プッチーニの愛人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
プッチーニの愛人
Puccini e la fanciulla
監督 パオロ・ベンヴェヌーティ
パオラ・バローニ(共同監督)
脚本 パオロ・ベンヴェヌーティ
パオラ・バローニ
原案 パオロ・ベンヴェヌーティ
パオラ・バローニ
製作 パオロ・ベンヴェヌーティ
製作総指揮 ジャンパオロ・スミラリャ
撮影 ジョヴァンニ・バッティスタ・マッラス
編集 セザール・アウグスト・メネゲッティ
製作会社 Arsenali Medicei
Intolerance
配給 イタリアの旗 Indipendenti Regionali
日本の旗 エスピーオー
公開 イタリアの旗 2009年2月27日
日本の旗 2011年6月18日
上映時間 84分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
テンプレートを表示

プッチーニの愛人』(プッチーニのあいじん、Puccini e la fanciulla)は2008年イタリアの映画。『プッチーニと娘』の邦題もある[1]

オペラ作曲家として知られるジャコモ・プッチーニ愛人との疑いをかけられたメイドが自殺した「ドーリア・マンフレーディ事件」(1909年)の真相を、プッチーニの音楽に乗せて描いた作品である。

プッチーニを演じたリッカルド・ジョシュア・モレッティイタリア語版イタリアを代表する作曲家・指揮者であり、本作が映画初出演である[2]

ストーリー[編集]

1909年イタリアトスカーナ州トッレ・デル・ラーゴで、世界的な作曲家ジャコモ・プッチーニは新作オペラ西部の娘』の作曲に取り組んでいた。そんなある日、プッチーニ家のメイドであるドーリア・マンフレーディは、プッチーニの妻エルヴィーラの娘(連れ子)フォスカの不倫現場を目撃してしまったために、フォスカから目の敵にされるようになる。一方、屋敷から見える湖上の酒場で働く美しい女性ジュリアに心奪われたプッチーニは、すぐに彼女と深い仲となり、ジュリアの従妹であるドーリアにも親しく接するようになる。ドーリアの存在が疎ましいフォスカは、プッチーニとドーリアの様子から2人の関係を怪しみ、ドーリアを陥れるために、母エルヴィーラに告げ口をする。娘の言葉をきっかけにプッチーニの行動を監視するようになったエルヴィーラは次第にドーリアが愛人であると完全に思い込むようになる。そして遂には、ドーリアを夫の愛人と断定して責め立て、教会に訴え出たことから、ドーリアはメイドをやめ、家に閉じ込められることになる。

この事態に、プッチーニはドーリアの母エミーリアに事実無根であるとの釈明の手紙を送るが、ドーリアの兄ロドルフォはプッチーニを憎み、殺そうとする。運良くロドルフォの凶行が止められると、プッチーニはロドルフォに職の世話をする。

一度はエルヴィーラとの関係を修復したプッチーニだったが、彼女の疑り深さに嫌気がさして、屋敷を出て行く。そしてフォスカの夫がフォスカの不倫に気付いたことを知ったエルヴィーラは、ドーリアが漏らしたものと思い込み、公衆の面前でドーリアを殴り、夫を寝取った女と激しく罵倒する。敬虔なクリスチャンでありながら、教会から見放されたドーリアは服毒自殺する。

ドーリアの遺言により、彼女を解剖した結果、彼女が処女であったことが証明される。

キャスト[編集]

解説[編集]

全編を通して、画面に映っている登場人物が発する台詞はほとんどない。わずかにある台詞も微かに聞こえる程度に音量が小さいなど聞き取りにくい。代わりに、登場人物らがやり取りする手紙の内容がモノローグとして読まれている。

製作[編集]

監督のパオロ・ベンヴェヌーティパオラ・バローニは、プッチーニの私生活と文通相手をリサーチすることに6年の歳月を費やした[3]

発表[編集]

プッチーニ生誕150年を迎えた2008年[4]ヴェネチア国際映画祭で上映された[5]

評価[編集]

『Variety』のJay Weissbergは本作について「おおむね魅惑的ではあるけれども、心を奪われることはない」と評した[5]

参考文献[編集]

  1. ^ 映画 プッチーニの愛人”. allcinema. 2012年3月17日閲覧。
  2. ^ キャスト/スタッフ”. 「プッチーニの愛人」オフィシャルサイト. 2012年3月17日閲覧。
  3. ^ Sheri Jennings (2008年8月26日). “Italian sales agents announce deals on eve of Venice”. Screen International. 2014年3月15日閲覧。
  4. ^ Anthony Tomassini (2008年8月15日). “Puccini at 150, Still Capable of Revelations”. The New York Times. 2014年3月15日閲覧。
  5. ^ a b Jay Weissberg (2008年9月9日). “Review: 'Puccini and the Girl'”. Variety. 2014年3月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]