プラハ条約 (1866年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

プラハ条約(プラハじょうやく、: Prager Frieden)は、1866年8月23日に結ばれた普墺戦争の講和条約。この条約において、ドイツ連邦の解体が正式に定められ、プロイセン王国を中心としたドイツ統一が推進されることになった。

骨子[編集]

南ドイツ連邦[編集]

条約によりマイン川以南の地域は南ドイツ連邦を発足させることが認められた。バイエルン王国ヴュルテンベルク王国バーデン大公国、そしてヘッセン大公国領のうちマイン川以南にあるシュタルケンブルク[1]とラインヘッセン[2]である。ヘッセン大公国領マイン川以北オーバーヘッセンは北ドイツ連邦に参加した。普仏戦争が大同団結の契機となり、南ドイツ連邦は流産した。

脚注[編集]

  1. ^ ヘッペンハイムを中心とする現在のベルクシュトラーセ郡。旧ヘッセン=ダルムシュタット方伯領
  2. ^ マインツからモーンスハイム(Monsheim)近辺まで

参考文献[編集]

  • 成瀬治ら編 『世界歴史大系 ドイツ史2』 山川出版社、1996年
  • 南塚信吾編 『新版世界各国史19 ドナウ・ヨーロッパ史』 山川出版社、1999年

関連項目[編集]