プレオンダクティルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
プレオンダクティルス
生息年代: 三畳紀後期, 228 Ma
Preondactylus NT.jpg
Preondactylus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 翼竜目 Pterosauria
亜目 : 嘴口竜亜目 Rhamphorhynchoidea
: ランフォリンクス科
Rhamphorhynchidae
: プレオンダクティルス属 Preondactylus
学名
Preondactylus
Wild, 1983
和名
プレオンダクティルス
  • P. bufarinii Wild, 1983(模式種)

プレオンダクティルス (Preondactylus 「プレオーネの指」の意) は三畳紀後期(カーニアン後期からノリアン前期・およそ2億2800万年前[1])に現在のイタリアに住んでいた長尾型翼竜の1属である。現在のところ1種のみが知られている。

Preondactylus buffarinii は1982年、イタリアアルプスプレオーネ渓谷のウーディネ近郊で化石収集家のナンド・ブッファリーニ (Nando Buffarini) によって発見された[2]

記載[編集]

復元骨格

プレオンダクティルスは単歯(各歯に先端が一つしかない歯)を持つ[2]。食性は昆虫のどちらか、またはその両方とされているが、その歯の構造がいずれの食性を指し示すのかについての議論はなおも進行中である。翼は短く翼開長は45cmしかない一方比較的長い尾を持つ。短い翼は翼竜にとっては「原始的な」形質であるが、プレオンダクティルスは充分に適応した飛行動物だった[3]

発見[編集]

指節骨化石

ブッファリーニがプレオンダクティルスを発見した時、化石を含んでいる薄い瀝青質ドロマイト石灰岩が採集中にバラバラに割れてしまった。組み立ての後、母岩は彼ら夫妻によって水で洗われたが、泥灰土と共に骨も一緒に流されてしまった。母岩に残された印象からシリコンゴム製の鋳型模型が作られ、失われた化石の代わりにその後の研究に供されるようになった。骨格のほとんどの部分が残っていたが、頭骨の後半部は保存されていなかった[2]。この最初の標本 (MFSN-1770) が模式標本である。

それより以前の1978年にエンデンナのゾルツィーノ石灰岩から発見されケヴィン・パディアン (Kevin Padian) によって記載されていた3本の指節骨もこの属に属していると考えられている[3]

1984年にバラバラになった骨格標本 (MFSN-1891) が同じ採集地の前回より150-200mほど深い地層で見つかった。この標本は、この翼竜を食べた肉食魚が排出した未消化物のペリットが化石化したものだと考えられている[2]。三畳紀翼竜に関する変異の多様性についての知見は増しているため、この標本をプレオンダクティルスとする同定は不確実である。

標本 (MFSN 25161) は頭骨の一部であり、下顎を欠いている。

系統[編集]

樹上姿勢

この種は1984年にシュトゥットガルト自然史博物館のルパート・ヴィルト (Rupert Wild) によって記載され、命名された。属名はプレオーネ渓谷からつけられ、種小名は発見者のブッファリーニに献名されたものである。ヴィルトはこの種をランフォリンクス科に分類した[3]。ランフォリンクス科に属する非常に古い種としてはドリグナトゥスなどが知られていたが、プレオンダクティルスの形態はさらに原始的であることがすぐに判明した。デヴィッド・アンウィン (David Unwin) による分岐分析ではプレオンダクティルスを最も基底的な翼竜類とし、翼竜というクレードを定義するノードとして使われた。しかし、他の分析ではプレオンダクティルスをもう少し派生的な位置に置いている。

以下の系統発生分析は Upchurch et al. (2015)に従う[4]

Eopterosauria


Preondactylus buffarinii



Austriadactylus cristatus





Peteinosaurus zambellii


Eudimorphodontidae
Raeticodactylinae

Raeticodactylus filisurensis



Caviramus schesaplanensis



Eudimorphodontinae

Arcticodactylus cromptonellus




Carniadactylus rosenfeldi



Eudimorphodon ranzii







脚注[編集]

  1. ^ Barrett, P. M., Butler, R. J., Edwards, N. P., & Milner, A. R. (2008). Pterosaur distribution in time and space: an atlas. Zitteliana, 61-107. [1]
  2. ^ a b c d "Preondactylus." In: Cranfield, Ingrid (ed.). The Illustrated Directory of Dinosaurs and Other Prehistoric Creatures. London: Salamander Books, Ltd. Pp. 284-285.
  3. ^ a b c ヴェルンホファー p70
  4. ^ Upchurch, P.; Andres, B.B.; Butler, R.J.; Barrett, P.M. (2015). “An analysis of pterosaurian biogeography: implications for the evolutionary history and fossil record quality of the first flying vertebrates”. Historical Biology 27 (6): 697–717. doi:10.1080/08912963.2014.939077. 

文献[編集]

  • Wild, R., 1984, "A new pterosaur (Reptilia, Pterosauria) from the Upper Triassic (Norien) of Friuli, Italy", Gortiana — Atti Museo Friuliano di Storia Naturale, 5, 45-62
  • Dalla Vecchia, F.M., Muscio, G., Wild, R., 1989, "Pterosaur remains in a gastric pellet from the Upper Triassic (Norian) of Rio Seazza Valley (Udine, Italy)", Gortiana — Atti Museo Friuliano di Storia Naturale, 10 (1988), 121-132
  • Dalla Vecchia F.M., 1998, "New observations on the osteology and taxonomic status of Preondactylus buffarinii Wild, 1984 (Reptilia, Pterosauria)", Boll. Soc. Paleont. It., 36(3, 1997): 355-366
  • Fabio M. Dalla Vecchia, 2003, "A Review of the Triassic Pterosaur Record", Riv. Mus. Civ. Sc. Nat. “E. Caffi” Bergamo, 22 (2003), pp. 13–29
  • ペーター・ヴェルンホファー 『動物大百科別巻2 翼竜』 平凡社 1993 ISBN 4-582-54522-X p70