プリングルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
プリングルスから転送)
Jump to navigation Jump to search
プリングルズ
Pringles chips.JPG
プリングルズの実物
製品種類 ポテト スナック菓子
使用会社 ケロッグ(2012年 -)
使用開始国 アメリカ
主要使用国 世界各国
使用開始 1968年
ウェブサイト http://www.pringles.jp/
テンプレートを表示

プリングルズ (Pringles) は、プロクター・アンド・ギャンブル (P&G) によって開発されたじゃがいもおよび小麦でできたスナック菓子商標である。世界140か国以上[1]で販売され、年間10億USドル以上を売り上げている[2]

P&Gの食品事業撤退による売却にともない、2012年以降はケロッグが商標権を所有している。

商品名[編集]

「プリングルズ」の名称の由来にはいくつかの説があり、ひとつは「じゃがいもを処理するための方法と装置」("Method and Apparatus for Processing Potatoes")というアメリカ特許を1937年3月5日に取得した[3]マーク・プリングルにちなむもので、特許は脱水加工されたポテトの味を改良するために引用された[4]。他には、P&Gの2人の営業担当者がシンシナティのプリングル通りに居住していたことにちなむもので、プリングルズ公式サイトの記載を以下に引用する。

P&Gの本社があるアメリカ・シンシナティに実在する通りの名前(Pringle Dr.)に由来します。また、“POTATO CHIPS(ポテトチップス)”、“PROCTER & GAMBLE(プロクター・アンド・ギャンブル:弊社の社名)”と並べたとき、頭韻を踏んでいることもあって、アメリカでプリングルズを発売する際、名づけられました。 — P&G Japan、http://www.pringles.jp/faq#Q2

商品名が「プリングル」と発音・表記される場合があるが、日本ケロッグによる日本向け製品の正式商品名は「プリングル」と濁る。コルドンヴェール株式会社が米国より輸入しやまや等が販売する海外向けパッケージは、同輸入元により「プリングル」の日本語ラベルが貼付されている。

来歴[編集]

プリングルズブランドのポテトチップスは、1968年10月にアメリカで発売され、1970年代半ばには世界的に流通するようになっていた。[5]1967年の発売当初は、"Pringle's Newfangled Potato Chips"の商品名で売り出されたが、翌年現在の商品名に改められている。プリングルズのテレビコマーシャルは、Thomas Scott Cadden によって1968年に制作された。

現在ヨーロッパニュージーランド南米イスラエルなど、世界各国で売られており、日本でも人気である。様々な種類の味で販売されているが、地域限定のものがあることもよく知られている。日本でも輸入雑貨店などでアメリカ版が販売されている。

2011年4月、P&G社はアメリカ・カリフォルニアダイヤモンド・フーズ英語版社への23億5000万ドルでの事業売却に同意し、これによりダイヤモンド社のスナック事業規模は3倍以上になるとされた[6]。しかし2012年2月15日に買収交渉は打ち切られたことが発表され[7]、同日ケロッグ社が26億9500万ドルで事業を買収すると発表した[8]

日本では1994年から正規販売が始まり、日本国内における独占販売契約をプロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&Gジャパン)と締結している明治が販売総代理店となっていたが、上記売却により、2013年1月からケロッグ社の日本法人である日本ケロッグ森永製菓が販売総代理店となっている[9][10]

日本のCMではかつて「開けたら最後。You can't stop.」というキャッチフレーズが使われていた[11]。また、当初は他のCMと同様にCM最後にP&Gロゴを表示していたが(P&Gフーズとして表示した場合もあった)、2001年以降は非表示となった。

アジア向けには中国とマレーシアで外部企業に委託して生産を行っていたが[12]2015年にはケロッグがマレーシアに新工場を建設[13]、アジア向けの大きさとフレーバーでプリングルズの生産を開始した。イスラム教ハラールに則ってラードやポークエキスなどを使わず製造は行われている[14][15]。日本仕様は2015年8月より米国ジャクソン工場生産品からマレーシア産の商品に切り替えられた[16]

味の種類[編集]

プリングルズは世界の各地域で限定フレーバーを発売しており、北アメリカではパスタ用ソースを添えたモッツァレラスティック、ラテンアメリカではハラペーニョ味を発売した[1]

日本[編集]

