プリマス伯爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
プリマス伯爵(第3期)
Coronet of a British Earl.svg
Earl of Plymouth COA.svg

紋章記述

Arms:Quarterly: 1st and 4th, Argent on a Fess Sable three Mullets Or (Clive); 2nd and 3rd, Gules a Saltire Argent between twelve Cross Crosslets Or (Windsor) Crests:1st: a Griffin statant Argent ducally gorged Gules (Clive); 2nd: a Stag's Head affrontée couped at the neck Argent attired Or (Windsor) Supporters:On either side a Unicorn Argent armed maned tufted and unguled Or
創設時期 1905年12月18日
創設者 エドワード7世
貴族 連合王国貴族
初代 初代伯ロバート・ウィンザー=クライブ英語版
現所有者 4代伯アイヴァー・ウィンザー=クライブ
相続人 ウィンザー子爵ロバート・ウィンザー=クライブ
付随称号 ウィンザー子爵
ウィンザー男爵
現況 存続
旧邸宅 ヒウェル・グレンジ英語版
紋章標語 Je Me Fie En Dieu
(I trust in God)

プリマス伯爵: Earl of Plymouth)はイギリスの伯爵貴族。これまでに3度創設されており、第1期及び第2期がイングランド貴族として、現存する第3期が連合王国貴族としての叙爵である。

本項では、第2期及び第3期の前身となったウィンザー男爵に関しても触れる。

歴史[編集]

フィッツチャールズ家への叙爵[編集]

チャールズ・フィッツチャールズ(1657-1680)は国王チャールズ2世と寵姫キャサリン・ペッグ英語版との庶子にあたる人物であり、彼が1675年7月28日イングランド貴族として「プリマス伯爵(Earl of Plymouth)」に叙された事例が第1期の創設である[1][2]。フィッツチャールズはこの叙爵時に「デヴォン州トットネスのトットネス子爵(Viscount Totnes, of Totnes in the County of Devon)」及び「デヴォン州ダートマスのダートマス男爵(Baron Dartmouth, of Dartmouth in the County of Devon)」を併せて得ている[1][2]。しかし、彼が子のないままイングランド領タンジェ英語版にて戦病死を遂げると、すべての爵位は廃絶した[1][2]

ウィンザー家への叙爵[編集]

かつて存在した5代男爵のモニュメント
伯爵家の旧邸宅ヒューエル・グレンジ英語版

ウィンザー家はウィリアム・フィッツアザー(William Fitzother、1160年没)を祖として、スタンウェル荘園を擁してきた一族である[注 1][3][4]。その一員アンドリュー・ウィンザー英語版(1467–1543)カンブレー同盟戦争下のスパーズの戦い英語版を主導した騎士である[5][6]。彼がウィンザー家の人間で最初に称号を得た人物で、彼は1529年にイングランド貴族の「バッキンガム州スタンウェルのウィンザー男爵(Baron Windsor, of Stanwell in the County of Buckingham)」として議会招集を受けている[3][6][7]

その息子の2代男爵ウィリアム(1498–1558)ヘンリー8世朝のベッドフォードシャー及びバッキンガムシャー代官を務めたのち、晩年は女王メアリー1世を支持した[6]

その子の3代男爵エドワード(1532–1574)もメアリー1世戴冠式に際して騎士に叙されたのち、第六次イタリア戦争下のセント・クエンティンの戦い英語版に参戦している[6][7]。爵位はその子のフレデリックが継承した。

4代男爵フレデリック(1559–1585)は生涯未婚のまま死去したため、爵位は弟ヘンリーに継承された[6][7]

5代男爵ヘンリー(1562–1605)も父祖同様に国政に参与して、エリザベス1世朝の廷臣であるエセックス伯サウサンプトン伯の処刑の是非を審議した[6]

その子である6代男爵トマス(1591–1642)が男子のないまま死去すると、爵位は彼の妹の間で停止となった[6]。その後、1660年6月16日に甥トマス・ヒックマンに帰属する形でこの停止は解消された[8][9]。トマスはその姓を母方のウィンザーに改めている[7][8]

7代男爵トマス(1627–1687)王党派として活動して、ジャマイカ総督ウスターシャー統監英語版を務めた[7][8][9]。彼は1682年12月6日に「プリマス伯爵(Earl of Plymouth)」に叙されたが、これが第2期の創設にあたる[注 2][7][8][9]。彼以降は6代伯まで直系男子による継承が続いた[8]。なお、初代伯の次男トマスも「ウィンザー子爵」に叙されて分家が誕生したが、この爵位はわずか2代で途絶えている[10][11]

6代伯アザー(1789–1833)が子のないまま没すると、男爵位はアザーの2人の妹(マリア及びハリエット)の間で優劣がつかず、爵位停止となった[8]。他方、男子に継承を求める伯爵位は叔父アンドリュー(7代伯)が相続している[8]

しかし、7代伯の弟である8代伯ヘンリー(1768–1843)にも子がおらず、伯爵位は廃絶となった[8]。一方で、停止していた男爵位は末妹ハリエットに帰属する形で1855年10月25日に解除された[6]。彼女はウィンザー姓に復するとともに、その子ロバート(14代男爵)が第3期の叙爵を受けることとなる[6][7]

伯爵位の再興[編集]

