プルドポーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
豚肉をフォークでほぐしている。
プルドポーク・サンドイッチ。

プルドポーク: pulled pork、「むしった豚肉」)とは豚の肩肉に低温でじっくり火を通し、細かくほぐしてソースで和えた料理。アメリカ南部テネシー州メンフィスノースカロライナ州の代表的なバーベキュー英語版料理とされる[1][2]。本来は野外で長時間燻して作るが、屋内でスロークッカーを用いて蒸し煮にするタイプもある。パンに乗せたり、単独で食べたりする。見た目は無骨だがフォークでほぐせるほど柔らかく[3]、脂を落として肉の旨味を味わうことができる料理である[4]

調理法[編集]

プルドポークには豚肩ロースの塊肉が用いられる(正確にはそれより少し前方にあるボストンバット英語版という部位)[5][6]。まずパプリカブラウンシュガークミンチリ、塩コショウなどのスパイスミックスドライ・ラブ英語版)を肉の表面にもみ込む。蓋つきのバーベキューグリルやスモーク材で熾火を作り、直火を当てないように肉を燻す[7]。スパイス層がスモークされることでバークと呼ばれる風味の強い薄皮ができる[5]。半日経って肉が柔らかくなったら、フォークやトングで細かくほぐす[7]。熊の爪状の専用器具を使うこともある[8]。加熱中に肉の内部温度が65℃を超えると、表面で水分の蒸発が盛んになって温度が上がりにくくなる。それを防ぐため肉をアルミホイルで包むやり方を「テキサスクラッチ」という。この方法では調理時間が短くて済むが、バークができにくくなるため好まない者もいる[5][8]

バーベキュー以外にもスロークッカー家庭用オーブン電気圧力鍋マルチクッカー英語版)を使うやり方もある。135℃の低温にセットしたオーブンで6~8時間焼くと塊肉はおよそ半分に縮み、容易にほぐれるようになる[9]。圧力鍋では1時間程度の加熱で十分である[10][11]。スロークッカーを使う場合、肉をドクターペッパーコーラで煮込み、ほぐしてバーベキューソースで和えるだけの簡便なレシピが知られている[12][13]。これらの場合でも、塊肉にスパイス類や塩コショウを表面にすり込んでから冷蔵庫で一晩寝かせたり、蒸し煮にする前に表面に焼き目を付けたりすることで本格的なプルドポークに近づけられる[11][13]

大きな塊肉を使って安価に作ることができ、メニューの応用も効くことからパーティーやポトラック英語版向けの料理とされる[14]

プルドポークの調理例
バーベキューグリルで焼いた肩肉ブロック。
ほぐした後。
プルドポーク・サンドイッチと別添えのバーベキューソース。後ろの小鉢はチャウチャウ英語版レリッシュの一種)。
プルドポークとワカモレナチョス
プルドポーク・オーバー・ライス。

歴史[編集]

バーベキューが盛んな米国南部には地域ごとに異なったスタイルがあり、そのうちテネシー州メンフィスを代表する料理がプルドポークである[1][15]。同市では豚の肩肉にニンニクやパプリカなどをすりこんでから時間をかけて焼き、酸味のあるトマトベースのバーベキューソースで味付けする[15][16]。プルドポークをサンドイッチにする食べ方は多くの地域で見られるが、メンフィスではピザナチョススパゲッティとともに食べることもある[16]

「プルドポーク」という言葉はテネシー州西部で遅くとも1973年には使われていた。1980年以降、全国的な小売りチェーンであるクローガーが商品化したことにより近隣の州を超えて知られ始めた。1990年代から2000年代にかけて、バーベキューブームとインターネット文化の発展によって全米各地のレシピが混交する中でプルドポークも浸透していき、元からあった調理法に置き換わるまでになった[2]

ノースカロライナの一部にも丸ごと焼いた豚英語版から肉をむしり取って食べる伝統的なバーベキューがあった[1][15][16]。酢に塩コショウとカイエンペッパーなどを混ぜたソースが使われていた[8]。しかし1990年代に著名なシェフが「ノースカロライナ・プルドポーク」という名のレシピを広めたことで、ノースカロライナは一般的なプルドポーク・スタイルの発信地と見なされるようになった[2]カンサスシティのバーベキューでは伝統的にポークリブやスモークハムが中心だったが[1][2]、やはり2000年代に肩肉をほぐすプルドポークが定着した[2][17]アラバマではマヨネーズのソースを使ったプルドポーク・サンドイッチが人気である[15]

日本ではほとんど無名の料理だったが、2019年ごろから注目され始めた[6]。米国食肉輸出連合会は2020年1月の日米貿易協定発効を機に米国産豚肉の消費を拡大することを狙い、この時期にプルドポークの普及活動を行っていた[3]。飲食店情報サイトぐるなびは2020年のトレンドメニューにプルドポークを選び、取扱店舗が2年間で2.7倍と急増していることや、「肉々しい」料理やバーベキューへの関心が高まっていることを挙げた[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d A Brief History of Barbecue”. Time (2009年7月3日). 2020年12月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e How Pulled Pork Took Over the South”. Southern Living (2020年1月22日). 2020年12月14日閲覧。
  3. ^ a b 肉肉しい食感とうまみ ホロリほどける「プルドポーク」は日本人の舌にも合う”. SankeiBiz (2019年12月10日). 2020年12月14日閲覧。
  4. ^ a b ぐるなび (2020年1月20日). “この春注目の2020年トレンドメニューは”プルドポーク””. PR TIMES. 2020年12月14日閲覧。
  5. ^ a b c 【完成まで1日半】ホロホロ系豚肉料理・プルドポークがやって来た!”. メシ通. リクルート (2019年11月7日). 2020年12月14日閲覧。
  6. ^ a b What's Japan's next food trend? It might finally be pulled pork”. The Japan Times (2020年2月8日). 2020年12月14日閲覧。
  7. ^ a b Pulled Pork”. NYT Cooking. 2020年12月13日閲覧。
  8. ^ a b c アメリカンBBQガイドブック”. 米国食肉輸出連合会. 2020年12月13日閲覧。
  9. ^ Pulled pork roast yields many meals”. Montana Standard (2020年4月29日). 2020年12月14日閲覧。
  10. ^ Pressure cooker barbecue-style pulled pork”. BBC Food. 2020年12月14日閲覧。
  11. ^ a b Pressure Cooker BBQ Pulled Pork”. NYT Cooking. 2020年12月14日閲覧。
  12. ^ Slow Cooker Central”. The New York Times (2020年8月28日). 2020年12月14日閲覧。
  13. ^ a b Slow Cooker BBQ Pulled Pork”. NYT Cooking. 2020年12月14日閲覧。
  14. ^ 28 Pulled Pork Recipes - Dinner Ideas for Pulled Pork”. Southern Living (2018年9月18日). 2020年12月19日閲覧。
  15. ^ a b c d A field guide to regional BBQ styles in America”. thrillist (2014年2月11日). 2020年12月14日閲覧。
  16. ^ a b c The American Barbecue Regional Style Guide”. Eater (2016年1月16日). 2020年12月14日閲覧。
  17. ^ Will classic KC pit ham disappear amidst the rise of pulled pork?”. Kansas City (magazine) (2020年1月2日). 2020年12月19日閲覧。

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、プルドポークに関するカテゴリがあります。