プラマーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

プラマーナ(pramāṇa प्रमाण)は、サンスクリット語原義では「証明」「知識の手段」を意味する[1][2]漢語においてはサンスクリット語: pramāṇa)と訳される。インド哲学中核的概念のひとつとして重視され、知識根拠・軌範のことであり、人が正確で真の知識を獲得するための、1つ以上の信頼できる有効な手段のことである。

インド哲学の学派によってプラマーナ数は異なり、インド哲学正統派でも2から6まで様々である[3]。たとえば順世派はプラマーナは1つのみ[4]、仏教は2つ[5][6]、ジャイナ教は3つ[6]ミーマーンサー学派アドヴァイタ・ヴェーダーンタ学派は6としている[7]

仏教の量説[編集]

仏教では、量に3種あるとされ、

の三量説が主であったが、陳那が聖教量は比量の一つであるとして二量説を立てることで、仏教の立場をより明確にした。

ヴァイシェーシカ学派の量[編集]

六派哲学のひとつヴァイシェーシカ学派では "pramāṇa" と言う言葉が使われ、「量」と訳される。この「量」は性質の一つであり、知識根拠ではない。ことに勝論学派の論文を読むときには注意を要する。

脚注[編集]

  1. ^ pramANa Sanskrit-English Dictionary, Koeln University, Germany
  2. ^ James Lochtefeld, "Pramana" in The Illustrated Encyclopedia of Hinduism, Vol. 2: N-Z, Rosen Publishing. ISBN 0-8239-2287-1, pages 520-521
  3. ^ P Bilimoria (1993), Pramāṇa epistemology: Some recent developments, in Asian philosophy - Volume 7 (Editor: G Floistad), Springer, ISBN 978-94-010-5107-1, pages 137-154
  4. ^ MM Kamal (1998), The Epistemology of the Carvaka Philosophy, Journal of Indian and Buddhist Studies, 46(2): 13-16
  5. ^ D Sharma (1966), Epistemological negative dialectics of Indian logic — Abhāva versus Anupalabdhi, Indo-Iranian Journal, 9(4): 291-300
  6. ^ a b John A. Grimes, A Concise Dictionary of Indian Philosophy: Sanskrit Terms Defined in English, State University of New York Press, ISBN 978-0791430675, page 238
  7. ^
    • Eliott Deutsche (2000), in Philosophy of Religion : Indian Philosophy Vol 4 (Editor: Roy Perrett), Routledge, ISBN 978-0815336112, pages 245-248;
    • John A. Grimes, A Concise Dictionary of Indian Philosophy: Sanskrit Terms Defined in English, State University of New York Press, ISBN 978-0791430675, page 238

関連項目[編集]