初代プリマス伯爵(第3期)ロバート・ウィンザー

14代男爵ロバート(1857–1923)保守党の政治家として活動し、陸軍支払長官英語版建設長官英語版を歴任した[12][13]。彼は1905年12月18日連合王国貴族爵位の「プリマス伯爵(Earl of Plymouth)」及び「グラモーガン州セント・ファガンズのウィンザー子爵(Viscount Windsor, of St Fagans in the County of Glamorgan)」に叙されて、伯爵位の再興を果たした[12][13][14]。彼は長男アザー(1884–1908)に先立たれていたため、次男アイヴァーが伯爵位を継承した[13]

2代伯アイヴァー(1889–1943)も保守党の政治家で、儀仗衛士隊隊長外務政務次官英語版を務めた[13][15]

その孫にあたる4代伯アイヴァー(1951-)がプリマス伯爵家現当主である。

伯爵家の邸宅は、シュロップシャー州ラドロー英語版近郊のブロムフィールド英語版に位置するオークリー・パーク(Oakley Park)[13]。かつての邸宅には、ウスターシャー州にあるヒューエル・グレンジ英語版があった。

現当主の保有爵位[編集]

現当主である第4代プリマス伯爵アイヴァー・ウィンザー=クライブは以下の爵位を有する[13]

  • 第4代プリマス伯爵(4th Earl of Plymouth)
    (1905年12月18日の勅許状による連合王国貴族爵位)
  • 第4代グラモーガン州セント・ファガンズのウィンザー子爵(4th Viscount Windsor, of St Fagan's in the County of Glamorgan)
    (1905年12月18日の勅許状による連合王国貴族爵位)
  • 第17代バッキンガム州スタンウェルのウィンザー男爵(17th Baron Windsor, of Stanwell in the County of Buckingham)
    (1529年12月1日の議会召集令状によるイングランド貴族爵位)

フィッツチャールズ家[編集]

初代プリマス伯爵(第1期)の紋章。

プリマス伯爵(第1期:1675年)[編集]

ウィンザー家[編集]

ウィンザー男爵(1529年)[編集]

プリマス伯爵(第2期:1682年)[編集]

ウィンザー男爵(1529年)[編集]

プリマス伯爵(第3期:1905年)[編集]

爵位の法定推定相続人は、現当主の息子であるウィンザー子爵(儀礼称号)ロバート・アザー・アイヴァー・ウィンザー=クライブ (1981 -)

法定推定相続人の法定推定相続人は、その息子であるエドワード・アザー・アイヴァー・ルウェリン・ウィンザー=クライブ閣下 (2019 -)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 一族の祖ウィリアムは、ウィリアム征服王期の封建領主ウォルター・フィッツアザー英語版を父に持つ人物。
  2. ^ 第1期のプリマス伯爵位保持者チャールズ・フィッツチャールズは1680年に没している。

出典[編集]

  1. ^ a b c Plymouth, Earl of (E, 1675 - 1680)”. www.cracroftspeerage.co.uk. 2020年8月13日閲覧。
  2. ^ a b c Callow, John. "Fitzcharles, Charles, earl of Plymouth". Oxford Dictionary of National Biography (英語) (online ed.). Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/9540 (要購読、またはイギリス公立図書館への会員加入。)
  3. ^ a b WINDSOR, Sir Andrew (c.1467-1543), of Stanwell, Mdx. | History of Parliament Online”. www.historyofparliamentonline.org. 2020年9月4日閲覧。
  4. ^ John Vivian (1895). The Visitations of the County of Devon: Comprising the Heralds' Visitations of 1531, 1564 & 1620,. Exeter. p. 133 
  5. ^ Shaw, The Knights of England, II, p. 36.
  6. ^ a b c d e f g h i Heraldic Media Limited. “Windsor, Baron (E, 1529)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2020年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月1日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g Arthur G.M. Hesilrige (1921). Debrett's peerage, and titles of courtesy, in which is included full information respecting the collateral branches of Peers, Privy Councillors, Lords of Session, etc. Wellesley College Library. London, Dean. p. 724. http://archive.org/details/debrettspeeraget00unse/page/724 
  8. ^ a b c d e f g h Heraldic Media Limited. “Plymouth, Earl of (E, 1682 - 1843)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2020年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月1日閲覧。
  9. ^ a b c Kelsey, Sean. "Windsor [formerly Hickman], Thomas, first earl of Plymouth". Oxford Dictionary of National Biography (英語) (online ed.). Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/29726 (要購読、またはイギリス公立図書館への会員加入。)
  10. ^ Cokayne, George Edward, ed. (1898). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (U to Z, appendix, corrigenda, occurrences after 1 January 1898, and general index to notes, &c.) (英語). 8 (1st ed.). London: George Bell & Sons. pp. 188–189.
  11. ^ WINDSOR, Thomas, 1st Visct. Windsor [I (c.1669-1738), of Tardebigge, Worcs. | History of Parliament Online]”. www.historyofparliamentonline.org. 2020年8月12日閲覧。
  12. ^ a b Piggott, Jan. "Clive, Robert George Windsor-, earl of Plymouth". Oxford Dictionary of National Biography (英語) (online ed.). Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/62036 (要購読、またはイギリス公立図書館への会員加入。)
  13. ^ a b c d e f Plymouth, Earl of (UK, 1905)”. www.cracroftspeerage.co.uk. 2020年8月12日閲覧。
  14. ^ "No. 27865". The London Gazette (英語). 19 December 1905. p. 9084. 2020年8月13日閲覧
  15. ^ Mortimore, Roger; Blick, Andrew, eds. (2018). Butler's British Political Facts. London: Springer Nature. p. 99. ISBN 978-1-137-56709-3

関連項目[編集]