  • うましお味(元々は、オリジナル(P&G時代初期)→マイルドソルト→うすしお味)
  • サワークリーム&オニオン味(P&G時代の初期から続く定番フレーバー)
  • テキサスバーベキュー味(2006年秋・2008年春・2010年3月 -)
  • 味わいコンソメ味
  • グリルド・チーズ味
  • 四穀チップス(2012年3月 -)- 四種類の穀物ブラン黒豆大麦麦芽)を配合したポテトチップス。
    • うすしお味
    • サワークリーム&オニオン味
  • リッチコンソメ味(2005年3月 - 2010年2月・2009年1月までは、フレンチコンソメ味)
  • リッジ(ギザギザ)バーベキュー味
  • リッジ(ギザギザ)チーズサワークリーム味
  • ワイルドコンソメ味
  • チーズ味(P&G時代初期の定番フレーバー)
  • ピザ味
  • ピザリシャス味
  • ファンキーソイソース味
  • ホット&スパイシー味
  • クリスピーカレー味
  • クリーミーチーズ味
  • メキシカンタコス味
  • フェタチーズ味
  • ウェスタンBBQ味
  • ウィンターBBQ味
  • ジャーマンベーコン味(期間限定)
  • グリークフェタ味(期間限定)
  • グリルドシュリンプ&ペッパー味(期間限定)
  • インディアンカレー味(期間限定)
  • ウィンターチーズフォンデュ味(期間限定)
  • ブラックペッパー味(期間限定)
  • エスニックスパイシー味(期間限定)
  • クラッシュドペッパー味(期間限定)
  • ウインターソルト味(期間限定)
  • イタリアン・ブルスケッタ味(期間限定)
  • スモーキーサラミ味(期間限定)
  • ハニーローストチキン味(期間限定)
  • ベーコンサワークリーム味(期間限定)
  • イタリアンピッツァ味(期間限定)
  • スイスチーズテイスト味(期間限定)
  • マヨチーズポテト味(期間限定)
  • チーズカーニバル味(期間限定)
  • スパイシーチキン味(期間限定)
  • トルコ屋台のビーフケバブ味(期間限定)
  • ホワイトクリームチーズ味(期間限定)
  • シカゴピッツア味(期間限定)
  • ベイクドチーズポテト味(期間限定)
  • ポテトチーズグラタン味(期間限定)
  • デビルホット味(期間限定)
  • N.Y.チーズバーガー味(期間限定)
  • グリーンカレー味(期間限定)
  • からあげ味(期間限定)
  • わさびのり味(期間限定)
  • バターしょうゆ味(期間限定)
  • ハラペーニョ&オニオン味

アメリカ[編集]

  • オリジナル味
  • ローデッドベークドポテト味
  • サワークリーム&オニオン味
  • ハラペーニョ味
  • ピザ味
  • ピザリシャス味
  • ホワイトチェダーチーズ味
  • チリチーズ味
  • スパイシーケージャン味
  • ランチ味
  • ランチレジャーズ味
  • バーベキュー味
  • ベーコンランチ味
  • スパイシーグァカモーレ味
  • ファイヤーホット味
  • ソルト&ビネガー味
  • ダイエットマイナスカロリー味
  • ダイエットバーベキュー味
  • パプリカ味
  • テキサスBBQソース味
  • ハニーマスタード味

レストランクレーバーズ[編集]

  • オニオンブロッサム味
  • メキシカンレイヤードディップ味
  • モッツァレラ&マリネラ味

エクストリーム[編集]

  • キックインチェダー味
  • ブレイジンバッファローウィング味

パッケージ[編集]

プリングルズのパッケージは従来袋詰めだったチップスを均一に積み重ねるために、1966年にアメリカの有機化学者フレドリック・バウアー英語版が設計し、1970年に特許を取得した。バウアーはこのパッケージに誇りを持っており、2008年に彼が死去した際には、遺言によって遺体の一部がプリングルズの筒に入れられて葬られた[17]

パッケージは内側にアルミをライニングした紙の筒と金属製の底、プラスチック製のキャップで構成される。環境問題に関心のある消費者からは、分別廃棄に適したパッケージではないため困惑や不満の声が上がることもある。イギリスリサイクル協会のサイモン・エリンCEOは2017年に行われたインタビュー上で、金属、紙、プラスチックの分離が困難なプリングルズのパッケージは、環境を考えると「悪夢」だと語っている[18]。プリングルズの広報は、当パッケージには鮮度を保ち汚染を防ぐ機能があり、新鮮なチップスを提供する事で食品の無駄を最小限にしていると述べている[19]。また、日本ケロッグはリサイクルのための分解方法や、物入れなどの再利用法を提案している[20]

イギリスにおける法闘争[編集]

