プブリウス・デキウス・ムス3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プブリウス・デキウス・ムス(Publius Decius Mus、紀元前3世紀、生没年不明)は共和政ローマ政治家将軍である。

デキウスは同名の父親の子であり、紀元前279年に執政官になった。デキウスは同年のアスクルムの戦いエピロス王ピュロスと戦い、キケロが「敵の武器に身を投げ出」し、「敵のきらめく剣を見つめながらその戦列に突入した」と述べたように奮戦し、後に「ピュロスの勝利」と言われるほどに敵に多くの損害を強いたものの、敗れた[1][2]

また、アウレリウス・ウィクトルによれば、解放奴隷が実権を握り、元の主人を過酷に扱っていたウォルシニへとデキウスは送られ、彼は全ての解放奴隷の多くを殺し、残りは再び奴隷に戻して元の状態に戻した[3]ゾナラスなど他の記録ではこの遠征は紀元前265年クィントゥス・ファビウス・マクシムス・グルゲスと共に行ったものであるとされている。

[編集]

  1. ^ キケロ, I. 37, II. 24
  2. ^ プルタルコス, 「ピュロス」, 21
  3. ^ アウレリウス・ウィクトル, 36

参考文献および参考URL[編集]


先代:
プブリウス・ウァレリウス・ラエウィヌスティベリウス・コルンカニウス
ローマ執政官
紀元前279年
同僚はプブリウス・スルピキウス・サウェッリオ
次代:
ガイウス・ファビウス・ルスキヌスクィントゥス・アエミリウス・パプス