プブリウス・デキウス・ムス (紀元前279年の執政官)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
プブリウス・デキウス・ムス
Publius Decius Mus
(P. Decius P. f. P. n. Mus)
出生 不明
死没 不明
出身階級 プレブス
氏族 デキウス氏族
官職 執政官(紀元前279年)
補充執政官(紀元前265年)
指揮した戦争 アスクルムの戦い(紀元前279年)
テンプレートを表示

プブリウス・デキウス・ムスラテン語: Publius Decius Mus紀元前3世紀、生没年不明)は共和政ローマ政治家将軍である。

経歴[編集]

最初のコンスルシップ[編集]

デキウスは同名の父親の子であり、紀元前279年に執政官となった。デキウスは同年のアスクルムの戦いエピロス王ピュロスと戦い、敗れはしたものの、キケロが「敵の武器に身を投げ出」したと述べたように奮戦し、後に「ピュロスの勝利」と言われるほどに敵に多くの損害を強いた[1][2]

二度目のコンスルシップ[編集]

紀元前265年ウォルシニでは解放奴隷が当地の元老院の実権を握り、元の主人を過酷に扱っていたためローマへ救援を求めた。派遣された彼は解放奴隷の多くを殺し、残りは再び奴隷として元の主人に戻したという[3]ゾナラスなどの記録によると、最初当年の執政官クィントゥス・ファビウス・マクシムス・グルゲスが送り込まれたものの、負傷し死亡してしまったため、デキウスが補充執政官として選出され代わりに送り込まれた。

[編集]

  1. ^ キケロ, I. 37
  2. ^ プルタルコス, 「ピュロス」, 21
  3. ^ アウレリウス・ウィクトル, 36

参考文献および参考URL[編集]


先代:
プブリウス・ウァレリウス・ラエウィヌス
ティベリウス・コルンカニウス
ローマ執政官
紀元前279年
同僚はプブリウス・スルピキウス・サウェッリオ
次代:
ガイウス・ファブリキウス・ルスキヌス
クィントゥス・アエミリウス・パプス
先代:
クィントゥス・ファビウス・マクシムス・グルゲス
ルキウス・マミリウス・ウィトゥルス
ローマの補充執政官
紀元前265年
同僚はルキウス・マミリウス・ウィトゥルス
次代:
アッピウス・クラウディウス・カウデクス
マルクス・フルウィウス・フラックス