プブリウス・クラウディウス・プルケル (紀元前184年の執政官)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

プブリウス・クラウディウス・プルケルラテン語: Publius Claudius Pulcher)は、共和政ローマ元老院議員。父はアッピウス・クラウディウス・プルケル、兄弟には父と同名のアッピウス・クラウディウス・プルケルがいる。

紀元前189年アエディリスに、紀元前188年にはプラエトルに、紀元前184年には前年の兄弟アッピウスに続いてコンスルに選出される。そしてエトルリア地方沿岸部の植民都市の建設を担う3人の委員の1人として任命された。

家族[編集]