プラスコ・ビルディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Plasco Building
ساختمان پلاسکو
Istanbul intc.jpg
The building in 2011
概要
現状 崩落
用途 住宅の建物
所在地 イランの旗 イランテヘラン中心部[1]
座標 北緯35度41分41秒 東経51度25分15秒 / 北緯35.69472度 東経51.42083度 / 35.69472; 51.42083座標: 北緯35度41分41秒 東経51度25分15秒 / 北緯35.69472度 東経51.42083度 / 35.69472; 51.42083
着工 1960
完成 1962年[1]
開業 1962
倒壊 2017年1月19日
高さ
屋上 42.0 m (138 ft)
技術的詳細
階数 17階建て[1]
テンプレートを表示
プラスコ・ビルディング火災崩壊事故
Plasco building on fire by Emi uploaded by Mardetanha 12.jpg
炎上するプラスコ・ビルディング、2017年1月19日
場所 イランの旗 イランテヘラン
日付 2017年1月19日
テンプレートを表示

プラスコ・ビルディングPlasco Building ペルシア語: ساختمانپلاسکو‎,Sakhteman Plasko )は、イランの首都テヘランにある17階建ての高層ビルだった 。それは1962年に、著名なユダヤ系イラン人の有力者・ハビブ・エルガニアンペルシア語版(Habib Elghanian)によって、イランの急速な経済成長の10年の間に、彼のプラスチック会社にちなんで名づけられた[2]。 1階に大きなショッピングセンター、上層階にはレストランがあり、いくつかの衣類の工房がある住宅や商業用の建物として使われていた。 建設当時はイランで最も高い建造物で、これはテヘランの象徴的なランドマークと考えられていた。

火災と崩壊[編集]

2017年1月19日、現地時間午前7時50分ごろ(9時20分)、9階で火災が発生した(04:20 GMT)。火災を鎮めるために10の消防署が到着した。建物の北壁が前触れもなしに崩壊し、数分後に建物の残りの部分が崩壊したときに、建物が避難したことを保証しながら、複数の部門が火災を止めようとしていた。

現場の様子が生中継テレビ放映される中、火災発生から4時間後に崩壊した[3]

北壁が倒壊した時、何人かの消防士が建物内にいた。一部は完全に倒壊する前に安全に逃げ出したが、少なくとも25人は行方不明と報告された。テヘラン市長・モハンマド・バーゲル・ガーリーバーフは、崩壊時に他の民間人は誰もいなかったと信じているが、住民が保護区を越えて建物に入り、所有物を回収しようとしていると報告した。崩壊により少なくとも70人が負傷し、23人が重度の怪我のために地元の病院に運ばれた。建物は主に垂直に崩壊し、近隣の建物に与えるダメージは最小限に抑えられた。この建物崩壊で20人以上の消防士が死亡した。

ガーリーバーフ市長は、「20人以上の消防士が死亡」との発表をその後訂正、国営テレビに対し、「20人前後の消防隊員が人々を救出したが、内部に取り残された人がいないことを確認するため建物内に戻った。下層階に到達する前に、建物が崩壊し、一部が亡くなった」と述べた[3]

生存者を見つけようとする救助活動は、地元の軍隊や救助隊員によって支援されており、数日かかると予想されている。

情報省 (イラン)大臣マフムード・アラヴィーペルシア語版は、1月21日事故現場を視察、「この事故は決してテロによるものではない」と述べた[4]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参照[編集]

  1. REDIReCT Template:Commonsat
  • Cinema Rex fire
  • List of tallest buildings in Tehran
  • Milad Tower

外部リンク[編集]