プラチナ・ビーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プラチナ・ビーズ
Platinum Beads
著者 五條瑛
発行日 1999年2月xx日(単行本)
2001年7月19日(文庫判)
発行元 集英社
ジャンル 冒険小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判, 文庫判
ページ数 768(文庫判)
次作 スリー・アゲーツ 三つの瑪瑙
コード ISBN 4-08-747344-9(文庫判)
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

プラチナ・ビーズ』 (Platinum Beads) は、五條瑛による日本冒険スパイ小説

四部作を予定している鉱物シリーズの1作目であり、作者のデビュー作である。文庫版には、書き下ろし短編「ミスター・オリエンタル」が収録されている。

あらすじ[編集]

アメリカ国防総省の下請け情報機関のアナリスト・葉山隆は、北朝鮮の中枢にある動きがあるという情報を手に入れる。かつて金日成に左遷され中央を去っていた大物・金達玄(キム・ダルヒョン)が、再び中央に戻っているらしい。そして、達玄の側に正体不明の外国人が侍っているという。

同じ頃、金沢の海岸で、横田基地から脱走したとされていた米兵・ディーノの惨殺死体が発見される。ディーノの行方を追っていた海軍所属の坂下冬樹は、彼の脱走理由を探る内に、ある日本人女性へと行き当たる。そして、その女性と葉山が探る北朝鮮の動向とが交錯する。

鍵を握る「プラチナ・ビーズ」という言葉の真の意味とは……。

登場人物[編集]

葉山 隆(はやま たかし)
アメリカ国防総省の下請け情報機関〈極東ジャーナル〉のアナリスト。肌は抜けるように白く、瞳と髪は薄茶色で、見た目は白人そのもの。「たぶん(メイビー)」が口癖。
エディ
ヒューミント(人的情報収集活動)のプロ。本名はウォーレン。
坂下 冬樹(さかした ふゆき)
在日米軍横須賀基地NISC(海軍調査軍)調査員。母親が日本人で父親がアメリカ人。脱走したディーノの行方を追っていた。
パウロ・ヤン・ディーノ
金沢で惨殺死体となって発見された、在日米軍横須賀基地NSD(海軍補給処)所属の二等兵曹。遺体発見の一週間前に基地を脱走した。
志村(しむら)
金沢署の刑事。
JD(ジェーディー)
英字新聞社の日本駐在員。いつも派手な格好をしている。名前は自分が神と慕うデトロイト・ピストンズジョー・デュマースに因む。
サム・イトウ
NISC所属。日系二世。国防総省が採用する民間人職員(シビリアン)。妻は日本人。
町田 洋子(まちだ ようこ)
劇団員。21歳。鳥山が主催したイベントの手伝いで北朝鮮へ行き、帰国後に葉山から聞き取り調査を受ける。
鳥山 太郎(とりやま たろう)
日本スポーツ党の国会議員。元オリンピック柔道選手。北朝鮮でスポーツイベントを主催した。
金 達玄(キム ダルヒョン)
副首相の一人で、一時は政治局員候補と目されていたが、金日成の経済対策を批判し失脚させられ、1993年の夏以降は公式の場に姿を見せていなかった。表向きは軍部との衝突の末、権力闘争に敗れ左遷させられたことになっている。鳥山のスポーツイベントに姿を現す。額の中央から左のこめかみにかけて傷痕がある。
田所(たどころ)
栄華女子大学の教授。葉山の恩師。元国立大学助教授。
野口 麻子(のぐち あさこ)
〈極東ジャーナル〉の編集長。会社が入居する〈間宮ビル〉の生き字引のような存在。
吾郎(ごろう)
隆の9歳年下の異母弟。4歳の時に両親が離婚したが、別れて暮らすようになってからも隆を慕っていた。新宿二丁目ゲイバーで働く。
仲上(なかがみ)
〈間宮ビル〉の5階にある中華文化思想研究所の所長。メールボーイも務める。
ラリー・チャン
中華文化思想研究所の助手兼研究員。
ベルガー博士
エディの恩師。かつてスタンフォード大学で朝鮮半島史を教えていた。歯に衣着せぬ物の言い方をする、個性的な人。

関連項目[編集]

冒頭で著書が引用されている。

外部リンク[編集]