プティ=クロワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Petit-Croix
Blason Petit-Croix.svg
Petit-Croix, Église de la Nativité-de-Notre-Dame 1.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ブルゴーニュ=フランシュ=コンテ地域圏
(département) テリトワール=ド=ベルフォール県Blason département fr Territoire de Belfort.svg
(arrondissement) ベルフォール郡
小郡 (canton) グランヴィラール小郡
INSEEコード 90077
郵便番号 90130
市長任期 アラン・フィオリ
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes du Bassin de la Bourbeuse
人口動態
人口 302人
2012年
人口密度 80人/km2
住民の呼称 Petitcruciens
地理
座標 北緯47度36分49秒 東経6度58分36秒 / 北緯47.6136度 東経6.9767度 / 47.6136; 6.9767座標: 北緯47度36分49秒 東経6度58分36秒 / 北緯47.6136度 東経6.9767度 / 47.6136; 6.9767
標高 平均:m
最低:336m
最高:346m
面積 3.79km2
Petit-Croixの位置(フランス内)
Petit-Croix
Petit-Croix
公式サイト Site de la salle intercommunale
テンプレートを表示

プティ=クロワPetit-Croix)は、フランスブルゴーニュ=フランシュ=コンテ地域圏テリトワール・ド・ベルフォール県コミューン

地理[編集]

村は、ベルフォールミュルーズをつなぐ鉄道路線沿いに位置する。2011年以降、この鉄道路線との接続の代わりに、フォントネルとプティ=クロワの間をつなぐLGVライン-ローヌ線の路線が接続されている。

コミューン面積は379ヘクタールであり、ヴォージュ山脈に源を発する小さな川、ラ・マドレーヌ川が横切る。

村の古い部分は、築200年ほどの古い農家の住宅から構成されており、そのうちのいくつかは半木造である。こうした家々はペルーズからモントルー=シャトーへ向かう県道28号線沿いに伸びる。より最近建設されているペグー住宅地はコミューンの東側、モントルー=シャトーへ向かう方角にある。この住宅地は新しい住宅からなっている。

由来[編集]

Capellam de Pilicors(1105年)、Petit Creux(1295年)、petit Croptそしてpetit gropt(1390年)、Piticorp(1492年)、Petitcrocq(1613年)、Petitcrop(1655年)と地名は変化した。ドイツ語ではKlein-Kreuzとなる[1]

歴史[編集]

我々は1105年にPilicorsという地名を初めて目にすることができる。これはモンベリアール=フェレット伯ティエリー1世の未亡人、エルマントリュードが署名したフロワドフォンテーヌ修道院(設立者はエルマントリュード自身)に授けた憲章においてである。当時のプティ=クロワは簡素な礼拝堂に限られていた。

18世紀、村は2つの領地に分けられていた。1つはリシャール・ド・ベルフォールの、もう1つはモントルー領主の領地である。両方とも新しい農場の設置を歓迎した。14世紀、プティ=クロワの礼拝堂は聖母に捧げられた教区教会となった。1441年、村はBittikropffと呼ばれ、教区は1782年にブザンソン教区に併合されるまで、バーゼルの教区に属していた。教会はその後、聖母の降誕に捧げられた。1750年、村には100人を少し超える住民が暮らしていた。

村の名前プティ=クロワは誤解から生じた。元々はPetit Creuxであった。Creuxとはくぼみを意味する。村は小さな谷に位置していたのである。ドイツ当局はCreuxをKreuzとし、村のドイツ語名をKleinkreuzと解釈した。プティ=クロワはKleinkreuzをフランス語に翻訳した名である。

1915年8月31日、フランスのエース・パイロットアドルフ・ペグーは、プティ=クロワの上空でドイツ軍によって撃墜された。彼の搭乗機はキュヌリエールへ向かう道のそばの野原に墜落した。村の中心部には、この悲劇的な最期を記念した記念碑がたっている。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2012年
154 164 222 260 308 307 327 302

source=1999年までLdh/EHESS/Cassini[2]、2004年以降INSEE[3][4]

脚注[編集]