プラト=ディ=ジョヴェリーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Prato-di-Giovellina
Prato-di-Giovellina vue du village.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) コルス地方公共団体Flag of Corsica.svg
(département) オート=コルス県
(arrondissement) コルテ郡
小郡 (canton) ゴロ=モロシリア小郡
INSEEコード 2B248
郵便番号 20218
市長任期 ジョゼ・シモニ
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes Aghja Nova
人口動態
人口 43人
2014年
人口密度 3.5人/km2
住民の呼称 Pratais
地理
座標 北緯42度25分28秒 東経9度09分51秒 / 北緯42.4244444444度 東経9.16416666667度 / 42.4244444444; 9.16416666667座標: 北緯42度25分28秒 東経9度09分51秒 / 北緯42.4244444444度 東経9.16416666667度 / 42.4244444444; 9.16416666667
標高 平均:m
最低:235m
最高:848 m
面積 km2
Prato-di-Giovellinaの位置(フランス内)
Prato-di-Giovellina
Prato-di-Giovellina
テンプレートを表示

プラト=ディ=ジョヴェリーナPrato-di-Giovellina)は、フランスコルス地方公共団体オート=コルス県コミューン

地理[編集]

かつてのピエーヴ(fr、洗礼堂を備えた農村部の教会が統率する、宗教的・行政的な区画)であるジョヴェリーナ地方に属する、小さなコミューンである。ジョヴェリーナはゴロ川流域に広がり、ピエディリジオ、プラト=ディ=ジョヴェリーナ、ポポラスカ、カスティリョーヌから構成される。4つのコミューンのうちポポラスカだけがコルス地域圏自然公園に属している。

プラト=ディ=ジョヴェリーナは、チント山のふもと、ポポラスカ連山の東、コルス結晶岩の上にある。ポポラスカ連山のふもとの山腹に腰かけたプラト=ディ=ジョヴェリーナは、その領域には北、東、南に開けた無数の谷があり、そこを流れる小川はゴロ川に注いでいる。ゴロ川で区切られた東側は、コルス島の中央低地の一部で、狭くて距離が長いコルテの畝を軸とする堆積地帯で構成される。

村は標高700mを超える場所に建設され、気候は厳しく、冬は寒く夏は暑い。コミューンに目立った森林はないが、セイヨウヒイラギガシホワイトオークヨーロッパクロマツの木立がある。

ゴロ川沿いにおよそ1kmにわたってコミューンの領域を横切る国道20号線から遠くない。コルテからは20km離れている。最寄りの鉄道駅は、6km離れたフランカルド駅である。

都市化[編集]

村はゴロ川谷を見下ろしている。住宅はほとんどが改修された古い建物で、漆喰の壁と赤いタイルの屋根が特徴である。古い建物はコミューンの領域全体に点在している。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2014年
73 57 54 47 39 40 51 43

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[1]、2006年以降INSEE[2][3]

史跡[編集]

脚注[編集]