プリエンファシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プリエンファシス (pre-emphasis) とは、情報伝送に関わる電気技術の1つであり、伝送路固有の高周波数における減衰特性に応じて伝送信号の高域側を増幅して送信側から送出し、受信側で受ける信号の周波数特性を改善する変調技術である。また、伝送路の高域減衰ではなくFM変調を用いる場合も、高域側で変調指数が低下しSN比が悪化するためにあらかじめ送信側で変調信号の高域を強調する操作を行うことがあり、これもプリエンファシスである。FM変調でプリエンファシスされた変調波を受信側で復調する場合は、強調された高域を元に戻す操作が必要となり、デエンファシス(de-emphasis)と呼ばれる高域側を弱める復調が行われる。

プリエンファシスやデエンファシスは、いずれも周波数フィルタなどを用いた補償回路によって実現される[1]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 「プリエンファシス」 - トランジスタ技術 エレクトロ・セミナー

関連項目[編集]