PlayStation

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
プレイステーションから転送)
プレイステーション
PlayStation
PlayStation logo and wordmark.svg
製品種類 コンピュータゲーム
所持会社 ソニー・インタラクティブエンタテインメント (SIE)
使用開始国 日本の旗 日本
使用開始 1994年12月3日
ウェブサイト www.playstation.com
テンプレートを表示
PlayStationのコントローラに使われている「△○×□」は、同ブランドのトレードマーク(商標)としても使用される[1]

PlayStation(プレイステーション)は、日本ソニー傘下のソニー・インタラクティブエンタテインメント(略: SIE)[注釈 1]により開発・発売されている家庭用ゲーム機およびサービスのブランド名、トレードマーク(商標)である。世界中で一般的な略称は「PS」(ピーエス)。それに加えて、日本の俗称では「プレステ」と略されることもある[注釈 2]。「PlayStation」という語は「ワークステーション」から造語したものである。

概説[編集]

最初の機種である1994年12月3日に発売された据置型のPlayStation(「初代PlayStation」)は、その高速なポリゴン描画がユーザーに衝撃を与え、全世界販売台数が約1億200万台の大ヒットとなり、さらに2000年に発売となった後継機のPlayStation 2、その初代PlayStationを超え、世界累計販売台数が1億5,500万台で「ゲーム機歴代一位」となった(全てメーカーの全てのゲーム機の中で1位。今もこの記録は破られていない)、その後も2006年発売のPlayStation 3、2013年発売のPlayStation 4、2020年発売のPlayStation 5と、SONYは新製品を出す度に時代に先駆けた技術的な挑戦を行っている。PS4も販売累計台数1億台を超えて、2022年秋時点でも製造継続中で販売台数を伸ばしており、PS4と並行する形で発売となった最新型の2020年発売のPS5は人気殺到で製造が追いつかない状態である。

据え置き型と並行して2004年に発売となった携帯機のPlayStation Portableもヒットし2011年時点で累計7000万台を超え[2]、2011年には携帯型の後継機であるPlayStation Vitaが発売された。

2006年にはオンラインサービスのPlayStation Network(PSN)も提供開始、数年かけてさまざまなサービスを提供するためのネットワークサービスへと成長させ(2020年時点で月間アクティブユーザー数1億300万[3])、2010年にはPSNに加えてオプションで加入できる有料会員サービス(サブスクリプションサービス)PlayStation Plusも開始した(2021年12月31日時点で会員数4,800万人)。SONYはPlayStationに関して「ゲーム機」という用語を使用せず、ゲームも含めた様々なサービスを提供する「コンピュータエンタテインメントシステム」という表現を使用している[4][5][6]。(PlayStation発足当時から関わっている吉田修平2014年以降、PlayStationを従来のハードごとではなく、PlayStation全体が1つのプラットフォームであるという考え方にシフトしていくことを表明していて[7]、その言葉通りになった)

ハードやサービスの一覧[編集]

据置型ゲーム機[編集]

  • PlayStation (PS) - 同ブランドを冠した最初のゲーム機。
  • PlayStation 2 (PS2)
  • PlayStation 3 (PS3)
  • PlayStation 4 (PS4)
  • PlayStation 5 (PS5) - ネイティブ4Kでも十分なパフォーマンスが出せる。ただでさえ人気の最新機種なのに、コロナ禍が原因で世界中で人々が家に籠もりゲーム機需要が急増し、さらに半導体不足も起きた結果、PS5は1年以上に渡り入手難が続くという異例の事態となった。
その他の特殊な据置型ゲーム機
  • PSX - 2003年から2005年にかけて製造・販売された、PS2の機能および「ハードディスク搭載のハイブリッド(HDD・DVD)レコーダー」機能を併せ持つ据置型ハードウェア。

携帯型ゲーム機[編集]

周辺機器[編集]

サービス[編集]

終了したサービス
イベント、「お祭り」など
この他、2016年にはイベント活動を束ねる「PlayStation祭」[10]、子ども層の拡大を狙う「キッズの星」プロジェクトも発表されている[11]


互換性対応表[編集]

家庭用ゲーム機[編集]

PS
PS one
PS2
PSX
Slim
PS3
(CECHA・CECHB・CECHC・CECHE)
PS3
(CECHG・CECHH・CECHK・CECHL・CECHQ)
Slim
(CECH-2000 - CECH-3000)
Super Slim
(CECH-4000 - CECH-4300)
PS4
Slim
Pro
PS5
PS用ソフト ×(※2) ×(※2)
PS2用ソフト × (※1) ×(※2) ×(※2)
PS3用ソフト × × (※2) (※2)
PS4用ソフト × × × ×
PS5用ソフト × × × × ×
  • ※1 PS3(厚型)の20GB及び60GBモデルではPS2のソフトをプレイできたが、2007年11月11日の40GBモデル以降はできなくなった。
  • ※2 PS4ではPS1、PS2、PS3のパッケージソフトはそのままではプレイできない[注釈 3]。ただしPlayStation Plusに加入すれば、過去のPlayStationシリーズのハード上で動いた名作ゲームの一部が、PS4やPS5でプレイ可能な状態に改良された状態で「クラシックス・カタログ」に掲載されており、それをダウンロードしてプレイすることができる[12]

