プルーラヴァス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
プルーラヴァス

プルーラヴァスपुरूरवस् Purūravas)は、インド神話に登場する王。ブダ水星)とイダー(イラー)の子で、月神ソーマの孫にあたる。アプサラスウルヴァシーとの恋愛が有名で、彼女との間にアーユス、ディーマット、アマーヴァス、ドリダーユス、ヴァナーユス、シュルターユスをもうけた。

また『マハーバーラタ』によるとプルーラヴァスは13の大陸を征服したが、慢心してバラモンと戦い、サナト・クマーラの抗議にも耳を貸さなかったため、聖仙たちに呪われて破滅したとされる。

プルーラヴァスはプラティシュターナ(プラヤーガ、現在のウッタル・プラデーシュ州イラーハーバード)に都を置いた。プルーラヴァスを始祖とする王家を月種と呼び、プラーナ文献ではほとんどの王族は日種または月種に属する。『マハーバーラタ』の主要登場人物は月種のバラタ族のうちクル王の子孫(クル族)である。

関連項目[編集]