プリアパティオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。 Template:表記揺れ案内
  • フリアパティウス
プリアパティオス
ΦΡΙΑΠΑΤΙΟΣ
アルサケス3世
PhriapatiusParthiaCoinHistoryofIran.jpg
プリアパティオスのコイン
在位 紀元前191年 - 紀元前176年
戴冠式 紀元前191年

子女 フラーテス1世ミトリダテス1世アルタバノス1世
王家 アルサケス朝
テンプレートを表示


プリアパティオスPhriapatius、在位:紀元前191年 - 紀元前176年)は、アルサケス朝パルティア王国の王。別号でアルサケス3世。「プリアパティオス」は「ピロパトル」のイラン語訳。[1]

生涯[編集]

パルティア人にとっての第三番目の王はプリアパティオスであったが、彼もアルサケスと呼ばれた。それは彼らパルティア人の王をすべてアルサケスと称すからであり、ちょうどローマ人がローマ皇帝をカエサルやアウグストゥスというのと同じである。

プリアパティオスは15年間王位にあって後、二人の息子ミトリダテスとプラアテスとを残して没した。そのうち年上のプラアテス(フラーテス1世)は種族の習慣で王国の継承者となった。

[2][3]

[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 合阪 1998,p435
  2. ^ 合阪 1998,p435-436
  3. ^ デベボイス 1993,p25

参考資料[編集]

先代:
アルサケス2世
パルティア王国の君主
前191年 - 前176年
次代:
フラーテス1世