プルメリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Plumeria alba

プルメリア英語: Plumeria)はキョウチクトウ科インドソケイ属に属する植物の一般的な名称である。通常落葉樹で、花を付ける小灌木である。17世紀のフランス植物学者であるシャルル・プリュミエにちなんで名付けられている。 [1] [2]

中南米、カリビア海諸国の原産で,、300種類が確認されている。樹液には毒性があり、目や皮膚に悪い。

赤い花のプルメリア(Plumeria rubra=インドソケイ)はニカラグア国花である。

タヒチフィジーサモアハワイニュージーランドなどの太平洋の島々でレイに好んで使われるのは、プルメリアの花である。花は女性の髪にも飾られ、未婚者は頭の右に、既婚者は左に飾る。

インドでは、赤い花のプルメリアの香りを入れたをチャンパと呼び、ナグ・チャンパ(Nag Champa)などがある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ プルメリア(コトバンク)
  2. ^ プルメリア(Weblio辞典)