プリーティ・ズィンタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
プリーティ・ズィンタ
プリーティ・ズィンタ
出演作『Jaan-E-Mann』(2006年)の映画宣伝関連の場にて
生年月日 (1975-01-31) 1975年1月31日(44歳)
出生地 インドヒマーチャル・プラデーシュ州シムラー
国籍 インド
職業 映画女優
活動期間 1998年-
配偶者 ネス・ワーディヤー (2005年-)
テンプレートを表示

プリーティ・ズィンタヒンディー語: प्रीति ज़िंटा英語: Preity Zinta1975年1月31日 - )は、インドの映画女優。

主にヒンディー語ボリウッド)の映画で数多く出演するほか、テルグ語パンジャーブ語英語などの作品にも出演している。

犯罪心理学専攻で大学を卒業した後、1998年に『ディル・セ 心から』でデビューし、同年『ソルジャー』(w:Soldier (1998 film))にも出演。これらの作品での演技が認められ、「フィルムフェア賞」の最優秀新人女優部門(w:Filmfare Best Female Debut Award)で受賞した。

その後、『Kya Kehna』での10代のシングルマザー役など、数々の出演作において多彩な役柄を演じ、ヒンディー映画のヒロインのイメージを変えたと言われている。

外部リンク[編集]