ブール=サン=モーリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Bourg-Saint-Maurice
Blason ville Fr Bourg-Saint-Maurice (Savoie).svg

Bourg-Saint-Maurice, Savoie, France.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏
(département) サヴォワ県
(arrondissement) アルベールヴィル郡
INSEEコード 73054
郵便番号 73700
市長任期 Jacqueline Poletti
2011年 - 2014年
人口動態
人口 市: 7,749人
2008年
人口密度 43人/km2
地理
座標 北緯45度36分55秒 東経6度45分58秒 / 北緯45.615278度 東経6.766111度 / 45.615278; 6.766111座標: 北緯45度36分55秒 東経6度45分58秒 / 北緯45.615278度 東経6.766111度 / 45.615278; 6.766111
標高 平均:834m
最低:183m
最高:3,823m 
面積 市: 179.07km2 (42ha)
Bourg-Saint-Mauriceの位置(フランス内)
Bourg-Saint-Maurice
Bourg-Saint-Maurice
テンプレートを表示

ブール=サン=モーリスBourg-Saint-Maurice)はオーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏サヴォワ県コミューン

歴史[編集]

ブルー=サン=モーリスはローマの集落のベルギントルム(Bergintrum)として成立しアルペス・ポエニナエガリア側に位置した。ローマ街道の行程表アウトニネ・イティネラリー (enにはメディオラヌム(現代のミラノ)とルグドヌム(現代のリヨン)を結ぶ街道の途中として印されていた。[1] 後に町はローマ時代、3世紀キリスト教を信仰し仲間と共に殉教した将軍聖モーリス (enにちなみSt. Mauritiuと名付けられている。コミューン名に含まれるブールは15世紀に表れた。その後、フランスの軍隊が獲得すると1794年からはNargue-Sardeと呼ばれるようになる。1815年ウィーン会議によりサルデーニャ王国に戻ると、旧名が保たれた。1861年にブルー=サン=モーリスは最終的にフランスのものとなっている。1960年代、レ=ザルク(Les Arcs)でスキーリゾートの拡大が始まり、経済的に上向き始めた。1962年以来、第7アルペン猟兵大隊が駐屯している。2011年に部隊の再編が行われ、2,000人の隊員やその家族などがブール=サン=モーリスから移っている。[2]

経済・交通[編集]

コミューンの経済は観光開発や第7アルペン猟兵部隊の駐屯により力強く、第三次産業が支配的である。国際的なカヌー大会などが催されたり、ヨーロッパではもっとも有名な長距離のウォーキングトライアルコースであるTour du Mont Blanc (enがコミューン内に属する氷河の峡谷沿いを通っている。ブルー=サン=モーリスはイズラン峠ロゼロン峠 (enなどの起点である。国道90号線(Route nationale 90)がコミューン内を経由しており、この道路はアルベールヴィルグルノーブルを結んでいる。鉄道ではフランス国鉄(SNCF)の駅があり、スキーシーズンなどにはロンドンブリュッセルなどからブルー=サン=モーリスにスキー客を乗せたTGVユーロスターが臨時でやって来る。ケーブルカーはハイシーズンの12月から4月と7月から8月にレ=ザルクとを結んでいる。

スポーツ[編集]

1987年にカヌースラローム世界選手権が開催された。

ゆかりの人物[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]