プラゼパム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
プラゼパム
Prazepam structure.svg
Prazepam3d.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
胎児危険度分類
  •  ?
法的規制
  • Schedule IV (US)
投与方法 経口
薬物動態データ
生物学的利用能 ?
代謝 肝臓
半減期 36-200時間
排泄 腎臓
識別
CAS番号
2955-38-6
ATCコード N05BA11 (WHO)
DrugBank none
化学的データ
化学式 C19H17ClN2O
分子量 324.8
テンプレートを表示

プラゼパム (prazepam) はベンゾジアゼピン系抗不安薬の一種。超長時間作用型。

心身症からくる不安緊張抑うつ睡眠障害および、パニック障害自律神経失調症などに適応がある。

日本での商品名セダプランは、2012年に販売中止に至った。

向精神薬に関する条約のスケジュールIVに指定されている。麻薬及び向精神薬取締法の第三種向精神薬である。

種類[編集]

  • 錠剤:5mg,10mg
  • 細粒:1%

薬理[編集]

にある神経受容体(ベンゾジアゼピン受容体)に結合することにより、神経を活性化させる。

副作用[編集]

倦怠感頭痛、集中力低下、ふらつき、脱力感など。