プラティーク・バッバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
プラティーク・バッバル
Prateik Babbar
Prateik Babbar
生年月日 (1986-11-28) 1986年11月28日(35歳)
出生地 インドの旗 インド マハーラーシュトラ州ムンバイ
職業 俳優
配偶者 サニヤ・サーガル(2019年 - )
テンプレートを表示

プラティーク・バッバル(Prateik Babbar、1986年11月28日 - )は、インド俳優

人物[編集]

ラージ・バッバル英語版スミタ・パティル英語版の息子として生まれる[1][2][3][4]。スミタはプラティークを出産した1か月後に合併症で死去しており[5]ムンバイの母方の祖父母に育てられた。プラティークによると父ラージとの関係は険悪なのもだったが、成人するころに和解したという[2]。義理の母にナディラ・バッバル英語版がおり、異母兄にアーリヤ・バッバル英語版、異母姉妹にジュヒー・バッバル英語版がいる[6]

2011年からエイミー・ジャクソンと交際していたが、2012年に破局が報じられた[7]。2019年に大衆社会党ラクナウ支部長パワン・サーガルの娘サニヤ・サーガルと結婚した[8]

キャリア[編集]

プラティーク・バッバルとカルキ・ケクラン英語版

プラティークは俳優になる以前にプララド・カッカル英語版の元で1年間プロダクション・アシスタントとして働き、同時にキットカットなど複数の企業の広告に出演した[9]

2008年に『君が気づいていなくても英語版』で俳優デビューし、ジェネリア・デソウザ英語版イムラン・カーン英語版と共演した。プラティークはジェネリアの弟役を演じ、彼の演技は批評家から絶賛され多くの映画賞を受賞しており[10]第54回フィルムフェア賞英語版では特別賞英語版を受賞し、最優秀新人男優賞英語版最優秀助演男優賞英語版にノミネートされた[11][12]

2011年に4本の映画に出演し、キラン・ラオが監督した『ムンバイ・ダイアリーズ』は海外の映画祭で上映され高い評価を得た[10]ローハン・シッピーが監督した『Dum Maaro Dum』ではアビシェーク・バッチャンラーナー・ダッグバーティと共演し、プラカーシュ・ジャー英語版が監督した『留保制度 インドvsインド』ではアミターブ・バッチャンディーピカー・パードゥコーンと共演した。その後、2012年に『Ekk Deewana Tha』、2013年に『Issaq』で主役を務めたが、興行的には失敗している。2014年には『Auroni Taukhon』でベンガル語映画デビューし、パオリ・ダム英語版と共演した[2]

一時期薬物依存とアルコール依存に陥り、ムンバイのリハビリセンターでカウンセリング治療を受け、回復後にジェフ・ゴールドバーグ・スタジオの演技学校に通いメソッド演技法を学んだ。卒業後に短編映画『The Guitar』に出演し、2015年にサンダンス映画祭で上映された『Umrika』に出演して長編映画に復帰した[13]。2018年に公開された『タイガー・バレット』で商業映画に復帰し、タイガー・シュロフディシャ・パタニと共演した[14]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

テレビシリーズ[編集]

Webシリーズ[編集]

  • Skyfire(2019年)

出典[編集]

  1. ^ Prateik upsets Babbar family”. Times of India. 2016年8月8日閲覧。
  2. ^ a b c Lalwani, Vickey (2014年5月22日). “'Dad was not around while I was growing up'”. The Times of India. http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news-interviews/Dad-was-not-around-while-I-was-growing-up/articleshow/35462990.cms?imageid=29941634#slide7 2014年7月8日閲覧。 
  3. ^ Prateik Babbar's Biography”. Koimoi. 2014年7月27日閲覧。
  4. ^ Dhingra, Deepali (2012年7月16日). “Prateik's learning curve”. Mid-Day. http://www.mid-day.com/articles/prateiks-learning-curve/172626 2014年7月27日閲覧。 
  5. ^ Prateik Babbar on mother Smita Patil: Got to be her sunshine kid”. NDTV (2013年12月12日). 2014年7月8日閲覧。
  6. ^ Saroj, Shikha (2010年4月22日). “I don’t meet Juhi, Arya often: Pratik”. The Times of India. http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news-interviews/I-dont-meet-Juhi-Arya-often-Pratik/articleshow/5842930.cms 2014年7月8日閲覧。 
  7. ^ Lalwani, Vickey (2012年8月2日). “Prateik, Amy’s romance comes to an end”. The Times of India. http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news-interviews/Prateik-Amys-romance-comes-to-an-end/movie-review/15324009.cms 2014年7月8日閲覧。 
  8. ^ “Prateik Babbar to Tie the Knot with Longtime Girlfriend Sanya Sagar in Lucknow Today”. News 18. (2019年1月23日). https://www.news18.com/amp/news/movies/prateik-babbar-to-tie-the-knot-with-longtime-girlfriend-sanya-sagar-in-lucknow-today-see-pics-2011669.html 2019年1月24日閲覧。 
  9. ^ “Times Most Desirable Men 2011”. The Times of India. http://photogallery.indiatimes.com/celebs/celeb-themes/times-most-desirable-men-2011/articleshow/11756807.cms 2014年7月8日閲覧。 
  10. ^ a b Prateik talks about 'My Friend Pinto' and his Bollywood journey”. CNN-IBN (2011年10月3日). 2014年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月8日閲覧。
  11. ^ “Filmfare: 'Jodha...' bags 5, Priyanka, Hrithik shine”. The Times of India. (2009年3月1日). http://timesofindia.indiatimes.com/home/specials/filmfare/Filmfare-Jodha--bags-5-Priyanka-Hrithik-shine/articleshow/4205152.cms 2014年7月8日閲覧。 
  12. ^ Prateik Babbar | Latest Celebrity Awards”. Bollywood Hungama. 2013年11月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月8日閲覧。
  13. ^ Atray Banan, Aastha (2016年4月24日). “Interview: Prateik Babbar's frank talk on drugs, love, and missing parents”. Mid-Day. http://www.mid-day.com/articles/interview-prateik-babbars-frank-talk-on-drugs-love-and-missing-parents/17165159 2017年5月10日閲覧。 
  14. ^ Prateik Babbar to play negative role against childhood friend Tiger Shroff in Baaghi 2?”. Firstpost. 2019年7月20日閲覧。

外部リンク[編集]