プテラノドン科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
プテラノドン科
Pteranodontidae
生息年代: 白亜紀後期
保全状況評価
絶滅(化石
地質時代
中生代白亜紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
階級なし : (未整理[1]真正爬虫類 Eureptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
階級なし : (未整理)主竜類 Archosaurs
(未整理)鳥頸類 Ornithodira
: 翼竜目 Pterosauria
亜目 : 翼指竜亜目 Pterodactyloidea
上科 : オルニトケイルス上科 Ornithocheiroidea
: プテラノドン科 Pteranodontidae Marsh, 1876
学名
Pteranodontidae 
Marsh, 1876
タイプ属
プテラノドン
シノニム

オルニトストマ科
Ornithostomatidae Williston, 1893

和名
プテラノドン科
英名
Pteranodontids
下位分類群(
本文参照

プテラノドン科学名familia Pteranodontidae)は、中生代白亜紀後期に北アメリカを中心とする海洋を生息域とした、大型の翼竜の一群()。 翼指竜亜目- オルニトケイルス上科Ornithocheiroidea)に分類され、プテラノドン属を模式属とする。

この科に属する種の多くは後頭部から突出した特徴的な鶏冠(とさか)を有する。 ひときわ特殊化した鶏冠の持ち主であるニクトサウルスは、独自のニクトサウルス科を設ける説と、本科に分類する説とがある。

分類[編集]

オルニトストマの全身骨格化石標本

上位分類、および、下位分類を表す。全て絶滅種である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 分類学上、現在のところ未整理の階級。階級未定の分類群。以下同様。

プテラノドン・ステルンベルギ
(生態復元想像図)