プラーニュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

プラーニュプロヴァンス語:Planh)または哀悼歌[1]とは、中世ラテン語のプランクトゥス(Planctus)を手本とした、トルバドゥールが歌った葬式のラメント(哀歌)のこと。世俗的な聴衆に向けられた点でプランクトゥスは異なる。

アルフレッド・ジャンロワ(Alfred Jeanroy)は哀悼を捧げた相手によって、プラーニュを3つのタイプに分けた。

  • 偉大なパトロン(grandes personnages)に捧げたもの。
  • 家族または友人に捧げたもの。
  • 淑女または恋人に捧げたもの。

年代順のリスト[編集]

作曲者 インキピット 哀悼された人物
セルカモン (Cercamon) Lo plaing comens iradamen 1137年 アキテーヌ公ギヨーム10世 (Guillaume X d'Aquitaine)
ギラウト・デ・ボルネーユ S'anc jorn aqui joi e solaz 1173年 ラインバウト・ダウレンガ
Guillem de Berguedà Cousiros chan e planh e plor 1180年 ポンス・デ・マタプラナ(Pons de Mataplana)
ベルトラン・デ・ボルン ? Si tuit li dol el plor el marrimen 1183年 ヘンリー若王
ベルトラン・デ・ボルン Mon chan fenisc el dol et ab maltraire 1183年 ヘンリー若王
Folquet de Marselha Si com cel qu'es tan greujat 1192年 ボー家のバラル1世 (Barral I des Baus)
ガウセルム・フェイディット (Gaucelm Faidit) Fortz causa es que tot lo major dan 1199年 リチャード1世
ギラウト・デ・ボルネーユ Planh e sospir e plor e chan 1199年 リモージュ子爵アデマール(アイマール)5世 (Adémar V de Limoges)
Pons de Capduelh De totz caitius sui eu aicel que plus ???? オジル・ド・メルクール(Ozil de Mercœur)の妻アザライス(Azalais)
Guillem Augier Novella Cascus plor e planh son damnatge 1209年 レーモン・ロジェ・トランカヴェル (Raymond Roger Trencavel)
Lanfranc Cigala Eu non chan ges pes talan de chantar 1210年代 Berlenda
Guiraut de Calanso Bels senher Deus, quo pot esser sofritz 1211年 カスティーリャ王子フェルナンド(アルフォンソ8世王子)
Gavaudan Crezens fis verais et entiers 1212年 作曲者の名前不詳の愛人
アイメリック・デ・ペギヤン Ja no cugei quem pogues oblidar 1212年 アッツォ6世・デステ (Azzo VI of Este)およびサン・ボニファーチョ伯ボニファーチョ
アイメリック・デ・ペギヤン S'eu chantei alegres ni jauzens 1212年 アッツォ6世・デステおよびサン・ボニファーチョ伯ボニファーチョ
Daude de Pradas Be deu esser solatz marritz 1220年 - 1230年 ユック・ブリュネンク (Uc Brunet)
アイメリック・デ・ペギヤン Ara par be que Valors se desfai 1220年 グリエルモ・マラスピナ(Guglielmo Malaspina)
アイメリック・デ・ペギヤン De tot en tot es ar de mi partitz ???? bona comtessa Biatritz(素晴らしき伯夫人ベアトリッツ)
ソルデッロ (Sordello) Planher vol En Blacatz en aquest leugier so 1237年 ブラカッツ (Blacatz, Blacas de Blacas)
Bertran d'Alamanon Mout m'es greu d'En Sordel quar l'es faillitz sos sens 1237年 ブラカッツ
Peire Bremon Ricas Novas Pus partit an lo cor En Sordel e'n Bertrans 1237年 ブラカッツ
Aimeric de Belenoi Ailas, per que viu lonjamen ni dura 1242年 サルダーニャ伯ヌーニョ・サンチェス (Nuño Sánchez)
アイメリック・デ・ペギヤン ? Ab marrimen angoissos et ab plor 1245年 プロヴァンス伯レーモン・ベランジェ4世
Rigaut de Berbezilh En chantan (ieu) plaing e sospir 1245年 プロヴァンス伯レーモン・ベランジェ4世
Bonifaci Calvo S'ieu ai perdut, no s'en podon jauzir 1250年 - 1265年 作曲者の名前不詳の淑女
Bertran Carbonel S'ieu anc nulh tems chantei alegramen 1252年 - 1265年 P. G.(おそらくペイレ・ギレム・デ・トロサ (Peire Guillem de Tolosa)
Pons Santolh Marritz com hom malsabens ab frachura 1260年 Guilhem de Montanhagol
Raimon Gaucelm de Bezers Cascus planh lo sieu damnatge 1262年 ベジエの市民Guiraut d'Alanhan
不詳 Totas honors e tug fag benestan 1266年 シチリア王マンフレーディ
Bertolome Zorzi Sil mons fondes a meravilha gran 1268年 シチリア王コッラディーノおよびバーデン辺境伯フリードリヒ1世
Paulet de Marselha Razos no nes que hom deja cantar 1268年 ボー家のバラル2世
不詳 En chantan m'aven a retraire 1269年 Gregorio de Montelungo
Guilhem d'Autpol ? Fortz tristors es e salvatj'a retraire 1270年 フランス王ルイ9世
ギラウト・リキエル Ples de tristor, marritz e doloiros 1270年 ナルボンヌ子爵アマルリック1世
Johan Esteve de Bezers Aissi quol malanans 1270年 ナルボンヌ子爵アマルリック1世
Matieu de Caersi Tan sui marritz que nom puesc alegrar 1276年 ハイメ1世
ジローナのサルバリー Si per tristor per dol ni per cossire 1276年 ハイメ1世
ジローナのサルバリー Joys ni solatz, pascors, abrils ni mais 1276年 Raimon de Cardona
Johan Esteve de Bezers Planhen ploran ab desplazer 1289年 Guilhem de Lodeva
Raimon Menudet Ab grans dolors et ab grans merrimens ???? Daude de Bossaguas
Raimon de Cornet Aras quan vey de bos homes fraytura 1324年 アマニュー7世・ダルブレ
不詳 Glorios Dieus, don totz bens ha creysensa 1343年 ナポリ王ロベルト

脚注[編集]

  1. ^ 高名(2009)による訳語。

参考文献[編集]

  • Alfred Jeanroy. La poésie lyrique des troubadours. Toulouse: Privat, 1934.
  • 高名康文 「トルバドゥールによる12 世紀の哀悼歌(planh)の翻訳」『福岡大学研究部論集 A:人文科学編』9巻3号(2009)、pp.11 - 21 [1]
  • 高名康文 「アイメリック・デ・ペギヤンの哀悼歌」『福岡大学人文論叢』42巻3号(2010)、pp.843 - 857 [2]
  • 高名康文 「ソルデル、ベルトラン・ダラマノン、ペイレ・ブレモン・リカス・ノヴァスによるブラカッツ殿に捧げる哀悼歌(planh)三篇(翻訳)」、成城大学大学院文学研究科ヨーロッパ文化専攻紀要『ヨーロッパ文化研究』31集(2012)、pp.135 - 149 [3]
  • 高名康文 「1200年から1260年頃までのトルバドゥールの哀悼歌(planh)の翻訳」『成城文藝』228巻(2014)、pp.90 - 63 [4]