【記号凡例】


携帯ゲーム機[編集]

PSP
PSP go PSVITA
PSVITA TV
PSP用ソフト
PSVITA用ソフト × ×

【記号凡例】

  • :対応
  • ×:非対応
  • :UMD Passport対応

沿革[編集]

初代PlayStationの起動画面や本体にも描かれている4色カラーのPSファミリーマーク。Pと奥行きのあるSで構成[13][14]
PlayStation旧ロゴ
PlayStation 2まで使われていたロゴマーク。現ロゴと比べて、aが角字体に近く、字の間隔も空いている。

以下、特筆が無い場合は日本国内の日付を記す。

  • 1994年
  • 1999年
  • 2000年
    • 2月1日 - SCEが自社直販のショッピングサイト「PlayStation.com Japan」設立[16]
    • 2月18日 - 午前0時からPS2の先行予約受付を開始した[注釈 4]。しかし瞬く間にサイトが一時ダウン[17]するなど当初から注目を集めた。
    • 3月2日 - PlayStation.comでの注文者の氏名・商品配送先が受注番号の入力だけで閲覧可能な状態となっており、第三者からの不正アクセスにより個人情報が流出したことが明らかとなる[18]
    • 3月4日 - PS2発売。
    • 7月7日 - PS one発売。
  • 2002年
  • 2003年
    • 12月13日 - PSX発売。
  • 2004年
  • 2005年
    • 3月24日 - アメリカイマージョン社とのコントローラ振動技術の特許権をめぐる訴訟で、カリフォルニア州オークランド連邦地裁がソニー・コンピュータエンタテインメントなどに対し、アメリカでのPlayStationおよびPlayStation 2の販売差し止めと約9,070万ドル(日本円で約96億円)の損害賠償を命じる判決[注釈 5]。ソニー・コンピュータエンタテインメントは再審理を請求。
    • 5月16日 - 北米のElectronic Entertainment Expo (E3) にてPlayStation 3 (PS3) を発表。
  • 2006年
    • 3月14日 - アメリカでのイマージョン社とのコントローラ振動技術の特許権をめぐる訴訟でSCEの再審請求が棄却。
    • 11月11日 - PS3発売。PlayStation Network (PSN) サービス開始。
  • 2007年
    • 3月1日 - イマージョン社の請求金額とライセンス料を全面的に支払い、業務提携する形でSCEが和解。和解金は非公開。
    • 12月末 - PlayStation.com、ショッピングサービス終了[16]
  • 2008年
    • 2月末 - PlayStation.com、メールニュースサービス終了[16]
    • 12月12日 - PlayStation Homeサービス開始。
  • 2009年
  • 2010年
  • 2011年
    • 1月27日 - PlayStation Meeting 2011にてPlayStation Vita (PS Vita) を発表。
    • 12月8日 - PlayStation Suite(現・PlayStation Mobile)サービス開始。
    • 12月17日 - PS Vita発売。
  • 2013年
  • 2014年
  • 2016年
  • 2018年
  • 2019年
    • 10月4日 - 4月16日 ‐ WIREDマーク・サーニーの独占インタビューを掲載。PlayStation 4(PS4)の後継機となるPlayStation 5(PS5)(※この時点では名称不明) の概要が公表された。
    • 12月3日 - 初代PS発売から25周年となったこの日に「史上最も売れた家庭用ビデオゲームコンソールブランド」(PS・PS2・PS3・PS4の累計販売台数、同年11月7日時点のVG Chartzによる推定値4億5019万台)としてギネス世界記録の認定を受ける[20]
  • 2020年
    • 11月12日 - PlayStation 5 (PS5) 発売[21]
    • 12月11日 - フィリピンでPS5が発売。
  • 2021年
    • 1月22日 - インドネシアでPS5が発売。
    • 2月2日 - インドでPS5が発売。
    • 5月15日 - 中国でPS5が発売。

マスコットキャラクター[編集]

以下、日本国内でこれまでにテレビCMや会員サービス「PlayStation CLUB」、オンライン配信サービスなどで使用されたPlayStationの主なマスコットキャラクターである。特に初代PlayStationの頃には販売戦略としてキャラクターが多用されていた。

その他(雑学)[編集]