イギリスでは低所得者救済のため、生活必需品の消費税率を低く、嗜好品の税率を高くする軽減税率の政策を採っている。プリングルズは嗜好品にあたるポテトスナックとして17.5パーセントの課税対象商品とされていたが、米P&G社はジャガイモの使用量が50%以下である事、当局の定めるポテトスナックの基準が「ポテトチップ、ポテトスティックなどポテトやジャガイモ粉、ジャガイモのでんぷんを原料とした菓子類」であるなどを理由にポテトチップスではない(嗜好品ではない)と主張して争った。2008年7月の一審では英高等裁判所がP&G側の主張を認める判決を下した[21]が、2009年5月の二審で英控訴院が逆転判決を下し[22]、P&Gは敗訴。プリングルズはポテトスナックに分類され課税対象となることで決着した。

アメリカ合衆国におけるプリングルズ[編集]

  • ダブルカプセルパックなどといわれる2ケース入り商品などがある。袋入りや、3ケースセット、日本でも販売されているミニケース商品などがある。
  • カロリーをおさえたものとして代替油脂のオレストラが含まれている場合があり、これが下痢血便腹痛などの副作用を引き起こすため、テレビ番組などで揶揄されることがあった。
  • 2005年より一つ一つのポテトチップに、赤や青の食用色素でスポーツや音楽などに関するクイズや豆知識などを印刷した「プリングルズ・プリンツ」を販売している。日本でも2006年に豆知識や王様ゲームを印刷した「プリングルズ プリントチップス」としてセブン-イレブンなどで限定発売していた。
  • 子供たちが学校に携行するランチにポテトチップスがつく場合がある。食べ過ぎを防ぐために少量しか入れられない「携帯プリングルズケース」もある。
  • プリングルズの自動販売機が存在する。
  • 軍用レーションにプリングルズが付属している場合がある。

脚注[編集]

  1. ^ a b Chapman, Michelle (2011年4月6日). “Pringles sold to growing empire”. The Sun News. Associated Press. オリジナル2013年2月4日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20130204030823/http://www.thesunnews.com/2011/04/06/2083370/pringles-sold-to-growing-empire.html 2011年4月6日閲覧。 
  2. ^ ACNielsen Study Finds 43 Brands Have Billion Dollar Global Presence”. ACNielsen. 2011年9月25日閲覧。
  3. ^ http://www.freepatentsonline.com/2286644.html
  4. ^ Martin, Andrew (2011年9月25日). “Once a Great Flop, Now Sold for Billions”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2011/04/06/business/06pringles.html 
  5. ^ History of Pringles”. P&G. 2011年9月25日閲覧。
  6. ^ “Pringles sold by P&G to Kettle Chips firm Diamond Foods”. BBC News. (5 April, 2011). http://www.bbc.co.uk/news/business-12973728 2011年9月25日閲覧。 
  7. ^ Diamond Foods Issues Statement Regarding Termination of Pringles Transaction” (英語). ダイヤモンド・フーズ. 2012年2月17日閲覧。
  8. ^ “ケロッグ、ポテトチップス「プリングルズ」買収”. 読売新聞. (2012年2月16日). http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20120216-OYT1T00879.htm 2012年2月17日閲覧。 
  9. ^ 「プリングルズ」ブランド商品の販売店契約を締結 - 森永製菓株式会社
  10. ^ 日本ケロッグ、森永製菓と 2013 年以降のプリングルズ販売店契約で合意 - 日本ケロッグ合同会社
  11. ^ プリングルズは「開けたら最後! You can't stop!」なのにフタがついている理由”. ロケットニュース24 (2011年8月16日). 2011年9月25日閲覧。
  12. ^ co-manufacturing 2015-10-24閲覧
  13. ^ Kellogg Company News Room - News Releases/Statements
  14. ^ Jakim confirms Pringles is halal | Free Malaysia Today 2015-10-24閲覧
  15. ^ Malaysia: Kellogg to build RM425m halal plant 2015-10-24閲覧
  16. ^ 日本ケロッグ、「プリングルズ」刷新で日本仕様に 米ケロッグ、マレーシア新工場稼働 |日本食糧新聞・電子版 2015-10-24閲覧
  17. ^ "Ashes of man who designed Pringles packaging buried in crisp can" - The Guardian、2008、2018年5月13日閲覧。
  18. ^ "プリングルズの容器 イギリスのリサイクル協会が「最悪の包装」と認定" - livedoor News、2017年5月20日、2018年5月13日閲覧。
  19. ^ "Pringles tubes and Lucozade Sport bottles are the 'villains' of the recycling world, says trade body" - The Independent、2017年5月18日、2018年5月13日閲覧。
  20. ^ Recycle - 日本ケロッグ、2018年5月13日閲覧。
  21. ^ 英法廷の判決、プリングルズはポテトスナックではない!?(exciteニュース)
  22. ^ “Pringles lose Appeal Court case”. BBC News. (2009年5月20日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/8060204.stm 

外部リンク[編集]