プチヴェール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

プチヴェール(Petit vert)は、アブラナ科野菜1990年に株式会社増田採種場静岡県)がケールメキャベツの交配によって開発した[1]、世界初の「非結球メキャベツ[2]」である[3]

プチヴェール

その名前は、フランス語小さな緑を意味する[4]。近年では、青汁や野菜ジュースの材料にも使われている。

特徴[編集]

ビタミンCカロテン鉄分[5]カルシウムを多く含み、栄養値が高いとされる[6]。カルシウムに関しては、搾汁液は牛乳と比べて吸収率が高いという研究結果がある[7]

また、糖度が11~16度ある[3][8]ことも特徴的。糖度は気温が低いほど増すという指摘がある[6]

出典[編集]

外部リンク[編集]