プラスチック着色剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

プラスチック着色剤英語: Plastic colorants)はプラスチックを着色するために用いられる染料顔料の形態をした化合物である。着色されるポリマー樹脂の種類によって着色料は使い分けられ、ポリカーボネートポリスチレン非晶ポリアリレートの着色では染料が、ポリオレフィンの着色には顔料が主に用いられる[1][2]

プラスチック着色剤は着色される樹脂と化学的に適合したものであり、標準色の規格に合致し、製造過程で加えられる熱や力に化学的に安定であり、製品の耐久性に影響を与えないものである必要がある[3]

プラスチック化合物が製品に加えられると、イリデセンス蛍光燐光サーモクロミズムフォトクロミズム、金属のような性質が表れるなどその性質により様々な影響が製品に及ぼされる[4]

また、製品中での化学式もその製品により異なる[4]

プラスチックの成型において着色する方法には、マスターバッチ英語版や、表面の塗装、有色の樹脂の使用などの方法がある[5]

[編集]

着色剤 分類 種類
ジアリライド顔料英語版 アゾ染料 顔料
ズダン染料英語版 アゾ染料系 染料
オイルブルーA英語版 アントラキノン 染料
ディスパースレッド11英語版 アントラキノン系 染料

脚注[編集]

  1. ^ Nishikants (2013年6月28日). “Plastic colorant and its role in plastic industry”. Share and Discover Knowledge on LinkedIn SlideShare. 2017年7月18日閲覧。
  2. ^ Plastic Colorants Guide for Injection Molded Parts”. RevPart (2016年1月26日). 2017年7月18日閲覧。
  3. ^ Sepe, Michael (2012年1月28日). “Working with Color Concentrates”. Plastics Technology. 2017年7月18日閲覧。
  4. ^ a b Colorants for Plastic Industry,Dyes for Plastics Industry,Pigments for Plastics Industry”. Dyes and Pigments, Dyes Manufacturers, Dyes Intermediates, Pigments Suppliers, Wholesale Dyes Intermediates. 2017年7月18日閲覧。
  5. ^ Effect of coloring methods on properties of plastics”. Polyplastics.com. 2017年7月18日閲覧。