プブリウス・コルネリウス・スキピオ・ナシカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プブリウス・コルネリウス・スキピオ・ナシカラテン語: Publius Cornelius Scipio Nasica, 紀元前227年 - 紀元前171年頃)は、共和政ローマの政治家。父はグナエウス・コルネリウス・スキピオ・カルウス、息子はプブリウス・コルネリウス・スキピオ・ナシカ・コルクルムスキピオ・アフリカヌスは従弟に当たる。尚アグノーメン(第四名)のナシカとは『とがった鼻』の意。

紀元前197年按察官(アエディリス)、紀元前194年法務官(プラエトル)に就任。ヒスパニアルシタニア人を相手に勝利を収める。紀元前191年マニウス・アキリウス・グラブロと共に執政官(コンスル)を務める。コンスル職にある間は北イタリアのケルト人部族を制圧した。

紀元前189年紀元前184年検察官(ケンソル)に立候補したが、選ばれなかった。

関連項目[編集]