プブリウス・デキウス・ムス1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プブリウス・デキウス・ムス(Publius Decius Mus、?-紀元前340年)は共和政ローマ政治家将軍である。

デキウスは紀元前352年に市民の借金の完済に取り組むメンサリウス(mensarus)の一人(全部で五人)に任命され、彼らはその職務を公正に、巧く果たした[1]

デキウスは第一次サムニウム戦争執政官アウルス・コルネリウスの指揮下で軍団長として参加した(紀元前343年)。サムニウムガウルス山の山道を進軍していた時にローマ軍は谷に入り込み、敵に囲まれた。この時敵より上方にある丘を見つけたデキウスは執政官に一個軍団のプリンキペスハスタティを率いて丘を占領することを進言し、容れられた。彼のこの行動に驚かされたサムニウム人を尻目にローマ軍本隊は無事危機を脱出し、その一方でデキウスの部隊は敵に包囲されたが、夜に包囲を脱出して本隊に合流した。その直後にデキウスは敵への総攻撃を提案し、ローマ軍は戦闘準備のできていない敵を散々に破った。デキウスのこれら一連の行動を讃え、執政官はデキウスに金冠と牛100頭、角に金箔をつけた特別の白い牛を、軍団兵たちは草冠を贈ることで讃えた[2][3]

紀元前340年にデキウスはティトゥス・マンリウス・インペリオスス・トルクアトゥスと共に執政官に選出された[4]。同年にラテン戦争が起こり、デキウスはマンリウスと共に二個軍団とサムニウム人部隊からなる軍を率い、カプア近くに陣を敷いた。その夜に執政官たちは、両軍のうち一方の将軍が自身と敵軍を生贄に捧げることを誓えば、その将軍の軍が勝つということを語る夢を見た。執政官たちはどちらか一人をその生贄に捧げることを決めた[5]

ローマ軍とラテン軍との戦いはウェスウィウス山の麓近くで起こり、マンリウスが右翼を、デキウスが左翼を指揮した。当初両軍は互角だったが、ローマ軍左翼は敵に押されて後退した。そこでデキウスは神祇官のマルクス・ウァレリウスに自らを生贄に捧げるために神々に捧げる言葉を唱えるよう頼んだ。犠牲に捧げるための服装に着替えたデキウスは神々に捧げる誓いの言葉を唱え、そして服装をガビイ風に締め、馬に乗って敵軍へと突進し、彼の命と引き換えにローマ軍左翼は敵を壊走させた。マンリウスの翼もまたその頃劣勢に立っていたが、彼は戦闘に参加させていなかったアッケーンシー(Accensi)を投入し、ラテン軍も予備部隊を投入してそれに対抗した。アッケーンシーは敵を押し返し、これを見たマンリウスは全軍に総反撃を命じ、敵の四分の三以上を討ち取るという勝利を得た。その後、ラテン軍の陣営は捕虜もろとも拿捕された[6][7]

[編集]

  1. ^ リウィウス, VII. 21
  2. ^ ibid, VII. 34-37
  3. ^ アウレリウス・ウィクトル, 26
  4. ^ リウィウス, VIII. 3
  5. ^ ibid, VIII. 6
  6. ^ ibid, VIII. 9-10
  7. ^ アウレリウス・ウィクトル, 26

参考文献[編集]


先代:
ガイウス・プラウティウス・ウェノクスルキウス・アエミリウス・マメルキヌス・プリウェルナス
ローマ執政官
紀元前340年
同僚はティトゥス・マンリウス・インペリオスス・トルクアトゥス
次代:
ティベリウス・アエミリウス・マメルキヌスクィントゥス・プブリウス・フィロ