 (UTC)
  • コメント 告知以降、統合意見が占めるようになっていますが、提起当初に括弧付記事への改名案を支持された切干大根さん及びIXTA9839さんからの現況に対するコメントを改めて頂ければ幸いです。--Y-route会話) 2020年1月10日 (金) 13:35 (UTC)
  • コメント 京急の羽田空港国際線ターミナル駅の駅情報にて、天空橋と違って乗り換えに東京モノレールが挙げられていない(ただし駅構内図には記載あり)ため、別駅と認識しての改名案支持でありました。ただ、過去の分割議論も見て、Wikipedia利用者の利便性を考慮すれば(WP:CRITERIA)、統合して一体的に記述したほうが良さそうだという意見に傾いております。--IXTA9839会話) 2020年1月10日 (金) 14:22 (UTC)
  • コメント 統合でも構いません。--切干大根会話) 2020年1月10日 (金) 14:37 (UTC)
  • 報告 改称1ヶ月前となりました。記事での告知やコメント依頼を経て、統合または統合可の意見にて一致していることから、合意形成とみなし、両記事を統合する方向で調整したいと思います。今後は、統合提案、改名提案、移動の障害となる曖昧さ回避ページの削除依頼を順次実施します。--Y-route会話) 2020年2月14日 (金) 03:00 (UTC)

Template:駅情報に載せる地図について[編集]

駅記事冒頭に使用するTemplate:駅情報における(主にテンプレートによるOSM地図の呼び出しによる)地図の掲載について、現状では引数を設定しないまま表示させているために記事ごとに対応がバラバラになっており、改めて正式な引数化とbot作業依頼を見据えた修正方法をTemplate‐ノート:駅情報#Infobox内の地図掲載についてにて検討中です。--ButuCC+Mtp 2020年1月15日 (水) 16:26 (UTC)

プロジェクト・ノートのショートカットを変更する提案[編集]

Wikipedia‐ノート:ショートカット#プロジェクト・ノート用のショートカット接頭辞について にて、プロジェクトのノート用に接頭辞を新設する提案を行っています。鉄道プロジェクトを含む3つのプロジェクトでは現在、プロジェクトは「PJ:」なのに、プロジェクトノートはWikipediaノート名前空間と同じ「WT:」を使っている状況です。ご意見よろしくお願いします。--ProfessorPine会話) 2020年2月18日 (火) 11:22 (UTC)