日本国内における発売日について

PlayStationシリーズの発売日として、(SONYの人々は、"ヒットするように"と いわゆる「げんをかついで」)暦注六曜)の大安をあらかじめ選んでおくことが多く、(当たり前のことだが)平日に仕事をしている人も店舗に行きやすくて多くの人が集まりやすい週末に設定する傾向がある。また可能な場合は、印象深くて人々があらかじめ記憶しておきやすい「日付の数字並び」(もしくは語呂)を選ぶことも。

例外的なもの

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2016年4月1日に株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(略: SCE)より社名変更。
  2. ^ 日本においてもCMや自社製品内の表記では「PS」(ピーエス)と略している。
  3. ^ PS3はCellで動くハードであるのに対しPS4はAMD Jaguar 8コアというCPUで動くハードであり、つまり全然別のアーキテクチャのハードであることが主な原因。
  4. ^ AIBOと同じ手法であった。
  5. ^ 俗にいうサブマリン特許
  6. ^ 元号表記では平成1234日に発売。

出典[編集]

  1. ^ PlayStationサイトポリシー - playstation.com
  2. ^ https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/451118.html ]
  3. ^ [1]
  4. ^ 家庭用コンピュータエンタテインメントシステム [PlayStation 2 および周辺機器 ・ SCPH-10000他]”. 日本デザイン振興会 (2000年). 2021年7月27日閲覧。
  5. ^ “次世代コンピュータエンタテインメント・システムを2006年春発売予定~Cellをはじめとする最先端技術を搭載し、「プレイステーション」「プレイステーション 2」との互換性を実現~” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメント, (2005年5月17日), https://www.jp.playstation.com/info/release/nr_20050517_ps3.html 2021年7月27日閲覧。 
  6. ^ “次世代コンピュータエンタテインメントシステム「プレイステーション 4」日本国内で2014年2月22日(土)に希望小売価格41,979円(税込)/39,980円(税抜)にて発売~同時発売タイトルをはじめとした国内向けソフトウェアラインアップも発表~” (プレスリリース), ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア, (2013年9月9日), https://www.jp.playstation.com/info/release/nr_20130909_ps4.html 2021年7月27日閲覧。 
  7. ^ 吉田修平 (2014年9月20日). SCEワールドワイド・スタジオプレジデント、吉田修平氏が興奮気味に語る“ついに訪れたVR時代の幕開け”【TGS2014】. インタビュアー:電撃オンライン. KADOKAWA Game Linkage. https://dengekionline.com/elem/000/000/929/929719/ 2021年7月27日閲覧。 
  8. ^ SCEが設立した新会社フォワードワークスは何をする会社なのか、SCE広報部に聞いてみた(電撃オンライン 2016年3月25日)
  9. ^ 「PlayStation™Music」を通じ、「Spotify」が本日9月29日からPS4®/PS3®で国内サービスを開始!(PlayStation.Blog 2016年9月29日)
  10. ^ すべての遊びが、ここに集まる。イベント活動を束ねる新たな取り組み"PlayStation®祭"立ち上げのお知らせ(PlayStation.Blog 2016年7月1日)
  11. ^ 【TGS 2016】ブースでは充実したタイトルとPS VRを体験してもらいたい―SIE JA プレジデント盛田厚氏にインタビュー(Gamer 2016年9月16日)
  12. ^ [2]
  13. ^ ロゴ+文字でブランドの浸透をうながす、PlayStationファミリーロゴ - BCN+R (2017年7月12日)
  14. ^ <LOGOS・「プレイステーション」のロゴ>初代から変わらぬPとS - BCN+R (2017年8月6日)
  15. ^ 続報:次世代プレステの発表会で出井社長がコメント,「ソニー・グループ全社を挙げて応援する」”. 日経BP Tech-on (1999年3月2日). 2015年2月23日閲覧。
  16. ^ a b c SCE、PlayStation.comのショッピング機能を12月末で終了 -メールニュースも来年2月末に終了。ポイントは移行”. AV Watch. インプレス (2007年9月27日). 2021年7月27日閲覧。
  17. ^ 速報:プレイステーション・ドットコム、1時半現在予約できず PC Watch 2000年2月18日
  18. ^ 購入者の個人情報が流出 プレステ2予約販売サイトで2000年3月2日 日経BPnet 2000年3月2日
  19. ^ ソニー・コンピュータエンタテインメント 「プレイステーション 4」(PS4™)発表 (PDF) (株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント:公式プレスリリース 2013年2月21日)
  20. ^ プレイステーションが「最も売れた家庭用ゲーム機」でギネス認定--25年で4億5000万台,CNET Japan,2019年12月4日
  21. ^ プレイステーション®5 11月12日(木)に発売決定 PS5™デジタル・エディション 希望小売価格39,980円+税、PS5™ 希望小売価格49,980円+税”. PlayStation.Blog (2020年9月17日). 2020年9月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]